2013-01-23 12:18:50

内覧業者は頼んだほうがいいの?

テーマ:住まい

皆様、こんにちは。

RMパートナーズ の柴田です。


前回は内覧会のセミナーについてお話しさせていただきましたが、

その中でさらっと触れた話題について本日は少々掘り下げてみたいと思います。


なんの話題かというと、タイトルにもありますように


 そもそも、内覧業者は頼んだほうがいいの?


ということを深堀して考えてみたいと思います。



結論から申し上げますと、


 内覧業者を頼むか頼まないかはどちらでもよい。

 (でも、どちらかというと「頼んだほうがいいと思う」寄りです。)


と私は考えております。


ああ、またそんな答えでのらりくらりとやり過ごそうとして・・・

という突っ込みが入りそうですが・・・(^_^;)
ホントにそう思うのです。



先の内覧会のセミナーで講師をさせていただく前までは

私は内覧業者は不要だと思っていたのですね。


何故かというと、


 本当に欠陥などがあった場合でも

 その欠陥が見えない部分にあったりする場合は

 プロでもなかなか発見することが困難だし、

 結局は目視できるところのチェックがせいぜいで、

 目視できるところのチェックは現場でもさんざんやっているわけであります。


 また、仮に本当に欠陥があったとしても

 売主は瑕疵担保責任も負っているわけだし、

 アフターサービスもあるわけだから
 消費者は守られている。


・・・と考えていたのですね。


今も基本的にはそう考えているのですが、


それはあくまで私が10年近く新築マンション販売をやっていて

何十棟の内覧会に立ち会ってきたから言えるわけで、

一般のマンション購入者の方は

たとえば、一概に壁といっても

間仕切壁と構造壁の差もよくわからないでしょうし、

その中身がどうなっているかもご存知ない方がほとんどだと思います。


たとえばクロス(壁紙)に傷があってやり直してもらう場合、

どのような作業が発生し、どのような職人が出入りする必要があるのか、

その結果(あってはならないですけど)その補修を行ったがために

さらなる傷や汚れが発生してしまう可能性がどのくらいあるのか

などはご存じないと思うのです。


 まあ、私も販売でしたから

 大まかにしかわからないですけどね。



で、先の内覧会セミナーのレジュメを作成しているときに


 ああ、確かに。

 内覧会に臨むには、

 最低限

 ・内覧会とはどんな流れで行うのか

 ・建物の造りの大まかな知識

 などを身につけておく必要があるなぁ・・・


と痛感したわけです。



内覧会に臨むには


 ①無策の丸腰で臨む

 ②時間を割いて我流で勉強し臨む

 ③対価を払って有資格者を帯同し、いろいろと解説してもらいながら臨む


というパターンに分かれるのかなぁ・・・

と考えたのですね。


そうすると、対価の額次第ですが、

の選択肢って結構アリだなぁ・・・

と思うようになったのです。



ということで、


 内覧会において、内覧業者は頼んだほうがいいの?


という問いに対しての私の答えは


 どちらでもいいですが、

 対価が高いと感じなければ頼んだほうがいいと思いますけどね。


となります。



ちなみに、私が内覧会セミナーでお話ししたのは


 内覧業者を頼まない場合でも

 ご両親とか、ご姉妹とかといっしょに行ったほうがいいですよ。


とアドバイスしました。


なぜならば、このセミナー参加者の多くがシングル女性だったのですが、


一人で内覧に臨んでしまうと、

いざ内覧タイムが始まると、部屋の中は

ご自身と施工業者の担当者(おそらく男性)の二人っきりになります。

ともすると、職人さんも出入りして1対2とか3とかになり、

心理的には数的不利な状況になります。


これは気が引けますよね。

言いたいことがあっても遠慮してしまうのではないでしょうかね。


このような中で気心の知れた親や、姉妹がいるだけで

平常心って保てますよね。


それと、親御さんは自分の子供がマンションを買ったことを

喜ぶ方が多いので、親孝行にもなったりするのです。


別にいっしょに行った人が建築の知識を持っていなくても

自分が平常心で落ち着いて内覧会に臨めることが重要なのかな、と。

そう思ったわけであります。


 柴田注

  こんなことを書くと、内覧会に戦いの姿勢で臨む方がいるのですが、

  別に施工業者さんも購入者に意地悪したいわけではないですよ。

  モノづくりの職人気質を持っている方が多いので、

  自分自身の仕事に誇りを持ち、

  きちんとしたものをきちんと引き渡しをして、

  満足して住んでもらいたいと思っている方がほとんどです。

  そこは安心して良いです。


  ただ・・・

  自分の疎い分野で、専門家と二人っきりで対峙をするのって

  どんな状況でも緊張してしまいますよね。

  それはよろしくない、ということなんです。



RMパートナーズ

柴田


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

住まいる計画さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■はじめまして北村といいます

ブログ記事読みました北村といいます。検索から記事を読みました。それではまたお邪魔しにきますね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。