補助1

テーマ:
あやかです音譜


プラーク(歯垢)を効果的に取り除くには、歯と歯の間のすき間の広さによって、デンタルフロスと歯間ブラシを使い分けましょう。

プラーク(歯垢)がつきやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい歯と歯の間は、歯ブラシと併せてデンタルフロスを使うことで、効果的にプラークを取り除くことができます。

糸巻きタイプ

ホルダー付きフロス
デンタルフロスの使い方

1.
デンタルフロスを40cm位の長さに切ります。
2.
左右の中指にまきつけ、指と指の間を1~2cmの長さにして、固定します。
3.
歯と歯の間に、ゆっくりと前後に小さく動かしながら挿入します。
4.
歯にまきつけるようにして、歯の側面(左右とも)をこすりながら上下に2~3回動かします。
5.
取り出す時は逆の操作、又は、片手を外して静かに引き抜きます。
6.
次の歯と歯の間は使用した部分をずらし、新しい部分で操作を繰り返し清掃します。
7.
最後に水ですすいでください。
ホルダー付きフロスの使い方


ホルダー付きフロスの使い方
歯と歯の間に前後に小さく動かしながら挿入し、歯の側面に沿って2~3回、歯肉の中までゆっくり上下に動かしてプラーク(歯垢)を除去してください。
デンタルフロスを使うときの注意点

鏡を見て場所を確認しながら歯肉を傷つけないように使用しましょう。
糸が引っかかったりほつれる場合は、歯と歯の間にむし歯や歯石がある場合があります。

子供のむし歯予防のためにもデンタルフロスは必要です。





iPhoneからの投稿
AD