授業料滞納で一時は退学の危機にあった同志社大学(京都市上京区)の留学生らが、学費の足しにと4月から「ワンコイン英語塾」を始めた。受講生が授業に満足したら500円以上の「寄付金」を払うというユニークな仕組み。“苦学生”による熱心な授業に、「分かりやすい」「手軽に英語が学べる」とサラリーマンや学生からも好評だ。

 講師は、インド・カルカッタ出身のシェカール・アナンドさん(24)と米・ノースカロライナ州出身のマシュー・マーフィーさん(25)。

 2人は昨年9月、同志社大が海外の学生を対象に開校したビジネススクールに入学。しかし奨学金の額が足りず、アナンドさんが今年3月、授業料滞納のため退学の危機に陥った。

 そこで、同スクール講師の山口栄一・同志社大教授(技術・革新的経営)や他の学生がバックアップし、同じく学費に困っていたマーフィーさんとともに英語塾を開くことにした。

 アナンドさんがビジネス英語コース、マーフィーさんが初級コースを担当。「英語は自分から話さないと覚えない」をモットーに、時事問題などをテーマに英語で話し合う。教材は英字新聞の切り抜きや手作りの文法表などのオリジナル。同志社大の多目的会館「寒梅館」(同区)の空き教室を利用し、15~68歳の生徒が集まる。

 アナンドさんは「お互いのバックグラウンドを話すなど積極的にコミュニケーションをとっている」。マーフィーさんは「生徒の苦手なところを素早く見つけ、ピンポイントで弱点をなくす」と話し、分かりやすい授業を心がけている。

 授業は生徒5人の予約制で、平日は午後7~9時、土曜は午前8~午後9時で、1時間1コマ、500円から。予約はホームページ(http://1coineigo.jimdo.com/)で。

【関連記事】
平尾氏、低迷母校・同志社大へ辛口エール
同志社大のセクハラ記事で文芸春秋の敗訴が確定
美帆ちゃん、メダリスト英会話直撃
【書評】『英語をやっていて、本当によかった。』吉越浩一郎・著
山P&北川効果?志願者数、明大が早稲田抜いてトップに
少子化を止めろ!

「ただ風呂」入ろう…京大病院の患者用浴室に侵入(産経新聞)
<普天間>政府案骨格決定 くい打ち方式、徳之島移転など(毎日新聞)
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書(時事通信)
<淀川他殺体>女性に多額の保険 同居夫婦と養子縁組後(毎日新聞)
もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気(産経新聞)
AD