自民党の大島理森幹事長は29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の移設問題をめぐり、3月中に政府案をまとめると言及していた鳩山由紀夫首相が「今月中じゃなきゃならないとは、別に法的に決まっているわけでない」と発言したことについて、「イロハのイも言葉の重さをわきまえておらず、『(それでも)政治家ですか』といわざるをえない。(首相を)お辞めになった方がいいのでないか」と批判した。

【関連記事】
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談 米側は海兵隊の重要性を強調
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」
大丈夫? 鳩山首相「新たなスタート」直後のバカンス
「ヘリ部隊2カ所程度に分散を」普天間移設で防衛相

太陽の塔 黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)
特養の介護職員、医療行為の一部容認へ(読売新聞)
普天間移設の政府案、首相が発表も=与党幹部(時事通信)
財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要-仙谷国家戦略相(時事通信)
<九州新幹線>締結式 青森-鹿児島つながるレール(毎日新聞)
AD