八ヶ岳ゆるふわ日記

八ヶ岳南麓大泉と東京を行ったり来たりの毎日。日々のよしなしごとを綴ります。


テーマ:

 

 東方の隣人Eさんより桃を頂戴した。はるか南アルプス市に旨い桃を売っている所があり、しかもただで大量の桃をおまけにくれるというのだ。もう一度繰り返すが、ただで、大量の桃、である。

 

 さっそくお借りしたパンフレットの住所をもとに南アルプス市に向かった。

 南アルプス市というので、てっきり北岳や間ノ岳の山麓かと思ったが、目的地は韮崎市方面30km、

「I&I Fruit Growers」という農園である。 http://i-ifruit.com/info.htm ←農園のHP(たぶんクリックすれば見れます)

 

 「I&I」という名前は共同経営者の飯野氏と伊東氏のイニシャルに由来することは想像がつくが、おそらく飯野氏が偉いはずだ。なぜなら飯野とは町名そのもので、飯野氏はかつては一帯を支配する豪族だったに違いないからである。

 富士川街道(県道52号)を南下していくと「飯野交差点」があるので、そこを右折、その先は電話で

聞かないとたどり着けないと思う(TOTOのぼろい看板の向かいです)。

 

 販売所は豪族の居館とはだいぶ趣が異なり、単なるプレハブである。写真を撮るには冴えない。

 中では10人ほどの方々が桃の選別やら梱包やらに忙しい。パッと見、かつてのお館様という感じの人はおらず、みな素朴な田舎のおっちゃん、おばちゃんである(大変失礼です)。これ、というものがないので、結局写真は撮らずじまいであった。

  

(箱の中は「一宮白桃(いちみやはくとう)」白桃がやはり桃の王様である 左はただでもらった桃 興奮のあまり名前を忘れてしまった)

 

 結局どなたがお館様か分からないままに、ただの桃のお礼を申し上げ、帰路についた。

 途中国道141号沿いに「水信玄餅」で名高い「台ケ原金精軒」の販売所があったので、甘いもの好きの老師に「あんどうふピュール」という水ようかん風のもの(試食したが旨い)をお土産に購入した。

 

(水信玄餅は6~9月は土日のみの販売 パンフレットに写っているのは「生信玄餅」これも試食したが、要するにわらび餅である)

  

(重点販売商品になっている模様)

 

 桃を買い、桃をもらい、和菓子も買ってよい1日であったが、そらにとっては退屈な1日だったようだ。

(僕のお土産はどこ?)

(え、ないの? ・・・・。)

 
 

      

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゆるふわ翁さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。