三重県鈴鹿市のJA鈴鹿本店で昨年3月、現金輸送車から2億1千万円が強奪された事件で、強盗罪などに問われた住所不定、無職の鳥山征児被告(37)と井上昭生被告(37)の初公判が14日、津地裁(鵜飼祐充裁判長)で開かれた。

 罪状認否で、井上被告は起訴内容をすべて認めた。鳥山被告は強盗について認めたが、犯行に使われたとされる乗用車の窃盗について「知りません」と否認した。

【関連記事】
掌紋発覚、一転2億円強奪認める 日通・現金輸送車襲撃2被告
三重の2億円強奪事件 犯行車盗んだ男に懲役4年
信金集金車を刃物男が襲撃、350万円奪って逃走 大阪
三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決 
輸送車2億円強奪、日通元社員がほう助の罪認める 津地裁初公判
外国人地方参政権問題に一石

略称「日本」で波紋 後発の「たちあがれ」に「新党日本」が反発 (産経新聞)
3月の世界平均気温、120年で最高値 温暖化が影響か(産経新聞)
手配の男、殺人未遂などで逮捕=殺意は否認-長崎県警(時事通信)
帯広市長選 石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
タイで銃撃の村本さんの遺体、家族のもとに(読売新聞)
AD