北海道富良野市在住の脚本家で演出家の倉本聰さん(75)が主宰し、俳優や脚本家を養成してきた演劇の私塾「富良野塾」が4日閉塾し、26年の歴史に幕を下ろした。

 倉本さんが84年、私財を投じて市内に開塾した。受験料、入学金、授業料は不要。農作業で生活費を稼ぎ、2年間共同生活をしながら演技や創作を学ぶ独特の方式で、25期の16人を含めて計275人が卒塾した。

 この日は1期生たちの夢に懸ける熱い闘いを役者の肉体と演技だけで表現した塾の記念碑的作品「谷は眠っていた」を最終公演。倉本さんは集まった卒塾生たちと握手し、抱き合った。【横田信行】

【関連ニュース】
倉本聰さん:北海道教育大学で講義 教師の卵に演劇的手法
時代を駆ける:倉本聰/6止 親父に精神的遺産もらった
時代を駆ける:倉本聰/5 富良野塾で僕が一番学んだ
時代を駆ける:倉本聰/4 「北の国から」は全部体験したこと
時代を駆ける:倉本聰/3 NHKとけんか、北海道へ

<普天間移設>結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言(毎日新聞)
「大阪都」構想に呼応 大阪市会の自民市議団が勉強会発足(産経新聞)
「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社-長野(時事通信)
概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)
臓器提供の意思 運転免許に記載 警察庁改正案(産経新聞)
AD