鹿児島県鹿屋市の元レストラン店長松元洋人さん(35)が寝たきり状態になったのは、長時間の時間外労働が原因として、松元さんと両親が経営会社の「康正産業」(鹿児島市)を相手に損害賠償などを求めていた訴訟で、3日までに、会社側が約2億4000万円を支払うことなどで裁判外の和解が成立した。
 原告側代理人の松丸正弁護士によると、過労死・過労傷害の損害賠償の和解額としては最高額。和解には同社の謝罪も盛り込まれたという。
 鹿児島地裁は2月、松元さんが2004年に低酸素脳症を発症し、寝たきり状態になった1カ月前の残業時間について176時間だったなどと認定。同社の安全配慮義務違反などを認め、損害賠償や46年分の介護費用など約1億9500万円の支払いを命じていた。
 両親は松丸弁護士を通じ「会社が陳謝し、判決の下した厳しい判断に服す意思を示したので、和解で解決した。2度とこのようなことが生じないよう労働条件改善を求める」とコメントした。 

【関連ニュース】
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求
18日に米地裁で意見陳述=グーグル訴訟で日本ペンクラブ
訴訟合戦に終止符=携帯虫よけ器で和解へ
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
シャープ、サムスンと和解=液晶特許の侵害訴訟

地元業者が「欠けにくい」信楽焼の新製品開発(産経新聞)
<非正規労働者>失職5867人増 2月調査(毎日新聞)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
朝鮮学校巻き返し 首相と生徒、面会へ(産経新聞)
対ガンブラーで14社結束、情報共有し防御研究へ(読売新聞)
AD