名古屋市議会は3月上旬、議会改革に関する市民との対話集会開催の検討に入った。市民に改革姿勢を直接アピールすることで河村たかし市長から議会改革の主導権を奪取する狙い。名古屋市議会のこうした試みは異例。

 市議会は12月から6回、議会改革について話し合う研究会を開き、今月15日に市議会基本条例の座長案を示した。三つの分科会で肉付けし、2月定例会への提出を目指す。

 対話集会はその過程で実施し「市民とともに作る条例案」を印象づける。市民の支持を背景に議会改革を断行しようとする河村市長に対抗するには、市民との連携が欠かせないとの判断もある。有識者と議員によるシンポジウムに続き、市民の意見を聴く方式が検討されている。【丸山進、岡崎大輔】

埼玉・富士見で住宅火災、2遺体見つかる(読売新聞)
インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る-感染研(時事通信)
シティ元幹部に脱税容疑=1億3000万円隠し告発-東京国税局(時事通信)
厚労省案は「そのまま成案にはならず」-医療事故調で足立政務官(医療介護CBニュース)
ボンバル機の部品交換怠る…全日空発表(読売新聞)
AD