三重県桑名市の指名業者から現金4000万円を詐取したとして詐欺容疑で逮捕された元市環境政策課長、太田耕史容疑者(54)が「知人の石油開発に桑名市長らが投資したが、返金を求めてきた。現地通貨からの両替に時間がかかるので、知人の代わりに返す必要がある」と業者にうそをついていたことが愛知県警の調べで分かった。名古屋地検は30日、太田容疑者を詐欺罪で名古屋地裁に起訴した。

【関連ニュース】
寺放火:容疑の僧侶、詐欺未遂でも逮捕…埼玉県警
岡崎信金:元渉外次長を再逮捕 預金詐欺容疑
リフォーム詐欺:サムニンに2億8000万円の賠償命令
判決文偽造:元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決
収受容疑:弘道会系組長ら再逮捕 警視庁

ヨルダンの原子力開発支援=アブドラ国王に表明-首相(時事通信)
道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)
派遣型風俗店事務所に3人組、200万円奪う(読売新聞)
社保庁OBを更迭 厚労相 野党時代の“宿敵”(産経新聞)
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士-明石歩道橋事故(時事通信)
AD