ナガサワ(北見・理容・床屋)+大人のメンズカット

北見市で生まれ、札幌で修業して、北見市に戻ってきたUターンのブログ 日々の仕事や遊びの話など…                                                         親子二代 創業50年 落ち着いた「普通の理容室」です


テーマ:

今日は北見床屋ナガです。


今回は

業界用語あるある


お客様に良く聞かれる質問で、

その違いを書いてみました。


今回は、

カット前の癖直しと

シャンプーについて

を考察してみたいと思います。





゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★





1

床屋さんがカット前の癖直しで、

頭全体を水霧吹きで

水が滴らない位まで濡らし、

熱々のタオルを頭に巻くのは、


水霧吹きだけの水分では、

癖がとり切れないからです。




髪から水が滴らないという事は、

まだその髪が水分を吸う事が

できる状態だと考えられます。


髪の毛に対して水分量的に、

滴る寸前位まで濡らすことが

ベストなのかもしれません。

(最初にシャンプーをしたみたいに)



けれど、それを補う役割が、

癖直しタオルの水蒸気

髪の汚れをある程度まで除去




水霧吹きの水分だけでは、

髪が水分を吸い切っていない事が


多いですし、勿論、髪に対して、

水霧吹きの水分量が少なければ、


蒸しタオルを頭に巻いたとしても、

その効果は限定的だとも思います。



また、カットする理美容師からすると

乾燥していると髪自体が固く、


鋏の開閉や刃先から髪が逃げるので、

切りそこないや時間のロスに繫ります。


パネルを引き出す時に

指先から逃がさない為・・・・eat


それ故に、

しっかり濡らしてから蒸す事で、

シャンプーした状態に近づける
必要もあると思います。




ですので、やはり、

シャンプーこそしないまでも、

結構な量の水分を与えてから

癖直しタオルを巻かなければ、


髪水分の飽和の状態から遠い所で

カットを始める事になります。

寝癖や乾き癖が

まだ残っている?


髪の水分量を

飽和に近い所まで吸わせる事で、


結果としてシャンプーした

状態に近くなります。


それゆえに、普通の床屋さんでは、

良く観られる癖直し方法と思います。


またカット中も

水分を与えながら切ってもいるので、


カットのみの場合

髪を乾かすのにも

時間がかかります。


逆に言うと、最低限の水分、

ささっと湿っている程度なならば、

(鋏の開閉に支障がない程度)


特に根元付近の水分量が

少ない状態でカットされた髪は、


お客様本来の生え癖ではない

事が多いので、癖直しがサッとでしたら


もしかしたら家で頭を洗った後に、

本来の生え癖にリセットされるので、

違和感を感じられる方も……(ノ_-。)



次にシャンプーについて考えると、

切った髪の毛を洗い流して綺麗にする

という目的が一番にあります。


けれど、髪の毛自体を

水分で飽和させる事で、


カット前の癖直しで直っていなかった、

髪の微妙な差を最終チェックする為。




一部の理美容室では、癖直しを兼ねて

先にシャンプーをするところも…


多くの場合、癖を直しカットした後、

シャンプーする事により、


寝癖や乾き癖などから更にフリーになり、


本来の生える方向や

皮膚に対しての角度が起き、

癖毛の場合その曲がり具合、


更に自然な状態に

丹念な癖直しよりも

近ずくと思います。




シャンプーは、切った髪の毛を綺麗に

洗い流す目的もありますが、


癖直しで髪の水分が、

飽和に近い状態でカットされた髪は、


癖からフリーの状態の再現ですし、

それに合わせたカットをする事で

正確性を増しています。


その後のシャンプーする事により、


更に髪が地肌に対して

起き上がってたり寝てたりなので、

微妙なズレを発見し易くなります。





これはお客様の普段の生活で、

洗いざらしで、程々のおさまりを再現、


そして乾いた時、乾かした時にも、

自然な感じのおさまりを再現?


お客さま本来の生え癖に沿って、


断面や角度を考慮し

カットされている場合が多いので、

その誤差をできるだけ小さくできる?


その為にも、

癖直しシャンプー

しっかりする必要がある?


理美容師がシャンプーをしたい訳とは、

ナガ的にみると、ここが大事な事と思います。






カットのみのお仕事も、

髪をしっかり濡らし、



蒸しタオルで頭髪を

蒸してから切りますし、


カット中でも霧吹きで

髪を濡らして切るので、



ブローで乾かすのにも

時間が必要となります。




これがもし、鋏で切り易くなる

さっとした水分量でカットをすれば、


切った後毛を掃うなり吸うなりした後に、

ブローとかで乾かさなくても直ぐ乾くので、

圧倒的に早くできもします。


けれど、そういう風にやってしまうと、

様々な変え癖のあるお客様の中には、・・・


これを避ける為に、


カット後のブローにも

時間はかかりますけれど、


丹念な癖直しや

シャンプーを多くの理美容師達は、

する事を望んでいる様な・・・・・・・(^∇^)






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

【中年 理容師】 ながさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。