久々の更新

ひさびさにブログを更新!


結婚して早一年半近く。


新婚生活はその後どうかというと…まあ、自由にさせてもらってます。



<ダンナへの不満>

・ダンナのパチスロ好きが直らない。

→休日に1人で遊び行ってくれるので、私が自由な時間を持てるのはよいことなのだが、お金は大丈夫なのだろうか??

・誕生日とか記念日とか興味がない。

→サプライズを企画しろとまではいわないが、うっかりすると何もなかったことに。

・私の趣味につきあってくれない。

→2人で近所を散歩とか、おしゃれな街を散策してカフェで一休みとか、あこがれていたのに。。

・休日お出かけ中、ダンナの提案に私が応じないと、むくれてさっさとひたすら帰ってしまう

→その日はずっと会話ナシのままで終わります。マジつらいですこれ。

・愛情表現がない!

→イタリア男を少しは見習え!

・テレビ大好き

→私との会話よりもテレビ観てるほうが空きなのか?


<満足している点>

・仕事のサイクルが一緒なので、休みも一緒だし、朝も一緒。

・自分の時間も取れてるし、平日は飲み会にも週2回のペースで参加できている

・朝は旦那のほうが先に起きてて、時には朝食を用意してもらうことも。

・よほど仕事が忙しくない限りは、家庭中心に考えてくれる

・クヨクヨしない性格なので、愚痴を聞かされなくてすむ

・家事をしてくれる(気まぐれだけど…)

・いくつか共通の趣味がある

・食べ物の好みはだいたい同じ

AD

ありがとう。

今日は三連休の最終日。

久々の連休、お天気は雨だったり蒸し暑かったりしてたけど、最終日は何も予定がなかったので、映画を観にいってきました。
映画のチケットを取って、開始までかなり時間があったので、ボウリングしたり、ゲームセンターで遊んだり、食事したり。
結婚してからも映画を見に行くことはあったけど、前後に食事はあってもあくまで映画を見るという目的達成のみだったので、今日は結婚前にしていたあてのないデートっぽくて、なんだか懐かしかった。


旦那さんは、普段あまり残業とかないけれど、この週末は忙しく、金曜は午前様、ほんっとめずらしく土曜も休日出勤で午前様。
そして日曜は、私の家族、兄夫婦と姉夫婦と両親と私達夫婦の8人で食事という初の試み。
まあさすがに結婚して間もないし、まだ慣れなくて疲れたと思う。


私達が住んでいるところは、近所に安いスーパーがないので、週末は旦那さんの運転で大型スーパーへまとめ買いにいくところ、先週末は私が仕事で土日不在だったので、日曜は2週間振りに買い物へも行った。


車は、私は運転免許を持ってはいるものの、運転は怖くてできず、もっぱら旦那様の運転。
だから、運転で疲れても私が代わってあげることができなくて、申し訳ないと思う。
そんな気持ちから、週末の買出しは、旦那さんなしにはできないので、ちょっぴり申し訳ない。


生活感覚も旦那さんの方が優れていて、いちいち旦那さんにうかがいを立てないと買えない自分。
カゴに入れたものをやっぱやめることもしばしば。


なんかいつも、旦那さんの顔色をうかがってる自分がいる。
旦那さんが怒っているんじゃないか、って、今の発言で、今の態度で気を悪くしちゃったんじゃないか、って。
ほら、無言になっちゃったし、とか。


旦那さんにはいつも穏やかでいてほしい。


二人が生活を始めれば、お互いが今までと違うことはたくさんあるのは当たり前で、その都度、どちらかが歩み寄らなければいけないと思う。
そのためには、色々と話し合いたい。


でも、怖くてたまらないときがある。
気にしないでひょうひょうとしてればいいのに、できればいいのに、、少しでも相手の機嫌が悪いようなそぶりがあったら萎縮してしまう。
旦那さんはどうやら自分ではまったく機嫌が悪いつもりは無いときでも、私には悪いように思えてしまうみたいだ。


そして、旦那さんには、とある趣味があり、平日でも休日でも、一人でそこに行くことがある。
今日も、映画を見終わった後、まだ夕飯前位の早い時間だったので、行きたいと言った。


でも、私は行って欲しくなかった。
今日は一緒に帰りたかった。
そして、率直にそれを伝えた。


「家に帰って何をするの」、といわれた。
その答えは私にはなかった。


でもその答えがないと、帰ってきてくれないのか、と思うと悲しくなった。


そのまま「やーめた。」と言って、すんごく先を歩かれてしまったので、このままどっかに行ってしまったのかと思ったので、帰宅して玄関に靴があってほっとした。


結局旦那さんはそのまま家に帰ってきてくれていた。うれしかった。
帰ってきてくれてありがとうと伝えたかった。

でも、あきらかに旦那さんの様子は、いつもと違った。

なので、私もありがとうを言えなかった。


明日、仲直りできるだろうか。

また私は同じことを繰り返すんだろうか。

あんまり思いつめて重たい女と思われたくない。

相手にとって疲れる女になりたくない。


でも、かといって、私はまた怖い瞬間が来てもがまんしていればいいのか。


「じゃあオレはどうしたらいいわけ」


っていう相手の声が聞こえてくる。




この先はどうなるか分からないけど、今は、旦那さんの一挙手一投足が、私にはすごく響くんです。
うれしい時もあれば、不安な気持ちになるときも、そばでくるくる思いをめぐらしているんです。


ささいなことでも、とにかく、いっぱい話し合って暮らしていけたらと思う。


AD

新生活

4月からいよいよ新居に引越し、新しい生活が始まりました。

短期間だけ一人暮らしをしたことがあるものの、掃除洗濯、そして料理!!


とても不安だったのですが、ダンナが相当の料理上手で、なんというか修行の日々です。


掃除は、意外と嫌いではありませんでした。

自分がした分だけ、部屋がキレイになるってうれしいです。


洗濯も、ベランダに干せないのは、いまだにちょっと不満ですが、浴室乾燥なので雨を気にする

必要がないのは気楽です。


当面の課題は、早起き(笑)

それも、すごく早く起きる必要はなくて、ただダンナより早く起きればよいのです。


もう少し、早起きになれるまで時間がかかりそう。。。

AD

1.5次会

テーマ:


土曜は1.5次会でした。

開始:18:00
ゲスト:約110人
立食形式
イベント:自己紹介を兼ねた新郎新婦へのクイズ
     名前ビンゴ
     リボンプルズ

会場は、新居に近い、運河そばのレストラン。

まず、反省点から。
ああ、うまくいかなくて、ゲストの皆様ごめんなさい、ということは、、


広いガーデンが売りで、後半のデザートとコーヒーとイベントは移動して庭で運河の風にふかれてさわやかに・・・、というコンセプトだったのですが、風が強くて肌寒く、来場のみなさま、風引かないように気をつけてください、すみません、という感じでした。


大人数で楽しめるゲームはやはりビンゴということで、ただちょっと通常よりひねりたいということで行った名前ビンゴ。

しかしふたをあけてみると、なかなかリーチが出ず、ビンゴが後半連発して、賞品を紹介することができなかったり、、(自分たちなりに心をこめて買ったプレゼントが誰の手に渡ったのかわからずじまいだったり)


リボンプルズは外れなしにしようと、残りのすべてに小さいチョコレートをぶら下げたら大混線してしまい、器用な新郎の手をしても外れなくて、結局やりなおしになったり、、、


そして、幹事には、なるべく負担をかけないようにと、招待状や出欠は自分達で取ったりとか賞品の買出し、小道具、進行表の管理なども行っていたのですが、自分達の本気モードになるのが遅かったので幹事のモチベーションを下げてしまってたのでは、、、と。
幹事をお願いした、同期でも一番仲のよいと思っている同期が、彼女の仕事のピークと重なったりして、なんだか申し訳なくなってしまったり、、


行き足らぬところ、ほんとに申し訳ありませんでした。


みなさまからは幸せそうな二人の姿を見れてよかった、とか、結婚したくなった、とか温かい言葉をいただいたので、反省はしつつも、とても楽しく過ごすことができました。

小学生からずっと親しくしている友人、学生時代の気のおけない仲間、入社してから家族みたいに仲のよい同期、頼もしい先輩、愉快な後輩、仲良くしてもらっている上司、、たくさんの人が自分達のために集まってくれて、お祝いしてくれて、気兼ねなく主役としてふるまえる、最高の一日でした。


これからもずっとダンナと仲良く、パーティに来てくれた人達と交流をしながら毎日明るく楽しく、過ごしていきたいと思います。


ハワイで挙式してきました! 思い出せるうちに、つらつらと。


日程:2006年2月17日~22日(4泊6日)挙式:2月18日 10:00

教会:ハワイ カワイアハオ教会ホテル:シェラトン・モアナ・サーフライダー

手配:JTB

ドレス:ワタベウェディング(ファーストレンタル)

タキシード:ワタベウェディング(現地レンタル)

レセプション:ホ・アオ

メイク:メーキャップ・ミホ

カメラ:ラヴィ・ファクトリー

同行者:新郎)父、母、姉、甥、姪2人、叔母 7名

    新婦)父、母、姉、叔母3人、従姉妹2人 8名

総勢:17名


<教会>

海が見える、とか、ガラス張りがいい、とか、レセプションまで移動が楽なのがいい、とか色々悩みました。でもこの教会を選んだ理由は

・ハワイ最古の歴史ある教会・建物が映えるので写真撮影に最適(白い柱が素敵)

・街中にあって観光名所でもあり、再び訪れることができる

・バージンロードが長い(24m)

・去年完走したホノルルマラソンのコース沿いにある


牧師さんがとても人徳のあふれる、穏やかで、「神がかっている」という表現がピンとくるお方で、儀式としてとても厳かにのぞむことができまし た。 1000人以上収容できるという教会でしたが、わずか15名の列席者でも暖かく迎えてくれた気がして、居心地がとてもよかったです。


<ホテル&JTB>

ホテルはオーシャンタワーの20階(最上階)のスイートルーム、ダイヤモンドヘッドオーシャンビューでした。 JTBの特典で、ルームチャージが100ドル分と、スパークリングワインとグラス2客がプレゼントされました。また、バニヤン・ベランダでの10名分ディナーもついていて、総勢17名だったのですが安く済むことができました。

このスイートルームのべランダからの眺めは360度パノラマですばらしく、室内も白い壁、扉、柱に落ち着いた色合いの床、調度品がとても私の好 みで、そして意外なほどマッチしていたハワイアンキルトのファブリックがとても気持ちよかったです。

花嫁が多く泊まるホテル、と聞いていたのですが、日本人だけでなくとにかく花嫁とは毎日遭遇しました。設備も最新で、かつハワイの歴史を見据えた、記念になる素敵なホテルだと思います。

JTBのトロリーバスは、無料で乗れるので役立ちました。バスの到着を待つことはほとんどなかったですね。ただホテルを回るので、市バスの方が 近道かもしれません。


<ドレス

パニエやベールなどは現地のワタベウェディングでレンタルしました。やはりオプションを付けるかどうか選択をしなければなりません。ロング丈のグローブも、ミキモト製というティアラも魅力的でしたが、生花のヘッドピースのみに押さえました。

フラワーシャワーは欠かせません。

ドレスは日本から持ち運んだのですが、それほど重たくはなかったので苦ではありませんでした。帰りは1日早く帰る私の家族に頼んじゃいました 。

現地でプレスサービスがあるので、安心して持てました。


<レセプション>

アラモアナ公園から近くにある、「ホ・アオ」というレセプション会場。JTBのおススメだったのですが、ワタベプロデュースらしく、日本人らし い細やかな心遣いが利いたお店でした。

司会者も何も頼んでいなかったのですが、乾杯の仕切りなどをやっていただけました。

食事も、日本人シェフとのことで、繊細な味付けで、量も多すぎず、ウェディングケーキも甘すぎず、とてもおいしかったです。

よく新郎新婦は食事を口にする暇がない、と聞いていたのですが、親族だけの着席スタイルということで、私もいっぱい食べました。(スタッフの方に薦められて、ドレスのホックを少しゆるめていたのがよかったんだと思います)


<ヘアメイク>

もともとメイクにあまり詳しくなく、外国のメイクは日本より濃くなりがち、とちょっと不安だったので前日のリハーサルメイクを頼みました。当日と同じ方がきてくれるとのことなので、リハーサルでもっとこうしてほしい、という希望を伝えることが出来てよかったです。

ヘアはあらかじめ「夜会巻き」がいいと決めてました。切り抜きも持参して、そしてその通りに仕上げてもらったのですが、「ん??」ちょっと自 分には合わないような…という気がしてしまったのですが、希望通りに本番は少し抑えてもらったので結果としては問題ありませんでした。

メイクは、普段まったくしないアイメークがかなーりきいていました。本当にアイメークを普段しないため、なんだかいつもと違う感じでした。後 でビデオを見て分かったのですが、二重になっていました。二重はいいのですが、そうなるとちょっと目が見開いてる感じがしちゃうんですよね、そして瞬きが異常に多かったみたいです。


<カメラ>

写真はまだ手元にないのですが、DVDは滞在中にもらいました。映像は普段なかなか撮る機会がないので貴重ですよね。当日の牧師さんの言葉を知りたかったのでよかったと思います。しかし、チューのリクエストが多かったこと!何回したか数え切れませんね。。


*終えてみて*

とにかく、ハワイでの挙式は「快適」でした。気候もそうだし、開放感にあふれて、家族も笑顔で、すごく楽しくていい思い出になりました。心残りは、海外旅行初めての夫のご両親、特にお母様の体調が完全でなかったこと。がんばって参列してくださり感謝です。 2人きりではなく家族と一緒に行けて、よかったと思います。

入籍しました

テーマ:

本日(日付変わっちゃいましたが)、入籍しました。

会社をAM半休して、新居のある区役所に、一緒に届け出してきました。


まだ一緒に住むわけではなく、来週に結婚式を控えていますがしばらく実家暮らしが続くので、正直それほど実感はないです。

でも相方と「婚姻届を出した」という共有の意識があるわけで、隣にいるダンナにいつもよりドキドキしました。


夕飯の乾杯も、いつも特に言葉もなくただグラスを合わせることが多い相方でしたが今日は「これから、末永くよろしくね」と言ってくれました。すごく、うれしかった。


社内恋愛なので、待ち合わせして帰る時も周りから見られませんように、なんて思ってたのも、むしろ誰かに会わないかな、位に気分も変わったかな。


これからは、2人が単位なんだな、となんとなく思う。

きっとまたケンカすることもあるんだろうけど、起こる出来事を、2人で共有していきたいね。

お互いの親や兄弟、友達を大切にして、なによりもお互いのことを思いやって、いいコミュニケーションを計っていきたいな、って思う。

相方はこだわり派

テーマ:

今日は1.5次会準備として、新しく相方が購入したCanonのプリンターで印刷すべく、PCで1.5次会の招待状イメージを作成。


昨晩からお互いの自宅でヤフーメッセで会話していると、相方はやれ「フォント」「テンプレート」を検索しまくっている。

テンプレートはまああったら楽として、フォントについては購入もやむをえない勢いでこだわっている。

「Font search」 などで、明朝体とかゴシック体は知ってたけど、教科書用とか宋朝体とかまあ色々あるのです。

デザインも背景に薄く文字を入れたい、とか、白地はないようにしたい、とか、ポンポンと注文が出てきて、気がつくと相方がPCをいじっている状態(笑)

先月はまっていた家具選びの時も、相方は「ダークブラウン」という一色(これは私の希望なのでウレシイ)が決まったとあらば、色調も反対色を差しつつ同系色でまとめるとか、同じ家具屋でそろえたいとか、3Dシミュレーションソフトを駆使してイメージ作ってみたりとか、自分でパーツを組み合わせて作る家具のパターンを一生懸命把握したりとかしてました。

つまり、すご~くこだわり派なのですね。


1つの購入したいアイテムがあるとするとネットでの事前調査を欠かさないのは、私も見習わないとと思う。


あと相方は、メリハリを大事にする人。


家具に関しては、お客様の来るリビングはお金をかけて、そうでない寝室や他の部屋は安く済まそうとする。

でもどうしてもニ○リの家具には手を出したくなかったみたい。。(笑)


仕事も、半休とかしないで休む時は全休するし、残業も割に少なくて平日も結構夜は自由な時間を作ってる。



まだ一緒に住んでないし、交際期間もそんなに長くないけど、だんだん相手のことってわかってくるもんですねー。



入籍も海外挙式も迫ってますが、4月に会場を押さえた1.5次会の準備も始めました。


日時と会場は既に決定。幹事もお願いして、できることからコツコツと。


ざっくり自分の中での週単位のスケジュール管理なぞ。


1/31-2/5 招待客へ案内eメール(締切2/15)
     エステ第1回


2/6-12 招待状作成&プロフィールパンフ(プログラム)デザイン決定
    エステ弟2回
    ビデオ打ち合わせ
    会社に結婚届


2/13-2/19   旅行準備

         ハワイ挙式(2/17-22)


2/20-2/26 招待状渡す&社外には郵送
      幹事と打ち合わせ
      お祝い返し手配
     プロフィールパンフ(プログラム)紙を発注


2/28-3/5 BGM&ウェルカムボード作成


3/6-12 プロフィールパンフ(プログラム)作成


3/13-19 ヘアメイク打ち合わせ
    プロフィールパンフ(プログラム)作成


3/20-26 プロフィールパンフ(プログラム)完成


3/27-4/2 引越準備
     プチギフト発注


4/3-4/9 引越


4/10-16 引越し片付け
    直前エステ1回


4/17-4/21 直前準備

4/22 当日


ドレス受け取り♪

テーマ:

ワタベウェディングにお願いしていたドレスが出来上がりました。

約1ヶ月、私のサイズに合わせてオーダーしたドレスです。

ノースリーブのプリンセスライン。ベアトップにレース地の肩紐がついたような感じ。


計測の結果5号という中途半端なサイズの私は、オーダーができてちょうどよかったのかも。

小物は現地でレンタル予定。


<基本セットに含まれるもの>

パニエ

手袋

ネックレス・イヤリング

ベール

造花の髪飾り


ベールを長くするのと、ティアラ(ミキモトのらしい!)のレンタルはオプションとのこと。

ハワイ挙式ではまあオプションなしでいけそう。


帰国後パーティでは小物がないので、ワタベでパニエ5000円、くつ3000円で借りれるそう。

相方もちゃんとタキシードを着たいそうなので、安いところを探さないと。。どこかありませんかね?


ドレスは姿勢よく立つとちょうど前の裾が床から少しだけ浮いて裾を踏まなくてすむらしいので、背筋ピン!を心がけます。

入籍まであと1ヶ月切りました

テーマ:

今日は会社をお休みして


・マンションの入居説明会(重要事項追加説明のあと、保険やら引越しやら掃除やら業者のブースをあちこち回り大忙し)

・1.5次会会場探し(お台場で4会場ほど視察)

・ドレス完成の連絡があったので、最終確認&引き取りの予約


クタクタ…。

なんといっても2・18のハワイ挙式までに「ブライダルエステ」に駆け込みだろうがなんだろうが行きたいのにまだ未着手!!!

体調も崩し気味で、時間が足りません。


そんな日々ですが、支えになってるのが相方の優しい一面。

以前にお出かけ最中に突然(私に起因してるとは思うのですが)相方の機嫌が悪くなって私はなすすべもなく半ベソかいた時もありましたが、ウソみたいに思えます。

相手への優しさってループするものだと思うので、大切にしていきたいなあと思います。


今は毎日、周囲に結婚の報告をしていて、色々聞かれたり、今まで聞いたことがなかった周囲の人たちの結婚論に耳を傾けているのですが、やはり結婚して大きく変わるのは相手と一緒に住むようになること。

仲良し夫婦は揃って一緒に住むことは楽しいと言います。

幸いにも、私の相方は、年齢もそうだし、一人暮らし経験値もそうだし、料理の腕とか(笑)、私よりも生活力が明らかに高いと思われる人。


なんだか色々、楽しみです。