豊胸手術のおかげで命拾いした女性
15日、北イスラエルのナハリヤ病院は、イスラエル・レバノン紛争でヒズボラのロケット弾攻撃で負傷した24歳のイスラエル人女性が、豊胸手術のおかげで九死に一生を得たと発表。医者の調べで、シリコンの胸に突き刺さった爆弾の金属片を発見......


このニュースの御蔭で、豊胸手術に関する電話が、整形外科クリニックでジャンジャン鳴り響く事は無いかもしれませんが、日本人女性(特に主婦層)が豊胸手術をするために、家族に説得する際に、このニュース(前例)を採り上げるのは、今の日本の治安を考えれば、説得力が薄れると思います。


下の豊胸簡易手術には、誰も喰いつかないと思いますが!




AD

コメント(4)