1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-17 21:17:18

今日の出来事 徒然

テーマ:PersonalDiary

パークを歩いていたら、パーティのような音が聞こえてきた。

1822歳くらいの男4人女4人位のグループで、パークのテーブルで呑みながら食べ物をつまんで盛り上がっていた。

通り過ぎると、男の子たちに「hey‼︎」と声をかけられる。

振り返ると、「nice butt」ですって!

笑ってにっこり返す余裕があるアラフォーですが笑


これはさっき笑えたので冒頭に。



先週、外国人の為のコミュニティ英語クラス受講を希望するにあたり、テストを受けた。

一応レベルは5段階の5。(流暢な方やネイティヴレベルの方は来ていません。悪しからず。)


今日は初めてのクラス。

部屋に入ると、早速英語で賑やかにコミュニケーションをしている。アクセントや、たまに?なグラマーを聞いていると、次第に頭が痛くなる...笑笑

スコティッシュの年配女性の先生の表情も一生懸命聞き取ろうと顔が険しくなる笑

恐らくネイティヴの人も私の英語、ポイントは違うかも知れないけれど、こんな感じで捉えにくいんだろうな...と、新たな視点。


クラスメイトは中国人、韓国人、ベトナム人、日本人。

でも彼らの特に中国人のいい所は、間違っていようが恐れず、大きな声で堂々と言い放つ。あの勢いに、最初は呑み込まれそうだったが、彼らのおかげで、私も落ち着いて、とにかく話そうと能動的になり会話が進み楽しかった。


スコティッシュの先生と、OGのローカルな先生の交代制。スコティッシュ英語と、オーストラリア訛りと、アメリカ英語と、他の第2カ国語として話しているそれぞれのアクセント訛りの話もでて笑えた。


みんな、もうこちらに来て45年、25年、10年とかで、私みたいな数ヶ月の人はいない。

もう数年このクラスに通っている人もいるらしい。


私以外のもう1人の日本人の方は「あなたが生まれる前、45年前に仕事で来て、大自然が好きで、帰りたくなくて今もいるの。車の免許も無くて、英語もカタコト英語で住み続けているから、宇宙人だ!って言われるの。」と。


何だ!?何だか勇気をもらった。


やっぱり腹を据えて住んでいる人のパワーは違うね。


話せる話せない関係なくとにかくパワフルな女性達でした。


{E3B974A3-133F-4E49-B3E8-6521D2221160}




いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-23 10:30:16

旅から帰って来ました

テーマ:Journey 

こんにちは。

MelbourneからSydneyへ

SydneyからMelbourneへ帰ってきました。



旅で立ち寄った場所を上から下へ


Apollo bay  9日

Melbourne

Lake entrance ここから帰宅まで17日

Buchan Cave

Eden


Central Tilba National Trust Village 

Gulaga mauntain

(これより上の写真は前回、前々回のblogよりどうぞ)

{02DF0CB0-F1F1-4512-97A6-1415C5DBC493}

Jeivs Bay

{91A2FB47-C010-471A-956F-72E6301E9E9B}


CaveBeach

{0027A044-5544-4A0A-A27F-3E2D47FFA182}

{36F38423-366C-4E21-9E35-795166AB9FCA}

{B3A26B10-090C-461C-A895-0E901821DFCC}


Sydney

{984FE135-FDBB-46C5-AC51-A23D873B769E}

{FCB90C58-03AE-4599-B1B8-740A73053334}

{E3D994FE-BA25-444C-8A59-E3A1739C273B}

Kiama

Berry
{0BE54973-3803-48CA-B238-54ACAFFB3B6C}

Jeivs Bay

Yass  

{3E93CD89-BD2A-4FDC-9D32-82FF4EA9DC98}
帰りに寄ったTully's B&B

インテリア、アメニティーやシーツやクッション、朝食のクオリティーも素晴らしいく、ホストのご夫婦が日本の旅館のように、心からのおもてなしを下さりかなり癒されました。
{E5B669BA-0BB3-479B-9279-9F0AEA81B954}

{DAD96BFA-8D54-4EFE-B63C-88E415CFACAB}
外からだと大草原にひっそり建っており、中があんなに素敵だとは想像もしておらず。



このような流れで、ビクトリアからニューサウスウェルズへと海岸沿いを渡りながら旅をし、シドニーへシドニーから内陸に少し入り、帰りは数箇所だけ泊まりメルボルンへ帰ってきました。


こちらはSydneyでの写真

{F9F02D9D-4B06-4308-923A-4CC33BA4C055}

{95E8F621-F441-44AF-9F49-E657D45A06BA}

{3149CBE7-DB4B-4C6F-B916-F9AF127303BA}

初のSydneyでは、Australiaでも有名なbondi beachは美しかった‼︎

多くの人が海で遊んでいるから安全だと思って疑わなかったら、いきなりサーフィンを終えて砂浜に上がる際に、波打ち際に電気のようなショックが...
最初は、脚が何かで切れたのかなと...すると青い物体が...

こちらも人生初...クラゲに右脚全体をマップの様に刺されました。

ライフセーバーに話してスプレーで消毒してもらっている際に、子供達が何度も映ろうとジャンプしても、撮ってもらえないというローカルで人気のbondi beachのTV番組にずっと撮られたという...。


何はともあれシドニーは、素敵なホットな街でした。


船でぐるっと観光し、The Rocksという昔ながらの住居の様式をそのまま残している石段の街がヨーロッパの様で、ずっといたくなる様な女性好みの本格派のカフェやインテリ屋ショップなどもあり、堪能させてもらいました。


その他に公認のヌードビーチも体験しました。

{AF9B5F52-302D-4A01-84B9-75F54DA2E0FC}

{35EF2EBA-30C3-4713-ACB3-20C301D53242}

{13C9F89A-574E-457C-AABC-6C8F13078DCC}


最後はco-creationの機会を与えてくれたRobとのインプロダンスの触りをこちらより



旅を終え、オーストラリアの家族と過ごしながら、日本を離れて感じている個人的な主観を最後に。

2013年に3ヶ月周期で2回NYでダンサー生活に復帰し、帰国後は、自らのワークを引き続き自然に積み上げ、開拓。またいくつかの国を転々とし、帰国しては種を蒔きまた旅立つ...という周期を繰り返しています。(意図はしていませんが、気がつくとこのパターンである事は気がついていました。)
今回は、その2013年を含め恐らく6回目の海外生活のステイです。

その度に感じているのは、当たり前だけれど、やはりわたしは日本人であり、今の年齢だからこそ思えることかもしれないけれど、日本文化の美しさや民度の高さや精神性について、いつもふと想います。
そして、日本人として生きながら学ぶことがあり、魂の奥深い部分、中心に根付いている事に気がつきます。
(もちろんそれぞれの国の美しさやユニークさ独創性にも気がつきます。オーストラリアは、国土が広く、スケールが違う、大自然に囲まれていて、食も含め大変豊かだなぁと感じます。人々もジョークが大好きで、大らかで明るいし、シンプルな感じを受けます。その分、自分の日本人らしい繊細な部分や、なんとも表現しがたい部分が秘めていることにも気がつきます。)
これは、なんと皮肉なことか‼︎
日本にいると、いつも忘れてしまいますが、海外生活を通して深く日本を想います。

日本の奥行き
素朴さ
精神性
深み
四季と調和した生き方 ハーモニー
おもてなし
空間に対する美   間
整理整頓
思いやり
感じて察すること
温泉


などなど。
まだまだ宇宙と調和した自分らしい生き方を堂々と謳歌するには、段階があり、そんな中で全体のバランスのためにも大切な根底にある生活の土台を見直し、自分らしい生き方を太くしていくにも、非日常な体験を通して様々な思ってもいない角度から感じている次第であります。

まとまらない文章ですが...
わたしは元気です(^^)


ではまた

愛を込めて
{051351AE-A04E-4765-8BC1-8C73EC533586}

{07D711BA-2415-47CC-9AEB-66A884CF1FA2}


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-13 18:05:34

メルボルンからシドニーに向けて旅の途中

テーマ:Journey 

インターネットが繋がらない場所にいる事が多いので、更新はまとめて車の中で綴っています。

誤字脱字、散文をお許しください(^^)


毎日が新しく、一日に必ず二、三はやったことのないチャレンジングな場面に向き合いながら、うや〜とダイブしてみたら意外と何でもなくて笑えてしまうようなamazingな体験をさせてもらっています。


丁度、昨日の体験のようです。

日本では絶対に危ないから「立ち入り禁止」や「飛び込み禁止」など書かれているだろうな〜という岩場を登り、最終は怖かった海にダイブし、海を渡り岩場の穴の下を通り抜けたら、別世界が待っていました。

岩場の模様は美しい宝石の原石のようでした。


{411F75AE-4E29-4D14-9D78-02C5E23C859F}
岩場の穴 みえるかな?

同じ道を戻る際にかなり波が強くなり、恐怖心がやってきましたが、波に合わせてダイブすると丁度、波が次の岸に上手く乗り上げてくれ、安全にさっくり渡れてしまったのです。


自然との調和、色々教えてくれます。



他にも初めてボートを運転したり、風の向きだけでヨットsailingやシュノーケル、カヌーや、サーフィン、海の中でコンタクトインプロもシェア、体験してます。


{4DC50A05-9B9F-4385-B9C4-6517B16D0D2C}
{B5934AC5-B073-4F99-B4BA-E155E4063C4D}
buchan royal cave

2日前は、本格的なtilba tilbaというwalking trakを抜けジャングルの中をhikingしました。片道2時間かけて山を登ると、許可された者しか辿り着けないと言われているGulaga山の中の聖地、アボリジニのシャーマンがコンタクトし続けてきた場所に導かれました。

道中、鳥や植物が安全に辿り着けるように案内してくれ、この場所に辿り着くに連れて雨が強くなり、山頂は断念しましたが、今回のコンタクトの場所ジャングルをすり抜けて聖地についた際には、すっかりミスト状態でした。

辿り着いた場所は、まるで映画でもみているような別世界な磁場、空間でした。


広島の弥山を少し思い浮かべ繋がる感覚もありましたが、規模は3倍くらい、まず母なる石が出迎えてくれました。そこから、神聖な巨大な石が不思議な形に、それぞれ意味があるようにも感じる形状で積み上げられていました。


真ん中の石場では、足を踏み外すと怪我をしてしまう場所でしたが、恐怖心はなく、思わず石場の間に立ってみると、勝手に風が身体を動かしてくれ、舞が始まりました。

歓迎されたとわかり嬉しくなったものです。

そして何故か天の岩戸を連想しました。

日本でもいくつか神秘の場所に訪れた時のような感覚...


写真は、シェアして良いものかアボリジニのあるシャーマンに会って確認するまで、まだわからないので、案内図だけシェアさせて頂きます。

okが出たら、美しいのでまたシェアさせて頂きますね。

{54A58977-1C13-431C-8A12-AA2F2AB834BD}

{661084A1-4FB2-4DC0-BBB0-DCDE61C3E9C7}


{C20FB3B2-E7DB-4079-9447-5E0B2672FE50}

{6878B726-4BCC-44FF-B2A5-930356B04381}

{A0B89D88-74DD-4717-9AB2-2CCEB43F279B}

さて、わたしはいまは、メルボルンからシドニーの海岸沿いを南から北東へ向かっており、2日間ずつほど一つの場所にステイし、ゆっくり移動を繰り返し、海や山や湖や森に囲まれたキャンプ生活をしています。


{B895A930-44D8-4E84-9A54-FDC41735EC69}


{C229CB62-E1F2-49AA-BDCA-0EB2D2666870}

{BC670EB5-6F15-45D6-AB99-ACCC96A71512}

{2864007B-5EB2-46BA-9BC0-187F906B7B0F}

{438528FE-EA64-4FDF-ADDC-3F650C16EED1}


{209A5CC8-9C88-40D4-83A4-48D097706D46}

始めは、不便で慣れない事ばかりで、このチャレンジ生活に不安もありましたが、もう直ぐ一カ月が経とうとしています。

随分とテント張りやキャンプ料理や、海の遊びも慣れて来ました。


朝陽と共に目覚め、日が暮れるとキャンドルの灯しを消して、眠りにつきます。

時に満天の星、ギャラクシーがみえます。

流れ星も1日に4回みました。


日本では本当に恵まれていて、清潔で、全てのベースがある生活から一転、すっかり野生児化、強い陽射しの下、真っ黒になりつつある自分のいまに不思議な出逢いと機会に時に涙し、大笑いし、愛を思いっきり感じながら、日々を謳歌しています。



ではまた(^^)


愛を込めて


旅の道中より



オマケ

{65589354-207C-490C-A424-5A7CD485BA40}
これは本当に怖かった...

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-03 14:31:02

明けましておめでとうございます

テーマ:DANCE

{55D9F572-AA75-4D39-8D6B-7B2A92C92455}



新年明けましておめでとうございます🌅
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます✨

2017年も皆様にとって最高最善の年でありますように🌈💫✨



わたしは現在、オーシャングレートロードのapollobayエリアの9日間のキャンプ生活が終わり、明後日から17日間の他のエリアの旅に旅立ちます。🌎
マウンテンバイクでサイクリングや、森や丘のハイキング、初のサーフィン、テント設置、解体からの本格的キャンプライフを体験を通して、ゆっくり目的を持たず、ただ目の前に与えられた環境から共同創造を生み出す機会を与えられています。

今月の終わりにメルボルン郊外でリトリートを開催予定です。

こちらの写真は、メルボルンのズークコミュニティのイベントで、秋に訪れた際に、エドワードさんの写真が使われました(^^)
また旅がひと段落したら、メルボルンのズークイベントに参加させてもらいたいと思っています。


ブログは気まぐれで更新しています。
写真は常にInstagramで更新していますので、よかったら訪れてみてくださいね💫✨

愛と感謝を込めて🌈


{06239B10-A0E5-4E9A-97BE-8171B5882C7D}

photo:Edward Theologis


いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-31 21:52:50

今年も大変ありがとうございました

テーマ:徒然/エッセイ/詩(2016より)
今年のスタートは弾丸で両親と京都の二泊三日の旅で始まり、今年も多くのハートのあたたかく美しい人々や新しい土地に出会い、また新しい環境に飛び込む機会を与えてもらい、国籍を超えてダンスやヨガを通してエネルギーをシェアさせてもらう素晴らしい機会も頂きました。

人生は不思議なもので、新しい年をまさかオーストラリアのapollo bayというコバルトブルーとエメラルドグリーン色で輝いた美しいグレートオーシャンロード沿いのキュンプ場で迎えるとは思ってもいませんでしたが、オーストラリアに来て二週間目の今日は、慣れない不便な面もあるキャンプ生活も、多くの人々と毎日色々な事をシェアする時間と共に少しづつ慣れて、毎日少しづつの新しいチャレンジを楽しめる様になってきました。
毎日キャンプエリアの近くの海や森に囲まれたアドベンチャーを体験し、料理をシェアし、夜は波の音を聞きながらミルキーウェイの下で眠りにつきます。
今日は初めてのボディーボードを体験し、気分は最高でした!!
いまはみんなで、料理をつまみながら花火を見ながら夜までパーティーが続きます。
わたしはお好み焼きをふるまいました。笑

まだまだアドベンチャーは続きますが、素晴らしい2016年をこの様に締めくくれたことに感謝します。

2017年も皆様にとって最高最善の年となります様に✨



{140D1C8C-B6BE-453D-8240-5F8E7AEE6711}

{D8997B55-4982-4548-BEC9-0E3FC2B504E6}

{D26D7D9C-977A-45D9-A566-39BDFDBBEB18}

{1A704111-E495-42FF-9002-D4CD3478377E}

{CF33688D-D5DA-4452-86E5-0983A4026D55}

{004C2B1F-B371-49B4-9326-62B27E007AA4}

{ED86358C-74A7-4758-A9C8-10F973AC61B8}



いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-16 18:23:27

宇宙の仕組みを遊ぶ

テーマ:徒然/エッセイ/詩(2016より)

いつからかフットワーク軽いね、パワフルだね、いつも元気だね〜、明るいね〜、楽しそうだね〜とよく言われるようになった。

自分の価値観や概念が世界を映し出していて、全ては自分なんだと本当に理解し、この移行期と共に新しいソフトがダンロードされ、魂が殻を破り表現し始め、宇宙の仕組みを思いっきり楽しめる様になったからだろう。
世界はファンタジー、面白いことがいっぱい
まだまだこれから(^^)

{0F4EC0FE-DCC1-40E0-AA77-D3DB849FD195}


本当は全てずっとうまくいっている

もしあるならば、原因と結果という概念や、
うまく行かなかったという概念があるだけ
原因と結果だってそれに従えば
無数につくれてしまう笑

創造の在り方
いつでも豊かな機会
どこにも常に新しい場面がありおもしろい
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-14 22:43:35

クリエイション

テーマ:DANCE
何かが生まれる瞬間
何かと何かが出逢って
化学反応が起きる瞬間
変化していく様
空間
関係性
あり続けるエネルギー
そういうリアルなものが
やっぱり楽しい

今日も
今日の場所で今日の出逢いでしか
起きなかったそれ
ありがとう

{D6C8728A-6FBD-46CE-BCB2-ACF4B8FC9176}


いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-13 13:18:04

自分の経験からも、観せていただきながらも感じたこと

テーマ:お客様からのVoice/Links

自分の経験からと、

クラスにいらっしゃる方を観てきて、感じてきたことをシェアさせていただきます。


人の気遣いが出来て、

人をまとめる役割だったり、

優等生で何でも器用にできた

リーダー的な役割をやってきたり

何か人の為を優先してきた人に多いかもしれないが、

人に評価されることで自己価値を上げてきた傾向にあると、

自分の本当に感じていることよりも

正解を求めてわたしにこれでよいのか?などと聞いてこられることが多かった。

(わたしもその傾向から抜けられなかった時は、自分の感覚に100%委ねられなかったので、ちぐはぐだった。)


まず、わたしに聞くのではなく、

身体の声を感じて聴いて観てくださいというと、最初は大抵驚かれていた。

そして長くやってきた無意識の習慣から、自分と対話するという在り方に気がついていった方は、内なる平安を見つけ救われた気持ちになる様だった。

ただ最初は時間がかかるため、それまでの心の癖もあり、安定するまでは、自動的に癖にはまってしまうこともあり、行ったり来たりすることを認めてゆったりしていればよいのだが、そんな風に行ったり来たりしているうちに諦めてしまった場合は、個人の自由だが残念だった。


そのうち安定して開けてくる、成熟するのをただ信じれること

待てることはやっぱり力。


また、意外にも優等生の方は、折れやすい傾向もあった。

恐らく学校や仕事でも頭が良いと短時間で集中でき、結果を残してきた成功体験があり、早く結果を求めがちになるのかな?


ただ叡智の経験を一気に貯めることはできない。

ひとつひとつの積み重ねが忘れた頃に花が咲く。

またベースが出来る出来ないにあると、出来ていない自分を責めてしまう。


なかなか習慣を変えることは難しいが、ひとつひとつを呼吸して

自責をやめていけたらいいですね。


根っこで自分を責めていると、息切れを起こし、持久力が養えず、体調も崩しやすくなる。


肩の力を抜いて

等身大で

自己評価を手放し

出来る出来ないからただ離れて

ただ身体や心の声に耳を澄まして

溢れてくる生命を

楽しめたら面白くなるよね


今日はこれだけでも、

とクラスでやるテーマの柱や、

自分で何かを見つけながらテーマを楽しみながら持って帰っていける人は、

長く続いており、

気がつくと気持ちの良い変化を体現しているようでした。


バランスが大事。

傾き過ぎるとバランスを取ろうとする。


自分はいまどういう状況であるのかを観察出来る余裕ある日々

ゆとりが

大切ですね。



余談ですが、先日復習クラス受講者の方から早速嬉しい変化があり...とメッセージを頂いたので、シェアさせていただきます。


「センターにエネルギーを集めると色々なことが変化しますね、今日一日だけで実感できました


エネルギーの流れをあらためて認識しました、いきなり蓮にいかないで、せいを意識することって大事ですね。


改めてありがとうございます。」


ありがとうございます。

このいきなり蓮に行かないで、ルートから積み上げて行くことを取り戻すという具体的な話をする様になってから、みなさん大きく変わりました。


今日の火曜日レギュラークラスのみなさんも、色々な気づきがあったようで、中には人生が大きく変わりました、などと、個々にシェアして下さいました。

自分と繋がるとどんどん豊かになっていきますね。

微力ではありますが、もし自分を見つめ直す時間のきっかけの一コマになれたなら幸せです。


残すところグループレッスンも一回となりました。


ご縁を頂いた皆様ありがとうございます。


また再会を楽しみにしています。

わたしも楽しみながら精進して参ります。


愛を込めて

ナマステ


{1433DF56-AC6C-4EE5-AE7C-76EC215D37C6}
月曜日クラスのみなさんより
ありがとうございます
お一人お一人とのご縁に感謝です

{183D2AAC-309F-433F-AB64-6D34D806BD15}
先日の復習会
5歳のお孫さんの集中力には驚きでした
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-10 22:42:14

レッスン

テーマ:徒然/エッセイ/詩(2016より)
レッスン

思ってもいないようなところから
発見や気づきをもらった

視点が変わると面白くなる

大切なものは
みえにくい

そこから離れたら可能性がみえてくる

「いま何ができるか」その連続

{4CD21060-EAE4-4D80-8B29-F29E341F59B4}


{8B38173D-6A26-4EB5-8211-7CC0E2483C0F}


いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-08 21:44:28

知らないという強さ

テーマ:徒然/エッセイ/詩(2016より)
知らなかったからこそ 
行動し出来てしまうことがある

知らないということは
ある意味
無敵だ


{B843C3A6-B94E-4226-BD67-1344D5D0D184}


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み