>>>立命館大学の表裏の最新記事へのリンク

立命館大学の表裏??-立命館大学

立命館大学には国際関係学部、文学部、法学部、理工学部、経済学部、経営学部、生命科学部、薬学部、政策科学部、スポーツ健康科学部など多彩な学部があります。立命館大学のキャンパスはびわこくさつキャンパス、衣笠キャンパス、東京キャンパス、大阪茨木キャンパスとたくさんできており、立命館大学生の教学、サークル活動、就職活動などの場となっています。立命館大学は部活動やサークル活動も盛んでパンサーズ、 競技ダンス、交響楽団、立命館大学落語研究会など日々活動しています。立命館大学の表裏は、立命館大学の入学生、立命館大学の父母、立命館大学生の在学生、立命館大学の卒業生に向けて2005年から2010年にかけて書き綴ってきた1000以上の記事の詰まった立命館大学とは?がわかるブログです。現在更新は特にしていませんがコメントしたり、twitterでつぶやいたりmixiチェックしたりして広めていただければと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-08-03 14:22:20

久々に会社に入ってからについて書いてみようかと・・・

テーマ:立命館大学生の日常
お久しぶりです。
原則更新を辞めてから3年ほど経ちました。

会社に入って、友人の一部は3年で転職したりしているようですが、
私は転職せず、社内でジョブローテーションしながら
粛々と働いております。

感じたこととしては、
SOHOなどで独立するのであれば、
ブラック企業にあえて入って実力とか耐性をつけて、
自分の限界値をあげるとイイのかなと思いました。

しかし、起業して、上場を目指したり
大きな会社を作りたいと思うのであれば
大きな会社で人脈やマネジメントを学ばなくてはならないと思います。

やはり新卒で入る会社と言うのは
自分の遺伝子に強く刻まれます。

ブラックを刻めば、大きな会社にしようと思ったときに
他の従業員に対して
そのようなたち振る舞いをするでしょう。
大きな会社であれば、
一種の理想形を刻んでいるので
規模が拡大する中で、目指す形が分かるのだといえます。

また、そのなかで、コンサルティングの経験があれば
多くの企業のイイところと悪いところを見ているため
フェーズにおおじた会社作りができるため
成功している人が多いのでしょう。

就職活動の期間がどんどん短く設定されるようになっていく昨今
自分探しは常にし続けてくださいね!


副業などに寛容な会社なので、
いまだにちょいちょいアフィリエイトやNAVERまとめなど
やってみていますが、
個人ブログはgoogleに嫌われてしまったため、
基本的にアフィリエイターだけで生きている人は
もう少ないかもしれません。
アフィリエイトで稼いだ分は
投資に振り向けて使わないというようにしていますが、
資産形成については、就職するのと同等に考えておいて損はありません。

↓は大学対抗戦をしているようなので、紹介しておきます。
記事が役に立ったと思ったら、経由して会員登録してみてもらえると、
今後も書いていこうかなって思うかも?
それでは、またいつの日かー

Amazon Student会員登録でもれなく1,000ポイント
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012-01-25 21:57:42

mixiページで立命館大学の表裏プラスを作成しました。

テーマ:立命館大学生の日常

mixiページというものができたようなので

さっそく

立命館大学の表裏プラス

というものをつくってみました。


50フォローしていただけるとURLが変更できるそうです。

ぜひともフォローしてやってください!



※修正

ログインしなくても見えるアドレスとそうでないアドレスがあるようです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-12 23:23:36

南草津 に新快速が決定

テーマ:立命館大学の近隣

なんと!南草津に待望の新快速が停車することになりました!



南草津に新快速をとめるのは

市長の公約でした。


しかし、南草津に新快速を止めると

湖南の新快速停車駅が大量になってしまうことから

実現困難ではないかと思われていました。


新快速を南草津に止めるのは

2011年3月12日から。


京都から3分早く南草津に到着できるようになるということですが、

それ以上に大阪茨木にできる新しいキャンパスとの行き来にも

乗り換えを一度減らせることや

南草津に停車する電車が増えることが大きな利点だと思います。


神戸や大阪、米原あたりから通っている人の利便性は格段に向上することになります。

自宅から通えないために断念していた人も

通学圏内に入ってくることになると思います。



琵琶湖線・JR京都線(東海道線)の停車駅は


★普通
京都 山科 大津 膳所 石山 瀬田 南草津 草津 栗東 守山 野洲 篠原 近江八幡 安土 能登川 河瀬 稲枝 南彦根 彦根 米原


★新快速
京都 山科 大津 → 石山 → 南草津 草津 → 守山 野洲 → 近江八幡 → 能登川 → → → 彦根 米原

こうやって見るとあまりメリットが無いように見えますが


京都大阪間では

★普通

京都 西大路 桂川 向日町 長岡京 山崎 島本 高槻 摂津富田 茨木 千里丘 岸辺 吹田 東淀川 新大阪 大阪


★快速


★新快速

京都 → → → → → → → → → 茨木 → → → → 新大阪 大阪


ですので大阪まで乗り換えなしで行けるメリットの方が大きいと思います。

これで立命館大学生の就職活動もしやすくなりますね!



以下、余談。

お久しぶりです。

そこそこに忙しい毎日を送っていますが、

徐々に仕事も軌道に乗ってきたかなという感じです。


立命館大学に大阪キャンパスができることがきまり、

きっと経済経営学部が移転になると思います。

また、教育系も教育実習・介護実習の実施が都市圏の方がしやすいと思うので

移転するかなと個人的に思っています。

あいた土地には医療系学部の拡充が待っているのではないかと思います。

ただ、実現は10年後とかにはなると思いますが。


ひとまず薬学部の卒業生が世の中に排出されて

医療関係とのパイプを強くしてもらえば

医療系の学部も拡大しやすいのではないかと思います。


ところで、mixiや2ch等掲示板の衰退が激しいですね。

ツイッターに人が流れている影響でしょうか・・・


このブログ自体は相変わらず多くの方が見てくださっているようで

感謝です。


今後もトピックが上がれば書いていきますので

よろしくお願いします。



南草津駅に新快速停車 要望の実現喜ぶ

乗降客らに新快速停車発表を知らせるチラシを配る橋川市長


草津市・JR南草津駅前 滋賀県草津市のJR南草津駅に来年3月12日から新快速電車が終日停車することが決まったことを受けて17日、停車を求めて活動を続けてきた南草津駅新快速停車促進期成同盟会メンバーらが、駅前で決定を知らせるチラシを市民らに配布し、要望の実現を喜んだ。

 チラシは、新快速停車で南草津駅から京都駅まで約3分早く到着することなどを紹介した。

 同盟会長の川瀬善行市自治連合会長や橋川渉草津市長ら約10人が「祝 南草津駅に新快速停車正式発表」と大きく書かれたチラシ約2千枚を乗降客らに配った。受け取って停車を喜び、ガッツポーズをする人もいた。

 橋川市長は「停車を市発展の起爆剤として、さらに地域公共交通体系を強化し、より便利なまちづくりに努めていきたい」と話した。


http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20101218000021


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-09-06 22:12:57

立命館大学 大阪の茨木へ進出

テーマ:立命館大学のできごと

京都新聞の記事に立命館大学の大阪進出構想が出ていました。



立命館大学は数年ごとに

大きな学部を作り続けてきています。

情報理工学部

映像学部

薬学部

生命科学部

スポーツ健康科学部

と作り続けてきた立命館大学。


民主党政権になり医学部を作れるかも?という状況に

躍起になっているはず!



ただ、滋賀に理工・生命・情報が集結しているため

医学部はそちらに作るのが現実的。


となると、最近連携を弱めつつある

経営・経済学部の大阪進出か?


経営経済がいくとスポーツ健康科学部のマネジメント系統が弱くなるんですよね。。。

ってことで、

大阪にエリート集結で

・国際会計士

・国家公務員総合職

(Ⅰ種Ⅱ種Ⅲ種という区分はなくなります。



・国際弁護士

・弁理士などの

資格系学部を集結させてしまうのとかどうだろう?


なんにしても楽しみな話です。




立命大が大阪進出構想、茨木・工場跡地に一部学部を移転



立命館大学の新キャンパス候補地 学校法人立命館は27日までに、大阪府茨木市を最有力候補地として、立命館大の新キャンパスを開設する「将来構想」をまとめた。衣笠(京都市北区)、びわこ・くさつ(BKC、草津市)の両キャンパスと並ぶ規模を想定し、2015年度までに複数の学部を移転する案で、既に学内で意見集約を始め、年内の方針決定を目指している。

 新キャンパスが実現すれば、京都の有力私立大学で初の本格的な大阪進出になる。受験生の動向にも大きく影響し、「生き残り」をかけた大学間競争がさらに過熱しそうだ。

 将来構想は、20年までの学園整備を検討する「新中期計画」の検討委員会(委員長・川口清史総長)がまとめた。衣笠キャンパスは手狭で建物も老朽化しているが、法規制などで施設整備が難しく、学部再編の障壁になっている。また、BKCでの大学院の充実や医学系分野への展開をにらみ、新キャンパスが必要と結論づけた。

 候補地は、JR茨木駅の南約500メートルのサッポロビール工場跡地で、面積は衣笠キャンパスとほぼ同じ約12万平方メートルある。阪急の茨木市駅や大阪モノレールの宇野辺駅からも徒歩圏内で、大阪だけでなく、神戸市からも1時間以内で通える。

 検討委は京都市右京区の山ノ内浄水場跡地も考えたが、約4万6千平方メートルと狭いことなどから茨木市を優先した。移転する学部は未定だが、衣笠、BKCと同規模の学生数を想定する。衣笠とBKCの一部学部内で移転の検討を始めている。

 立命館大は全国から学生を集めているが、大阪、兵庫からの受験志願者の割合が「関関同立」の中で目立って低く、大きな課題となっていた。今年4月に関西大が京都に近い高槻市のJR高槻駅前に新キャンパスを開設しており、立命館大が逆に大阪へ攻め込む格好になりそうだ。


h ttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20100827000086

立命館大学キャンパスの将来構想に関する報道について



 新聞紙上で「立命館大学が大阪にキャンパスを開設する」構想について、報道されていますが、この構想については、現在、全学の論議の途上であり、決定したものではありません。

 現在、学園では、立命館大学のキャンパスに関する将来構想の検討を行っています。
 この構想は、現在策定中の新中期計画(2011年~2020年)の特別委員会からの報告としてまとめられ、全学での議論をおこなっているものです。

 新中期計画は、教育・研究の質的向上を目標としています。今次の構想は、そのためには、教学内容の改善とともに、そのための人的体制の整備とキャンパス創造が重要であるとの考えのもと、まとめられたものです。

 今後、全学での論議を通じて検討を深め、構想が固まりました段階でお知らせさせていただきます。
  
                                            2010年8月27日  学校法人立命館
h ttp://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/6562/year/2010/publish/1 .

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-07-08 01:35:36

ブラック企業リスト

テーマ:立命館大学生の就職活動


お久しぶりです。

元気にやっていますか?

僕は元気です。


2012年度の就職活動が始まっているようですが

皆さん順調でしょうか?


googleで検索すると

企業名と合わせてブラックと出てくる企業があります。

実際にはブラックではなくても

たまたま社内に鬱で休職という人や過労で訴えられたりする人がいると

その人がネットで騒ぎ立てて検索結果に表れることがあるようです。


逆に、ブラックと出ていないとしても

検索結果のブラックや不祥事といったワードを消すために動く企業が出てきているのも

ひとつの事実です。


すべてを鵜呑みにせず。

自分で感じたことにしたがって就職活動をしてください。


ただ、googleでブラックと出てくるなかには

確かにブラックと社内の人が言っている企業もありました。

まとめサイトがありましたので転載いたします。

一つの参考にしてください。




googleでブラック
株式会社マクニカ http://www.macnica.co.jp/
ニューソン株式会社 http://www.newson.co.jp/
松定プレシジョン株式会社 http://www.matsusada.co.jp/
三浦工業株式会社 http://www.miuraz.co.jp/
三谷商事株式会社 http://www.mitani-corp.co.jp/
株式会社宮崎情報処理センター http://www.mjcnet.co.jp/
株式会社メノガイア http://www.menogaia.co.jp/
株式会社ユーフィット http://www.ufit.co.jp/
ユニバース情報システム株式会社 http://www.uisnet.co.jp/
株式会社 夢真ホールディングス http://www.yumeshin.co.jp/
株式会社 読売情報開発 http://www.yomiuri-johkai.co.jp/
ラサ商事株式会社 http://www.rasaco.co.jp/
理研計器株式会社 http://www.rikenkeiki.co.jp/
リコー関西株式会社 http://www.r-kansai.ricoh.co.jp/
リコーテクノシステムズ株式会社 http://www.r-ts.co.jp/
株式会社リンクレア http://www.lincrea.co.jp/
株式会社ワイキューブ http://www.y-cube.co.jp/
ワタミ株式会社 http://www.watami.co.jp/
新東電算株式会社 http://www.sdkk.co.jp/
株式会社ミロク情報サービス http://www.mjs.co.jp/
情報技術開発株式会社 http://www.tdi.co.jp/
株式会社コスモスライフ http://www.cosmoslife.co.jp/
コンピュートロン株式会社 http://www.computron.co.jp/
東京コンピュータサービス株式会社 http://www.tcs-ipnet.co.jp/
株式会社富士通エフサス http://jp.fujitsu.com/group/fsas/
加賀電子株式会社 http://www.taxan.co.jp/
株式会社 エージェント・テクノロジー・グローバル・ソリューションズ(ATGS) http://www.a-technology.co.jp/
レバレジーズ株式会社 http://www.leverages.jp/
東日本住宅株式会社 http://www.higashinihonjutaku.co.jp/
株式会社テンポスバスターズ http://www.tenpos.co.jp/
株式会社ファニーワーク http://www.funnywork.co.jp/
株式会社ユビキタスエナジー http://www.ub-energy.com/
株式会社システムエグゼ http://www.system-exe.co.jp/
株式会社アイエスエフネット http://www.isfnet.co.jp/
日本電気通信システム株式会社 http://www.ncos.co.jp/
株式会社Lee.ネットソリューションズ http://www.lee.co.jp/
ユニパルス株式会社 http://www.unipulse.com/jp/
EH株式会社 http://www.eh.com/
Xarts株式会社  http://www.xarts.jp/
ミツイワ株式会社 http://www.mitsuiwa.co.jp/
トピー工業株式会社 http://www.topy.co.jp/
日本ロジテム株式会社 http://www.logitem.co.jp/
日本システムウエア株式会社 http://www.nsw.co.jp/
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 http://www.ncd.co.jp/
デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社 http://www.ditgroup.jp/
NECシステムテクノロジー株式会社 http://www.necst.co.jp/
エヌ・ティ・ティ・データ東京エス・エム・エス株式会社 http://www.nttdata-sms.co.jp/
三菱総研DCS株式会社 http://www.dcs.co.jp/
デンソーテクノ株式会社 http://www.densotechno.co.jp/
ソフトウエア情報開発株式会社 http://www.skig.co.jp/
株式会社シーエーシー http://www.cac.co.jp/
株式会社 国際システム http://www.isd.co.jp/
富士電機ITソリューション株式会社 http://www.fisl.jp/
日立ビジネスソリューション株式会社 http://hitachi-business.com/
渡辺パイプ株式会社 http://www.sedia-system.co.jp/
株式会社クロスキャット http://www.xcat.co.jp/
聖翔株式会社 http://www.seishow.co.jp/
株式会社ユタカ技研 http://www.yutakagiken.co.jp/
株式会社 日比谷コンピュータシステム http://www.hibiya-cs.co.jp/
明和地所株式会社 http://www.meiwajisyo.co.jp/
株式会社カトム http://www.kdg.co.jp/katom/
株式会社ジェイアール東日本情報システム http://www.jeis.co.jp/
株式会社ネオキャリア http://www.neo-career.co.jp/
サンワコムシスエンジニアリング株式会社 http://www.sancom-eng.co.jp/
東芝インフォメーションシステムズ株式会社 http://www.toshiba-tsis.co.jp/
シークス株式会社 http://www.siix.co.jp/jp/
ネットイットワークス株式会社 http://www.netitworks.co.jp/
みずほ情報総研株式会社 http://www.mizuho-ir.co.jp/
株式会社IHI http://www.ihi.co.jp/
太平電業株式会社 http://www.taihei-dengyo.co.jp/
日本中小企業福祉事業財団(日本フルハップ) http://www.nfh.or.jp/
朝日ソーラー株式会社 http://www.asahisolar.co.jp/
株式会社ネクシィーズ http://www.nexyz.co.jp/
日本NCR株式会社 http://www.ncr.co.jp/
東海東京証券株式会社 http://www.tokaitokyo.co.jp/
丸大食品株式会社 http://www.marudai.jp/
株式会社富士通ビー・エス・シー http://www.bsc.fujitsu.com/
オリジン電気株式會社 http://www.origin.co.jp/
株式会社 ゼンショー http://www.zensho.co.jp/
株式会社テプコシステムズ http://www.tepsys.co.jp/
住友電設株式会社 http://www.sem.co.jp/
ウシオ電機株式会社 http://www.ushio.co.jp/
株式会社 ぎょうせい http://www.gyosei.co.jp/
オリオン交易株式会社 http://www.orionkoeki.co.jp/
豊商事株式会社 http://www.yutaka-shoji.co.jp/
株式会社イー・クラシス http://www.e-classis.co.jp/
カネツ商事株式会社 http://www.kanetsu.co.jp/
さくら情報システム株式会社 http://www.sakura-is.co.jp/
株式会社CSKシステムズ http://www.csk.com/systems/
株式会社くらコーポレーション http://www.kura-corpo.co.jp/
株式会社KUURAKU GROUP(くふ楽) http://www.kuuraku.co.jp/
株式会社エイプルジャパン http://www.apl.co.jp/
株式会社EMシステムズ http://www.emsystems.co.jp/
日本開閉器工業株式会社 http://www.nikkai.co.jp/
日本デジタルデザイン株式会社 http://www.ndd-net.co.jp/
株式会社セントラル情報センター http://www.cic-kk.co.jp/
株式会社 京王エージェンシー http://www.keio-ag.co.jp/
ユニパルス株式会社 http://www.unipulse.com/jp/
株式会社日本AEパワーシステムズ http://www.jaeps.com/
日本管財株式会社 http://www.nkanzai.co.jp/jp/index.html
キヤノンソフト技研株式会社 http://www.csti.co.jp/
リコー販売株式会社 http://www.r-hanbai.ricoh.co.jp/
株式会社オンテックス http://www.ontex.co.jp/
TISシステムサービス株式会社 http://www.tss-j.co.jp/
フクダ電子株式会社 http://www.fukuda.co.jp/
株式会社トラスト・テック http://www.trust-tech.jp/
株式会社大塚商会 http://www.otsuka-shokai.co.jp/
コーデンシ株式会社 http://www.kodenshi.co.jp/
株式会社 日立ハイシステム21 http://www.hs21.co.jp/
株式会社 三菱電機ビジネスシステム http://www.melb.co.jp/
株式会社 アサンテ http://www.asante.co.jp/
株式会社シーエーシー http://www.cac.co.jp/
株式会社ジャノメクレディア http://www.janomecredia.co.jp/
株式会社京都製作所 http://www.kyotoss.co.jp/
大和リース株式会社 http://www.daiwalease.co.jp/
トラスコ中山株式会社 http://www.trusco.co.jp/
株式会社アスパーク http://www.aspark.co.jp/
日本アクセス株式会社 http://www.j-access.co.jp/
プレス工業株式会社 http://www.presskogyo.co.jp/
JRCエンジニアリング株式会社 http://www.jrce.co.jp/
株式会社 モンテローザ http://www.monteroza.co.jp/
株式会社 CRCシステムズ http://www.crs.co.jp/
株式会社アイ・ティ・フロンティア http://www.itfrontier.co.jp/
株式会社キャレオ http://www.careo.jp/
エヌ・ティ・ティ・データ東京エス・エム・エス株式会社 http://www.nttdata-sms.co.jp/
日本電産コパル株式会社 http://www.nidec-copal.co.jp/
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 http://www.nttcom.co.jp/
日本データコム株式会社 https://www.ndc.ne.jp/
株式会社キューブシステム http://www.cubesystem.co.jp/
株式会社ランドコンピュータ http://www.rand.co.jp/
富士エレクトロニクス株式会社 http://www.fujiele.co.jp/
日信電子サービス株式会社 http://www.open-nes.co.jp/
名港海運株式会社 http://www.meiko-trans.co.jp/
エヌ・ティ・ティ・データ・フォース株式会社 http://www.nttdata-force.co.jp/
林テレンプ株式会社 http://www.hayatele.co.jp/
ダイジェット工業株式会社 http://www.dijet.co.jp/
タマポリ株式会社 http://www.tamapoly.co.jp/
株式会社フォーラムエンジニアリング http://www.forumeng.co.jp/
松田産業株式会社 http://www.matsuda-sangyo.co.jp/
ケンコーマヨネーズ株式会社 http://www.kenkomayo.co.jp/
エヌ・ティ・ティ・データ・システム技術株式会社 http://www.nttdst.com/
富士インフォックス・ネット株式会社 http://www.infoxnet.co.jp/
ヒロセ電機株式会社 http://www.hirose.co.jp/
ソフトウエア興業株式会社 http://www.sic.co.jp/
株式会社ホロンシステム http://www.holon.co.jp/
株式会社システムプロ http://www.systempro.co.jp/
株式会社東電通 http://www.todentsu.co.jp/
株式会社タマディック http://www.tamadic.co.jp/
株式会社ソルクシーズ http://www.solxyz.co.jp/
株式会社 フジシステムズ http://www.fujisystems.co.jp/
富士通エフ・アイ・ピー株式会社 http://jp.fujitsu.com/group/fip/
住商情報システム株式会社 http://www.scs.co.jp/
株式会社ヒューマンテクノシステム http://www.kkhts.com/
東芝情報システム株式会社 http://www.tjsys.co.jp/
日本コムシス株式会社 http://www.comsys.co.jp/
富士ソフト株式会社 http://www.fsi.co.jp/
株式会社日本システムディベロップメント http://www.nsd.co.jp/
エヌ・ティ・ティ・システム開発株式会社 http://www.ntt-ipnet.co.jp/
ユニシステム株式会社 http://www.unisystem.co.jp/
ハイテクシステム株式会社 http://www.ht-s.co.jp/
シグマトロン株式会社 http://www.sigmatron.co.jp/
インターネットウェア株式会社 http://www.inw.jp/
キャデム株式会社 http://www.cadem.jp/
金融システムソリューションズ株式会社 http://www.fssol.co.jp/
ナレッジウェア株式会社 http://www.kwc-ipnet.co.jp/
デジタルビジョンソリューション株式会社 http://www.divic.co.jp/
エスエムジー株式会社 http://www.smg.co.jp/
株式会社 エヌジェーケー http://www.njk.co.jp/
株式会社大創産業 http://www.daiso-sangyo.co.jp/
中央出版株式会社 http://www.chuoh.co.jp/
株式会社再春館製薬所 http://www.saishunkan.co.jp/
株式会社 アルプス技研 http://www.alpsgiken.co.jp/
大和冷機工業株式会社 http://www.drk.co.jp/
日本電産株式会社 http://www.nidec.co.jp/
日本食研株式会社 http://www.nihonshokken.co.jp/
株式会社伊藤園 http://www.itoen.co.jp/
株式会社OSGコーポレーション http://www.osg-nandemonet.co.jp/
株式会社丸八真綿 http://www.maruhachi.co.jp/
株式会社ジャステック http://www.jastec.co.jp/
船井電機株式会社 http://www.funai.jp/
伯東株式会社 http://www.hakuto.co.jp/
株式会社西原商会 http://www.nishihara-shokai.co.jp/
株式会社IHIエスキューブ http://www.iscube.co.jp/
トオカツフーズ株式会社 http://www.tokatsu.co.jp/
エス・アイ・シイ株式会社 http://www.sic-soft.co.jp/
株式会社人財開発 http://www.jin-zai.co.jp/
エスフーズ株式会社 http://www.sfoods.co.jp/
株式会社フジミック http://www.fujimic.com/
綜合警備保障株式会社 http://www.alsok.co.jp/
株式会社 日本カルチャソフトサービス http://www.culture-soft.co.jp/
ハマゴムエイコム株式会社  http://www.aicom.co.jp/
杉本商事株式会社  http://www.sugi-net.co.jp/
ユアサ商事株式会社 http://www.yuasa.co.jp/
エース証券株式会社 http://www.ace-sec.co.jp/
スガツネ工業株式会社 http://www.sugatsune.co.jp/
三菱電機情報ネットワーク株式会社 http://www.mind.co.jp/
株式会社 NTTデータクイック http://www.nttdata-quick.com/
株式会社大塚商会 http://www.otsuka-shokai.co.jp/
株式会社サイバーコネクション http://www.cyber-co.com/
株式会社ハイマックス http://www.himacs.jp/
株式会社アルファシステムズ http://www.alpha.co.jp/
株式会社サンコーポレーション http://www.sun-cp.co.jp/
株式会社中央エンジニアリング http://www.chuo-eng.co.jp/
阪和興業株式会社 http://www.hanwa.co.jp/
株式会社日本デジタル研究所 http://www.jdl.co.jp/
日本情報産業株式会社 http://www.nii.co.jp/
株式会社インフォテクノ朝日 http://www.it-asahi.com/
巴工業株式会社 http://www.tomo-e.co.jp/
井上特殊鋼株式会社 http://www.issgrp.co.jp/
株式会社 新日本科学 http://www.snbl.co.jp/
住友軽金属工業株式会社 http://www.sumitomo-lm.co.jp/
東京エレクトロン株式会社 http://www.tel.com/jpn/index.htm
日本電設工業株式会社 http://www.densetsuko.co.jp/
高津伝動精機株式会社 http://www.takatsu.co.jp/
株式会社シティ・コム http://www.citycom.co.jp/
富士通ネットワークソリューションズ株式会社 http://jp.fujitsu.com/group/fnets/
株式会社 オービック http://www.obic.co.jp/
日本トラスティ情報システム株式会社 http://www.japantrusteeinfo.co.jp/
兼松エレクトロニクス株式会社 http://www.kel.co.jp/
三菱スペース・ソフトウエア株式会社 http://www.mss.co.jp/
株式会社ジェイ・エス・エル http://www.jsl.jp/
株式会社富士薬品 http://www.fujiyakuhin.co.jp/
セントラルエンジニアリング株式会社 http://www.central-eng.co.jp/
株式会社山星屋 http://www.arista.co.jp/
株式会社エム・ソフト http://www.msoft.co.jp/
株式会社フラワーヒルズ http://www.flowerhills.co.jp/
メディアファイブ株式会社 http://www.media5.co.jp/
第一生命情報システム株式会社 http://www.dls.co.jp/
株式会社CIJ http://www.cij.co.jp/
ヤマトシステム開発株式会社 http://www.nekonet.co.jp/
中央コンピューター株式会社 http://www.chuo-computer.co.jp/
キヤノンITソリューションズ株式会社 http://www.canon-its.co.jp/
株式会社セゾン情報システムズ http://home.saison.co.jp/
株式会社半導体エネルギー研究所 http://www.sel.co.jp/
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・セキスイシステムズ http://www.ndis.co.jp/
日本電子計算株式会社 http://www.jip.co.jp/
株式会社三経ホテル http://www.sankei-hotel.co.jp/
日立ソフトシステムデザイン株式会社 http://www.hitachisoft-sd.co.jp/
株式会社 構造計画研究所 http://www.kke.co.jp/
株式会社創味食品 http://www.somi.co.jp/
株式会社VSN http://www.vsn.co.jp/
データリンクス株式会社 http://www.datalinks.co.jp/
ソーバル株式会社 http://www.sobal.co.jp/
株式会社学情 http://gakujo.ne.jp/
ジェイエムテクノロジー株式会社 http://www.jmtech.co.jp/
株式会社ワールドインテック http://www.witc.co.jp/
株式会社フルキャストテクノロジー http://www.fc-tec.co.jp/
日本サード・パーティ株式会社 http://www.jtp.co.jp/
株式会社アドウェイズ http://www.adways.net/
株式会社セプテーニ http://www.septeni.co.jp/
トランスコスモス株式会社 http://www.trans-cosmos.co.jp/
株式会社ネクシィーズ http://www.nexyz.co.jp/
株式会社日本テクシード http://www.tecseed.co.jp/
東洋テック株式会社 http://www.toyo-tec.co.jp/
日本管財株式会社 http://www.nkanzai.co.jp/
株式会社メイテック http://www.meitec.co.jp/
株式会社クロスキャット http://www.xcat.co.jp/
株式会社イーシー・ワン http://www.ec-one.com/
株式会社エヌアイデイ http://www.nid.co.jp/
株式会社電算システム http://www.densan-s.co.jp/
株式会社イーウェーヴ http://www.ewave.co.jp/
コムチュア株式会社 http://www.comture.com/
サイバーコム株式会社 http://www.cy-com.co.jp/
株式会社ソルクシーズ http://www.solxyz.co.jp/
株式会社ジェー・アイ・イー・シー http://www.jiec.co.jp/
株式会社プロトコーポレーション http://www.proto-g.co.jp/
日本システム技術株式会社 http://www.jast.com/
株式会社フォーカスシステムズ http://www.focus-s.com/focus-s/
株式会社クレスコ http://www.cresco.co.jp/
株式会社菱友システムズ http://www.ryoyu.co.jp/
株式会社シーエーシー http://www.cac.co.jp/
株式会社トーセ http://www.tose.co.jp/
株式会社オービックビジネスコンサルタント http://www.obc.co.jp/
日本ラッド株式会社 http://www.nippon-rad.co.jp/
日立ビジネスソリューション株式会社 http://hitachi-business.com/
株式会社アイティフォー http://www.itfor.co.jp/
株式会社構造計画研究所 http://www.kke.co.jp/
株式会社昭和システムエンジニアリング http://www.showa-sys-eng.co.jp/
株式会社さくらケーシーエス http://www.kcs.co.jp/
株式会社大塚商会 http://www.otsuka-shokai.co.jp/
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 http://www.ncd.co.jp/
株式会社富士通ビー・エス・シー http://www.bsc.fujitsu.com/
株式会社アグレックス http://www.agrex.co.jp/
株式会社EMシステムズ http://www.emsystems.co.jp/
株式会社CIJ http://www.cij.co.jp/
JFEシステムズ株式会社 http://www.jfe-systems.com/
株式会社光通信 http://www.hikari.co.jp/
株式会社DTS http://www.dts.co.jp/
岡藤商事株式会社 http://www.okato.co.jp/
日立公共システムエンジニアリング株式会社 http://www.gp.hitachi.co.jp/
DIRシステムテクノロジー株式会社 http://www.dir-st.co.jp/
株式会社 科学情報システムズ http://www.sisinc.co.jp/
株式会社湯山製作所 http://www.yuyama.co.jp/
株式会社 片岡製作所 http://www.kataoka-ss.co.jp/
ティーディーシーソフトウェアエンジニアリング株式会社 http://www.tdc.co.jp/
ゼネラルエンジニアリング株式会社 http://www.geng.co.jp/
株式会社菱友システムズ http://www.ryoyu.co.jp/
戸田テクノロジーサービス株式会社 http://www.todakogyo.com/
三谷産業株式会社 http://www.mitani.co.jp/
株式会社ワールドインテック http://www.witc.co.jp/
東洋ソフトウェアエンジニアリング株式会社 http://www.toyo-soft.co.jp/
富士ゼロックスシステムサービス株式会社 http://www.fxss.co.jp/
株式会社イノベーショントラスト http://www.i-trust.co.jp/
日本梱包運輸倉庫株式会社 http://www.i-trust.co.jp/
株式会社タムラ製作所 http://www.tamura-ss.co.jp/
SETソフトウェア株式会社 http://www.setsw.co.jp/
日神不動産株式会社 http://www.nisshinfudosan.co.jp/
日立電子サービス株式会社 http://www.hitachi-densa.co.jp/
アイコムシステック株式会社 http://www.icomsys.co.jp/
株式会社システム計画研究所 http://www.isp.co.jp/
株式会社 杉孝 http://www.sugiko.co.jp/
株式会社 千葉測器 http://www.chibasokki.co.jp/

http://www19.atwiki.jp/black_list/pages/12.html


※この記事は誹謗中傷を狙ったものではなく

googleに検索のダブルワードとして出てくるものを

集めたものにすぎません。

該当する企業の方が気分を害されましたら、

コメントしていただければ、そのコメントを代替として、

こちらの一覧表から削除いたします。



楽天でこの記事に関連した本を探す⇒ 「就職先はブラック企業」
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。