立命館大学体育会男子サッカー部

いつも応援してもらっている我々を少しでも知ってもらえるように。


テーマ:
今回の担当は池田晃平(名東高)です。

{AA064B4E-751D-4861-9C5E-E5277028C60C}

VS龍谷大学
4-0
得点者 
杉本朋之、高橋大登、稲生大輔、村川渉


2連勝して勢いに乗っているC1チーム。ホーム原谷でも勝利して3連勝を目指す。キャプテン鈴木光(東海大五高)を軸に堅い守備を見せて序盤から流れを掴む。前半終盤に杉本朋之(洛北高)が相手のミスからゴールを決める。前半をリードして折り返す。後半には梅川智己(大阪桐蔭高)のクロスを高橋大登がヘディングでたたき込み追加点。流れを引き寄せるゴールが生まれた。このあともチーム全体で意図を持ったたたかいを見せることができた。さらに2点を追加して結果4-0で試合を終えた。3連勝となりリーグ3位となった。さらに順位をあげて中断期間に入れるようにあと2節も全力でたたかいぬく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前節はリードしながら終盤に失点を喫してドローに終わった。

今節はリーグ首位の阪南大学との試合。

{816FCAC6-9535-4210-9D22-8936B1C8F72D}


雨が厳しい中、応援に回った選手も必死に声援を送りチーム一丸となって臨んだ。


試合はショートカウンターから9番木藤舜介が相手をかわしゴールに流し込む。

その後も集中した試合展開の中22番池松大騎が追加点を加え、2-0で折り返す。


後半開始は相手の勢いに押されかけたが1番白坂楓馬のビッグセーブで得点を許さない。

サイドの崩しから9番木藤舜介がこの日2点目のゴールで3-0

試合終盤に失点を喫して3-1となったがこのまま試合終了。

首位阪南大学に勝利し、4位に浮上した。

またこの日2得点の木藤舜介は得点ランキング2位となっています。

前期あと2節も勝利を目指してチーム一丸でたたかいます。

応援よろしくお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は伊藤瑛司(立命館宇治高)が担当です。

{24AF2CC2-1DC2-4215-B7E6-01C3E29633CB}


VS大阪経済大学
1-1 芳野航(藤枝明誠高)

3連敗は避けたい立命館Ⅱチーム、上山(金光大阪高)がキャプテンマークを巻き気合い十分に試合に臨んだ。
前半は押し込まれる時間が長く我慢の時間が続いた。濱田(東山高)の好セーブもありゴールを割らせない。攻撃では前線で山家(鎌倉高)が体を張りキープするがなかなかシュートまで持ち込めない。このままスコアレスで終わると思われた前半41分に失点してしまい0-1で前半を折り返す。後半は少しずつリズムが生まれる。藤井飛(京都サンガ)からのスルーパスを藤井翔(盈進高)が合わせるをゴールには繋がらず。寺澤(立命館高)、湯川(近大新宮高)を投入し攻撃に厚みを加える。寺澤が積極的にドリブルで仕掛けるもシュートまでいけず。さらに石川(立命館宇治高)、笹原(鹿本高)を投入して1点を取りに行く。それでも1点が遠く、このまま試合終了かと思われた。しかし、後半44分寺澤(立命館高)のコーナーに芳野(藤枝明誠高)が頭で合わせた。貴重な勝ち点1をもぎ取った。勝ち点3が遠い立命館Ⅱチームだが課題を修正して次こそ勝利を目指していく。

{EBEBF10F-0883-4C18-B9D2-B3A783CC88BD}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
関西選手権を終え、リーグ戦が再開しました。

ホームとも言える西京極陸上競技場での試合となりました。

4位近畿大学との大事な一戦でした。

{AABE140A-E4E4-4BFE-81D6-FB61B7F907C6}


試合は前半にMF吉永皓正のゴールで先制しました。

その後もチャンスを迎えますが決めきれずに1-0で前半終了。

後半序盤にFW佐當慧のゴールで追加点。

2-0として有利に試合を進めます。

しかし終盤に立て続けに失点を喫して2-2の引き分けで試合を終えました。

{2F28BF9D-D632-4CE5-9D73-5838763020BA}


この結果5位をキープしています。

次の阪南大学戦でまた上位に浮上するため勝利を目指します。

応援よろしくお願いします。

今回の試合ハイライトです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回の担当は池田晃平(名東高)です。

{36299FE3-217A-485B-9E01-6933C7A4FC24}


VS大阪学院大学
1-3 廣川裕太(京都サンガU-18)


前回の反省を修正して臨んだ一戦。4回生がスタートにいないこともあり、鈴木光(東海大五高)がキャプテンマークをまき、チームを締める。序盤から引き締まった入りをしたがハンドの判定でPKを献上した。そこで失点して0-1。そこから盛り返せず前半終了間際に失点を重ね0-2で試合を折り返す。そして後半、吉田将(立命館守山高)からのクロスを廣川裕太(京都サンガU-18)がたたき込み意地を見せる。選手交代で流れを引き寄せようと試みるも再び失点を喫して1-3で試合終了。一度は一点差まで追い上げたがそこで力尽き敗戦。前節から敗戦が続いたが次のホーム原谷での京都大学との京都ダービーで巻き返しを誓う。

{B2ED5F65-AD28-407C-97EA-27B0963B9E62}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。