立命館大学体育会男子サッカー部

いつも応援してもらっている我々を少しでも知ってもらえるように。


テーマ:

最終節に近畿大学と戦いました。

{52077647-B960-436F-83F2-04160DBCF8F6}

vs近畿大学

得点者
木藤舜介(東福岡高)
延祐太(JFAアカデミー福島)


前節、関西大学に0-2と惜敗し、勝利を長いこと掴めないまま迎えた最終節。この試合の結果によっては一部残留か入れ替え戦突入かを決定づける重要な一戦。

前半開始早々、チャンスが生まれる。鷺原拓也(大分トリニータU-18)がサイドから木藤舜介(東福岡高)へスルーパスを出し、相手ディフェンダーとの球際に競り勝った木藤はそのままキーパーと一対一の局面を迎える。キーパーをしっかり見ながら丁寧にシュートを放つも、ボールは枠を捉えられず、思わず頭を抱える木藤。しかしその後も得意のポゼッションサッカーで近大ゴールに幾度となく迫る。そしてついに前半25分、延祐太(JFAアカデミー福島)が細かいタッチでサイドを抜け出し、グラウンダーのクロスを上げると、そこへ木藤舜介が合わせゴール。待望の先制に成功する。得点後も、CBの高原昂兵(滝川第二高)、重松勇樹(中京大学附属中京高)、GKの白坂楓馬(桐光高)中心に近畿大学の攻撃を完全にシャットアウト。失点の兆候を一切見せずに試合を1-0で折り返す。

前半の勢いを持続させたい立命は、後半開始早々から一気に畳み掛ける。立命のフィードボールに反応した延祐太が得意のスピードで裏へ抜け出し、クリアしようと飛び出した相手キーパーを交わし無人のゴールへシュート。追加点で相手を引き離すことに成功する。その後も立命がボールを支配し、優位に試合を進めていく。後半25分には、サイドからのボールを受けた竹本雄飛(サンフレッチェ広島ユース)がミドルレンジから無回転シュートを放つ。このシュートは惜しくも得点にはならなかったが、相手ゴールを脅かした。追加点を奪い、試合を決定づけたい立命は後半38分、鷺原拓也に代えて4回生の佐富慧(清風高)を投入する。しかし後半40分に最大のピンチを迎える。一瞬の隙から、ゴール前でフリーの相手選手にシュートを打たれてしまう。しかしここでGK白坂楓馬がスーパーセーブをみせ、何とか失点の危機を逃れた。その後は、ロスタイムに相手のコーナーキックを奪った立命のカウンターで、抜け出た延祐太にボールが渡り、最後は冷静に決め、3点目のリードを奪う。そのまま試合終了のホイッスルが鳴り、立命イレブンとベンチ、スタンドは歓喜に溢れた。



{3AFA8A91-6F28-4230-80FC-24085B48F14B}




今節で関西学生リーグは終了し、結果は7位で終え、1部残留となりました。しかしインカレ出場を逃し、我々が掲げた日本一という目標は叶えることができませんでした。応援ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第11節に関西大学と対戦しました。



vs 関西大学
結果 0-2

一部残留を決定づけるか、入れ替え戦を余儀なくされるかを左右する重要な関西大学との一戦。勝ち点3を
を欲する立命館大学は序盤からボールをポゼッションし、積極的な攻めを見せる。前半28分、持ち前のパスワークで中央を打開し、最後は竹本がペナルティー付近からミドルシュートを放つ。しかしこのシュートは枠をとらえることはできず。そのまま両者拮抗した前半だったが、終了間際の44分に立命は前半最大のピンチを迎える。鋭いカウンターから、自軍左サイド深くまでボールを運ばれ、深い折り返しにゴール正面からシュートを打たれるが、ここはキーパー白坂がしっかりとキャッチ。危機を逃れ、前半は0-0のまま試合をおりかえす。
後半に入っても変わらず積極的に攻め立てる立命は開始早々チャンスが訪れる。右コーナーキックから重松がニアで逸らしたボールは延の足元へ。難しい体勢からなんとか合わせたもののシュートはゴール右を過ぎていき、決定機を逃してしまう。ようやく得点の兆候がうかがえたが、その直後に失点してしまう。後半5分、裏へ流れたボールの処理を誤り、抜け出したフォワードが無人のゴールに流し込み、失点。思わぬ失点を受けた立命は後半11分、右サイドの鷺原を代えて佐當を投入。前線にスピードを加えることで、試合の流れを変えようと試みる。しかし失点への焦りからか、精彩を欠いたパスが多発するようになり、度々カウンターを受ける。後半20分には中央で失ったボールからカウンターを受け、シュートまでもち込まれるがポストに救われる。何とか試合を振り出しに戻そうと試みる立命は後半26分、東野に代えて塩田を投入。また後半36分には鈴木を中野に代えて、前線に人数をかけ、得点を奪いにいく。すると後半39分、代わって入った塩田のアーリークロスに抜け出した木藤がうまく合わせてシュート。しかし相手ディフェンスにゴール前でクリアされてしまい、切望の一点が入らない。そして後半42分には前線に多くの人数をかけ続けたところカウンターを受け、失点。そのまま試合は終了し、0-2で敗北を喫した。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
立命館大学は京都産業大学と対戦しました。

{6FDC928E-7476-4E72-9500-EE970DA09EB4}

vs京都産業大学
結果 2-2
得点者 延裕太(JFAアカデミー福島)
            木藤舜介(東福岡高)

 勝たなければインカレの可能性が限りなく低くなる重要な一戦。京都産業大学と対戦した。
立ち上がりから拮抗した試合展開となりなかなかチャンスを作れない。そんな中、右サイドを崩し、西林(ファジアーノ岡山U-18)がオーバーラップし中にクロスを上げるも惜しくも合わず。
前半35分 竹本(サンフレッチェ広島ユース)が木藤へスルーパスを送りるもシュートはキーパーに防がれてしまう。少しずつ立命館ペースに。しかし、36分 相手に裏を取られそのままシュートまで持ち込まれそれを決められ失点。41分 清水(京都サンガF.C.U-18)が延へ浮き玉でラストパスを送り、延がキーパーをかわしてゴールに流し込みすぐさま同点に追いつく。そのまま1-1で前半を終える。
後半6分 延が木藤へとつなぎ落として鷺原(大分トリニータU-18)がシュートとはいかず。後半8分 ビルドアップを相手に取られそのままシュートまで持ち込まれる。
そして、待望の逆転ゴールが生まれる。
後半9分 延から木藤へと繋ぎ、キーパーと1対1を冷静に流し込み逆転!
さらに追加点を狙い攻め込む。
後半16分 延から中野(サンフレッチェ広島ユース)へパスがつながり中野のシュート!惜しくも外れる。後半31分カウンター佐當(清風高)から木藤へそして佐當と繋ぎシュートもゴールならず。後半39 分クロスがファーサイドに流れその折り返しを打たれるもシュートは枠外へ。90分が終了し、ロスタイムの表示は3分。
後半45+3 カウンター佐當から西林へ繋ぎシュートを放つも、追加点ならず。このまま試合を終えるためボールをキープする。時間が過ぎてもホイッスルはなかなか吹かれない。
後半45+6 ファールを取られ、セットプレーから頭で合わせられ同点に追いつかれる。
そのまま2-2試合終了。
納得のいかない幕引きとなりましたが上を向いて戦い抜きます。引き続き立命館大学サッカーの応援をよろしくお願いします。

{CB07DC57-0F87-4B08-AC07-1D8983B12895}





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
立命館大学は関西学生サッカーリーグ第10節で阪南大学と対戦しました。
{FD74B679-DC1E-42D3-8897-00E06EDCB986}

立命館大学0 (0-4) 4阪南大学大学 @ヤンマーフィールド長居


勝てばインカレ出場に近づく大事な一戦。スターティングメンバー、ベンチメンバー、応援団全員で勝利を目指した。
試合は序盤から動く。前半4分左サイドを突破からクロスをあげられ、胸トラップから反転しシュートで華麗に決められ前半早々失点してしまう。ここで立ち直したい立命だったが、前半10分右サイドからのマイナスのクロスを落ち着いて流し込まれ、0-2となってしまう。
さらに20分には相手の素晴らしいシュートが決まりスコアは0-3。その直後に藤本悠太郎(阪南大学高)のパスから蒲生幹(コンサドーレ札幌u-18)がシュート。流れを変えようと試みる。しかし40分には相手が立命GKの白坂楓馬(桐光学園高)との1対1を制し決定的な4点目を決められてしまう。
後半巻き返すべく、時間いっぱいのミーティングで後半に望んだ立命だったがクオリティの高い阪南の攻撃をことごとく受ける。後半16分、この日ベンチスタートとなった主将の清水航輔(京都サンガF.C.U-18)を投入し、巻き返しを図る。すると20分に素早いカウンターから延祐太(JFAアカデミー福島)が抜け出し鈴木太我(桐光学園高)と2対1の状況を作るも防がれた。前半よりゴールに近づきはじめた立命は27分、相手からボールを奪い、延がサイドへ展開、クロスに江崎遼(ガンバ大阪ユース)が飛び込むも惜しくもポストの左へ抜けていった。その直後には山田泰暉(一条高)、眞田左京(鳴門高)を投入し、逆転を諦めない。しかしその後も阪南に幾度となくチャンスを作られたが白坂楓馬を中心に集中した守りを見せた。あとは攻撃陣がゴールを決めるだけという状況が続いたが、ここでタイムアップ。前半の4失点がそのまま響いた結果となった。

インカレ出場への望みを捨てず、全力で頑張りますので次節も応援よろしくお願いします!!


{CD1EA960-A92E-482F-BD95-BDB0247C0842}



関西学生リーグ後期第11節
VS京都産業大学 @三木防災公園

15:30Kickoff



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
部員ブログの最後を飾るのは我らが誇る立命のキャプテンこと清水航輔です!!


{0CC93084-07DB-4793-A954-80CCEF697ED0}


今まで4回生が素晴らしいことをこのブログで書いてくれたと思う。間違っていることは1つもない。他人に言う前に自分が1番プレー、声、私生活全てにおいて示すこと、全てが大事である。
自分が主将として、今感じていること、自分が思うこれからの立命館にとって必要なことを伝えたいと思う。

「意志あるところに道は開ける」この言葉はリンカーンのものであるが、立命館サッカー部の横断幕にもなっている言葉である。どんな困難な道でもそれをやり遂げる意志さえあれば道は開けるという意味である。
この言葉は立命館サッカー部にとって、必要であり、これからも必要になってくる言葉だと自分は思っている。

まず、後輩で知らない人も多いと思うが、自分は1回生の時はB2でほとんどアイリーグにも出ない、チームのことなど微塵も思ってない、最低な1回生であった。そこからAチームの試合に徐々に関われるようになり、チームの為にという想いが強くなっていった。昨シーズンの最終節で逆転負けを喫し、インカレ出場は果たせなかった。悔しさや来シーズンに対する期待や不安など様々な感情が自分の中で大きくなっていった。そして、今年、立命館サッカー部の主将として新シーズンを迎えた。

自分たちは何もわからないまま、サッカーの目標、サッカー外の活動における目指すべき姿を話し合い、サッカーでは日本一になること、「愛し愛されるクラブ」になるために活動することを決めた。そのためにどのような部署が必要なのか、どういった活動が必要なのかと毎日のように考え、行動していた。しかし、上手くいかないことの方が多かった。遠征でも結果はなかなか出ず、何かが足りなかった。それから自分は組織の運営や様々なことを「問題が起きないようにうまいことしよう」としていたように感じている。


それは自分たちが掲げた目標を必ず達成するという想いや意志とは違うものだったように思う。


それが、リーグ開幕戦から3試合勝てなかったことに繋がっていたと感じる。負けてから、全員が自然と回生関係なく、「やるしかない」という気持ちになり、そこから前期は負けることはなかった。
しかし、総理大臣杯で負けて、その後の遠征もなかなか勝てなかった。その時、監督に「お前ら本気で日本一目指してんのか」と言われ、自分はこのままでは勝てないと本気で思い、自分たちを奮い立たせることができた。しかし、ここには自分たちが掲げた目標を達成するためにという意志ではあったが、そこにも何かが足りなかった。


それが、現在のチーム状況であることは間違いない。
今こそ自分たちの目標を達成するためにも「強い意志をもってやるしかない」、自分たちを奮い立たせなければならないときである。1人で頑張っても、各個人が頑張っても結果は出ない。Aチーム、立命館サッカー部、応援団、各部署、全ての人が団結し、強い立命館になろう。それだけが今の自分の意志である。

つまり、「強い意志をもって、やり続けること」これが自分が思うこれからの立命館にとって必要なものである。誰かがやってくれるわけではない、自分たちがやるしかないのである。


この意志を持って自分は自分の全てを残っている試合にぶつけるつもりである。
自分たちの意志を実現するために最後まで戦い続けよう。この意志を立命館サッカー部なら実現できると自分は信じている。



いつも立命館大学サッカー部を応援してくださっている方々、これからもよろしくお願いします。

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

{5AD20201-6D30-434C-8E58-89974C8A2BA4}

{727EA815-87AB-4F40-A38A-A3B0B7CF70D4}

本日で部員ブログは最後になります。
4回生45人の思いが少しでも伝わっていたら嬉しく思います。学生リーグも残り3節ですが最後までインカレ出場に向け、チーム一丸となり戦っていきます。引き続き立命館大学サッカーの応援をよろしくお願い致します。

広報部
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。