リトラボ☆親子で楽しむ大分・別府の英語リトミック・ピアノ教室

すべての能力を伸ばす基礎となるリトミックをオールイングリッシュで!
亀川で行うピアノレッスンは「ソルフェージュ」を取り入れ、演奏だけでない、生涯音楽を楽むための「総合的な音楽力」を育みます♪


テーマ:

こんにちは!

 

英語リトミック・ピアノ講師の後藤珠美です。

 

 

今日は「英語は中学生から始めれば十分?」

の続きです。

 

 

 

昨日の記事で、幼児英語教育は

 

「英語のシャワーをたっぷり浴び、

楽しみながら体験を通して英語の耳を作る第1の時期」と

 

「英語の知識を積み上げていく第2の時期」

 

があって、その上手な転換が、

成功するか否かのカギ、

 

とお伝えしました。

 

 

そして、昨日は転換に失敗した残念なケースご紹介したのですが、

今日は、転換に成功した場合、

幼児英語教育がもたらす大きな可能性をお話ししますね。

 

 

第1と第2期をうまく転換できたこどもが中学に入ったらどうなるか?

 

すでに英語にポジティブな気持ちがあるので、

中学英語にも自信を持って取り組める。

 

リスニングはもちろんですが、

一番の強みは長文問題。

 

中間・期末テストだと、

教科書の限られた範囲の文章と文法がメインなので、

中学デビューの子にあまり差がつけられないかもしれません。

 

でも、高校受験・大学受験は、何といっても長文問題中心。

 

高校入試で言うと、

中学校の授業では文法事項を押さえるのでいっぱいいいっぱい、

長文対策までほとんど手が回りません。

 

ここで小さい時から英語を「正しく」学んできた子は

圧倒的な強さを発揮します。

というのも、話すスピードで英語を理解していくのに慣れているので、

とにかく読むスピードが速い、速い!

 

本当の意味で、英語が「武器」になっていくのです。

 

こうなったら、冒頭の「英語は中学からで十分?」

という問いは、

 

「No!」になりますよね。

 

 

もちろん、各ご家庭にとって重要視するものが

スポーツだったり、音楽だったり、

様々だと思いますので、

必ずしも小さいうちに英語を始める必要は無いと思います。

 

中学から始めても真面目に取り組めば、

受験を乗り越えるに必要な英語力を付けることが可能です。

(ただし、上手くいかない時もあります。)

 

しかし、もし親御さんが

「うちの子には英語を話せるようになってほしい!」

「英語を武器にさせたい!」

と考えているのであれば、

はやく始める方が絶対に良い。

それも、「正しい」学び方で。

 

 

明日は、実際のケースをいくつかご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまみ先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント