リトラボ☆親子で楽しむ大分・別府の英語リトミック・ピアノ教室

すべての能力を伸ばす基礎となるリトミックをオールイングリッシュで!
亀川で行うピアノレッスンは「ソルフェージュ」を取り入れ、演奏だけでない、生涯音楽を楽むための「総合的な音楽力」を育みます♪


テーマ:

こんにちは!

 

英語リトミック・ピアノ講師の後藤珠美です。

 

 

 

GW中は、甥っ子が東京から遊びに来たため、

すっかりブログをサボっていました叫び

 

今日からまた真面目に取り組みます!

 

 

さて、5月の別府は「アルゲリッチ音楽祭」で盛り上がっていますね。

 

別府にいながらにして、名ピアニストの演奏が聴ける!

という事で、是が非でも行きたい! 

 

…なのに、今年もアルゲリッチさんに会えそうにありません(涙)

 

去年は引っ越してきたばかりでバタバタしていたし、

学校行事も予測がつかなかったので仕方ない、とあきらめたのですが

 

今年も出遅れてしまった!!

 

そう、5月って時期的に予定を入れるのが難しいんです。

 

チケットの発売は3月開始ですが、

その時点でこども達の新年度のスケジュールが分からない!

 

4月に入ってスケジュールをもらったら、と思うのですが、

こちらの学校はのんびりしているのか、

なかなか年間スケジュールが来ない!!

 

PTAや子供の部活関係。

新年度は色々あります。

 

やっと見通しが立つころに・・・チケットは完売なのでした。

 

ネットで見ると、お目当ての17日、

アルゲリッチさんと小澤征爾さんの指揮による室内オケのチケット、

 

33000円!

 
ちょっと、手が出ない…
 
来年こそは、PTAや部活に不義理をしても、
アルゲリッチさん最優先で予定を立てさせていただきます!
 
 
 
思い返せば、この御二方、
シカゴ留学時代にばっちり、コンサートに行ってるんですね。
 
当時通っていただ大学が、シカゴ交響楽団のホールから徒歩3分。
シカゴ交響楽団 に対する画像結果
 
学校帰りにコンサートのスケジュールをチェックしては、
お目当てのコンサートがあると、当日券を買って、
ふらっと聴いてから自宅に帰っていました。
 
そこで、アルゲリッチさん、小澤さんの演奏も。
 
学生チケットももちろん安かったのですが、
開始数時間前に出される当日券が確か12ドル位。
当時は円高だったのでそれこそ1000円ちょうど位で、
超一流ミュージシャンの演奏が聴けたのでした。
 
なんて贅沢な環境だったんでしょうね。
 
 
そして、シカゴ交響楽団と言えば、忘れられない思い出が。
 
 
ある日、ピアノの練習室を予約しようと、
大学の音楽棟ロビーに立っていると、
 
いきなり受付の人が
「珠美、今夜空いてる? パーティーでピアノ弾ける?」
と聞いてくるではないですか!
 
どうやら、シカゴ交響楽団ホールでレセプションパーティーがあり、
急病で来られなくなったピアニストの代役を探す電話があった模様。
 
要はBGMが弾ければよいとの事。ただし、本番は3時間後。
 
2つ返事で、「やります!」と言って、すぐに自宅に帰り、
とりあえず白いブラウスと黒のロングスカートを探し出し、
BGMっぽい静かな曲の楽譜をいくつか鞄に詰め込み、
足りない分はテキトーに弾いてしまえ~!
と会場に滑り込みました。
 
結局40分くらい弾いて、なんと200ドルもの謝礼をいただきました目
 
キレイなドレスを着たご婦人とタキシードの殿方がたくさんいらして
「あ~、外国の社交界ってこんな感じなのね~」と
普段見ることのできない世界を垣間見れて
とても面白い体験でした。
 
そしてその夜、美味しいものを食べたのは…言うまでもありません。
 
 
懐かしいシカゴ時代の思い出です音譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまみ先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント