リトラボ☆親子で楽しむ大分・別府の英語リトミック・ピアノ教室

すべての能力を伸ばす基礎となるリトミックをオールイングリッシュで!
亀川で行うピアノレッスンは「ソルフェージュ」を取り入れ、演奏だけでない、生涯音楽を楽むための「総合的な音楽力」を育みます♪


テーマ:

こんにちは!

 

英語リトミック・ピアノ講師の後藤珠美です。

 

 

 

今日は少し真面目に「平和」について考えてみたいと思います。

 

 

昨夜の「エッグロール生中継 in White house」。

 

残念ながらこれといったシーンを見られなかったので、

朝起きて早々、Youtube でダイジェスト版をチェックしました。

(昨日の記事参照→こちら

 

まずまずのお天気の中、どうやら無事終了したようですね。

 

良かった、良かった音譜

 

縁起でもないですが、今、国際情勢が不安定なので、

万が一でも「テロ」のような事件が起きたら…

と密かに心配していました。

 

2万1千人もの親子が招待され、

演奏で盛り上げるアーティストやスタッフ、

たくさんの人々が集まり、警備も大変だったと思われます。

 

 

画面から見えるのは、

 

ヒラヒラのドレスを着た女の子とパパ、

一生懸命たまごを転がす小さい子供、

メラニア夫人の絵本の朗読、

カラフルなイースターエッグのオブジェ、

半袖でバスケに興じる少年たち…

 

「平和」そのものの風景。

 

この幸せな風景を守っていって欲しい、と願わずにはいられません。

 

 

トランプ大統領のスピーチも、

色んな意味で今の世界情勢やトランプ体制を象徴しているようでした。

 

「We will be stronger and bigger and better as a nation.」

(我々は国家として、より強く、より大きく、より良くなるだろう。)

 

*中2の英語の先生、是非この一文、授業で取り上げてくださいね!

  未来形と、比較級がばっちり導入できます。

 

昨年のイースターでは、オバマ大統領夫人が

「様々な価値観や多様性がこの国を強くする」

といった趣旨のスピーチをしていることと比べても、

アメリカのこの1年の変化が如実に表れているな、と感じます。

 

去年のオバマ大統領夫婦はカジュアルなシャツとパンツに比べ、

今年のトランプ大統領夫妻はスーツにドレス。

 

 

服装一つとっても随分違いがあって、比較してみるのも面白いですよ。

(メラニア夫人のピンクのドレスは、春らしくてステキでしたけどね。)

 

 

連日、北朝鮮の話題に、隣国の日本としては不安が募りますが、

 

いつまでも、 こども達と、 のどかに、

たまごを転がしては笑いあえるような日々が続きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまみ先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント