リトラボ☆親子で楽しむ大分・別府の英語リトミック・ピアノ教室

すべての能力を伸ばす基礎となるリトミックをオールイングリッシュで!
亀川で行うピアノレッスンは「ソルフェージュ」を取り入れ、演奏だけでない、生涯音楽を楽むための「総合的な音楽力」を育みます♪


テーマ:
こんにちは!
 
英語リトミック・ピアノ講師の後藤珠美です。
 
昨日に引き続き、今日も「英語リトミック」のお話を。
 
 
「英語リトミックってなに?」の記事(こちら)でもお伝えしましたが、
リズムで英語を学ぶのって、とても効果的♪
 
と言われて、「そうよね~!」
とすぐ納得できますか?
 
私だったら疑り深いので(!!)
「な~んか、耳触りの良い宣伝文句だけど、
いったい、どこがどう効果的なのよ!」
と思ってしまうかも・・・ドクロ
 
実際、色々な面で「効果的」なのですが、
今日は特に「発音」に注目して、
「どう効果的」なのか、お話ししますね。
 
日本語でリトミックを習ったことのある方なら、
「う・さ・ぎ」と言いながら、3回手拍子をする、
という活動をしたことがありますよね。
 
では、これを英語でしたらどうなるでしょう?
「ラ・ビッ・ト」で3回たたきますか?
 
答えはNo!
 
「ra・bbit !」
と、母音(a,i,u,e,o )のところで1回ずつ、計2回たたきます。
 
日本語は1つの文字で、1つの音。
一方、英語は1文字1音ではなくて、
母音ひと固まりで1つの音なんです。
 
でも、「日本語英語」の人は「rabbit」の最後のSという子音に
どうしても母音をつけて「rabbitoと発音してしまうんですね。
なぜって、日本語の文字は必ず「母音+子音」だから、
「子音」のみの英語の発音が出来ないんです。
 
そこで、2回手をたたきながら、「ra・bbit !」
と言う練習をする。
最初は手と口がちぐはぐで、
本当にできない=発音が悪い、のがすぐわかります。
でも、トレーニングするうちに、
口も「2つの音」=正しい発音!になるんです♪
 
こんな練習を児童英語教育学科に通う学生たちにさせていましたが、
効果てきめんでしたよ~!
 
このように、日本語と英語はリズムが大きく違うので、
リズムで英語を学べる英語リトミックは効果的!
なんですよカナヘイうさぎ
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまみ先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント