高尾山近くのイタリアンレストランの厨房より
 
ここ数日、高尾はものすごく寒いです。
 
いよいよバレンタインデーも近づいてきました。
 
何かやらなきゃいけないっていうんで、
 
今年は気合を入れて、「こだわりのフォンダンショコラ」です。
 
 
ガトーショコラとはかなり内容が違います!
 
どっしり重く、しかし、口どけはなめらか。
 
2時間近くかけて、じっくりと蒸し焼きです!
 
今回のチョコレートはイタリアのドモリ「DOMORI」
 
ベルギーの某有名チョコレートなんて、グレードが違いますよ!
 
イタリアの「ドモリ」や「アメディ」の方がグレードは上です!
 
そうベルギーの某有名チョコレートの原料は主にカレボーですから、イタリアのこの2社に比べてみたら安いものです。
 
そうフランスのVだって格下です。
 
嗜好品なので何とも言えませんが、世界的な価格で見たら、こんな位置づけです。
 
このチョコレートケーキは、チョコレートに物凄く左右される作りなので、最高のものを選びましたよ!
 
でも、3千円以上だと売れそうもないので、なんと12cm 4号サイズで、¥2600です。
 
都心なら間違いなく+¥1000はする作りです。
 
見た目は地味ですが、食べてみたらわかっていただけるかと思います。
 
一見しっかりしていますが、口の中に入れるととろけます。
そして、ドモリならではのショコラの香り。
 
ドモリのチョコレートはケーキ店でもさほど使われていないので、わかりにくいかもしれませんが、とにかく違います。(高い材料は売値が高くなるので使われないんです)
 
こちら通常は売れないので、
 
スポット販売です!
 
興味のある方は是非!
AD

高尾山近くのイタリアンレストランの厨房より

 

今日は当店人気の「こだわりシュークリーム」のご紹介

 

何が?って言ったら、全てがこだわりです。

あまり細かく載せてしまうとパクられてしまうので触りだけにしますが、

このポッコリとした焼き具合! もうこの時点で違いが判るかと??

そうなんです!オーブンも違うのです。熱の伝わり方が細かい!

 

このての「シュークリーム」って、

見た感じ、同じに見えますが、当店のは生地もオリジナルです。

そう、量販店は手作りでない冷凍品を使っているところも少なくはないようです。

当店は、「生地」「クリーム」も、シュークリーム用にシェフが選び抜いた素材だけで作っているんです!

クッキー生地に使っている砂糖もちょっと特別なもので、香りが違います。勿論オーガニック!

生地、クリームに使っている卵も厳選したものです。(すみません、教えられない)

バターは「カルピスバター」と「明治の発酵バター」と部分部分に使い分け。

 

カスタードと生クリームを入れています。

↑時にはこんな風にダブルベリーを入れたスペシャルも!

↑このダブルベリー入りは本当にやばいですよ!

ということで、代わって食べます。

 

先ずは蓋の部分でクリームをすくって食べます。

このフワフワのクリームがたまらん!

そしてこの後は、ベリーと一緒にいただきます。

見てのとおり、クリームがフワフワなんです。

でも、クリームの味わいはしっかり!

ブルボンバニラビーンズもしっかり効いています。

 

ま、とにかく食べてみなければわかりませんね。

毎日あるわけではありませんので、Facebookページをチェックお忘れなく!

 

https://www.facebook.com/finocchio.jp/

 

 

高尾山に来るときはお忘れなく!

シュークリームはなくても裏切りませんよ

AD

高尾山近くのイタリアンレストランの厨房より

 

今日はフィナンシェを焼いていたので、その様子を!

フィナンシェといっても、材料や配合、道具やオーブン、焼き具合でそのお店そのお店でかなり違うものです。

こんな風に1個1個型にバターを塗り粉をはたいて生地を流し焼き上げます。

当店のオーブンは3段窯!

個人のレストランではこんなものは殆どないですよ、多分。

物凄ーく高価なオーブンなので、まったく採算が取れません。

しかし、このオーブンは優れもので、どうしてもこれが欲しくて、導入したんです。

熱が細かく、安定した伝導。焼き上がりは素晴らしいの一言。

これ以上焼くと焦げるという寸前まで焼き上げます。

焦がしバターと砂糖、バニラ、そうです、キャラメルのような香りがします。

アーモンドも選び抜いたものなので香りの質が違います!

まあ、何はともあれ食べてみるのが一番です!

ブランドではないんです。ブラインドで召し上がってみてください。

これは本物ですよ!

 

 

AD

リストランテ・ドルチオーレ・フィノッキオを知りたい方へのご案内です。

一度にすべてを伝えるのは無理なので、ちょっとさわりだけでも。

店内は大きな窓から入る日差しで明るい店内です。

これは、地下のお店で働いたことがあり、

その時は、早朝と帰りの夜しか外の空気を吸うことがなく、「こんな季節も感じない環境の中で、その季節に感じる料理が作れるのか?」

と思ったからなのです。

春にはオープンエアにしたりもします。自然を感じながらの食事って本当に美味しい!

都会のオープンエアとは空気が違います。

店内は、全て手作り風、

テラスにつながるサッシだけアルミですが、あとはスタッコと古木、アイアンが基本です。

不便なところも沢山ありますが、手作りを建物から作りたかったということです。

こちらのアールの付いたニッチも手作りなので、サイズはまちまちです。

何気にこの古木は100年以上前に海外で使われていた家のものです(高いんですよ~)

間接照明だって手作りです。

アイアンで出来たお魚は、開店の時にお客様からもらったもの。

この建物に合うように選んでくれました。感謝m(__)m

今ではこういうのよく見かけますが、こちらはアイアンの手作り品です。

ろうそくのシャンデリアは温かみがあります。


まだ、マカロンが流行る前に作ったマカロンタワー。

イタリア製のセラミックのオリーブオイル入れ。知る人ぞ知る「ガランティーノ」製ですよ。

このロゴはシェフ自身が壁に書きました。(頼むと高い)

お魚のフック。

グラッパの瓶。

20年前はグラッパなんて知っている人はごく一部でした。

ケーキのショーケース。

個人のお店ではあまりないのですが、ここは意地。

これも古木

いい音鳴りまっせ

シェフの力作の模型。これも手作りです。

こんなところから、会話が始まってもいいかな?と思い

テーブルクロスも何気にお魚。

こういうちょっとしたところにも気を使いたい夫婦のお店です。

フリーハンドで作られた窓。

「ヨーロッパの窓は出窓でなくて、内側」という要望に応えてもらって作っていただきました。

これ、ありそうでないんです。

こちらのサッシは全開にもなります。

虫が入ってこなければ最高なんですけど。

 

と、今回はこの辺で

昨日、なんと「高尾マウンテンを食べる会」が行われました!

 

このFacebookのタイムラインにアップされる画像を見て、「食べた~~~い!」という方が、集まり、

皆様はるばるこの高尾まで集合していただきました。
一人だとちょっと恥ずかしい??なんて感じなのでしょうか?

いや、皆でワイワイガヤガヤって楽しい!
そんな感じなんだと思います。

 

11時半から2時までは通常にランチがあり、その後2時にはご来店ということで、

これは寝坊も出来ない!という緊張感の中、早起きをしてシュー生地を焼くシェフです。

 

さて、2時を迎え、皆様そろったところで

高尾マウンテンを仕上げます。

「こだわりシュークリーム」を好んで食べているお客様から、

「フィノッキオの生クリームはめちゃ美味しいから、もっとたくさん乗せて食べたい!」

と、いうご要望から生まれた「高尾マウンテン」は、生クリームが3倍にあたる量がつかわれています。

元々、シュークリームも大きいので、かなりのボリュームです。

そこに苺、マカロン、コーンフレーク、アラザンチョコレートソース、カラメルソースがトッピングされています。

 

皆さんが首を長くして待っている中、倒してはいけないと、緊張~。

高尾マウンテンを作っていて、こんなに緊張したのは初めてです(笑)

 

そして、ママさんも恐る恐る1個づつ運びます。

キャーキャーはしゃぎながら、撮影をする山ガールたちアップ

ムードメーカーのHさんは、格好から盛り上げてくれます。

早い人で15分、遅くて40分、遭難ならぬ無事に登頂成功いたしました!

あっぱれ!

いや~、とっても楽しい会でしたよ。
笑い過ぎて疲れました。


来月は、チョコレートバージョンですかね?やはり

 

皆様、どうもありがとうございましたm(__)m

 

「新春高尾マウンテン」

テーマ:

当店の限定スイーツ「高尾マウンテン」

 

9日まで新春の高尾マウンテンを提供の予定です。数量限定!

当店おすすめの「こだわりシュークリーム」をベースに組み上げているマウンテンですが、

この新春のマウンテンは、抹茶のシュークリームをベースに餡子、栗、きな粉、黒蜜、抹茶のマカロン、金箔をトッピング!

この豪華な内容でたったの2千円です。
評判の軽い生クリームも勿論たっぷりです!

 

しかし、当店は本格的なイタリア料理店です。
なんちゃってイタリアン、カフェとは違うので、それを理解していただける方限定にしたいと思い、只今のところは、カフェだけをご利用したい方はFacebookページに(https://www.facebook.com/finocchio.jp/)「いいね!」を押してくれた方限定で開放しています。
ご入店時に「いいね!した!」とお申し出くださいm(__)m
でないと、喫茶の方はお断りしています。すみませんm(__)m

ガチなイタリア料理店なので基本は食事のお店です。
ただ、スイーツからでも入りやすくしたいというお店の思いです。
オーダーや、お席もあくまでもお食事のお客様を優先します。そこをわかってくれる方限定です。席数がたった20席しかないので、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんm(__)m

 

さて、この「高尾マウンテン」は「こだわりシュークリームを作った日限定のメニューになります。

毎日あるわけではありませんので、そこを含めFccebookページに「いいね!」をしてくれた方限定にしています。(近況はそこでリアルタイムで知ることができます)

 

食べてみたい!と思いましたら、是非!Facebookページに「いいね!」をよろしくおねがいいたします。

 

高尾山に来た時には、是非お寄りください!

今日はダブルマウンテンのお客様も!

 

シュークリームもこんな風になるんですね