10月からインテンシブコースで、英語を勉強している

高学年の生徒さんの教材

 

アメリカのティーンエイジャーの日常が

リアルに描かれていて、自然な英語が盛りだくさん合格

 

リアルな日常生活が漫画で描かれており、

日本とアメリカの家や学校での生活の違いが随所に見られて

面白いです爆 笑

 

それが、子どもたちにとっては、頭に入りやすく

覚えやすいようですアップ

 

 

今回は、

「あ~、言われてみれば、なるほど。」的な英語での呼びかけについてです。

 

 

この課の漫画は、

 

"Good morning, Dad." 「おはよう、お父さん」

"Good morning, Mom." 「おはよう、お母さん」

"Good morning, Alice" 「おはよう、アリス」

 

から始まります。

 

そして、主人公の女の子がお友達にも

"Good morning, George." 「おはよう、ジョージ」と、挨拶しています。

 

 

 

日本語だと、目の前に相手が居る場合、

挨拶の後に相手の名前をつけることは少ないかと思います。

(先に相手の名前を言って、挨拶をすることはありますね。)

 

「おはよう」と、挨拶はしますが、

 

「おはよう、お父さん」

「おはよう、お母さん」とは、あまり言わないのではと思います。

 

 

誰でも知っているGood morningですが、

 

挨拶の後ろに、相手の名前を入れたり、DadMomと入れるだけで

なんとなくナチュラルな英語に聞こえます。

 

 

 

アメリカで毎週土曜日、通っていた日本語補習校

娘が1年生ぐらいの時の一コマ、

 

校内で男の子のお友達と通りすがり

 

"Hi, 娘の名前"

"Hi, 相手の男の子の名前"と、挨拶をしていて、

 

既に1年生でアメリカ~ンな雰囲気だなと思ったことがありましたニコニコ

 

 

 

先月、ホワイトクリスマスを楽しむために

フィリピンから友人家族が来日し、菅平で5日ほどそのアテンドをしました。

 

 

その、お子さん達が、私に

何かお願いをするときや挨拶するときは、必ず

 

"Auntie Noriko”と、auntie+名前をつけ

 

夫には

"Uncle 夫の名"と、uncle+名前をつけてました。

 

 

プレゼントと共に頂いたクリスマスカードにもしっかり

"Auntie Noriko"と、書いてくれていますラブレター

 

アメリカ人家族で親しい関係ですと、ファーストネームで呼び合ったりもしますね。

 

 

誰でも知っている

英語の挨拶にもちょっとしたポイントを押さえると、

自分の知っている簡単な表現がより生きた英語になりますねビックリマーク

 

 

レッスンお問い合わせこちらからどうぞ

 

 

 

AD