櫻井幹也オフィシャルブログ「理想論」

ボイストレーナー・シンガーソングライター


テーマ:


京都の神宮丸太町駅の丸太町橋から、
鴨川を眺めてた。

川と山が目の前に広がり、
ポツポツと河原で人が休んでる。

ギターを持ってた事もあったのか、
無性にここで歌いたくなった。

去年3月23日の、
「カケラバンク」活動休止から、
この一年間全く歌いたいと、
思わなかったのが嘘のように、
体はいちもくさんに橋の下へ降りてって、

童謡「ふるさと」を歌っていた。

ビデオカメラも持ってたので、

歌ってる自分、

ではなくて景色を「バック」に、

それも又、
違うような気がして、

景色を「フロント」に、
先日作ったオリジナルの四番を添えて歌った。

よく見たら前方では、
少年二人が釣りをしていた。

この歌を今ここで僕が歌う事を、
知ってたかのような奇跡に歌いながら笑ってしまった。

そして歌が終わった瞬間、
ウグイスがタイミング良く鳴いてくれた。

「ホーホケキョ」

何だか一羽から拍手を貰った気持ちだった。

歌は場所の力が加わると、
言霊を見事に生んでくれる。

確か初めて感じたのは、

5年半前の京都のお寺「永運院」の、
お庭で日が沈むのを見ながら、

バラード「蝉時雨」を歌ってたら、
全身に鳥肌が立った時だった。

言葉と場所が、
化学反応を起こしてるのを感じた。

部屋で歌っても、
スタジオで歌っても、
ライブハウスで歌っても、
コンサートホールで歌っても、
味わえない感覚がそこにはあった。

鴨川で「ふるさと」を歌っててハッと思った。

「これから色んな曲の言霊が、
生きる場所へ出かけてって、
景色に向かって歌おうって!」

ブワブワと思いついたのは、

教会で「Amazing grace」を。

桜並木の下で「春よ来い」を。

雨の日の電話ボックスで「レイニーブルー」を。

夏の森の中で「夏の終わり」を。

秋の月の下では「花鳥風月」を。

今や色んな人が部屋の中で、
自分の顔を映してカバーしてるけど、
僕は古都京都の数ある絶景の中で歌いたい!

いや、

絶景に向かって歌いたい!

って素直に思った。

お坊さんがこっちを向かずに、
背中でお経を僕らに唱えるように。

太古の歌うたいが、
大自然の中の見えないものへ、
言葉やメロディを捧げるように。

そして、
タイトルも思いついた。

「コトバショ」。

古都+言葉+場所。

まずはこの動画を第一弾として、
この春から続々と自撮りして行きたい。

もし「この場所でこの唄を聞きたい!」

ってリクエストがあればジャンジャン教えて下さいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

櫻井幹也(ボイストレーナー)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。