☆☆☆RISのおやぢの小話ブログ☆☆☆

世界の旅、歴史、おもしろ出会いなどなど。趣味はコンピューター、骨董集め、料理、雑学収集。あ、茶道と社交ダンスのたしなみもあるぞよ。教養あふれるこのブログを読めば君の教養もUPすること間違いなし!娘RISのブログもよろしく!


テーマ:
ある種の専門家なのでいままで裁判の「鑑定人」になったことが2回ある。鑑定団などのいい加減なものではなく法律上の鑑定人なのである。
「原告は被告のXX(原因)のためYY(結果)になったという。XXとYYは因果関係あるのか云々」などというのを鑑定するのである。最初に依頼されたときこれは国民の神聖な義務であるから引き受けなければならないと思い,謹んでお受けした。然るべき鑑定を行い,鑑定書なるものを約二千字書いたがこの間,三ヶ月くらいか,督促もない。すると60万円!がそっくり鑑定料としていただけるではないか。国民の神聖な義務だから必要経費程度と思っていたからびっくりした。おかみは大判振る舞いなのである。その後三年ほどたってまた鑑定の依頼がきた。味をしめてはいはいと引き受けると,裁判所から電話があって「どうでしょう,鑑定料は30万円くらいで・・・」などとおっしゃる。いい加減に決めているのである。どうせ,敗訴したほうからぶん取るのでいくらでもいいのである。もらえると嬉しいのであるが,なんとなく「法」の裏側を見たようで釈然としない。
前記60万円にはおまけがついている。裁判所のやることなので所得税はしっかり差し引いていただいていると勝手に解釈して放置していた。甘かった。税務署よりしっかり重加算追徴をぼったくられた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。