☆☆☆RISのおやぢの小話ブログ☆☆☆

世界の旅、歴史、おもしろ出会いなどなど。趣味はコンピューター、骨董集め、料理、雑学収集。あ、茶道と社交ダンスのたしなみもあるぞよ。教養あふれるこのブログを読めば君の教養もUPすること間違いなし!娘RISのブログもよろしく!


テーマ:

金もうけ(?)の話2つめ,かわせの続きである。

昨日,中国が元の切り上げを行った。たった2%であるが元高ドル安になったわけである。そして非常に小幅であるが少し変動制(ドルと円は完全に変動制)を導入した。これでどうなったか,対ドル,対ユーロ共に急激な円高である。なぜこんなことが起こるかというと,中国の近隣国で貿易も多い日本では中国からの輸入が多いし,輸出も多い。輸入するときはいままで例えば1元(の値打ち)の物に10円払っていたのが11円払わないといけないので,安い中国の製品が買いにくくなる。輸出は10円の(値打ちの)物に1元貰っていたのが9元しかくれないが,中国に輸出しやすくなる。そうすると日本での生産業が活性化されて相対的に世界に対して円が強くなるというわけである。

いかんせん、手持ちのドルとユーロがまた売れなくなってしまった。つくづく(濡れ手で粟の)金もうけは難しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

金もうけ(?)の話をひとつ。外貨と日本円の交換レートは常に変化しているがこれを利用して利益を得ることを為替取引という。例えば円高の時1ドルを105円で買う。その後円安になったとき1ドル120円で円を買い戻すと差し引き15円の利益がある。これをやるためドルの口座を銀行に開いたのは数年前である。このドル口座と円口座をうまくやりとりさえすれば(インターネットで),後はなんにもしなくても不労所得が,しかもドルや円が無くならない限り大きな元本割れは無く安全である,というコンセプトであった。おりしも2001年9月11日にニューヨークテロがあった。ドルが大暴落して大変な円高になった。すかさずドルをありったけの円で買った。アフガン戦争が起こりアメリカ大勝利でドルが一気に上がった。これで大もうけ(実際には投資額がしょぼいのでたいしたことはなかった)であった。ふむ,国際為替相場は全てよめた,とそのとき思った。とにかくアメリカが戦争する前にドルを買う,戦争勝利でドルを売る,簡単や,というわけである。次にイラク戦争である。例によってドカンとドルを買った。アメリカが勝利宣言をした。ところがドルはちっとも動かないでむしろドル安傾向がいままで続いている。他人の不幸で,しかも不労の金もうけというのに罰があたったのだ。アメリカは本当にイラクで勝利したのではないという冷徹な情勢分析と今後のアメリカ経済の動向などが背景にある。とにかく為替相場はそんな単純な法則では動いてない。また信用取引といって自分の持金以上の取引をする危険なシステムもある。
しかし現金預金で為替をやるかぎり、比較的安全な(low risk, low returnの)一種の楽しみだとまだ思っている。ご興味あればおためしを。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。