ライズ株式会社は
            創業10年という節目を機に、
        株式会社グラスト(GRUST,inc)に
          社名変更致しました。

          さらなる成長に向けて、
           突き進みたいと思います。


         http://www.grust.co.jp/

        http://www.grust.co.jp/recruit/
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-25 10:23:04

待望のGRUSTフットサル部、始動しました

テーマ:健康なこと
ついに我がGRUSTにもフットサル部ができました。私がサーフィンやトライアスロンにのめり込む前はバリバリのサッカー小僧。幼少から大学、そして社会人になってもボールを蹴り続けてきました。私の時代はキャプテン翼世代であり、サッカー世代といっても過言ではありません。あまりの人気ぶりに体育の時間になると、よく日向小次郎の袖になっている人が沢山いたくらいです。もちろん私もやっていました。
この当時、私が中学校入学したての頃、日本初のプロサッカーリーグであるJリーグができました。今では50歳現役を続ける三浦和良、通称KINGカズが真っ赤なスーツでステージに現れたのを今でも強烈に覚えています。プロのサッカー選手が身近な存在となり、サッカー小僧井尾が毎度TVで放映されるサッカーの試合に釘付けになっていたころが懐かしい。
社会人になると、団体競技による人数確保やコート&対戦相手アレンジによる手間などから、いつしかサッカーからは次第に距離を置くようになりました。もちろん、サッカーはプレーするのも観るのも大好きで社会人になってからもプレーすることにこだわってました。創業間もないライズ時代、人数が少ないにもかかわらず、無理矢理フットサルチームをつくろうと躍起になった時期もありました。ほぼ未経験者で構成されたこのチームには、現・取締役も参戦し、ボールを蹴ろうとして足がもつれて空振りし、そのまま回転しながら倒れるという、まさにアメトークのスポーツできない芸人と言わんばかりのあり得ないプレーの連続でした。もうプレーというか、サッカーボールの近くで踊っている新しい舞いです。今でも社内フットサルの話がでると、あの頃のプレー、いや踊りがスローモーションで頭に流れます。
 
そんな過去がありながら、何度もチーム創設を断念してきました。それがついに会社規模が大きくなり、少しづつちゃんとしたサッカー経験者やサッカー志望者が集まり、そしてようやく2017年1月、待望のGRUSTにてフットサルチームが創設されたわけでございます。あの頃のような、足がもつれながら回転する舞いは二度と見たくない、今はその気持ちです。
 
ダサい過去を払拭すべく、やるからにはちゃんとしたチームを作りたいと思います。いや、きっと良いチームができるはず。
 
といことで対戦相手募集します。ご連絡下さい^^
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-20 18:48:39

もつべきものは意識高い系

テーマ:仕事のこと

今回の福岡では毎晩飲み予定がはいっていたのですが、ランニング好きの社員がやたらしつこく誘ってくれました。

 

『朝、大濠公園で走りませんか?』と。

 

そうだ。大濠公園と言えば、福岡ランナーの聖地。朝から晩まで誰かしらランナーが走りに集まってくるという場所。東京で言えば、皇居や駒沢公園のような存在。福岡には何度か出張してるものの、なかなか機会に恵まれず今まで行ったことがなかった自分。

 

とは言え、眠いし、寒いし、絶対二日酔いだろうし、どうせ行かないだろうと。結果前日も2時近くまで飲んでしまいそこで終了かと思いきや、しっかり意識高いメンバーが時間ピッタリに起こしてくれました。

福岡の街並みから朝日を見ながらのランニングが無事スタート。おかげで最高の朝を迎えることができました。君のおかげで自分に負けずに済んだ。優しい意識高い系は写真まで撮影してくれました。誘ってくれてありがとう。また行こう。あと走る前日はあまり飲ませないでね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-19 10:00:00

マネージャー会議@福岡

テーマ:仕事のこと

2017年1発目のマネージャー会議を

福岡にて開催しました。

 

担当部門の予算に対して

営業戦略を軸に参加者全員の知恵を持ち寄って

達成精度をワンランクどころかスリーランクくらい

ぐいっとあげることが目的。

そんな濃厚な内容を1日ぶっ続けにやると

さすがに脳に汗かき過ぎてぐったりします。

簡単なことをやってるわけではないので

当然それなりに知恵を絞らなければ

良い計画なんてでるわけがありません。

だから当然へとへとに疲れるのです。

 

その後はしっかりお酒を注入して、

全社達成に向けたキックオフ。

今年2017年は酉年。

福岡の名店にてしっかり水炊きをいただきました。

今年もあっという間ですが

目の前の課題をしっかりこなし

やりきっていきたいと思います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-18 10:00:00

怒鳴り散らす上司はセンスがない

テーマ:想ったこと

先日このブログで『背中を見て学ばせる時代はとうの昔に終わった』というエントリーを書きました。社内外から予想以上に反響があり、マネジメントについて考える人が結構いるんだということを改めて実感しました。

 

今回は前回のブログの延長戦上でもう一つ書きたいと思います。背中を見て学ばせる反対で、しつように部下を怒鳴り散らす上司です。昔は背中を見せるタイプと同じくらいの頻度でこの手の上司によく遭遇しました。オラオラ系上司と揶揄されますが、まさにそれです。こちらも私がサラリーマンをやっている十数年前はオラオラ系が多くの会社でお見うけました。さらに、今ではもうほとんど絶滅しましたが、殴る蹴る、椅子を壊す、灰皿投げる、などのオラオラ系を飛び越えたブンブン系もいました。

そんなオラオラ系やブンブン系は今ではだいぶ聞かなくなりましたが、人材ビジネスを営み、様々な求職者の退職理由を聞く限り、意外にもこの化石のような人や会社がまだまだ残っているんだなぁと感じます。部下になったらたまったもんじゃありませんが、そんな上司の存在を聞くと懐かしい気持ちにさえなります。いまどき怒鳴り散らすまではいかなくとも、部下の前で不機嫌な態度をとるくらいの人は沢山いると思います。これはまさにオラオラ系と同じく自らの能力のなさを表しているのに等しいわけですが、本人に限ってそこに気付いていません。怒鳴ったり、絶叫したり、不機嫌な態度をとってみたり、要は威嚇する事でしか部下を動かせない人は全くとして部下を動かすセンスがありません。そんな人は今一度自らを客観視して欲しいわけですが、こうゆう人に限って感情的で受け入れる余地がありません。なぜなら昔の私がそうだったからです。

なぜ気付いたかといえば、簡単です。威嚇するマネジメントは効果覿面です。瞬間最大風速的には効果を発揮しますが、この手法は長期的に通用しません。それは、怒鳴りちらしたり、不機嫌になるにも、それなりにエネルギーを必要とし、さらには部下もだんだんその態度になれて効かなくなってくるからです。効かなくなるとエスカレートしていくしか道はなく、えいやーとやってると会社の雰囲気は漏れなく冷えきっていきます。そんなやり方は長続きしません。最後は気分を悪くした部下(当事者以外の部下も含む)が辞めるか、言うことを聞かないか、はたまた上司が部下にまくられるか(あの人にはもうついていけません、とチクられる)の、どれかに着地します。どれをとっても、誰も得しないのです。上司たるもの人を任されてる以上、長期的視野にたって組織を創ろうとすべきであって、一時的に力技で思い通りに人を動かすことでしか能のない上司は全くとしておセンスがないわけです。

 

以前GRUSTにはそんな人もいました。特に管理職を中途で採用した場合、前職のカルチャーを引きずって、これをドヤってやるわけです。そんなのは全く求めてないにも関わらず。今はオラオラ系もブンブン系も私が責任をもって絶滅させました。ダサい上司の下で優秀な部下や伸び伸び仕事できる環境はいつも育たないのです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-17 10:00:00

背中を見て学ばせる時代はとうの昔に終わった

テーマ:想ったこと

古き良き日本の企業教育文化として上司が部下に”背中で語る”的な美学があります。とくに中小企業など研修機能が整っていない組織などにおいてはちゃんとした育成や研修ができないことを逆手にとって『俺は部下に背中を見せて教えている』と、ドヤ顔で話している管理職の方の話をよく聞きます。私がサラリーマン時代もこの手タイプの上司はいました。そしてそんな上司に憧れて、過去自分が真似していたことも否めません。

そもそも背中を見せて部下が理解できる範囲は限られていて名刺の渡し方や新規商談時のトークなど、単調な言い回しや行動作法についてはそれでもよかったります。そもそも今の若い人たちは、上司の背中なんか見てなかったりします。その人に求心力がなければなおさらです。それでも仮に自分の背中をみてくれるとして、このパターンで陥るのは、あるところまで部下は成長しても、ある一定のラインを超えると部下の成長はピタッと止まるケースです。

 

にも関わらず部下ができないと、なんでできないんだと責め立てる。さらに部下が成長しないのは部下の資質が原因という責任転嫁に走り、行き着く先は、まさに愚の骨頂です。

 

優秀な部下になると背中で見せられる範囲はすぐに吸収し、さらに掘り下げて思考習慣や行動習慣を修正していく必要があります。それだけのことを背中だけで修正していこうとすることに無理があります。順番としては、部下としっかり信頼関係を構築し、背中を見せ、部下が一定のラインまで育ってきたら言葉と態度で魅せる必要があります。その際は修正すべき内容をロジカルに部下が納得して腹落ちするまで、しっかり対話できるかどうかが優秀な上司になれるかの境界線です。

背中を見せてドヤってるだけの上司はもはや不要です。なんでなんだと部下の成長を嘆く前に自分の教育指針を見直すこと、これが何より部下育成の近道だったりします。

 

 

社員育成について

そんなことを考える今日この頃。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-16 10:00:00

当社人事広報部が美人事に掲載されました

テーマ:社員のこと

GRUST人事広報部の看板娘Sさんが

人事部の紹介サイトにてクローズアップされました。

 

紹介サイトはこちらから。

http://www.bijinji.com/post-3087/

 

一年半前に、会社の規模が大きくなり

新卒採用や社内教育を徹底強化するタイミングで

社長直下の人事広報部を設置しました。

我々労働集約ビジネスでスケールするために

従業員採用と従業員教育は

経営的にも最も重要視するべき項目です。

最初からどっぷり私がはいって

スピード感もって創り込んでいきました

 

彼女はもともと人事の経験は全くなく、

最初は学生に向けて説明会どころか

まともに話すことすらできませんでした。

彼女の会社や人に対する情熱を感じて採用しました。

最終面接でも噛みまくってましたが。笑

 

そこから人事部長にしごかれながら

勉強と練習と経験を積み重ねて

笑えないくらいの失敗を重ねて

今では一人前の人事担当として活躍してくれています。

彼女を見てると、とにかく初動が早く

何に対しても好奇心旺盛で積極的です。

そういった向き合う姿勢が自分の成長速度を

自分が想定している以上に速めてるなぁと感じます。

新しい試みを考えたり、実行したり、

うまくいかないときはアップデートしたり、

試行錯誤でしたが彼女のおかげでだいぶ捗りました。

あまり褒めるとすぐ調子にのるのでこれくらいにしておきます。

 

当社はまだまだ成長途中です。

2017年もGRUSTはさらに採用を強化し

爆速で社員教育を実施していく方針です。

志高い方々からのご応募をSがお待ちしております。

GRUSTリクルートサイト
http://www.grust.co.jp/recruit/

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-11 10:00:00

2018リクルートサイトOPEN

テーマ:仕事のこと

2018年の新卒採用に向けて

リクルートサイトをリニューアル致しました。

 

新卒採用はこれで5年目です。

何も分からないところからはじめて

色々と試行錯誤してやってきましたが

年々学生からの応募が増えるようになり

素晴らしい学生に会えるようになってきました。

 

僕らのようなベンチャー企業はどんなにいい会社をつくっても

しっかり学生の目に届くよう露出しなければ、

大手企業に隠れて学生の目にも触れない存在になってしまいます。

2018年の新卒採用活動については今まで以上に露出して

僕らのことをもっと知ってもらえるような

きっかけをつくっていくつもりです。

 

学生のみなさま、

自分のキャリアのスタートを決めるのはみなさんです。

いろんな会社を見て、自問自答してください。

機会があれば、是非共に面白い会社を創りましょう!

 

このサイトをきっかけに

お会いできるのを楽しみにしていいます。

 

2018リクルートサイトはこちらから。

http://www.grust.co.jp/recruit/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-10 10:00:00

初詣2017

テーマ:仕事のこと

毎年恒例の金王八幡宮にて初詣。全社員の健康を頭の中で何度もリピートするくらい祈ってきました。(余計なお世話と言われそうですがw)

2017年。

GRUSTは健康な社員があって企業成長を成し得るんだというウェルネル経営の概念で発進します。(ウェルネス経営の意味はコチラ)私をはじめとして管理職の30代割合が増え、いよいよ最年長は40代に突入しました。幸い大きな病で倒れたりする人はいませんが、加齢とともにその確率は確実にあがります。新卒を中心に若いメンバーが多数増えているので、平均年齢は年々下がっているものの、そういった年輩社員に対するケアも同時に考えていく必要があるだろうと感じています。従業員が不健康な会社に未来を感じられません。何より会社の最も大事な資本は、お金やモノではなく、人という社員そのものです。人生におけるビジネスの時間は恐ろしく長いです。従業員の心と身体が健康でなければ、長きに渡って活気ある組織は創れません。自分を大事に扱わない社員を是正し、心と身体の健康体質を意識して今年1年走りたいと思う。

 

まずは2017年中に管理職全員禁煙させます。

社内公用語の英語化に比べたら禁煙なんて楽勝過ぎますね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-04 10:00:00

2017年スタート

テーマ:仕事のこと

みなさま

明けましておめでとうございます!

 

いよいよ2017年がはじまりました。

 

昨年2016年、僕たちGRUSTは攻めに攻めた1年でございました。

営業拠点を新宿、池袋、沖縄、札幌大通りと増やし、

全国10拠点で展開する会社になりました。

さらには市場のポテンシャルを感じて

HR領域における新しい事業に乗り出すなど

足元の既存事業に注力しながらも

未来を見据えたタネをしっかり巻き続けてきました。

その中で僕らの一番の悩みである仲間不足を解消するため

リクルートサイトをリニューアルして

全国全事業で積極採用を行いました。

採用&教育の仕組み化を推し進めた結果、

GRUSTの仲間が沢山増えました、

そんな2016年でございました。

 

そんな動きの甲斐あってか

新しい営業所でも新しい事業においても

昨年末にかけて少しづつではありますが

確実に開花に向けて表面化しはじめています。

同時に新しく加入したメンバーから古株まで

会社が成長するのと同時に、

個々の役割もグレードアップされ、

それぞれの成長を確実に実感できる1年でございました。

 

そんな手応えを感じながら迎える2017年。

引き続き2016年の流れを引き継ぎながら

数々のプロジェクトをしっかり花咲かせようと思います。

 

昨年2016年はといえば、様々な芸能ニュースが飛び交い、

年末にはあの国民的アイドルSMAPが引退することで幕を閉じました。

欧州ではまさかの英国がEU離脱を国民投票で決定し、

アメリカ大統領選でドナルド・トランプ氏が当選して世間を驚かせました。

ありえないことが起こる時代。

これまでの常識や周囲の考え方は

まったく当てにならない時代に突入した気がします。

そんな時代において重要なのは変化に対応し続けること。

自分たちにしかできない仕事を生み続け、

何が起こっても変化に対応できる強固な組織を創り続けたいと思います。

私個人としても、

昨年以上にアグレッシブな経営判断を行い

骨太で厚みある1年を過ごしたいと思います。

 

2016年お世話になった皆さん

本当にありがとうございました。

2017年も引き続き宜しくお願いいたします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-28 10:00:00

2016本社チーム忘年会

テーマ:仕事のこと

もう2016年が

終わろうとしてます。

 

振り返れば2016年、

チャレンジングな一年でした。

その結果、

我々にビジョンに共感し

共にグラストという会社を

大きくしようという仲間が

沢山集まってくれました。

2005年にたった一人、

渋谷道玄坂のマンションから

はじめたこの会社が

今では全国に拠点を持ち、

力強い仲間がいる組織になりました。

気概あるメンバーのおかげで

会社は急成長していますが

2017年も引き続き

成長カーブを描けそうです。

毎年仲間が増えていくことに感謝しつつ

2017年も実りある一年に

していきたいと思います。

 

みんな、本当にお疲れ様!

2017年も美味い酒飲もう!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。