もうひとつのおうち

小さな「できる!」をもっと大きく。虹色の個性を持つ子ども達と笑顔で歩む毎日の記録。


テーマ:

忙しく1日があっと言う間に過ぎて行き、娘よりも先に寝てしまうこともあるような毎日。ブログを書く時間も中々とれずにいました。

 

「あの素敵な作文を書く男の子は?」とお母さま方に聞かれることも多くなってきましたので、男の子が今日のレッスンで書いてくれた作文をシェアさせていただきますね。

 

今日読んだのは、光村図書4年上掲載の高田敏子さんの詩「忘れもの」です。夏休みへの未練を持って学校へ行く子どもたちの気持ちを心の近くに感じる素敵な詩です。

 

「忘れもの」高田敏子

入道雲にのって  
夏休みはいってしまった 
「サヨナラ」のかわりに 
素晴らしい夕立をふりまいて

 

けさ 空はまっさお 
木々の葉の一枚一枚が
あたらしい光とあいさつをかわしている

 

だがキミ! 夏休みよ
もう一度 もどってこないかな
忘れものをとりにさ

 

迷い子のセミ
さびしそうな麦わら帽子
それから ぼくの耳に
くっついて離れない波の音

 

そして、それを読んだ後に男の子が書いた感想文は・・・

 

「忘れもの」を読んで
夏休みの終わり、なんだかさみしいような、ものたりないような気持ちになる。心をどこかに置き忘れたような感覚はきっとたくさんの人の心にあるはずだ。心を亡くすと書いて、忘れるという字になるように。

ぼくの夏休みもまた、とても特別なもので、海の前できれいな白いドレスを着たお母さんはキラキラしていた。うれしそうなお母さんとまんぞくそうなお父さんはとてもしあわせそうで、こっちがはずかしくなるほどだった。ぼくのお父さんってすごいなぁって改めて感じた。

波の音がまだ耳に残っている。ぼくにもいつかそんな日がくるのだろうか。すきになるってどんな気持ちなのだろう。そんな新しい気持ちとともにむかえる9月。ぼくなりのしあわせがくるといいな。

 

・・・とても素敵な感想文ですよね。

 

夏の家族旅行で訪れた沖縄で男の子のお父さまはお母さまのためにサプライズでビーチウェディングをプレゼントされたそうです。そこに立ち会った男の子の心の動きが伝わってくる、真っ直ぐであったかい作文になりました。

 

もう9月も半ばを過ぎてしまいましたが、皆さまはいかがおすごしでしょうか?季節の変わり目、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

 

明日も笑顔で。

 

一般社団法人ころん もうひとつのおうち

ますながりさ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもの男の子との読書感想文。

先週は、「おおきな木」という本。白黒の線画に短い言葉が添えられているのみのシンプルなもので、読む人の「今」によって感じ方が変わるようです。母親である私は、少年に愛情を注ぎ続ける木の言葉に胸が締め付けられるように感じたのですが、男の子の感想文を読んで、私も子どもにそんな風に思ってもらえる母親になりたいと、前向きな気持ちになりました。

*********************************************************
おおきな木

小さい時からずっと1人の少年のことを大切にしたおおきな木のお話

感想
おおきな木は少年のことを自分にできる全てをささげて愛した。少年はその愛をあたり前だと思い、いつもしてもらうばかりで自分勝手だった。

それでも変わらずに少年のしあわせのために自分をぎせいにしたおおきな木の愛は、お母さんの愛ににている気がする。

ぼくのお母さんもぼくのために体調が悪くても、気持ちが暗くてもいつもあたたかくてやさしい愛をくれる。ぼくはその愛がどんなにとくべつなものかを考え、いつも心から感謝している。

*********************************************************


そして今週は、「命はどうしてたいせつなの」という本。命についてこんなにも具体的に子どもたちに話して聞かせたことはあったかなぁと思うと同時に、改めて全ての命に感謝しようと反省しました。

*********************************************************
命はどうしてたいせつなの

命をもらって作られている体と命をもらって作られているこころ。そのどちらも人間にとってたいせつなもので、生きていくのにひつようなものだ。だから、命はたいせつなんだと思う。

感想
命のたいせつさについて、毎日の生活していて考えることはあまりない。でも立ち止まってみると、実は「いただきます」は体を作る命への感謝の言葉だし、「ありがとう」は心を作る命である友だちや家族に感謝する時の言葉だ。

毎日心の中で思うこの「ありがとう」という言葉は、友だちに言うとなるとかなり気合いがいる。ぼくのはずかしいという気持ちの方が大きくなってしまうことも多い。

でも、もしぼくの「ありがとう」が友だちの心の命となるのなら、これからはがんばって毎日言わなくてはと思う。大好きな友だちがもっとしあわせになるように。

家族への感謝はわすれることもあるので、気をつけたい。ぼくに命をくれたのだから。
*********************************************************

真っ直ぐで、シンプルな言葉にどこか強ささえ感じる男の子の言葉。決して、簡単な本ではないのに、内容をしっかりとまとめ、自分の意見を言葉にできるなんて、すごいなぁと感心します。毎週木曜日が待ち遠しくてたまりません。

そんな男の子とのレッスンの後は、荷作りをして第2の故郷へ。自分の荷物は自分で押すのと言い張ってゲートまで30分もかかったけれど、おかげで飛行機が離陸するとすぐ夢の中…☆
{00BE6FA8-6F65-4B14-83DA-CEC5FA0A4574}
目覚めたら、真っ青な空。大興奮の娘と海の近くのおばあちゃんのお家でのんびりしてきます。
{B00D00A6-CC89-42BC-929C-858F5465AE90}
学生時代を過ごした懐かしい場所を娘に見せるのがとっても楽しみです。
{7AB00E69-2836-4A43-AB4A-1F561DE18827}
皆さまも素敵な連休をお過ごしくださいませ。
明日も笑顔で。

一般社団法人ころん
もうひとつのおうち
ますながりさ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週のレッスンで読書感想文を書いている男の子が今週選んだ本は、「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」でした。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01CHAU0GE/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

書き始める前にいつも一度、読み聞かせることにしているのですが、読んでいる私も声に力が入り、読み終わった時には心が晴れ渡り、あたたかく感じる素敵な本です。

 

今回も男の子らしさに溢れる感想文になりました。皆さまも是非図書館などで手に取ってみられてくださいね。もうひとつの「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ 」もおすすめです。

 

4年生の男の子は書いた感想文はこちら↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」

 

ムヒカ大統領のスピーチには人が幸せになるために考えるべきことがたくさんあった。

 

多くをもとめることで、人は豊かではなくなっていく。今あるもので満足をしていれば、それだけで幸せと感じられることも多いはず。

 

例えばぼくは、今の家族と友だちがいるだけで幸せです。ほしいものは全くありません。

 

いつもお母さんが用意してくれるので足りないと感じたことはありません。

 

それは、おしゃべりができるようになれたらいいなとは思うけど、今でも十分に幸せです。

 

友達がやさしくて仲良くしてくれる以上にほしいものはありません。

 

しあわせは自分の心が決めると言います。

 

こまっているように見えるけど、とてもしあわせだということをみんなに知ってもらえたらうれしいです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

幼稚園の頃から知っている男の子がこうして男の子らしい真っ直ぐな言葉で、自分の考えを発信できるようになったことがなによりうれしいです。

 

お友だちに恵まれて、学校が楽しいということを「さいこう」と表現した男の子。この一年が男の子にとって、「最高」の一年になりますように。

もうひとつのおうちの大きな桜の木に春の訪れを感じる毎日。毎朝、中庭の地面一面に薄いピンク色の桜の花びらが積もっている様子は、とても素敵です。

今週は、近くの公園に遠足に出かけ、桜の木の下でお弁当を食べました。その後は、交通公園で三輪車と自転車に乗って、遊んでみんなご機嫌♪

工作も春らしく、桜やてんとう虫、タンポポなど春のものをたくさん作っています。

雨の日は、お部屋の中で電車ごっこ♪新しいお友だちにドキドキしていたお子さまも、すっかり打ち解けていました。

娘が選んで育てているイチゴです。おやすみのご挨拶とキスをイチゴひとつひとつにしている姿に感動しました。自分で育てたイチゴを初めて食べたときの娘の笑顔はとても可愛かったです。

それでは、皆さまも良い週末を。

明日も笑顔で。

 

おやすみなさい。

 

 一般社団法人ころん

もうひとつのおうち

ますながりさ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。