「Jupiter」は蕾が膨らんだだけ、
本当のA-ya大輪はこれから咲くことを私は知っています。
(;^ω^A

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-22 00:32:16

NHKはサヨク職員が反日番組を作っているのかと思ったが・・・

テーマ:ブログ

NHKに関するこんな記事を読んだことがありますか?

 

「『放送法』第4条に違反した番組を放送し続けるNHK。
NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている。

 

親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。」

以上「NHK解体」ブログより

 

そして昨日にもこんな投稿がアップされました。

 

[H28/11/20]
「NHKで幹部に昇進した在日が4人李紀彦・玄真行・田容承・朴元瑛源」〜NHKはサヨク職員が反日番組を作っているのかと思ったら、本物の在日が作っているようである。」

掲示板より

--- --- --- --- --- 

 

NHKの実態

◎ 2012年、韓国大統領就任式は生中継80分、竹島の日式典は1分!
 (NHKは韓国大統領の就任式を80分も生中継しました)

 

日本国民から強制的に受信料を取り、国民の血税まで使って運営しているNHK。しかし韓国ではNHKBS1とBSプレミアムを無料で見ることができる。

 

さらに韓国の新聞のテレビ欄では、NHKワールド・プレミアムとともに、BS1とBSプレミアムの番組表も掲載されている。

 

NHKは日本で報道する必要のない韓国のニュースを垂れ流し、韓国を賞賛の異状。日本国民の受信料で運営されている「韓国公営放送NHK」

 

でも数年前と違って世論の目も厳しくなっている現在、流石の親韓NHKでもあからさまにこんな人事を今行うことができるのかと思いましたので調べてみました。するとやはりこの情報の出処は2013年の情報でした。

 

3年前の情報だとしても、たかだか3年前ですよ。NHKの体質が変わっている訳がありません。


逆に、この当時の情報が正しければ現在はこの人事で幹部になった反日思想の闇を抱えた人種が、NHKを動かしていることになり、空恐ろしくなります。

 

NHKの偏り発信とは、

例えば「トランプ次期大統領と安倍首相が会った」というニュースがながれ「世界の反応」は?と続けば当然「英国BBS、ロシア、中国、フランス、ドイツ」などの反応を伝えてくれるのかなと思うではありませんか。

 

ところがNHKはそうではないのです。

「世界の反応」は?「英国BBC、韓国KBSは・・」となる。

なんじゃこれと思ってしまいす。これ世界の反応じゃないだろう?韓国の反応だろう?と。

 

やはり世界の反応なら「英国BBS、ロシア、中国、フランス、ドイツ」の反応を伝えろよ!と言いたくなります。韓国がたとえお隣の国としてでもですよ、おかしいじゃありませんか。些細なことかもしれませんがこういうところに日本国民から見た彼らの偏りが伺えると思うのです。


「彼らの頭の中では」世界の最重要国はまず韓国なのでしょうね。こんな頭で日本の公営放送番組を作られたら受信料など払いたくなくなります。

 

NHKがいかに偏った番組を作り、国民の自虐思想を煽り続けてきたか参考になりますので、ご参考に当時の情報を一応載せておきましょう。

 

2013年04月17日
「NHKで幹部に昇進した在日が4人李紀彦・玄真行・田容承・朴元瑛源」?

読者の方から、韓国人ディレクター「田容承」(チョン・ヨンスン)について教えていただき、少し調べてみました。

 

ネットで、「NHKで幹部に昇進した在日が4人李紀彦・玄真行・田容承・朴元瑛源」という情報が流れていた。果たして、この4人がNHKで幹部に昇進したのかどうか、確認することはできなかったが、NHKにかつて在職していたり(朴元瑛源)、NHKで放映された番組のディレクターを務めていたことは確認できた(李紀彦・玄真行・田容承)。NHKが韓国人や在日朝鮮人のディレクターをよく使っていることはわかった。

 

しかし、少なくともこの中の朴元瑛源(えのもとえいげん)は、子会社「NHKエデュケーショナル」にNHKから出向中、児童買春のため警視庁に逮捕され、東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受け、2007年6月26日付けで懲戒免職処分になっていて、少なくとも現在、NHKに在籍していない「はず」である。

 

もし在籍していたら、性犯罪者を復職させたことになり、大問題である。

 

朴元瑛源(えのもとえいげん):

NHK子会社社員の児童買春:懲戒免職処分に
2007.06.20 毎日新聞社東京朝刊 28頁 社会面  
NHKは19日、児童買春禁止法違反容疑で逮捕された子会社「NHKエデュケーショナル」語学部の朴元瑛源チーフプロデューサー(34)=NHKから出向中=を、26日付で懲戒免職処分にすると発表した。

11日に東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受け、NHKの調査にも犯行を認めたという。5月31日、高校1年の女子生徒に現金4万円を払ってわいせつな行為をしたとして、警視庁に逮捕された。


次に、田容承(チョン・ヨンスン)であるが、韓国・ソウル出身の韓国人ディレクターである。この人物はテレビ朝日のディレクターでもあったが、NHK「プロジェクトJAPAN」の一環である、ETV特集: シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」も担当している。

NHKは、なぜ韓国人ディレクターを使ったのか、と放送当時から疑問が呈されたようである。この番組放映当時、来日して8年だったとのこと。

 

ETV特集「日本と朝鮮半島2000年」 NHKは韓国人に乗っ取られたのか?
韓国朝鮮のマスコミ侵略

 

次に、李紀彦だが、NHKの「よみがえる海峡を越えた絆・朝鮮通信史400年」という番組を担当したらしい。

 

最後の玄真行は在日韓国人2世。プロフィールに「1958年、東京生まれ。父母は、韓国済州島出身。」とある。東京ビデオセンターなどに所属しているらしいので、NHK職員ではなく、外注先ではないかと推測される。

http://www.tvc-net.com/shas/director.html


◆プロフィール◆
1958年、東京生まれ。父母は、韓国済州島出身。
兄と2人の姉を持つ末っ子の玄に、父は、「自分のやりたいことをやれ」と言って聞かせていた。そんな父が高校2年の時、癌で急逝。ものを表現する自由な仕事をしたいと作家を夢見ていた玄は、家を出て、バイトをしながら受験勉強を続ける。

 

母が影で支えてくれた。早稲田大学第2文学部に学び、84年テレビの制作会社テレコム・ジャパンに入社。活字志向だった玄にとって、テレビは未知の世界だった。そんな時、脳裏に浮かんだのが、遠い日、テレビを見て泣いていた母の姿。母は読み書きができない。でも、テレビは見られる。“お袋が泣くようなものを作っていこう”これが原点となり、今へ続くドキュメンタリー作家としての玄の支えとなっていく。


精力的な創作活動が評価される中「在日だから撮れる」との声に反発、「人間として人間を撮りたい」と“一番”を目指し、90年フリーに。和歌を詠む台湾老人に“言葉って何?”と問う「台湾万葉集?命のかぎり詠みゆかむ?」で数々の賞を受賞。初めて“これが自分の作品”といえるものとなったという。96年にはクリエイティヴ・ネクサスのチーフディレクターとなり、優れたドキュメンタリーを発表し続けてきた。


在日コリアンのための老人ホームを撮った「故郷の家」では、半年間在日一世を追い続け、母の姿を重ねた。作品が出来上がった時、母にやさしくなれた自分に気付き“ドキュメンタリーを撮ることは、人間として自分をマシにしてくれる”と思うようになったという。
節目の20年目、再びフリーとなって韓国に渡り、取組んだ「シャウト オブ アジア」。初の劇場公開作品である。

 

◆おもな演出作品◆
1988年 「幻の東京オリンピック」共同演出(テレビ朝日)※ギャラクシー大賞受賞
1995年 「台湾万葉集〜命のかぎり詠みゆかむ〜」(NHK)
ギャラクシー(放送批評懇談会)選奨
ATP(社団法人 全日本テレビ番組製作社連盟)郵政大臣賞
ATPドキュメンタリー最優秀賞
1996年 「故郷の家〜在日韓国・朝鮮人の特別養護老人ホーム〜」(フジテレビ)
1997年 「巨鯨に挑む〜インドネシアの海人ラマファー〜」(関西テレビ)
ATPドキュメンタリー最優秀賞
1998年 「神々の詩アリラン」(TBS)
ギャラクシー奨励賞
1999年 「幻の鯨イッカク〜北極・人間たちの大地へ〜」(関西テレビ)
ATPドキュメンタリー最優秀賞
ギャラクシー奨励賞
2003年 「アジアの歌」(BSフジ)
2005年 「シャウト オブ アジア」 4月23日〜5週間 (渋谷シネ・ラ・セット)
2005年 「にんげんドキュメント かあちゃんは好敵手 棋士・藤沢秀行と妻モト」 (NHK)
ATP2005 グランプリ 受賞
ATPドキュメンタリー最優秀賞
2005年 「そして僕は日本で生まれ育った〜在日コリアン・家族の100年〜」 (NHK)

1995〜2005年までの一連の演出に対して ATP特別賞(個人賞)受賞


HV特集 この国を見つめて「新在日外国人」


玄氏の両親は在日1世だ。自らの意思でなく”日本”にやってきて、玄氏は小・中・高・大学と日本語での教育を受けた。国籍は「韓国」で、パスポートにも韓国名が記されている。だが、彼は韓国語が出来ない。

 

彼の仕事の後輩=ジョン・ヨン・スンは韓国人で、日本で映像の仕事に携わっている。ジョンにとって韓国で映像の仕事をする事よりも、大変でも他国で仕事をする事のほうが面白い・・・・そう考えて日本で仕事をしているのだそうだ。
最初ジョンにとって、在日韓国人にどう接したら良いのか、わからなかったし、玄氏のパスポートの韓国名にも驚いたそうだ。日本で暮していても「日本人」にはならない。

 

「怨日本の韓国人」が制作した番組だから、彼ら韓国人から見た日本が描かれている。番組の制作思想に日本人への怨が流れ、番組の様々な場所に日本人から見た視点とは異なる彼ら韓国人の信じる嘘の事実が埋め込まれる。

 

ところが、受信料を払っている日本国民は「日本の公営放送NHK様が制作した番組としてTVの前で正座してありがたく観させていただく」のである。

 

天下の公営放送NHK様が制作した番組であるから「我々日本人はこんな酷いことをしてきたのか」と、韓国人が捏造した残虐で卑怯で腹黒い日本人をいちいち刷り込まれ深い自虐の闇に落とされてきた訳だ。なんと罪深いNHKだろう。

 

NHKは日本国民に対して容易に消し去ることのできない自虐洗脳教育をしてきた、犯罪的番組制作をしてきたと言ってもおかしくない。

 

最近でもNHKは竹島を独島と何気なく天気予報地図に入れてみたり、海洋図の隅に日本海ではなくEast Seaと表示したり、NHK職員の中に万遍なく彼の国出身の職員が配置されているようです。

 

こういう事実はNHKに限らず民放、大手新聞社にも言えることで、数日前にはTBS幹部に韓国軍出身者がTBSの幹部として紹介されていました。たしかに、TBSには韓国名を名乗っている記者が多い。フジテレビもそうでしたね。ドラマに姑息にも反日情報を忍び込ませ人知れず楽しんでいるようだ。

 

在日韓国人の日本国内での反日活動や嫌がらせ活動を書いたりするとすぐ「差別」ということばが帰ってくるようですが、彼らが日本国を自国と認識し日本国の人間として振舞っているなら批判はされないでしょう。でも日本国民を装いながら、神社に落書きしたり、神社に放火をする、寺社の文化財には油をかけて嫌がらせをする。こんな反日活動をする彼らを、日本人は絶対許しません。日本から追い出してもよいではありませんか。

 

「民族差別」と左翼は言うけれど、移民国家アメリカで行なわれている民族差別とはまったく違うのです。

 

移民国家アメリカのマイノリティー民族は反米活動はしません。彼らはアメリカ人として生きようとしています。正規に移民した彼らは米国に忠誠を誓っているのです。ですから彼らを罵り攻めるのは差別になります。これは絶対に批判されるべきなのです。

 

そこが日本で反日活動(国賊活動)をする在日韓国人とは違います。

日本の法律では帰化する際でも「日本国に忠誠を誓わせることはない」このことが問題です。大問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

集計:2015.11.13〜

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。