こんにちは(^O^)

ペーパークイリング作家&講師の

Ririka(リリカ)です

 

私の周りで少しずつ

クイリングの輪が広がっているのを

感じています

 

それは、クイリングを広めたいと思っている

私にとって、とてもうれしいことです

 

クイリングをやる方が増えると

今まで、どのお店でも縮小傾向にある

クイリングのお道具や材料も

手軽に買える場所が増えます

 

そうするとさらに、クイリングをやってみたい

そんな方が増えますよね

 

そして、みんなで切磋琢磨しながら

よりクイリングの世界が広がれば

素敵だなと考えています

 

 

でも、実際はまだまだで

私も努力が必要だなと感じます

 

 

そんなこともあり

夏頃にクイリングのパーツの作り方を

このブログでご紹介しました

 

パソコン画面よりご覧になっている方は

左横にあるカテゴリー「パーツの作り方」

からご覧になれます

 

スマホの方は機種によって

それぞれかと思いますが

私のスマホ(アンドロイド)の形態だと

 

ブログ記事の一覧を

下にスクロールしていただくと

「テーマ別」というボタンが出てくると思うので

そちらをポチッとしてください

 

そうすると、カテゴリーの

「パーツの作り方」がご覧になれます

 

 

と、見方がわかったところですが

 

わざわざそこまでたどっていくのが面倒

そんな方もいらっしゃると思うので

 

今日は再度、パーツの作り方を

ご紹介しますね

 

 

と、その前に今日訪問いただいた方で

まだクイリングを知らない方はこちら↓

 

ペーパークイリングとは?

 

 

 

今日はルーズサークルの作り方です

 

このパーツを作ってから

いろいろな形に折り目を付けて

パーツを作るので

 

このルーズサークルがキレイにできないと

他のパーツもきれいにできないんです

 

だから、大変だけど

初心者の方にはこの

ルーズサークルを一生懸命

練習してほしいです

 

 

ここからルーズサークルの作り方です

 

このような二股に分かれている

道具(スロット)を使います↓

 

 

①・まず、スロットにペーパーを

はさむのですが

その時に、紙を端の部分までもってきます↓

 

 

決して下の写真のように

スロットの反対側に紙が出ないように

注意してください↓

 

 

②・①の状態で紙をクルクル

巻いていく↓

 

 

③・巻ききったら、手を放し

スロットから紙を外す↓

 

 

④・そしたら、巻き終わりにのりを付け

その形のままでとめる

 

 

そののり付けの時に

先の細いピンセット等で

のり付け部分を1度はさむと

しっかりとめることが出来ます↓

 

 

⑤完成!
このとき、なるべく渦が均等に

なっていることを確認しましょう(°∀°)b

 

 

 

ルーズサークルが上手くなったところで

明日

また違うパーツの作り方をご紹介しますね🎵

 

 

Ririkaオリジナル秋のワークショップ

ハロウィンフレームを作ろう!

 

IMG_20160831_113832397.jpg

 

お問い合わせ・ご質問
メールフォーム
⇒☆

090-9819-6399 Ririkaまで

※もし、メールして2日以内に返信がない場合

迷惑メールをチェック、もしくはお手数ですが

再度メールをお願いしますm(_ _ )m

 

 

RirikaのSNS

 

Facebook→☆☆☆

 

Twitter→☆☆☆

 

Instagram→☆☆☆

 

 

画像をクリックすると詳細が見れます↑

応援の1ポチお願いします

 

Ririka