Instagram @ maika9220

  • 10 Nov
  • 08 Nov
  • 02 Nov
  • 23 Oct
  • 11 Oct
  • 21 Sep
    • 34

      テーマ:
  • 20 Sep
  • 15 Sep
  • 14 Sep
  • 13 Sep
  • 08 Aug
  • 31 Jul
    • 夏スタート

      日曜は湘南に住んでいるお友達カップルと七里ヶ浜へ。ことし初めての海。お友達がずっと行きたがっていた Pacific DRIVE-INに行ってきたよ数日前まで雨予報で当日も早朝は雨が降っていたらしいけど私たちが到着する頃には、太陽まで本当に私は晴れ女!!テラスで海みながらランチして3人で、別に海でしなくてもいい会話ばかりして。笑 「暑くない??」と、午後は早めに退散してお友達の家でテレビ見て海で散々食べたのに「お腹すかない??」の一言で夜は山形牛が食べられる焼肉屋さんでお腹いっぱい食べて帰宅。食べてばかりの休日 Anyway..海だいすき!そして、やっぱり夏だいすき!今年の夏、平日はお仕事がんばって週末は、予定つめ込みむー!  

      1
      テーマ:
  • 24 Jul
    • 世の中は狭い

      日曜日はSechs Kiesの日本ファンミーティング。もう最高すぎた日本語に堪能なメンバーと、そうでないメンバーがいたけどたとえ日本語がうまく話せなくても単語、ジェスチャー、表情で盛り上げようとする姿、さすがだなって思った何だか、去年のRyanのイベントを思い出してしまった・・・やっぱり自らが何かしよう、こうしよう、こうしたいっていうのがなければ、伝わるものは半減するし逆に、それさえあれば120%伝わるのだと確信。また、私たちにも機会があれば、学んだこと生かしたいAnyway夢中になった夜でした!ライブ後、メンバーのカン・ソンフンさんの妹ユンジちゃんと。私たちはお仕事で出会ったんだけど共通の友達が本当に多くて「これも何かの縁だね!」と仲良くなりました昨日も、Instagramに写真をアップしたら、また違う友達に「2人、知り合いなの?」と遠いアメリカからコメントをもらい、、、本当に世の中は狭い!と、またビックリ

      テーマ:
  • 18 Jul
  • 04 Jul
    • ☆19

      テーマ:
  • 03 Jul
  • 30 Jun
    • LCCの恐怖 ~続き~

      前回は、エアアジアスタッフとの現場でのやりとりをメインで書いたけど文章にしてみて、やっぱり黙ってられない!と思い周りの友達にアドバイスをもらって、動いてみようと決意しました今回は完全なヒューマンエラーでありシステムエラーではない分、物的証拠がない状況。理想は、当日に空港で関わったスタッフの人たち、つまり、①カウンター前で誤った列を指示した女性スタッフ②カウンターで「すでにCLOSEしたわよ」と対応した女性スタッフ③サービスカウンターで状況説明を要求してきた男性スタッフ④ゲート前で対応し、一緒にサービスカウンターに行ってくれた男性スタッフ(補足 ①〜③はエアアジアのスタッフ。④はエアアジアのポロシャツを着ていたものの、出国ゲート前でパスポートと搭乗券チェックをするスタッフだったため、どこの所属かがわからない... 日本の空港では、この位置にいるスタッフは特定の航空会社所属ではなく、空港職員だよね??)この4人にレポート文(名前、時間入り)をその場で要求して書いてもらうことだったのだけど、あの時の私たちに、そんな余裕は1ミリもなかった・・・あったとしても、終始やっつけ仕事をしていた彼女、彼らがそこまでの事をしてくれるとは到底思えない。というか、してくれるなら、そもそも私たちはあの日、帰国できていたはず。ということで。LCCで多発しているというトラブルを消費者センターに報告することは可能だそうで、そのために、時系列があればベターとのアドバイスから、ここにも残しておこうと思います!*****時系列12:00 クアラルンプール国際空港に到着→タクシーの運転手さんに依頼して証明可能12:15~20 空港内でTAX REFUNDの手続き終える12:25ごろ エアアジアのカウンターが連なるLに到着。上記①の女性スタッフと接触12:30ごろ ①の女性スタッフから指示された列に並ぶ。13:15~20ごろ カウンターで自分の番がくる。上記②の女性スタッフが対応し、すぐにどこかへ電話。「どうしてこの列に並んだの?あなたたち以外、預け入れが終わっているから、既にCLOSE済み」と言われる。反論すると、サービスカウンターに行くよう促される。13:25~30ごろ サービスカウンターの列に並ぶ。13:35~40ごろ 上記③の男性に状況を説明。すると、出発ゲートに行くよう指示される。→Eチケットに、行くべき出発ゲートをペンで書き込まれる。13:45ごろ 指示された通り、出発ゲートに到着するも、止められる(荷物のため)。上記④の男性スタッフに状況を説明し、一緒に再びサービスカウンターへ移動。13:50~55ごろ 再び、上記③の男性と話し合い。翌日のチケット価格を提示され、本日分(搭乗ができなくなったチケット)の払い戻しは出来ないと断られる。問題点①最初に接触した女性スタッフ(各カウンターに並ぶ前、乗客に並ぶべき列を指示する係)がミスアナウンス→行き先の見間違え or Webチェックイン済だった点を見誤った②カウンターCLOSE時刻は13:25とEチケットに記載されていた→ 私たちがカウンターの女性スタッフとコンタクトをとった最初の時刻は13:15~13:20の間③カウンターを閉めた理由が曖昧→ 私たち以外、荷物の預け入れが終わっていたからと意味不明な理由④スーツケースを預けないまま、手荷物として持って出発ゲートに行くようにサービスカウンターの男性スタッフが指示したものの、この連絡が出発ゲート前のスタッフに届いていないため、当然、スーツケース(サイズオーバー)を持った私たちは止められた→ 指示内容をスタッフ間で共有していない⑤ 現地からエアアジア・ジャパンに電話すると「現地スタッフの動きを把握することはできない。回答として「基本的に払い戻しやその他のケアは出来ません、としか言いようがないです」と言われる→今後、責任が問われることを避けようと全くタッチしないトラブルによる実質的な損失・搭乗できなかったクアラルンプール-羽田のチケット代金(エアアジア)・帰国のために購入したクアラルンプール-成田のチケット代金(ANA)・急きょ予約したマリオットホテルの宿泊費・空港-マリオットホテルの往復タクシー代*****この時系列が、どれだけの力をもつかはわからないけどやらないよりはマシかなと。何より、心配して助けようと沢山のアドバイスをくれる友達に心から感謝!!そして。救われたのは「なーんだ!怪我したとか、パスポート無くしたとか、そういうトラブルじゃなくて良かったじゃない!お勉強だと思えば、価値ある経験。海外慣れしすぎてるから、LCCに油断しちゃダメって教えられたと思えば平気よ。思いがけない延泊は、美味しいもの食べて来てね」と笑い飛ばしてくれたママ、「英語話せてよかったね。明日は、お金で安心と安全を買って帰国して」と言ってくれたパパ、「無事に帰ってきたんだから、それで良し!」と多くを語らず(笑)、迎えてくれた彼の言葉。私の周りには素敵な人ばかりだ と改めて知りました・・・と無理やり締めくくってみるwそうでもしないと、やってられないよ!

      5
      テーマ:
  • 29 Jun
    • LCCの恐怖

      前回のアメンバー限定記事の出だしに少し書いたけど私、人生で初めて海外の空港でトラブルに遭いましてとはいえ、マレーシアでの日々は楽しすぎたしマレーシアの方々の雰囲気というか接し方が大好きで「あたし、ここに住める!」って思ったくらいだから空港での事件で、嫌な思い出にはしたくないの。けど。他の誰かが、私と同じような経験してほしくない。あとは、これ、結構本音として「おい、エアアジア、謝罪しろ!」(言葉悪くてゴメンナサイ)という気持ちも大いにあるので、これ読んでる方、拡散してほしいしもしくは同じような目に遭わないように心に留めていだたけたら幸いです。*****事の発端は帰国日。クアラルンプール国際空港には、出発の3時間ほど前に到着。TAX REFUNDのカウンターで手続きを済ませて私たちが使う航空会社=悪魔のエアアジアのカウンター前へ。カウンターの列に並ぶ前、スタッフの方がEチケットを確認。私たちは事前にWebチェックインを済ませていたのでここではスーツケースを預けるのみの手続きです。Webチェックインを済ませたEチケットを確認したスタッフは「あの列に行って」と、私たちが並ぶべきカウンター番号を指示。言われた通りの列に並びました。「この列、何だか進むの遅いよね」と友達と話したけど指示された通りの列に並んで待つ。時計は気にしていたけど、最悪、カウンターCLOSEの13:25には間に合いそうだし、この時点では特に不安になることもなく。ようやく私たちの番になり、カウンターの女性スタッフにパスポートとEチケットを手渡すと、不機嫌そうな顔でどこかへ電話。そして電話をきると「どうして、この列に並んでいたの?」と一言。「スタッフの指示通りですよ。何か問題でもありました?」と答える私。質問の意図がわからず、急な不安に襲われる以下、スタッフと私の会話。スタッフ「たった今、カウンターがクローズしたところだったの」私「クローズ?まだ時間前ですよね?13:25クローズとEチケットにも記載されていますよ」スタッフ「あなたたち以外は、全員が荷物を預け終わっているの」私「それ、関係あります?私たちが最後であろうと、クローズ時間前です。しかも、このカウンターを指示したのは、あちらの女性スタッフです」スタッフ「もっと進みの速いカウンターに移動すればよかったのに。とにかく、私の一存では決められないから、サービスカウンターへ行って」・・・サービスカウンターを見ると、長蛇の列私「え、あの列に??」スタッフ「そうよ。はい、次の方~!」明らかに、面倒くさくて避けようとしている。怒り心頭だったけど、サービスカウンターに行くしかない。サービスカウンター「どうしました?説明して」私「スタッフの指示通りに並んだ列が、ミスアナウンスだったようでWebチェックインが済んでいるのに、延々と並ばせられた挙句、カウンターCLOSEの時間より数分前だったにも関わらず、荷物の預け入れは終わった、と言われました。納得できません」サービスカウンター「何時に空港に来ましたか?」私「12時です。出発の2時間半前です」サービスカウンター「遅くはないけど、十分とは言えないかな。なぜなら、3時間前にカウンターはオープンしているから」私「それは、わかっています。でも重要なのは、CLOSE時間より早くにカウンターを閉めたという事実。それならば、どうしてEチケットに【13:25までに荷物を預けて下さい】と表記しているの?表記があるのだから、その時間を守る義務がありますよね?」サービスカウンター「そうは言っても、今日はCLOSEしたということです」私「受け入れられません。今からでも間に合いますよね?」・・・このあたりで、面倒くさそうな顔をするスタッフ。サービスカウンター「わかった。とりあえず、荷物もってゲートに行ってみて。間に合えば通過して」なに、その適当な対応は!?とにかく乗ることが優先だから、一直線に言われた通りの出国ゲートへ。けど、当然止められる。なぜなら、機内持ち込みのサイズを超えたスーツケースを持っているから係員「その荷物は?どうしたのかな?」※優しそうな若めの男性係員で、心配してくれてる風私「カウンターを閉められ、直接ゲートに行くように言われました」搭乗券を見て、どこかに電話する係員。係員「荷物を抱えて、ここから全力で走ったとしても、時間に間に合うか微妙なところ、というのが航空会社の判断みたい」私「時間がないのに、サービスカウンターをたらい回しにされたので、それは時間ギリギリになりますよ!お願いします、助けて。もう説明も限界です。日本人スタッフは空港内にいないの?他会社でも…」係員「ごめん、こちらのターミナルに日本人はいないんだ。僕が一緒にサービスカウンターに行ってあげる」私「え、また?もう時間ないんですよね??」・・・このあたりで、帰国できないことを覚悟しました。だって、何度も行ったり来たりで根本的な解決になっていないこの先は、察しの通り、拉致のあかない会話。というか、他にもクレームを言う各国の方々が列を成し、対応も適当で、やっつけ仕事。「明日の便なら取ってあげるよ?」という態度で値段を提示してくる。「は?乗りません!」と断って、カウンターを離れて、日本のエアアジア・ジャパンへ電話。もちろん、エアアジア・ジャパン(電話センターの方)に非はないのであくまで冷静に、対応と方法を尋ねました。が、マニュアル通りの回答しか頂けず、何の解決にもならないもう本当に疲れて、何よりどんどん心細くなっていき…空港内のスタバへ移動して、帰る方法を模索。その日中に発つ方法としては、シンガポールを経由してシンガポールからANAで帰国という乗り継ぎ便のみがヒット。どうしても帰りたい!!望みをかけて、ターミナル2から1へ移動しシンガポールまでの航空券をカウンターで購入しようとしたけど説明を聞くうちに「この不安マックスの心境のまま、あの巨大なシンガポール空港に移動してもし、乗り継ぎでミスるという二重の災難に見舞われたら・・・本当に意気消沈しちゃう」という不安に襲われたため、もう諦めて、新たにホテルを探して、翌日に帰国することを選択。疲労困憊で判断力にも欠けているのを自覚したためこのままでは、他のトラブルも起こりかねない・・・なので、無事に帰国することだけを思って安心・安全をお金で買おうと、ANA様のチケットを手配。タクシーで20分程で行ける距離のマリオットホテルを抑えて空港を離れました・・・*****今回の件。LCCを選んだのだから、リスクは当然!と言われたら、それまでだけど私たちに落ち度はないはず。あえて言うならば、、、スタッフに並ぶ列を指示された後、言葉を鵜呑みにせず、ダブルチェックすべきだったってこと?LCCのスタッフの言葉は、簡単に信用してはダメということ?でも、そんなことってある??LCCだろうが、フラッグキャリアだろうが、お金を払ってチケットを購入し、搭乗する以上それ相当の対応は受けられるべきではないのでしょうか。価格相当の対応しかしませんよーwっていうのが、エアアジアの回答なのかな。当日、空港でトラブルに直面しすぐさま、ANAに勤める友達に電話して状況を説明すると彼女からの回答は、以下でした。明らかに、時間的に間に合う。(諸々たらい回しにされていた時点で時間は13:40頃。出発時間は14:30)今の状況では、スーツケースを機内に持ち込むという判断も下せる。なぜなら、緊急の事態に備えて、収納できるスペースを確保しているから。最悪、荷物だけを明日の便で飛ばすという方法もある。何より、乗客を無事に飛ばす方法を最優先に提案するのが空港スタッフの仕事。キャリアは関係ない。さすが。さすかです!!これがANAクオリティで、私が直面したのはLCCクオリティなのかというか、最悪のエアアジアクオリティ・・・今回はシステムエラーではなく、明らかなヒューマンエラーのため保険会社に補償を依頼するには、物的証拠がない。でも、こうやって文章にしたら、また腹がたってきたいま、いろいろ策を練っています・・・何か情報、対応策を知っている方、お力かして下さい

      テーマ:
  • 28 Jun
    • ☆18

      テーマ:
  • 15 Jun
    • ソウル

      10日ほど前の週末の話。ことし結婚予定の友達へ私たちからのサプライズ旅行 in ソウル。これまで何度も行ったソウルだけど今回は1泊2日。滞在時間は26時間ほど。食べたい物たべて、行きたい所いってすべて分刻みだったけどかなり充実!↑大量のチーズと辛さが絶妙なマッチング!↑寝起きで、アワビのお粥+サムゲタン↑Instagram用!!とばかりに写真撮る日本人w↑サプライズのケーキを注文していたら、「お店からのお祝いです」と出して下さった↑定番のパッピンス。何より、主役が喜んでくれのたが嬉しくて、ずーっとみんなで笑って最高に楽しかった!↓サプライズのケーキも、大成功ありがたいことに、私のInstagramを見ていた韓国の友達が「今どこよ?」って電話くれて・・・5分だけ道端で立ち話をしに。コーヒー1杯だけ飲みに。「車の中で話せるように」とホテルまで車で送りに。夜中1時に、顔だけ見に。・・・と、計4人の友達に会えた!本当に素敵な26時間だったそんなこんなで。明日の夜便でマレーシア・クアラルンプールへ行ってきます

      2
      テーマ:

プロフィール

Riri

自己紹介:
アイルランド&韓国での留学を経て 今は日本で働いてます ファッション、映画、旅行、サッカーな...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。