シラタニ マイの「自分らしく輝く美人の作り方」

エレガントに生き、チャンーミングに笑う
プリティーレディ目指してます♡

モットーは、自分の幸せが、誰かの幸せ♡
仲間とともに、豊かで笑える人生を♡

NEW !
テーマ:
こんばんは〜!
シラタニマイです。

今日は、昨日お出かけしてきて
初めましての人も多い会だったし
その前日も寝不足だったりして
ちょっとお疲れだったようで、

『ふ〜よく寝た〜何時じゃろ?』
て時計みたら、お昼の12時でした!!
(いつもけっこう寝ても10時とか。)

そこからまたベッドでもぞもぞして、
結局動き出したのは
夕方5時!!






近所のカレー屋さんへ行って、
大好きなナンとバターチキンカレー
食べてきたよん。

そしてそしてててて!!

昨日のイベントで、
まさかまさかの出逢いがありまして!!!

それがこちらのブログ主、
高西愛美、まなちゃんでございます!!





なんとなんと、まさかこの日に
会えるなんて思ってなかったし

っていうかまさかいらっしゃるとは
思わず!!

こぉゆう知らない人がたくさんいる場って
苦手で、どこでどぉいうスタンスでいたら
いーんだろ〜とか思ってたり

気疲れとか体力のなさとか
話したり聞いたりって、
けっこうね、あれよね。

ってな感じなんだけど、
昨日はまなちゃん独占で
かなり話し込んでて、
楽しかったぁ〜!!

ずっとブログ読んでて、
『めっちゃ活躍してるし可愛い人だなぁ〜
すごい〜』て思ってた人から

『シラタニマイさんですよね!
会いたかったです』
て言われる感動よ!!!!!


可愛いかった〜
いやぁ、可愛いかったぁ〜♡

可愛い女の子ってほんと天使だな♡
癒されるな♡て思った!!

まなちゃんの好きなところは
嫌味のない可愛い自撮りと、
わかりやすく伝えるし
かつさらけ出してるところ!

そしてやっぱりブログが好きな私たち、
書けなくなった時があったり、
書くスタンスが似てたり、
なんかもう、楽しかったよね!
話は、つきないよね!!

最近はブログもずっと書いてなかったし
セッションもセミナーもやってなくて、
表舞台に出ず、隠居生活のような気持ちで
いたんだけど、

それでも、
自分を知ってくれている人がいること、
ブログ読んでます〜!とか言ってもらえると

あぁ、頑張ってきて良かったなって思うし、
昔があるから今があるんだなぁて
やっぱりおもう。

過去を後悔することは
もちろんあるけど、
自分がやってきたこと、

選んで、決めて、やってきたことを
否定したり、責めたりするのって、
なんか悲しいよね。

だから、やりたくて、
やり尽くした結果として
悲しいことや寂しいことが
起こったとして
受け入れ難いなぁ…と思っても

否定したりやらなきゃ良かったと
思うのは自分が可哀想だと思うんだよなぁ

がんばれ!とか
よくやってるよね、よしよし、とか
そんな言葉は自分によく
かけてあげたいと思うであります。

いちばんの理解者、共感者は
自分でありたいな、と思うのです(*^^*)

では、日曜日の夜に読んでくれて
ありがとうございました〜♡






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
こんにちは。
きょーは二回も書いてるぞ!
すごい、わたし!!!
 
あんなに毎日、
思い浮かんでは消して、
 
「誰かのためになるのか」とか
 
「これを読んで〇〇がなんて思うかな」
なんて思って
 
書けなかったこともあったけど
 
知~らね!(・∀・)
 
いや知ってるけど
わかってるけど
配慮するけど
 
「全部なかったことにすることもないな」
っていう結論です。
 
人目を気にして
土にこもることはやめて、
 
あったかくなった地上に
ちょっと出てきたいなって
思った。
 
 
 
可愛いリリーちゃんに癒されたところで、
 
タイトルにある
「こどもの自立」について
書いていこうかと。
 
わたしのブログ読者さんには
ママさんも多いし、
 
悩んでいるあなたの参考になったら
嬉しいです。
 
 

◆自立ってなんだ?

 
「自立」ってなんでしょうね。
 
「自立」と言う言葉を考えるときに
わたしはあるシチュエーションを
思い出します。
 
離婚して息子と実家に身を寄せていて
「実家から出て自立する。自立したい」と
話すわたしに
 
「家を出ることが自立だとは思わない」
と友達が言いました。
 
確かに・・・とハっとしました。
 
 
家を出ていても、
精神的にも経済的にも
援助を受けていたら、
 
それは実家にいても
変わらないこと。
 
家族とほどよい距離がほしいから
家を出たい、
 
という欲求と、自立して
家をでることをはき違えていたな~
って思います。
 
当時は20歳くらいで、
初めての育児や
離婚のストレスで
 
精神的にも冷静に考えられていたかと
言われたらそうではなかったと思うけど
 
短絡的だけど、
自分がどうしたら心地よく生きられるのか、
この頃もかなり模索していたな、って思います。
 
 

◆自立ってひとりで頑張ることじゃない

 
自立、と親離れってセットかな、って思います。
 
でも親に甘えてもいいと思います。
家族だしねぇ。
(やっちゃいけないことなんて、この世にない気がする。)
 
 
私が、「自立しなくちゃ」って
必死になってたときは
 
自立 = 迷惑をかけないこと
 
自立 = ひとりでなんでもやっていくこと
 
と、思いこんでいた気がします。
 
 
だから、いくら大変でも
両親に経済的援助を頼むとか
最終手段だったし
 
それでも
ヘルプを言うのは言いづらかったし
申し訳なかったし
 
仕事と家庭との両立が辛くても
旦那さんのことを愚痴るとか
仕事をやめたいとかは
言えなかったなー。
 
 
でもそれって水臭かったなーって
今は思ったりします。
 
罪悪感も感じすぎることも
なかったな、って思ったりも。
 
 
わたしも息子が大きくなって、
いっしょに住んでいないから
 
仕送りを送るだけ、
みたいな感じで
 
足長おじさんかよ~って
空しくなったりするけど
 
「誰かがいるから頑張れる」
って、人にはそんな機能がある気がして
 
《必要とされること》とか
《誰かのためにがんばる》とかって
人をやる気にさせるし、
行動意欲にもなるし
 
良き働きも多いなぁって思う。
 
うちの息子は急に
わたしの手を離れてしまったから
なおさら、
 
手を掛けたい、とか
頼られたい、って思ったりします。
 
 

◆みんな誰かを想ってる

 
だからと言って、
 
親からの過剰な干渉や
価値観の押し付けには我慢ならない!
って思うこともある
 
親の言うとおりにできない自分を
責めてみたり
 
親の期待に応えてない自分を
情けなく思ったり
 
反抗してしまう自分を
幼く思ったり、
 
一番応援しててほしくて
理解していてほしい家族なのに
分かり合えなくて、
ものすごく寂しく感じたり。
 
 
わたしも親からの小言は
精神的ダメージがすごいので
なるべく聞かないようにしているけれど、
 
やっぱり自分の息子には
いろいろ言いたくなってしまう。
 
でもそれはやっぱり、
彼を愛しているからだし、
それ故に、案じているからだ。
 
信頼していないわけではないけれど、
不安をぶつけてしまっている状態。
 
そんなの迷惑じゃー!って
感じだよね。
 
親にとってわたしは可愛い娘で、
心配で大切で幸せでいてほしい存在。
 
わたしにとって息子は
大切で可愛くて、
いつも笑っていてほしい存在。
 
みんな誰かを思っている、っていうのは
変わりがなくて、
 
ただそれがうまく伝わらないこともある。
 
 

◆押し付けモンスターから逃げる3つの方法

 
これは上司でも親でも
夫でも友人にも言えることかも
しれないけれど
 
過剰な心配、
相手の不安から
価値観を押し付けられて苦しい時に
わたしがやっていること3つ!
 
これは10年の水商売の接客経験と
いろんなキャストを見て学んだこと~
 
 

〇明るく、るんるん作戦

 
「大丈夫大丈夫!わたしお母さんの娘だし~♪」
「心配ですよね~ あんまり考えないことにしてるんです~♪」
 
あっけらかんと言われると
ぶつぶつ言われることもあるけど
「この子は心配してないんだな」っていう
メッセージにもなる。
(相手の不安が増える場合もあるけど、
それは放っておこう。心配するのが仕事なのかも。w)
 
「コイツに言っても無駄じゃ」と
暖簾に腕押し状態にするのだ!
 
語尾に「♪」ってつけるのを
お忘れなく~♡
 
 
〇幸せな変換をする
 
誰かになにかを言われたときに
「もう!うるさいなぁ」とか
「放っておいてよ~~!」
って思うよりも
 
「もう♡わたしのこと大好きなんだな♡」
「なにか言いたくなっちゃうほど気にかけてくれてるのね♡」
って幼稚園児に求愛されている
お姉さんのごとく、
 
相手の好意を愛おしくおもってみるのは
いかがでしょうか。
 
うっかり相手が可愛く思えたり・・w
 
 

〇近づかない

 
健全にわたりあうことも
やっぱり疲れるし
それなりにダメージはある。
 
だから物理的に近づかない、
っていうのもありだと思う。
 
連絡に応えない、
避ける、逃げる、も大いにあり。
 
あなたにとって百害あって
一理なしなら排除するのもアリ。
 
あなたを守る一番の救いになります。
 
 
 
◆編集後記
 
これを書いてて思うのは
 
「自分が苦しいこと、辛いと思うことがあるなら
逃げてもいい」という
メッセージを届けたい、
 
っていうことと、
 
それと同時に、
「自分が同じようにされても、
それを尊重する、受け入れるって
こともしなくちゃな~」ってところで
モヤモヤしたりするってこと。
 
 
わたしは親の期待に応えられなくて
罪悪感とか背徳感とかいろいろ感じて
生きてきて苦しかったこともあって
 
親でも好きな人でも
自分と合わない、
いっしょにいて苦しいなら
離れる選択もある、
それをしてもいいんだよ、って
伝えたいなって思う反面、
 
あぁそっか、
わたしがしてきたことは
今私が、息子にされていることでもあるから、
寂しいけど悲しいけど、
受け入れるしかないのかなぁって思ったり。
 
 
でも人ってそんなに簡単じゃないから
ハイそうですか、って簡単に
自分の気持ちに折り合いを
つけられない。
 
尊重するけど
受け入れられない、っていうのも
アリだと思うし
 
それが今のわたしなら
仕方ないよねぇ、って思ったりしまする。
 
簡単ではないね、ニンゲンってやつはー
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんちわ~
シラタニです。
 
朝から紅茶とクッキーとバナナとヨーグルトを
食べました。
 
あ、もうお昼でした。(笑)
まーよいよい。
 
 
さて、私はいつからか、
ブログを書くことから
遠ざかっていました。
 
まぁ理由はいろいろあるんですけど、
どれもツマラナイ理由で
 
まとめると
「想いを言葉にするのがこわい」
 
そんな感じでしょうか。
 
ブログや文章がお金になったらいいな、とか
 
いや私の今のこんな状態で書いても
なにも伝わらない!って思ったり
 
とにかく寝てること、食べること、
映画を見ることが楽しかったり。
 
でもでも、
やっぱり「これ書きたいな」
っていう想いはいつもどこかにあって。
 
「・・でも、これ書いてなにになる?」
なんて思って、
 
誰かの目を気にして
自分の想いをなかったことにして、
 
感じていることを、
閉じ込めて
 
モグラのように土にもぐってた。
 
「どんな感じで行くのが
わたしは嬉しいのかな~」って
自分の心地よいベストポジションを
探したりしてて。
 
 
で、久しぶりに
前回のブログを書いたわけです。
 
「文章を書く仕事をしたくて、
周りに才能ないからやめな!と言われても
自分から営業して文章を書く仕事を
とってきて、今仕事になっている」
 
と著書 働く男 の中で話す
星野源さんに触発されて
 
「やっぱり書くことはやめられない」
って思ったんです。
 
 
 
そしたらそしたら、
こんなブログを見つけて!!!!
 
 
泣きましたね~
 
うそ!!!!!って読んでて
あまりにびっくりして映画のワンシーンのように
なってた・・・。
 
 
で、わたしが見つけた
私がブログを書く
最適ポジションは
 
ひとり言を書いていく
 
これが一番しっくりくるかなぁ~って。
 
なんかわたしってこう見えて、
大勢の前で話すとかも
めちゃくちゃ緊張するし
 
なんていうか
 
みんなのことを尊重したいから
「コレはこうだ!」っていう主張も
あまりしたくなくて、
 
えっと、
わたしは近所に住む
たまに挨拶するお姉さんポジションっていうか
 
なんとなく顔見知りな
友達のともだちくらいで知ってて
 
ある時話したら
なんてことない会話とか
アドバイスとかでなくて
 
わたしが私のことを話してるだけで
誰かの応援になってたり
 
何気ない一言が
誰かを癒してたり
 
なんか、そんなのがいいな~
好きだな~って思ったんです。
 
 
なんか偉そうに語るのも
疲れるし
 
わたしはこんなだったよ~ とか
わたしはこうしたよ~ とか
 
そんな話をつらつらしていって、
それがどこかでいつのまにか
役に立ってたり
誰かを幸せにしたりしてたら
いいなぁって思うんです。
 
イイコト書こうとか
お金になるなにかを、とかじゃなくて
 
なんとなく思ったこととか
思い出したこととか
 
わたしの情けない話も
悲しいことも寂しい気持ちも、
ここで話して
 
どこかで誰かが聞いてくれてて
 
あったかい気持ちをおくってくれたり
泣いてくれたり
笑ってくれたり
ほっとしてくれたら
いいなぁ、って思うから
 
やっぱり書いていきたいな、って
思ってます。
 
アメブロはいちばん書きやすいので
しばらくアメブロで続けると思うけど、
 
かなりあけっぴろげになんでも
話したいな!って思ったりもするから
(たまになんでも話したい欲求にかられることってない!?)
 
でもfacebookって顔がわかっていい半面、
そうじゃなくて匿名で関わるメリットも
感じてたりして、
 
わたしに似た、
シャイガールたちと
どう楽しんでいくのか、
はまだわからないけど、
 
きっとそのうちなにか
良きタイミングで
どうにかなるだろうから、
楽しみにお待ちを~~
 
 
最近のわたしは活動的というには
ほど遠く、
 
ベッドでごろごろ、が一番すきな過ごし方で
「いちばんやりたいこと」
 
《毎日仕事に行くだけでもすげぇ》
《ごはんまで作ってエライ!!!!》
ってな具合に、
 
だいぶゆるんで自分を甘やかしておりますので
スピード感はないけれども
 
今はそのペースが心地よくて
なにも予定がない日がとっても好きで
毎日を楽しんでおります。
 
思えば20代は働きすぎた!
 
「もうあんなに頑張れない」
って思うのと
 
「あんなに頑張ったから
今はちょっとくらいのんびりしてもいいよね」
って思える。
 
だから私には必要な時間だったって言える。
 
書きたいことはいっぱいあるんだ!!
 
恥ずかしいことも
照れくさいことも
あるけど、
 
自分の日記を兼ねて、
書いていきたいなぁ!
 
ではでは、
今日もやっぱり長くなっちゃったけど、
最後まで読んでもらえて嬉しいです!!
 
そんなあなたが大好きです♡
これからもよろしく!!
 
またね~~~
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)