尾形 T ハルのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
トゥーレ協会
トゥーレ協会は1918年1月に右翼政治結社・ゲルマン騎士団の委託を受けたルドルフ・フォン・ゼボッテンドルフにより、騎士団の非公式バイエルン支部として設立された。正式名称を「トゥーレ協会・ドイツ性のための騎士団」といい、スワスチカ()と剣をシンボルマークとした秘密結社であった。表向きの協会の目的はゲルマン古代の研究であったが、実際にはゲルマン騎士団員グイド・フォン・リストによってを元に提唱されたアーリア主義を範として、民族主義と結びついた異教的神秘主義・人種思想・反的扇動、反ユダヤ的を広めることだった。
協会自体の会員数は1918年の時点でミュンヘンに250人、上部組織であるゲルマン騎士団のバイエルン州全体の会員数を合わせても1,500人と比較的少人数であったが、精神的影響力は大きく、民族主義団体の連合体「全ドイツ同盟」とも密接な関係を保っており、他の多くの国粋主義団体の母体となった。1918年7月フランツ・エーア社から大衆新聞『ミュンヒナー・ベオバハター』(ミュンヘン観察者)を買い取り、ゼボッテンドルフが主筆となった。この新聞は1919年8月9日から全国版を発行するほどになり、名前も『フェルキッシャー・ベオバハター』(Völkischer Beobachter, 民族観察者の意)と改めている。また、ゼボッテンドルフの弟で会員のヴァルターシュピールは自らの所有するミュンヘンの有名ホテル「フィーア・ヤーレスツァイテン」(四季の意)を協会に提供し、ここが協会の活動拠点となった。
1918年11月7日のレーテ共和国宣言に対し、トゥーレ協会はゼボッテンドルフを代表として共和国の打倒を目指す「闘争同盟」の中心となった。7人の会員がこの闘争中に共産主義者によって暗殺されたが、「フィーア・ヤーレスツァイテン」には武器が集積されてクルト・アイスナー暗殺に利用され、フライコール(義勇軍)と並んでレーテ共和国打倒に大きな役割を果たした。またアドルフ・ヒトラーも、会員にはならなかったが1920年にこのホテルを訪れている。
レーテ共和国打倒後も協会は反ヴァイマル共和国的な思想の宣伝に努め、多くの民族主義団体設立を援助した。ナチ党の前身であるドイツ労働者党とドイツ社会党を設立したアントン・ドレクスラーカール・ハラーミュンヘン大学講師で地政学者のカール・ハウスホーファーもトゥーレ協会の会員であった。また、ルドルフ・ヘスアルフレート・ローゼンベルクディートリヒ・エッカートハンス・フランクなどの、後にナチ党で重要な役割を果たすことになる党員たちもトゥーレ協会に属していた。ナチ党の勢力が小さいうちはその拡大に与って大いに力があったが、党勢拡大以降トゥーレ協会の影響力は低下し、1937年フリーメイソンおよびその類似団体の活動が禁止されたことに伴ってトゥーレ協会とゲルマン騎士団は解散した。
 
 
神智学  ブラバッキー夫人 
 
 
 S&B
構成員同士が協力し合いアメリカで経済的・社会的に成功することを目的としている。入会と同時に、過去の恥ずかしい秘密を暴露させられ、その秘密を共有することによって結束を深めるという。トゥーレ協会、、、に関係があるという説がある(英語版参照)。
の2人の候補者である、とが2人ともS&B出身だったのは有名。また、第43代のジョージ・W・ブッシュの父である第41代アメリカ合衆国大統領のや、祖父のもS&Bのメンバーだった。
プレスコット・ブッシュはS&Bでハリマン家の息子ローランド・ハリマンと出会い、銀行家の道を歩み成功する。その後、二人はユニオン銀行の頭取と社長として、ヒトラーの資金援助者だったドイツの鉄鋼石炭王フリッツ・ティッセンと深い関係を築いていく。しかも、アメリカが第二次世界大戦に参戦した後もナチス・ドイツとの関係は続き、鉄鋼・石炭という軍需物資への投資で財をなした[1]
第一次世界大戦中、S&Bのメンバー6人が、アメリカ先住民族アパッチ族の指導者であるジェロニモの墓を暴いて遺骨を持ち去り、S&B本部に納めたと言われている。遺骨は、今も所在不明。なお、持ち去りメンバーとされる6人のうちの1人は、プレスコット・ブッシュであるとされている。ジェロニモの子孫より遺骨の返還を求め提訴されている。
S&Bがケネディ暗殺を企てた理由の一つは、「公開処刑」によって自らの力を誇示し、大衆の心にダメージを与え、無力感を植えつけることだったと言われており、実際、その後アメリカ国民は退廃へと突き進んでいったとの説[2]がある。
 
 
ブッシュは体をレプタリアンにのっとられている。

爬虫類人レプティリアンは人類を支配していた
 
 
トゥーレ協会   神秘主義    白人優先主義      
エノク主義    イスラエル   ユダヤ人のみ   
4. 1913年、米国に渡ったウォーバーグ一族の1人ポール・ウォーバーグは、米国のウォール街に指示し、米国の中央銀行FRBを創立し、ポール自身がFRB議長の席に座る。ポールはFRBの事務仕事、雑用をベネチアの支店の、そのまた支店である米国の世界「最大」の銀行シティ・バンクに担当させた。
ブッシュ一族などデル・バンコにとって雑用係なのだ。
 またウォーバーグ、デル・バンコはナチス、ヒトラーを全面的に支持、資金援助し人種差別によるユダヤ人大量虐殺を行わせた。
 そしてポール・ウォーバーグは最大手銀行クーン・ローブ一族と婚姻し、その銀行を系列下に置いた。
正式名リーマン・ブラザース・クーン・ローブ(ライブドアの親会社)の会長でブッシュのハリマン銀行の社長ハリマンに命じ、ブッシュ一族からヒトラーへの多額の資金援助をも行わせた。
5. ヒトラー支援に見られるデル・バンコ一族の人種主義は、他民族、有色人種との結婚を厳禁し、一族の純血を守り、欧州全体に広がる親族間との結婚しか認めない所にも出ている。その白人至上、純血主義、異民族排外がヒトラーを政権に就けた。
 
 
 
 
 
* ブッシュもハリマンもアメリカのトゥーレ協会のメンバーであった     のではないか。

 * クーンロエブはロスチャイルド配下のユダヤ人だと思っていたが    白人主義のデルバンコ一族になったということはどういうことな     のだろうか。
 
*  秘密の米ソ宇宙開発はドイツ・アメリカ・ロシアのトゥーレ協会の    プロジェクトだったのではないか。
 
*      日本ドイツの火星探検を知って火星探検と人類選択と生き残りを試みたのではないか。その結果30万人のコロニーを作ったが、レプタリアンの急襲にあって壊滅した。この件に関してはナチスに影響を与えた宇宙人にも責任はあると思う。他力本願の裏返しだろうか。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

尾形 T ハルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。