Core院長のブログ

「日本の常識は世界の非常識!」日本を真の民主国家とするため世界目線で情報を集め、脱権威を目指す自立した国民を増やします!


テーマ:
いつも閲覧ありがとうございます



薬に頼らない生活習慣を提唱し、



地域の脱医療・脱介護を達成し、生涯健康を本気で目指す方を全力でサポートさせて頂く、



整体師【Core院長】



です






私のブログで、ロックフェラー・ロスチャイルド・天皇・金融ユダヤ・には触れているもののそれぞれがどのような役割で、どれほどの力と権力を持ち、 この地球でどれだけ実権支配を握っているのか?それを深く言及はしていませんでした。 
なぜかというと、正直に言います。 
正確に分からないからです。

様々な文献を読んでも、常に変化している「現在の」支配力を正確に分析することは今の私の知識量を超えていますし、疑問点が多すぎます。

しかし、そこには多感に反応し勉強し続けなければいけないと思っています。
なぜなら、その黒幕を知らなければ、私が掲げる、NWOの阻止、そして99%の大衆で作り上げる世界は必ず実現できないからです。
私の行動は彼らの手の上で、のた打ち回っただけの無駄な行動になります。

ですから、各々皆さんでこれらを調べて頂き、このHPを利用しここの読者を通して教える形で、みんなで理解を深めていくしかないと思っています。

しかしその知識量と分析力になることは、そう遠いいことではないと私は思っています。

なぜなら様々な知識人の共通の疑問は抽象度を上げれば、必ずそこの「本当の黒幕」に終着し、わたしが一から調べなくてはいけないことではないからです。 
私だけではなく皆さんの行動が、必ずそこに向くはずだからです。

その闇に向かう作業は緻密で、晴れるまでには膨大な時間と労力が掛かる作業であり、彼ら権力者はその部分を煙に巻くことを恣意的に工作活動としてかく乱しているわけですから、なおさら分かりにくくしているのです。

そしてその緻密な作業を諦めてしまった、なんでも他人に一発でわかる、わかりやすい答えを求める人が、宇宙人やレプタリアンに走るのだと私は思っています。

そのような現状があることを踏まえ、現在の私が考えていることをお話しします。

まず、ユダヤと言う概念ですが、

イスラエルの帰還法(ユダヤ人と認めイスラエルの国籍を与える法律)に規定されたユダヤ人は「ユダヤ人の母親から生まれた人、ユダヤ教を信奉しまたはユダヤ教に改宗を認められた人」

とあります。

これを見るだけで、ユダヤ人の定義はとても曖昧なものであることが分かります。
ユダヤ人とユダヤ人の両親の間に生まれてなくても、ユダヤ人になれるのです。

そして目に見えない「ユダヤ教を信奉している」という、信仰心があるだけでユダヤ人なのです。
これは信仰してなかったとしても、他者がそれを言ったり、公言するだけで装うことが可能なことを意味します。

つまり、裏社会のエージェントとしての役割分担によって、誰でもユダヤ人になれるし、誰でもユダヤ人を装える、そして、誰でもユダヤ人のレッテルを張ることができる、ということなのです。

【母親がユダヤ人で、母親の考え方と私は合わない。と疎遠の子】
【親が悪魔的な偽ユダヤ人でも、その親を反面教師に人の為に生きる子】
【母親の血がユダヤ人だが、子は無神論者という人】
【ユダヤ教を信奉していると公言しても、裏で悪魔崇拝してユダヤ教の教えに反する行動を堂々としている人】

これらをユダヤ人ともいえるし、ユダヤ人じゃないとも言える。とても曖昧なものなのです

つまり、ユダヤ人というのはとても曖昧な概念であり、己の利害でコントロールできる隠れ蓑に利用できるのです。
逆に、なんでもユダヤ人のレッテルを貼ることで、本当の黒幕から目くらましをすることができるわけです。

ユダヤ人を装ったり、ユダヤ人のレッテル張りをすることで、他の組織を秘密裏にできるわけです。

よって、誤解を恐れずに極端に言えば、「ユダヤ人」という概念は、「レプタリアン」や「宇宙人」と同じく、本当の黒幕をかく乱させる概念として利用されていると言うことです。

だから私は、RK先生から発信される情報が、私の知識の大分を占めていた、2014年に当ブログをはじめてから半年くらいまでは「金融ユダヤ」と言う言葉を使っていましたが、先日「さゆふらっとまうんどの理念」でもその言葉を削除したように、このブログでも「金融ユダヤ」という言葉を使わなくなりました。

よって私は変わりに、「金融財閥」と言う言葉を使うようになりました。 
その頃は「天皇財閥―皇室による経済支配の構造」と言う本を読んで、天皇の利権・財産・影響力の大きさを学び、ロックフェラー・ロスチャイルドと遜色内ほど、いやそれ以上の力を持っている一家であることを知りました。

よって、「金融財閥」と言う言葉は、ロックフェラー・ロスチャイルド・に、「天皇」という概念を取り入れる為に最適な言葉だと思って使い始めたのです。

そしてその天皇財閥―皇室による経済支配の構造という本を知るきっかけになったのが、RAPT先生のブログです。
去年の夏あたりRK先生を批判しているブロガーの方が居まして、その方が合わせて、私とRAPT先生のブログを批判していたので、RAPT先生のブログを知る事になったのです。

当初彼は、私の今の記事のスタイルと同じく、世間をにぎわすマスコミ報道をピックアップし、そこから矛盾点を洗い出し暴露していくスタイルでしたが、彼は悪魔崇拝に造詣が深く、途中から「天皇は悪魔崇拝者だ!」言い出す論調になったのです。

私は当時、天皇・ロスチャイルドについては、全く知識がありませんでしたから、彼のブログを理解するためにも、まずは彼が紹介していた天皇財閥―皇室による経済支配の構造広瀬隆『赤い楯』全4巻セット (集英社文庫)な どを読み始めて、「金融ユダヤとは何ぞや?」「ロックフェラーのことばかり悪者と思っていたが、ロスチャイルド・天皇も巨大な権力を持ち、その思想は過去 の歴史を見ても悪魔的な行いをしてきたではないか!」と気付き、「世界の権力構造を、知らなければいけない。
知らなければ、私の行動が無駄になってしまう ぞ!」と思ったのです。

そしてまた彼は「安倍を天皇の傀儡である」と言っています。
もちろん私は、今まで言っていたように、手放しに「いや、ロックフェラーの傀儡である!」と決め付けずに、なぜ彼がそのように考えるのかをしっかりと聞きたい気持ちが前に出るわけです。

「自己懐疑的であることが、知的である最低限の条件である」ことを常に忘れないようにしているからです。

私は自分にバカ正直な性分で、納得できないことはできない、疑問を疑問として持ち続ける強さを持ち、違う角度からの提案や、重要な既成事実を与えて もらい、全く知らなかった事実を教えていただき、気付くことも多く、その中でもこの件に関して私の考えを述べさせていただくならば、

やはり安倍はロックフェラー・教皇派の傀儡ではあるが、教皇派・天皇派が同じ利害を持っていれば、天皇派は教皇派の動きを何でも押さえつけるのではなくて、「泳がしておいて、価値を持ち、形になった時に、奪う」と考えているのではないか?と思ったわけです。

政治家の中の天皇派が、安倍政権の「天皇派にとっての暴走(教皇派利益)」と、「我々国民にとっての暴走(天皇派・教皇派双方の利益)」を分けてコ ントロールしているのではないかと。 
その「我々国民にとっての暴走」つまり天皇派・教皇派の双方にとっての利益。それが、辺野古基地の建設であり、日本 の貧窮化とNWOへの法整備・イデオロギー作りなワケです。

NWO実現へ同じ目的を持っているからこそ、双方がこの地球に敷設したい「イデオロギーと法律」は、そんなに違いはないはずです。

よって安倍政権は、教皇派の傀儡であるが、天皇派にとっても必要なことをやっている。 
だから、「教皇派とのパワーバランスを現在の天皇派の優位を 保ちつつ、教皇派の安倍の行動を泳がせる、そして最後に奪う。」ということを目論んでいるのが、今の現状なのではないかと私は分析しているのです。

教皇派自身の野望の為の行動の成果は、いずれ今や強者である「天皇・ロスチャイルド派」に奪われる、しかし対抗するには、権力をつけて拮抗するには、それらをするしかない。
という追い込まれた状況に教皇派が今なっているのではないでしょうか?

その為にもTPP締結で力をつけたい教皇派と、教皇派を押させつけ過ぎても、地球の価値あるものをむちゃくちゃに壊されても困る天皇・ロスチャイルド派が、教皇派に少しは権利を与えることで穏便にNWOのトップに君臨したいと言うことです。

そして、「なぜ天皇派がこれほど巨大な権力を持ちながらも、自国の日本の総理に教皇派を置くのか?」と言う疑問ですが、それは自分自身が雲隠れする最大の戦略ではないでしょうか?

日本の総理が明らかに「アメリカ犬」であり、「アメリカの属国」の行動ばかりをしていたら、その日本に世界を支配するほどの「金融財閥」が潜んでいることを誰が気付くでしょうか? 
これは最大のカモフラージュなのです。

そしてなんでもアメリカのせいにして、自分達(天皇派)がしたい非難を浴びる計画を彼ら(アメリカ)にやらせることによって、非難を浴びなくても済むわけです。 
そしてそれは自分等の力さえ保持できればいつでも奪えるのです。

【だれが、本当の地球の支配者なのか分からない、そして奴隷が自分自身を奴隷と気付いていない】
これがNWOの最終形態なのです。

「だから、天皇の後ろに・・・」 この話はこの記事では止めて置きます。 
一つだけ言うならば、裏に行き過ぎてもそれは本質から離れ「レプタリアン化」してしまいます。

話を戻して、分かりやすく言えば、天皇・ロスチャイルド派は、BRICS、AIIB主導派であり、教皇派はシオニスト・IMF・NATO主導派であ るけれど、天皇もロスチャイルドも戦争と金融を操りその権力を拡大させてきた。
そしてそれらの派閥争いの過程で権力を伸ばしてきたのがロックフェラーであ り、それらがNWOの為の派閥争いをし合って来たのが、ここ数百年の歴史なワケですが、今どちらが地球を掌握しても我々99・9999%は奴隷にされてし まうことをここで公言しておきます。

そして本文で天皇・ロスチャイルド派と言っていますが両者が本当にくっついているのか?という疑問も、様々な事象から現在彼等は、かろうじてまと まって見て取れるが、何かのきっかけで分裂しだしたら、また事は変わってくるわけです。
その動きが今日、行われるかも知れない危うさを秘め、本記事を確定 事項とするには不安定な要素が存分に含まれていることをご了承いただきたい

そして最後に、

「しないこと」 これは、「知らないこと」とは違う。 
それは、意味を持った行動なのです。

わたしの天皇へのメッセージを天皇皇后両陛下 パラオ訪問の記事で書いた文を添付して筆を置きます。

2015年4月19日 さゆふらっとまうんど
(以上転載記事)詳しくは→天皇・ロスチャイルド・ロックフェラーについて 今考える事



天皇やユダヤについて、非常に分かりやすい記述だったので皆さんも参考にされてみて下さい。



これから行われる選挙で誰が選ばれても、支配層の構図が変わらない限り日本の現状はますます悪くなるというのが目に見えています。



我々国民にできることは本やネットで支配層たちの情報収集を怠らず、彼らにNO!と主張できる知識を身につけることだけです。



人工地震、戦争ビジネス、原発再稼働、TPP(日本市場の外資化)、普天間移設、政府による年金運用の失敗などは多くの国民たちが間接的に現政権を補佐した結果招いている、と言っても過言ではないと思います。



最後までお付き合い頂き、感謝
AD
いいね!(32)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。