ルアーショップriprapのブログ

琵琶湖沿いルアーショップriprapのブログです。
※申し訳ないですが,コメントやメールでお問い合わせ頂いても,
返信できないことがあります。お電話でお願いします(077-568-3737)。
定休日/月曜・第三木曜
営業時間/12~21時
店舗情報 http://www.riprap-bites.com


テーマ:
 今日は大勢集まったのでプチ大会を決行することになる!ルールは当店大会ルールの二匹長寸でフローターと私の釣り仲間と言うことでワーム一切禁止のハードルアー戦と洒落込むことにする
 さすがに数が多くなると準備が大変だ


 全員揃って全部膨らますのに1時間かかった・・
 今日が初めてという子もいたので指導しながら入水、若い子達はテンション大上がり
 さあこれから試合開始である。私も参加するので魚は生かしたまま最後に検量となる。フローターが10艇ゴムボート1艇の大船団であるこのプチ大会は、「フローター10艇で大会がしたい!」と私が店を始めた時からの小さな夢で4年目を迎えた今日、ここで達成できたのである!(うぉ~!うるうる
 さあスタートさあどうなるのであろう



 スタートしてみんなは手短なポイントから探っていくが私は大きく対岸へ向かってダッシュ(めちゃだるい)。みんなを横目に対岸のポイントに近づくと、Sさんが私をまくろうともうダッシュ。やばいぞ先投げたもん勝ちだと思い小さな岬の先端にタイニークリスタルS・ブラックシルエットカラーをキャスト、ゆっくりと1~2mぐらい引いてくるとグググッとアタリが来た!いつもにないぐらい慎重に取り込み「イエーイ」とSさんにアピール。小さいバスだがこの一匹が実に大きいのである。Sさんは悔しがり「クソー、先やられた」と真剣モード突入!どんな釣りにも言えることなのだが魚釣りは先手必勝なのである。Sさんに続いて若い子達も到着、良さげなポイントをキャストしまくる。私はその隙を突きSさんを再びまくり返してフレッシュなポイントへ移動、朝一の一投目を入れ続けることに成功するのである。私は気分良くポイントの角々へキャストし続けてると本日フローター初の健くん(当店のバウンティーハンターの製作者)が今日のために作ってきたサーフェイスクランクを持って登場。トップ系のこのルアーしか使わないと言っていた彼にさすがの私も先を譲ることになる。一投目が無理でも所詮トップ、中層と底がまだ残ってると思い集中してタイニークリスタルS・ブラックシルエットカラーを投げ続けるとよさそうな乱杭を発見!もちろん健くんが一投目を入れた後だがキャストの角度を変え丁寧に杭の横を数投攻めるとグーーンというアタリで再びタイニークリスタルS・ブラックシルエットにバイト!よーしとさっき以上に慎重にランディング、魚を手にした時には自然とガッツポーズが40cmはないが今日の勝負には十分な30半ばのやつだった!勝てるぞ~とテンションは大上がり後で何て言われようが今日は勝ってやる~さらに気分が良くなり次々にキャストを入れるわたしだったがあることに気が付くのである。さっきから魚をかけているストリンガー(バスをキープするときに使うもの。昔は当たり前だった)が足ヒレに絡む回数が増えてきてたのである。「やばいぞ!」と魚を見ると一匹目の魚がグロッキーにしかも目は昇天しかかっている、昇天なんぞはよほどの気持ちいい時か死にかけの時にしかならないはず、今は気持ちいい時ではない!死にかけなんだ!(そりゃそうやろ!!)どうしようかと考えとりあえず本部にもどり魚を逆の昇天させることにかけたのである、スピニングのラインを切りストリンガーからラインにチェンジ、ちょっとでも楽にして昇天させねば、しかしここからでは本部は程遠い、ちょっとでも移動時の抵抗を楽にするためにスピニングのラインに魚を結びラインをフリーにしてゆっくり早く帰るのである。
 その途中で私より先行していた健くんが大声で『岩崎さ~ん!!釣りました』『今日のために作ったルアーで釣れました!!』と叫ぶのです。彼の手には遠めに見ても明らかにデカい魚が。写真を撮って欲しいようなことも叫んでいたが今の私はそんな時ではない!この大事な魚を昇天させるんだ!!と健くんを軽く無視。本部までようやくたどり着き魚を葦にくくりつける。魚もとどまることができどうやら徐々にではあるが昇天してくれそうだ。健くんもどうしていいか判らずとにかく私のところに到着『岩崎さん、手がだるいです・・・』

とこの魚確かにデカい(しかし二匹釣ってないし勝ってるな フッフッフッ)

この魚もくくりつけ、一度上陸してオシッコをするのである。(フーーー気持ちいい)
みんなも釣れて無さそうだし、さあ後は私にとっては消化試合みたいなもの時間待ち程度で釣りするか~(余裕を見せている)その後は一匹釣り上げ一匹バラシ。
 残り時間も少なくなりみんな本部に戻ってくると、なんと祥平が40ぐらいの釣ったとのこと「やばいぞ!」と思い、「二匹目は?」と聞くと『獲った』と返事が。やばいな、これはまくられたか・・
 さあみんな時間終了だ検量だぞ~

 健くんは一本だけ勝負は私と祥平の一騎打ち

健くん  52cm
祥平   37cm 21,5cm 合計58,5cm
店長   34cm 25,0cm 合計59,0cm


優勝は59,0cmの店長(パチパチパチッ)
よっしゃー!勝ったぞ~!夢のフローター戦を制したぞ~!!と喜ぶもどうもみんな私が勝ったことが気に入らないのかみんな知らん振り。(パチパチパチッも自分で言っている)あれ?みんな使用ルアーとか聞かないの?どこで釣ったか聞かないの?パターンは?(ちょっとコメントを用意していた自分が恥ずかしいのである)こんな終わり方でいいのだろうか!?釣具屋は湖上でも釣具屋でいなければならないのだろうか!?と疑問に思いながら店を開けるのであった。

よ~し!次も勝ってやるぞ~!!

いろいろなことをふまえ次はどこの釣具屋も嘆く不良在庫のみで勝負する不良在庫戦とすることが今ここで決定したのである
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。