珠算1級 合格への道

小6(りろ)&小2(ちっち)の姉妹の、そろばん記録(+家庭学習、競技かるた、英語、習字)。


テーマ:

3連休に、初めての公式戦(競技かるた=百人一首)に参加してきました。

ちっちはまだ参加できない感じなので、りろだけ参加。

今回はE級お断りの、D級の人たちの大会です。

(A級が一番上で、Dは4番目のクラスです。)

 

E級お断り、とは?

いったい、DとEはどう違うのか?

調べてもどこにも書いていなかったのですが、参加してみてなんとなくわかりました。

・札を並べるのが早い(遅い人はEとみなされる)

・札の位置を完璧に暗記できている。数枚飛んでいっても、すぐに元通りに戻せる。

・途中で札がどこかに飛んでいったとき、何の札がなくなったかわかる。

(1枚足りないけど、何の札かわからない、というのはE級)

・相手と同時に札を取ったかな?というときに、話し合いで解決できる。

お互いに自分が先にとった!と主張があっても、今回はどうぞ、みたいに譲りあう。

(何度ももめて試合進行を妨げるのはNG。何度ももめてしまい、注意を受けている選手がいました)

 

 

話を戻しまして、この公式戦、いったい何人くるのか、何時に終わるのかも知らなかったのですが・・・

 

開会式で、衝撃のお言葉!

 

「8:30には終わらせたいですね」

 

とのこと。

遅くても5時とか思っていましたよ・・・

 

そして配布されたスケジュールをみると、

なんと、6回戦まで設定されているではないですかっ!

 

6回勝ち抜いたら優勝ってことですね。

 

結局、会場には360人ぐらい集まり、

60人ぐらいの6グループにわかれてトーナメント戦開始(敗者復活なし)。

各グループの上位4名が、「C級」へ昇級できます。

 

小学生自体、あんまりいなくて、ほとんどが中学生・高校生・大学生・大人。

終わりが8時をすぎるかもしれず、ちっちは参加しなくて正解でした^^;

 

帰りが夜になっちゃうかも・・・なんて心配していたら、

1回戦で敗退、無事に(?)早く帰ることができました^^;

ちなみに1回戦(3グループ)が終わったのは11:20ぐらいです。

そこから次の3グループが1回戦をするので、2回戦は2時前ぐらいからの計算。

最後は何時に終わったのでしょう・・・気になるところです。

 

それにしても、最終的にAまで上がるのは、遠い遠い感じですね〜

かるたのA級は、平均3年で、早い人は8か月とか、1年、らしい。

期間だけみると、珠算・暗算十段よりも、手が届きそうではあります。

が、珠算は自分のペースでやればいいんですが、

かるたは、駆け引きとか、何が読まれるのかの運もあるので、

なかなか大変そうです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ZRm4UB2z7E8

 

↑かるたの名人戦で14連覇した方の動画です。

名人戦では、先に3勝すれば勝ち、です。

 

最後に「名人戦に愛された男」という文字が出てきますが、

まさに、最後の最後に、相手にお手付きがあって名人が勝利したり・・・

 

名人のほうに1枚、相手(挑戦者)のほうに2枚札があって、

読まれた瞬間、お互い、自分のほうの札に手を伸ばし・・・

確率的には、名人の札が読まれる確率のほうが低い・・・

のにもかかわらず、読まれたのは名人の札だった〜!!!

 

という場面もあります。

 

一方、りろは、市のかるた会の練習で、

りろ残り1枚、相手8枚で、

あと1枚とればで勝てる!!というときに、

最後まで自分の札が読まれずに逆転負けをしたこともあります^^;

もちろん相手の札を取ってもいいんですが、そこは、相手も死守しますからね、なかなか取れません。

 

名人ほどとなると、自分の近くの札が読まれる!!

ような、何か、ひきよせる力があるのでしょうかね。

あるいは、読まれる札が自分の近くにやってくる、みたいな?

 

次は、10月と11月の公式戦に参加予定です(りろだけ)。

週末に8時間とか9時間練習している人も少なくないみたいなので、そう簡単には勝てないと思いますが、やればやるほど強くなっていくのが自分でもわかる今の時期が、一番楽しいときだと思うので、楽しんで来たいと思います^^

 

私は、競技かるたも経験がないので(百首暗記はしていますが)、練習方法など何をやったら良いのかわかりません。you tubeなどを見て勉強したいと思います!

 

 

(8月の全大阪の記事は後日)

 

↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
グランプリから2週間後、
京都で、
「全日本珠算選手権大会」
が開催されました。

全国珠算教育連盟の、珠算・暗算ともに段位を持っている人のみ参加できます。
今年のエントリー数は

601人!

名簿をざっと見ても、珠算暗算ともに十段の選手が100人以上いそうな勢いです。

オープニング、選手紹介の動画がありました。
厳かな感じの音楽が流れて、601人の名前が次々とスクリーンに映し出されていきます。
https://www.youtube.com/watch?v=W37knYIC5pE
選手の方々は、これを見て、ワクワク、ドキドキ、気がひきしまる思いなのだそうです。
ちっちは、音楽が怖い!とのこと(笑)

前編の動画です。
選手たちの直前練習の様子や、個人総合競技、フラッシュ暗算などの様子が出ています。
https://www.youtube.com/watch?v=ZBLGJkCn1a0


そしていよいよ競技開始。


★フラッシュ暗算

さすが有段者601人、
ものすごくレベルが高いです。
なぜか、入賞者は全員男性でした!
男女の脳の違いとかあるのかな?
男性のほうがフラッシュに向いているとか?
もちろん、女性でも上手な選手がいますけどね。


★個人総合競技

全国珠算教育連盟の、段位認定試験の問題を、制限時間半分で行います。
珠算と暗算の、掛け算・割り算・見取り算、合計6種目、1500点満点。
全体の100位までと、小学生の10人ぐらいが表彰されます。

りろは、ほぼ練習通りの点数で、どちらも入賞。
昨年より下がった種目もありましたが、合計点数は上がったので良かった、とのこと。
制限時間で終わっていないので、まだまだ伸びしろがあります?(笑)


★読みあげ算(高速で読まれる数字を、そろばんを使って計算)

全員で同じ問題に取り組み、上位から決めていきます。
たとえば1問めで10人以上正解すると、それ以外の人は、そこで終わり。
1問め正解が2人なら、その2人で優勝を争い、残りの何百人が、残りの入賞枠を狙っていくことになります。

なので、なるべく早く正解したいところです。
できれば1問めに・・・。

読みあげ算(15口)は、
私はノータッチで(音源を探したりはしますが、読めません)、
珠算塾の先生が時々読んでくださったり、
合同練習会等で、先生や、お友達のお父さんが読んでくださったり、
CDを購入したり、
さまざまな先生がたがyou tubeに音源をあげてくださっているのを
利用しながら、練習を続けてきました。

当日の朝も、ちっちと私がホテルの朝食の席をとったり並んだりしている間に、りろは部屋で一人、you tube等で読みあげ算の練習をしていました。
(部屋に一緒にいると、私たちが微動だにできなくなるので・笑)

10位までの入賞枠に入れるといいな・・・

そして、いざ、本番です。
3人の先生が交代で読みます。

さっそく1問め・・・
正解者は、いませんでした。

読み手がかわり、
2問め・・・
正解者は、いませんでした。

読み手がかわり、
3問め・・・
正解者は、ひとり。
優勝者が決まりました。

ん?

なんと、りろ、でした。
こんなことがあるなんて・・・
と、本人も私も驚き・・・
何が起こったのかわからない感じでした。
(記録にある中では、小学生での優勝は初めてとのことでした。)

読み手がかわり(1問めの先生?)
4問め・・・
正解者は、いませんでした。

5問め・・・


これ以降よく覚えていませんが、
とても高速で、マイクを通した声で響いていることもあり、
とても聞きにくいと感じました。
(先日のグランプリも他の大会もそうですが、大きな会場だと、聞くのが大変!)

そんななか、よく、3問めの問題が聞こえたな・・・と思います。
(不思議なんですが、これがまた、全大阪では聞こえなくなっていたのです・・・)

聞こえるときと、聞こえないとき、何が違うのかな、と、とても気になります。
多くの選手に聞こえているのに、自分には聞こえなかったり、
自分だけ良く聞こえたり。
座席の違いが一番かと思いますが、それ以外にも何かありそうな気がします・・・

後編の動画
後述する読みあげ暗算から始まります。
りろが優勝した読み上げ算は、動画の4分ちょうどぐらいから始まります。
https://www.youtube.com/watch?v=fOlAwaoMSfw


★読みあげ暗算

難しい問題から始まり、上位から決めていきます。
16桁を含む数字、15個を足したり引いたりします。
こちらも最年少の優勝者だったそうです。
高校生で16桁の暗算を正解、素晴らしいですね!
りろは、13桁まで練習していますが、1回も当たったことがありません、16桁って、どうやるんでしょうね

★都道府県対抗競技

高校生以上から1名
中学生1名
小学生1名
で、団体を組みます。

昨年は中学生の参加者がおらず団体が組めませんでしたが、今年は中学生が一人いらっしゃったので、初めての団体戦です!

どれか1種目だけで競争するらしいのですが、
何の種目をやるのか、ルールなどもよくわからず・・・

みとりを一生懸命練習している県があったので、
「今日は、みとりに決まったのですか?」とお聞きしたら、
「まだ種目は決まっていませんが、みんなが見取りをやりたいと言っているので」とのこと。

結局、掛け算だったのかな、忘れましたが、1回戦が勝ちで、2回戦が負けでした。
さきほどの後編の動画、8:10ぐらいから、2回戦の様子が少し見れます。
最後のほうには、決勝の様子もあります。
沖縄県、最強でした!


-----------

次は、この夏、最後の大会、
8/21全大阪オープン珠算選手権大会
です。
つづく


↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
りろは、小学生最後の夏休み。
夏休みの間に、3つ、大きな珠算大会に参加しました。

(ちっち・小2は、参加基準を満たしていなかったり、目が悪くなってしまったり、いろんな理由がありまして、すべて不参加です)

そろばんグランプリ・ジュニア部門(小学生部門)に出場できるのも最後。
部門が分かれていない大会(全日本や全大阪)での「小学生」としての表彰も、最後です。

来年の夏は、日程的な問題やモチベ―ションの問題で、
これらの大会に参加できない(しない)かもしれない・・・
この3つの大会が、最後の大会になるかもしれない・・・
悔いのないように・・・

-------------

まずは、7月の、
そろばんグランプリジャパン(兵庫県)

各都道府県の予選を勝ち抜いた(または推薦を受けた)選手と、
自由参加選手による、全国大会です。

◆個人総合競技ジュニア部門(小学生部門)

りろは2年連続3位でしたが、昨年はみんなのミス待ちのような闘い方で、守りに入り、3位でもあまり嬉しくなかったそうです。今年は、決勝ではスピ―ドも意識して、順位は気にせず、思いっきり、最高のスピードを出して闘う!という目標でしたが、なんと・・・

決勝進出者12名を選ぶ段階で、かなりゆっくり計算したにもかかわらずミスがあり、決勝進出ならず、でした。

決勝進出者がアナウンスされたとき、自分の名前が呼ばれず、
「あんなにゆっくり、絶対あたるようやったのに・・・それでも間違えたんなら仕方ないな。」
とかブツブツ言っていましたが、どうやら計算そのもののミスではなかったようです。
ちなみに、珠算の段位認定試験でもしょっちゅうやっているミスでした><

グランプリジュニア部門への参加は本当に最後だったので(来年出るとしたらスクール部門)、実に、痛いミスでした。おかげで今後は同じミスはしなくなる?と良いですが^^;

★フラッシュ暗算
部門関係なく、全員のなかかから入賞者を決めていきます。
中学生〜大人の選手の方々、強いですね〜!
2秒間に、3桁の数字が、15個とか!
見えないですし、計算するのなんて、神業です!
超一流選手でも、見えない選手がいるみたいなので、練習すればできるとは限らないみたいです?あまり練習せずとも出来ちゃう人もいるみたいです?
りろは、2.6秒ぐらいまで当たり、小学生の中では最後まで勝ち残っていました。
(フラッシュがもっと上手な小学生が何人も不参加でした。)

★読みあげ算(高速で読まれる数字を、そろばんを使って計算)
これも部門関係なく、全員のなかかから入賞者を決めていきます。
これは、小学生にもチャンスあり!です。
が、なんだか音が響いたりしてよく聞こえなかったようで、早々に敗退でした。
でも、聞こえている選手たちもいるわけなので、そろばんの技術だけでなく、耳をきたえる必要あり???

★読みあげ暗算(読まれる数字を、暗算で計算)
これも部門関係なく、全員のなかかから入賞者を決めていきます。
りろは、10桁までの問題を正解して、6位入賞(小学生では最上位)でした。


まとめると、グランプリは個人総合で涙をのみ、読みあげ算はお手上げで(笑)、フラッシュと読みあげ暗算は、いつも通りできました。1種目だけでも入賞できて良かったです。


そして、この悔しさをバネに、
残り2つの大会に挑みました!

まずは、8/8の全日本選手権です。

つづく

↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みが終わりました。

今年は宿題がとっても少なくて助かったーー!(笑)
2人とも、作文も読書感想文もなしで、自由研究もなしで、
ちっちは、さらに、計算も漢字もなし♪
これは本当に助かりました!
 
夏休みの友と、絵日記と、川柳・俳句・絵、自由課題の習字、それくらいでした。

新聞記事によれば、受験で16時間勉強している6年生もいるようですが、いったいなにをそんなに勉強しているの?すごいですね!
うちは、ふたりとも、(4教科に該当する)勉強時間はゼロだったかも(汗)

でも!
新聞を読んだり、読書、工作、スポーツ(ドッヂボール、卓球、バドミントン)、
海水浴4回、プール、習字、ピアノ、オセロ、百人一首、英語、そろばん、
その他もろもろで、充実した夏休みになったんじゃないかなと思います^^

毎年恒例の海水浴(4日連続で行きました・・・)
 

科学実験イベント
 
 

黒のマジックで書いたものが、なにかの液につけると、色が分離して、カラフルになるんです。
(黒は、いろんな色を混ぜて作られていて、それが、元に戻る、ということらしいです)

 
 
磁石の力で駒が浮いたりも!!!  
手を入れても(すぐには)落ちない!
 
 

それから、京都の嵐山では、
モンキーパークでサルを見たり、
渡月橋の近くでピクニックしたり、
トロッコにのったり。
 
 
 新神戸のロープウェーにのって、山の上で遊んだり。
 
 


りろの12歳の誕生日には、おばあちゃんから塗り絵のプレゼントをもらい、大事に少しずつ塗っています。(ちっちも同じものをもらいました。誕生日じゃないのにね・笑)
ひみつの花園 [ ジョハンナ・バスフォード ]
¥1,404
楽天


このような、とても細かい絵が描かれていて
 

塗るとこのような感じになります。
 

毎日少しずつ塗っていて、このペースでは50歳になっても終わらないそうです(笑)

次は、夏のそろばんの大会や、
英検準1級についてなど、書いていこうと思います。
(りろ、6月に英検準1に合格しました。その際、市内の小学生が1級に受かったそうで、自分も1級やるーーと、燃えています。が、1級って2次試験が無理ですね・・・時事問題について2分のスピーチなんて、日本語でも無理無理

↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
3連覇を狙う45歳の羽生名人と、28歳の佐藤挑戦者による、将棋名人戦が終わりました。
4勝1敗で、佐藤挑戦者が勝ち、新名人が誕生とのこと!

投了図(「負けました」と片方が言う)を見ても、ここで勝負が決定なのが、よくわかりませんが・・・
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160531004429.html?ref=yahoo


将棋のことはよくわからないので(動かし方は知っていますが)、
解説を読んでも、???
途中で、羽生名人の角が死んでるとか?

で、今回の名人戦、何がおもしろかったかというと、
お2人の「お食事」&「おやつ」♪

こちらのサイトで、将棋解説の合間に、食事・おやつが、写真付きで紹介されています。
http://www.asahi.com/special/timeline/74th_shogimeijinsen/

ちなみに、おやつは、

5/31
羽生名人は、和菓子に抹茶。
佐藤挑戦者は、ショートケーキとアイスカフェオレ。

5/30
羽生名人は、和菓子に抹茶。
佐藤挑戦者は、チョコレートケーキとアイスカフェオレ。

とのことでした!

封じ手(試合を中断して翌日に持ち越すときに、どの駒を動かすかを前日のうちに紙に書いておく)を当てるクイズや、昼食に何を注文するかを当てるクイズもやっていたみたいです。サインがもらえるらしい。

将棋の名人戦の決勝に出たら、おやつとかお食事とか迷っちゃうね~どうしよう♪(ワクワク)と、すっかり挑戦者気分のちっち(小2)が申していますが(爆)
「名人戦」に女子は出れません・・・

女流名人戦では、選べるのかどうかわかりませんが、紅茶と、いちごのロールケーキ。
http://kifulog.shogi.or.jp/joryumeijin/2016/02/post-95ec.html

でもその前に、ちっちは40分ぐらいで飽きてしまうので、持ち時間6時間とか9時間の対局は到底むりですがね^^;

------------------

りろ&ちっちは、オセロに、将棋に、百人一首に、習字に、そろばん、そしてサッカー、と、やりたいことがいっぱいです。

市の強豪女子サッカーチームの練習→土曜午後
市の子供昇段級戦(将棋)→土曜午後
百人一首練習会→土曜午後

なので、この3つを同時に本気でやることは無理ですねー

ということで、土曜の午後は百人一首(ほぼ毎週)。

オセロは市内でできるところを知らないし・・・
習字もココ!という教室が見つからないし・・・

ということで、引き続き、オセロ・将棋・習字は家でゆる~く継続します。
サッカーは家の中メインで(爆)、ボールを奪いにきた相手から取られない練習かな。

来年の4月末は、
りろは京都へ、
ちっちは山形県米沢市へ、
になるのか!?!?
2人とも山形か!?
なんだかんだ言ってやっぱり京都か!?
(珠算の全国大会と、競技カルタ大会が重なるのです。土曜がカルタで日曜珠算なので、会場が近ければ両方参加も可能ですが・・・)

どちらにしても、
好きなことをめいっぱい頑張ってほしいなと思います

↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
4/24は、京都で開催された、全日本ユース珠算選手権大会に参加してきました。りろ3回め、ちっち2回めの参加です。

-------

タイトルの「最後まで諦めない・・・」は、うちの話ではないのですが、

今回、午後の順位決定戦(総合競技の上位者による)で、
なんと!!!
目に涙を浮かべながら戦っている選手がいました!!!
(花粉症なのかなと見ていましたが、どうも、そうでもない。)

1種目終わるごとに、涙をぬぐって、次の種目へ・・・
苦しそうな表情でした・・・
でも、最後の最後まで諦めずに、全力で戦っていました。
「最後まで諦めない!」という気持ちを、強く感じました。

特に、後半の暗算3種目。
かけ、わり、みとり、それぞれ24秒。
目に涙をためながら、やけっぱち??にも見えそうなほどの超人的なスピード!
あんなに飛ばしたら普通の選手はバツバツになってしまうところだと思いますが(数字読み取り不能や計算ミスで)・・・さすが!結果のほうは、同学年の選手たちの追随を許さない、とても見事な成績でした!

公式DVDで、このときの、この選手の手元、眼差し、うつっているといいな・・・
「超本気」の24秒(暗算3種目)、
ぜひとも拝見したいです。

-----------

この模様は映っていませんが、今回の大会の動画がありました。
総合競技のあとに行われた、種目別競技(計算終了でタッチボタンを押す、スピード競技)のほうをメインに編集されているようです。

4/27かんさい情報ネット
「驚異のスピード!そろばん日本一決定戦」
http://www.ytv.co.jp/ten/sp/

8年前からのライバル2人の最終対決!
(↑この大会は高1までしか出られません)

その2人をおびやかす、若き挑戦者たち!
(みんな若いんですが・笑)

最優秀選手賞は、誰の手に???

17分ありますが、ぜひぜひご覧になってみてください^^

----------

さて、話を戻しまして、
今年のユース参加者は全部で300人以上。

総合競技は、3部門に分かれて競います。
アンダー15の部(中2~高1)
アンダー12の部(小6・中1)
アンダー10の部(小5以下)
6種目、合計900点満点、1種目ごとに交換採点。
上位者は別途、制限時間5分の1で、順位決定戦をします。

フラッシュ暗算も、3部門に分かれて競います。

種目別競技は、部門関係なし、小1から高1までの参加者全員で、それぞれの種目のベスト10を決めます。

この大会には、読みあげ系はありません。

-----------------------

結果は、

ちっち(小2)
95 120 60 150 150 100 合計675
アンダー10の部、51位
(昨年は掛け算35、見取り30、などなど)

フラッシュ暗算は、アンダー10の部は1位がスパッと決まり。
その他大勢の、3桁15口3.5秒が当たった選手は全員2位。
ちっちも2位でした。
(12月のクリスマスカップでは当たらず、家でも当たりませんが、本番で当たりました

-------------------

りろ(小6)は、アンダー12の部。

フラッシュ暗算3位タイでした。

種目別競技は、2種目で決勝まで勝ち残り、
かけ暗算4位
わり暗算6位

ステージでの決勝では、10人のうち8人までしかタッチボタンを押せない仕組みになっていて、一昨年は計算が遅くてボタンが押せず。昨年は決勝進出ならず。そして迎えた今回は、2種目とも、なんとか8番目に押せました。しかし、速かった選手にバツがあったため、りろの最終順位が少し上がりました。

総合競技(アンダー12の部)のほうは、
上位4人が、とにかく別格!
点数の推移を見ると、りろは、この4人の選手より1~2年遅れている感じです

というわけで、今回の目標は
「5位!」
「昨年の4人の点数(順位決定戦520点以上)を目指す!」
でした。

結果は



「6位(順位決定戦は500点)」
昨年の4人の点数に及ばず!でした。
(一昨年の4人となら、なんとか戦えそうです^^;)

特に、見取り系(足し算・引き算)が課題です・・・

「見取り算(1分)」&「見取り暗算(24秒)」
2年前の2014年本番では、4人の2種目合計140~180
それが今年の本番では、170~210と、
みなさん着実に上達されています。
が、りろは、2年前も今回も110で、足踏み

来年は、この4人の2014年の点数(2種目合計140~180)を目指して頑張ります~。が、さまざまな選手たちの激しい追い上げもあるので、140では話にならないと思いますが

ちなみに今回、ちっちと同じ小学2年生なんですが、決定戦で2種目合計140点を取った選手もいたんですよ 素晴らしいですね~!

---------

最後に、
「ユース大会に、いつか参加したいと思っているけれど、レベルが高すぎて参加できない」と思っている方へ

この大会には、ジャンプアップ賞というのものがあります。
一度参加して、次の年に点数がアップしたら、図書カードがもらえます。
今年も、100人ぐらいもらっていたかも?

「最初の点数が低い」=「伸びしろがたっぷり♪」

ニュースでは上位選手に焦点があたっていますが、成績表によれば、6種目すべて50点以下の選手もいましたし、0点の種目がある選手もいました。きっと、来年はジャンプアップ賞がもらえるんじゃないかな?と思います。

確かに入賞は難しいと思いますが、「練習での最高点を本番で出す!練習よりも良い点を本番で取る!」などの目標を決めて参加してみるのも良いと思います^^


↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ベクトルの真実」を読もうと思ったら、またサイン・コサインが出てきたので、こちらを先に読むことにしました。

「丸い三角関数」
【送料無料】 数学ガールの秘密ノート / 丸い三角関数 / 結城浩 【単行本】
¥1,620
楽天
またまたプロローグ
 

「この目に写らない、形を探せ。
すぐには見えない、形を探せ。」

探偵気取りで、いろいろ探すんですね!

もちろん、サイン・コサインの説明も沢山ありましたが(タンジェントは言及なし)、他にも面白い話が載っていました。

たとえば、これは、円周率の求め方の1つだそうです。
他にも、円に内接する六角形と外接する六角形を使って計算する方法も紹介されていました。
最初に思いついた人、頑張りましたね~!
 

こんなのもありました。
どうしても円に見えてしまいますが(汗)
96角形らしいです。
このあたりは、ちっち(小2)も面白そうに眺めていました。
 

この本のおかげでサイン・コサインがわかったので(わかったような気がしたので?)、次の本へ進みます。
----------

「ベクトルの真実」 
【送料無料】 数学ガールの秘密ノート ベクトルの真実 / 結城浩 【単行本】
¥1,620
楽天
このプロローグはイマイチでした(笑)。

でも、りろによれば、内容は一番面白かったそうです!
300ページぐらいありますが、おもしろくて2日で読破です。

ちっちも図を見てニヤニヤ。
「きもーーーい!(気持ち悪い)」と言ってニヤニヤ。
そして、どの矢印が短く見えるか、じっと見ていました。
全部同じなんですけどね・・・
というか、そういう話ではないんですけどね・・・
 

これも難しそうに見えますが、丁寧に解説を読んでいくと、パズルみたいにピタッとはまるんです。いやほんと、最初に見つけた人すごいっ!
 

「ある意味で等しい」例
なるほど、です。
 

他の本にもありますが、最後に、答えのない問題が数問あります。
ほとんど意味不明ですが、これだけは分かったかも!
 
 
 
----------

最後に、「数列の広場」

【送料無料】 数学ガールの秘密ノート / 数列の広場 / 結城浩 【単行本】

¥1,512
楽天


クイズ「この表は何がおもしろいのか」
 

答えは、「数字が必ず1回ずつ出てくる」だそうです。
証明も書いてありました。


次に、この計算をしてみましょう!
みなさん、あてずっぽうでどうぞ!
 


なんとなんとなんとなんと!

答えは、



です

最後、てんてんてん、と、永遠に続いている式なのに、答えは、ビシッと、1なんです!
不思議だなぁ・・・

解説の一部です。
 


こんな問題もありました
 
これも、式は無限に続いていくのに、答えは「1」とな?

前提として、
0.99999999は、1ではないが、
0.99999999・・・=1
なんだそうですよ?
テンテンテン、が、ポイントみたいですね?

なんだか、わかったような、わからないような感じですけど、こんな感じで、数列の本も読みごたえがありました。

-----------

以上で、「数学ガールの秘密ノート」シリーズ終わりっ。
やっと図書館に返却できます。

他に「数学ガール」シリーズもあるようですが、500ページぐらいあって、タイトルも恐ろしい感じなので(笑)、今はやめておきます・・・「ガロア理論」とか「ゲーデルの不完全性定理」とか恐ろしいですよね!理系の数学なんでしょうか、聞いたこともありません^^:


↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ
 
 
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「整数」
「式とグラフ」
の2冊が終わったので、次は、
「微分を追いかけて」

りろ(小6)は、春休み中に3日くらいかけてじっくり読んでいました。

-------------
【送料無料】 数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて / 結城浩 【単行本】
¥1,512
楽天
この本の、プロローグ
 

「変化を見つけよう

変わらないものが変化する
変わるものが変化をとめる

その瞬間を見逃すな。」

この4行、いいな~。
数学の教科書にも、こういう文章があったらいいのにな~。
教科書にのっていなくても、数学の授業で先生がそう言ってくれるだけでもいいかも?

微分についても、とても詳しく書いてありました。

xの2乗+5
xの2乗-2
xの2乗+98
などなど、
「xの2乗±なんとか」という式はすべて、微分をすると、ぜーーんぶ
「2x」になってしまうのも、
やっと理由がわかりました!

他にも、図を使っての解説がたっぷり。
 

はじめて知りましたが、
(x+y)の二乗とか三乗とか四乗とかを展開する(=かっこをはずす)ときに、
このパスカルの三角形の数字が使えるんですって!?
文字の前の数字がなんだっけ?となったら、パスカルの三角形を思い出すといいんですね!
  

最後のほうの、三角関数(サイン・コサイン)の微分の話も興味深かったです。
普通の関数は、微分をし続けると、最後には定数(1とか6とか)になるのですが、sin x(サイン・エックス)は、xで4回微分すると、もとにもどってしまうらしい!

sin x
↓微分
cos x
↓微分
- sin x
↓微分
- cos x
↓微分
sin x

だから何?って感じもしますが、不思議~!

次は「ベクトルの真実」です
【送料無料】 数学ガールの秘密ノート ベクトルの真実 / 結城浩 【単行本】
¥1,620
楽天


↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、財布を拾いました。
とっても急いでいて、走っていた時に、ちっちが見つけました。

持ち主が探しに戻ってくるかもしれないし、そのまま置いといたほうが良いかな?
でも、ちょうど近くに交番があったし、届けに行きました。

ところが、パトロール中らしく、おまわりさん不在。
交番の外にある、備え付けの電話の受話器をとってみると、どこか(警察本部?)につながりました。

私「財布を拾ったので届けにきたのですが不在で」

相手「10分か20分ぐらいで戻るので待っててください」

私「子供も一緒で急いでいるので20分は待てないんですが」

相手「じゃあ、その財布は持ちかえっていただいて、近日中に交番の近くに来ることがあったら、もってきてください」




えーっと、いま、なんとおっしゃいました?
拾った財布を家に持ち帰れ、と?

しかも、「近くに来ることがあったら・・・」って・・・。
(そのあたりは月に1回ぐらいしか行かないところです)

ぬいぐるみとか、長靴とか、傘とかならともかく、
財布ですよ?

結局、電話に出た警察の方の了解を得て、とあるところに置いて(隠して)きましたが・・・。交番って、不在のことも多いのですかね。交番の外に、鍵付きBOXなどがあったらいいかもしれませんね。


↓ランキングに参加中です
人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。