12/10モダン神挑戦者レポ

テーマ:
こんばんは、ライオンです。
今はMTGモチベが高いので今はそれで記事とか書いていこうかなとか思っています。

というわけで先日12/10にあった晴れる屋モダン神挑戦者決定戦に参加して来ました。
 使用デッキは下記の青赤デルバー。

--------------------
青赤デルバー(モダン)

14 クリーチャー
4 秘密を掘り下げる者
4 若き紅蓮術士
2 騒乱の歓楽者
2 瞬唱の魔道士
1 渋面の溶岩使い
1 ヴェンディリオン三人衆

28 スペル
4 ギタクシア派の調査
4 稲妻
4 血清の幻視
3 マナ漏出
3 イゼットの魔除け
2 思考掃き
2 呪文嵌め
2 蒸気の絡みつき
2 炎の斬りつけ
1 収穫の火
1 二股の稲妻

18 土地
4 沸騰する小湖(青赤フェッチランド)
4 尖塔断の運河(青赤ファストランド)
4 溢れかえる岸辺(青白フェッチランド)
2 蒸気(青赤ギルドランド)
3
1

15 サイド
3 ドラゴンの爪
2 血染めの月
2 墓掘りの檻
2 粉々
2 否認
1 炎の斬りつけ
1 二股の稲妻
1 払拭
1 不忠の糸
--------------------

デルバーとは秘密を掘り下げる者の英語名で、このカードが入ったデッキはこう呼ばれることが多いですね。
今回は青赤2色でまとめました。
デッキ選択の理由としては、
・親和、感染、バーンというトップメタ+青赤果敢、SCZという超高速アグロが一定数いると考え、1マナの除去を複数採用出来ること
・自分のプレイスキルを考え、相手の行動に合わせ過ぎず時には速やかに勝ちに行けること
・デルバー自体はスタンやPauperで使用した経験があったこと
が挙げられます。
また、直前までは青赤果敢を回していたのですが、回してみた感触が自分には合わなかったというのもあります。

結果は以下の通り。
1ドレッジ×○○
2ジャンド○○
3ジャンド×○×
4トリコトラフト○××
5赤緑ヴァラクート○○
6 4cSCZ ○×○
7:青赤果敢○×○
8:グリクシス××
9:青白トラフト○××
5-4

8戦終了時のスタンディングが50位くらいだったので70〜80位くらいでフィニッシュかな?もっと下かな?
最低限勝ち越すのが目標ではあったものの、5-2から2戦落としてしまったのが悔しいですね。
2勝すればトップ16くらいはあったかもしれませんし。

以下各ラウンドの一行レポ。
1ドレッジ×○○
1-1:手札火力だらけvs墓地軍団で負け
1-2:デルバー×2が燃焼処理されるも歓楽者が火力持ってきて勝ち
1-3:相手土地1で発掘回るも何もできなくてデルバーヤンパイ火力で勝ち

2ジャンド○○
2-1:相手のボブ焼いてこっちはコラコマで捌かれて、ドロー後ヴェンディしたら土地×5でそのままって言って勝ち
2-2:血染めの月、勝ち

3ジャンド×○×
3-1:リリアナでデルバー殺され稲妻でリリアナ除去るもタルモ出て負け
3-2:トップデック対決でヤンパイがタルモのブロッカー用意して勝ち
3-3:タルモ×2衰微×2で負け

4トリコトラフト○××
4-1:こっちは超マナフラ向こうマナスクで勝ち
4-2:カマキリにいかれ
4-3:トラフトヴェンディしたのにトラフト出てきて負け

5赤緑ヴァラクート○○
5-1:相手がヴァラクートしか引かないうちにヤンパイがわらわらして勝ち
5-2:相手いい動きするも後手3t月で赤単にさせてグダらせて焼き切って勝ち

6 4cSCZ ○×○
6-1:初速を火力で抑えてラバマンサーぷちぷちモード入って勝ち
6-2:手札確認から綺麗に3キルされて負け
6-3:ヤンパイが残って火力連打で捌ききって勝ち

7:青赤果敢○×○
7-1:ヤンパイ×2がトークン8体出して勝ち
7-2:壮絶なトップデック勝負で負け
7-3:不忠の糸が氷パクって勝ち

8:グリクシス××
8-1:コラコマアンリコ2回ずつ打たれれば負けるわな
8-2:綺麗に全部捌かれて負け

9:青白トラフト○××
9-1:ヤンパイ×2がトラフト牽制しつつトークン作って勝ち
9-2:爆薬でデルバー流されてコントロールされて負け
9-3:トラフト相手に残ったのがラバマンサーで負け

高速アグロは狩ったのですが、中速からコントロール寄りの除去多いデッキに当たってジリジリいかれてしまうことが多かったですね。
トラフトこんなに当たるとは思わず、解答持ってないのできつかったですね。
中速相手のサイドとして祖先の幻視とってみようかなとか考えていました。

デッキの回りはそれなりに良くて(強いて言えばデルバーが全然変身しなくてキレそうになったくらい)青赤果敢よりは自分に合っていたかなという感じです。
あと、後半にやや土地引き過ぎた印象もあるのでもう一枚フェッチ取っても良いかなと思いました。
また機会があれば回したいと思います。

次はフロンティア神決定戦かな?
ではでは。
AD
どうもこちらではお久しぶりです。ライオンです。

流行りの(?)ヴァイス考察記事っす。
こちとらTCG勢やぞ考察で負けてられっかー(棒)

<リンちゃん単>
18 レベル0
4 鏡音リン "フェアリーワンピース"
4 鏡音リン "Future Style"
4 鏡音リン "フェイカー"
3 鏡音リン "蘇芳"
3 鏡音リン "蘇芳 妖狐"

12 レベル1
4 鏡音リン "SW しましまビキニ"
4 "夢の続き" 鏡音リン
2 鏡音リン "陽炎"

8 レベル2
4 鏡音リン "夢見るパンダ"
4 鏡音リン "リアクター"

4 レベル3
4 鏡音リン "オリジナル"(F 2nd)

8 クライマックス
4 炉心融解
4 ココロ

{280BFF4A-CD82-4714-9BDD-CD5048BBB4CA}

《採用カード選択について》
レベル0,1に関しては、ほぼ選択の余地がありません\(^o^)/
レベル0では採用していないリンちゃんはメランコリーちゃんのみ。一応リンちゃん愛し隊とかリンケージ(ミク)とかいるけどここではなしの方針で。
メランコリーちゃんは応援持ちでソウルブーストかけられるけど、500パンプの方が強いと見てフェアリーワンピースを採用。

レベル1では黄色に限ると以下の3枚が不採用
・ソレイユちゃん(soundless voiceの子、CXシナジーでシエル(レン)をリクルート)
・リミッターちゃん(リモコンの子、対応CXがレシーバー(レン)と一緒)
・"スキキライ" レン&リン
という訳でお察し
他に「メランコリック」というリンちゃんが歌う可愛らしい楽曲の名を冠したイベントカードが採用検討の価値あり。というか入る。(1/1の音楽サーチ)
夢の続き1枚と胡蝶さん1枚とチェンジかな

レベル2が人によって一番好みが分かれそうな部分ですね。自分もごっそり変わりましたし。
今回はリアクターちゃん&炉心融解のまさにレベル2までのキャラを核融合炉(ストック)へシュートしてダイブする構成に。
そう考えるとリアクターちゃん可愛い顔してけっこうえぐいことするなぁ
相方はパワーの高い夢見るパンダちゃんを選択。
他の候補としてはシザーズちゃん&東京テディベアのリアニメイトパッケージ、桜月ちゃん&天樂のコスト1シュート、アペンドちゃんによるレベル3リンちゃんへのチェンジあたりか

レベル3は初代オリジナルかオリジナルF 2ndの2択
今回は初代オリジナルにチェンジ出来るアペンドちゃんを採用していないのでF 2ndの方を採用しました

《主な動き》
単純にレベルのカーブに合わせてカードを出していく動きが基本
(てかレベル通りに出してこないデッキ多すぎでしょ)
序盤はフェイカーちゃんや蘇芳ちゃんずで殴る
CXがトリガーしたら蘇芳ちゃんず効果で落とす
中盤はしましまビキニちゃんや夢の続きリンちゃん、夢見るパンダちゃんなどの高パワーのキャラで攻める
終盤はリアクターちゃんの炉心シュートやF 2ndのキャンセルショットで押し込む

《所感》
レベル1〜2あたりでややパワー不足を感じ、相手の90↑をなかなか突破できないような気がしています
しましまビキニちゃんも夢見るパンダちゃんもめっちゃパワーが高いわけではないので、返しにCX絡めたり後列パンプ付与されたりで割と突破されます
このデッキの最大のメリットはめくれどめくれど可愛いリンちゃんしかいないこと!!ですね(^-^)


<リンちゃんなう!&Knifeデッキ>
18 レベル0
3 初音ミク "リンちゃん愛し隊1号"
3 巡音ルカ "リンちゃん愛し隊2号"
3 初音ミク "リンケージ"
3 鏡音リン "フェイカー"
2 鏡音リン "Future Style"
2 鏡音リン "蘇芳"
2 鏡音リン "蘇芳 妖狐"

15 レベル1
3 鏡音リン "ヒマワリ"
3 鏡音レン "アヤサキ"
3 初音ミク "月光アゲハ"
2 Knife
2 鏡音リン "SW スクール"
2 MEIKO "ノエル・ルージュ"

7 レベル2
3 鏡音リン "桜月"
2 鏡音リン "雨"
2 ハイハハイニ

2 レベル3
2 鏡音リン "オリジナル"

8 クライマックス
4 リンちゃんなう!
4 天樂

{70E030C6-1E68-4FD3-982A-C2221F26206A}

《採用カード選択について》
リンちゃんを軸にしつつもリンちゃんなう!とKnifeとの相性を見ながらカードを選択
リンちゃんなう!とリンちゃん愛し隊のシナジーが「リン」を対象にするため出来るだけキャラはリンちゃん(若干1名ミクの「リン」がいますが)
せっかくなので特に黄色くないリンちゃんを組み込んでいます
Knifeのキャラを3枚ずつ採用し、Knifeなしでもそこそこ揃うようにしています
赤いリンちゃんはいないためリンちゃんなう!を打つための色を合わせる意味も含め、応援持ちMEIKO姉さんを採用
また、DIVA最強カウンターとも言えそうなハイハハイニを2枚採用
これにより一応MEIKO、KAITO、ミク、リン、レン、ルカと勢揃いしています
攻撃性を重視して桜月ちゃん&天樂のクライマックスシナジーを採用
また、レベル3が初代オリジナルなのはデメリットのストック飛ばしをリンちゃんなう!シナジーがかき消してくれるため

《主な動き》
序盤の目標は鏡音リン"ヒマワリ"の下に初音ミク"月光アゲハ"を置くことです。
Knifeはその動きを安定化させつつアドも取れるが、コストが3のためレベル0の時に最低でもストック3枚は貯めておきたい
ヒマワリちゃんが強くなったらあとは基本リンちゃんビート
リンちゃんなう!シナジーやハイハハイニでサポートしていく
特にリンちゃんなう!とルカ(2号)は押し込みも効く能力なので終盤でも有効

《所感》
メイン3色のため色事故が怖いです。
青いカードは多めのため1レベでKnifeキャラが出せないということはほぼないですが、意外と2レベあたりで黄色のリンちゃんが出せなかったり赤のリンちゃんなう!が打てなかったりします。
Knifeは流石コスト3だけあってめっちゃ強いし、1/0で95のリンちゃんはヤバい(語彙力


・おまけ フロンティアのジェスカイ親和ハサミバーン
{9230A554-39A9-472E-B68F-B23DD470DA45}

{DAE5FA0C-D9B9-442B-837F-991BC69134F7}



AD

安い、速い、強い

テーマ:
どうも、ライオンです。
最近はMagic Duelsに潜るのが日課になりつつあります。
ひたすらエスパーコン回しています。
あまりに除去が重すぎてつらいですがなかなか楽しいです。

ワールドマジックカップが終わりましたね。
日本は3日目一没のベスト8でしたね。お疲れ様でした。
チームスタンというのが非常に面白いフォーマットで楽しめました。
フェッチの配分や対策カードの比率、また本来入らないようなカードの登場もあり、普段のスタンとはまた違う面白さがありました。
あと、日本代表の楊選手は晴れる屋で何度も見たことある気がする上にもしかしたら当たったことあるかもしれないような気もしますw
次回のPTのモダンでも期待出来るでしょう。

さてさて、そんな中自分のお話でも。
今組みたい(回している)デッキの紹介コーナーです。

・グリクシスコントロール(スタンダード)
青黒ドラゴンコントロールに赤の火力を足した形になります。
普通のコントロールだと2Tジェイス着地で除去出来ずに裏返ってアド取られまくりとかあるのを嫌って軽い火力を多めに採用。
光輝の炎もあり、アタルカレッドの初速を抑えるのも意識しています。
代わりにサイドでは同型の最有力であるエスパードラゴン対策を多めに取りました。
特に非常に除去しにくいミシュラン対策に塵への崩壊を採用しています。
最近アリストクラッツ系のデッキが増えてきていてつらいのが悩ましいです。
アブザンはぶん回りされるとどうしようもないけど、つらい搭載歩行機械が減っているのは良い傾向。
ジェスカイ系はたまに本体火力でコンガリ行くけどカマキリは焦熱の衝動やら光輝の炎でなんとかならなくもないので。

(デッキレシピver1.0)
【スタンダード】グリクシスドラゴンコントロール

クリーチャー:7
1:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》DTK
2:《氷瀑の執政/Icefall Regent》DTK
2:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》FRF
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》DTK

呪文:27
4:《乱撃斬/Wild Slash》FRF
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》ORI
3:《意思の激突/Clash of Wills》ORI
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar's Scorn》DTK
1:《風への散乱/Scatter to the Winds》BFZ
2:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》DTK
3:《時を越えた探索/Dig Through Time》KTK
1:《破滅の道/Ruinous Path》BFZ
2:《光輝の炎/Radiant Flames》BFZ
2:《命運の核心/Crux of Fate》FRF
1:《宝船の巡航/Treasure Cruise》KTK

土地:26
2:《島/Island》BFZ
1:《沼/Swamp》BFZ
3:《山/Mountain》BFZ
1:《荒廃した湿原/Blighted Fen》BFZ
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》KTK
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》KTK
1:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》DTK
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》KTK
3:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》ORI
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》BFZ
3:《燻る湿地/Smoldering Marsh》BFZ

サイドボード:15
1:《払拭/Dispel》BFZ
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》KTK
1:《手酷い失敗/Horribly Awry》BFZ
1:《シルムガルの命令/Silumgar's Command》DTK
1:《龍王の大権/Dragonlord's Prerogative》DTK
2:《強迫/Duress》DTK
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》DTK
1:《塵への崩壊/Crumble to Dust》BFZ
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》DTK
2:《スフィンクスの後見/Sphinx's Tutelage》ORI
1:《荒廃した湿原/Blighted Fen》BFZ


・青単ウィニー・フィッシュ(スタンダード)
現代の多色環境に対するアンチテーゼで制作したデッキ。
流石にカードパワーは弱いし、デッキ自体もめっちゃ強いって訳では全くありませんが、そんなカード入っとるんかいみたいなカードをいろいろ採用出来て面白い構築が出来たと思います。
ただ、フィッシュの定めかクロックが細くて勝負を決めきれないのが難点です。
特に、シディシの信者がめっちゃ弱い(0/4)のがつらい。パワー1あれば全然違うんだけどなぁ。
しかしながら面白いデッキなので今後も回せる時に回していきたいと思います。

(デッキレシピver1.0)
【スタンダード】青単ウィニー・フィッシュ

クリーチャー:25
4:《シディシの信者/Sidisi's Faithful》DTK
4:《フェアリーの悪党/Faerie Miscreant》ORI
4:《霜歩き/Frost Walker》FRF
3:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》DTK
4:《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》ORI
3:《岸砕きの精霊/Shorecrasher Elemental》DTK
3:《シルムガルの魔術師/Silumgar Sorcerer》DTK

呪文:17
4:《意思の激突/Clash of Wills》ORI
4:《掴み掛かる水流/Clutch of Currents》BFZ
3:《一日のやり直し/Day's Undoing》ORI
2:《宝船の巡航/Treasure Cruise》KTK
4:《嘲る映し身/Mirror Mockery》DTK

土地:18
14:《島/Island》BFZ
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》KTK


・ティムールランデス(スタンダード)
現環境マナクライシスが4種類あるらしいぞ!!!!
2Tマナクリから3,4,5Tマナクライシスして6Tバーラゲド!!!!勝ち!!!!
…流石に弱そうなので組むか未定です。
ちなみにこれも多色環境アンチテーゼ。
普通に相手1T管理人で負けそう()


・白単信心歴伝コントロール(モダン)
なんのこっちゃなデッキ名ですが、要は白いエンチャント中心のコントロールです。
というかほとんどエンチャント(と土地)しか入ってないデッキです。
動きとしては、序盤はひたすら白いエンチャントで妨害します。
すると自分の白いパーマネントがたくさんある状態になります。
そうなるとニクソスからたくさんマナが出ます。
そのマナから不朽の理想を打ちます。
{D8D36403-7E65-4A8E-9474-AB177BBA54F1:01}

毎ターンエンチャントがデッキから出てきます。
安全の領域、鳩散らしでロックしてドラゴン変化で勝ちに行きます。
現環境なら相性の悪いデッキもなく、安定して戦えそうなデッキです。
また、白力線を除けば安価で組めそうなことも魅力です。


・青赤アーティファクトの魂込め親和(レガシー)
レガシー版ハサミタルモ親和バーン(タルモ抜き)みたいなデッキです。
まず、青いデッキながらデュアラン不要、will不要なのが良いですね。
そして0マナアーティファクトの多さによる速さが魅力です。
初手メムメム城塞邪魔者カエルモックス魂込めとかだと2T12点クロック(合ってるか不安)とかいう訳わからん速さで膨大なクロックが出来上がります。
また、黒の万力が採用可能な点もトレンディでなかなか。
5桁いくような超高額カードが必要なくそこそこ戦えそう、ということで組みたいと思っています。


最近EDHやってないからやりたいなーとか書きながら思いましたw
では、また次回ノシ
AD
どうも、ライオンです。お久しぶりです。
裏ではいろいろやっていたりいなかったり。
忙しいようでのんびりとも過ごしておりまする。

さて、今日はカードゲームMTGのお話を。
プロツアー「戦乱のゼンディカー」日本人素晴らしかったですね。
優勝準優勝のお二人おめでとうございます。
そんな映像見せられたらモチベが上がって週末のゲームデーに参加してきました。
今回は割と真面目にデッキ組んできました。
使用デッキは青赤黒ドラゴンコントロール。

--------------------
青赤黒ドラゴンコントロール

5 クリーチャー
2 龍王シルムガル
1 漂う死、シルムガル
1 氷瀑の執政
1 黄金牙、タシグル

29 スペル
4 乱撃斬
4 意思の激突
4 シルムガルの嘲笑
3 時を超えた探索
3 炙り焼き
2 忌呪の発動
2 命運の核心
2 光輝の炎
1 焦熱の衝動
1 宝船の巡行
1 手酷い失敗
1 風への散乱
1 破滅の道

26 土地
4 青黒フェッチ
4 赤黒フェッチ
3 赤黒バトルランド
3 山
3 青赤ダメージランド
2 赤緑フェッチ
2 青黒バトルランド
2 島
1 沼
1 荒廃した湿原
1 精霊龍の安息地

15 サイド
3 自傷創
2 軽蔑的な一撃
1 龍王の大権
1 払拭
1 スフィンクスの後見
1 荒廃した湿原
1 シルムガルの命令
1 塵への崩壊
1 悪性の疫病
1 強迫
1 分散
1 引き裂く龍弾

--------------------

環境を見て1~2マナの火力やカウンターを多めに採用。
2ターン目の管理人強化やジェイス、魂火などに打ちたい。
トークン系に対しては光輝の炎、旧シルムガルという対策。
ギデオン他各種プレインズウォーカーにはもれなく龍王。
サイドにはミシュラン対策で塵への崩壊、プレインズウォーカーには追加でシルムガルの命令。
オジュタイ嫌なので自傷創と黒湿原など。
カラーリングは独特ですが、けっこう環境を考えた上で組んだつもりなのだがが果たして。

1戦目マルドゥミッドレンジ ○○
・ワンマリもお互いに5ターン近く動きのない膠着が続く。
相手のクリーチャーをきっちり捌くとあとはシルムガルゲー。
最後乱脈に詰められかけるも火力で落とす。
・またワンマリするも相手がマナスクリュー。
塵への崩壊でミシュラン潰して勝ちは近いかと思いきやシルムガルがはじける破滅されクロックがなくなる。
相手が土地を引き出すとこちらが対応するような嫌な展開に。
相手のクロックが並んだタイミングでトップ光輝の炎!
その後ギリギリで龍王到着。

2戦目 アブザンドレイン ××
・今回はきっちり火力とランドのある手札をキープ。
しかし相手のドレイン戦術により除去を飛ばすとライフがみるみる減っていく。
盤面は流すもライフは風前の灯火。
とどめのミシュランがどうしようもない。
・相手のデッキが分かったのでしっかりライフをキープ出来るよう最小限のルーズで済むように立ち回る。
全体除去で今回はきっちりコントロールし切ったと思いきや、返しに先祖の結集!
大量のクリーチャーが墓地→戦場→墓地と行き来してライフは尽きた。

3戦目 エスパーコン ×-
・まさかの黒マナが出ない非常事態でオジュタイをなかなか捌けなくい。
3回くらい殴られたところでなんとか黒マナを獲得し除去するが、アドバンテージ差は歴然。
粘るもミシュランに殴り殺される。
・コントロール対決で先に動いた方が不利な展開。
お互いのクロックは軒並み即落とされる。
そんな中サイドインのスフィンクスの後見が相手ライブラリを14~16枚削る活躍。
しかし完全なる終わりされてしまう。
その後もお互いに決め手がなくてLO狙いも無念の時間切れになる。

4戦目 青抜き4色アグロ ×○-
・タップインランドから後手後手に回ってしまい、除去が追いつかない。
盤面流した直後にサイが出てきてgg。
・一時はライフ4まで詰められるもなんとかコントロール。
しかし決め手が引けずにもっさりしていたらミシュランに殺されそうになる。
ミシュランアタックに合わせてdig→シルムガルイン→忌呪ドラゴンボーナスの動きでライフキープ&クロック排除。
あとはWシルムガルで制圧。
・開始時点で残り3分とかそこらで正直自分の勝ちは絶望的。
しかもワンマリして微妙な手をキープ。
最低限のクロックは処理するも、捌ききれない。
しかし粘り殴り殺される前に時間切れ。
正直あと1~2分あったら負けてたと思う事故り方をしていた。

5戦目 ティムールモンスター ××
・ワンマリから青の出ない土地3枚で止まる。
手札に大量のカウンターを抱えながらスーラクのサンドバッグにされ終了。
・カウンターサイドアウトしてソーサリー除去を増やす。
digでアド取りながらコントロールしてシルムガルも残せる良い展開。
しかし、シルムガルパンチの返しに凶暴な拳刃がティムールの激闘とともに飛び出して来て突然死。
土地並んでいたので火口の爪でもダメだったしdigで探した時にカウンター残すべきだったかと反省。


結果、1-3-1で18位/21人でした。
以下デッキの反省点。

・キープ出来ない(基準が難しい)
序盤想定する動きが火力握るかカウンター握るかで必要な色マナが変わってくるため、赤青のどちらか片方が欠けるマナ基盤だとキープしにくくなってしまう。
無色土地2枚も後半しっかり役に立っているも、初手にあると邪魔に感じてしまう。
また、コントロール故に重いカードを積んでいるのでdigdig核心火力土地3みたいな手札が来ることもあり厳しい。

・クロックが弱い
旧シルムガルが3/7である上にクリーチャーの総数が少ないため、完全にコントロールした後の勝ち手段に困ることがあった。
エスパーの場合は白黒ミシュランが枠を圧迫せずにライフレースを有利に進めてくれるので、同じように立ち回ることの出来るカードが欲しいところ。
ゲートウォッチで青赤ミシュラン出るのかな。
雷破入れるか悩んでいたので採用を再検討。

・時間がかかる
上に近いですが、どう頑張っても1本取るには20分くらい必要になってしまう構成のデッキなため1本目取られるとかなり厳しい戦いを強いられてしまう。
実際大会の時間的進行を遅らせていた原因の一つになっていたと思います。
また、4試合目のように3本目が始まってもすぐに勝ちに行ける手段がないのもつらい。

・龍王を出しにくい
今回の龍王が何もパクれないことが多すぎてつらく感じました。
こちらが構えていると相手も動かないことが多い上に、致命的なクリーチャーは早々に捌いてしまうためなかなか良いタイミングがなかった。
忌呪がめちゃくちゃ強かったので、ドラゴンボーナスを確実に得るために手札にいることも多かった。

・フェッチが痛い&青マナが並ばない
タシグルがいる時にカウンターを打てるマナ残した上で能力を複数回起動出来ないことがあった。
フェッチが多く思ったほど青マナが出る土地が少なかった。
もう少し島を入れようか。

こんなところでしょうか。
可能性は感じたのでもう少し練り直して使っていきたいと思います。
では、また次回ノシ

ひっさびさに

テーマ:
どうも、ライオンです。
暑い日が続いていますね。
自分の近くで救急車騒ぎがあったので、皆様体調には気をつけましょうね。
僕も割と外で動くタイプの人間なので倒れないように気をつけます。

さて、久々に実況プレイ動画をあげました。


競馬シミュレーションゲームのウイニングポストをプレイしています。
初見プレイですが、シリーズ過去作を実況プレイで見ていたので大まかなシステム等は把握した上でのプレイとなっています。
競馬自体はギャンブルとしてではなく単純に娯楽として見るのは好きです。
知識もある程度はあります。多分。
人を選ぶゲームだとは思いますが、興味があれば見てみてください。

では、また次回ノシ