ベッドタイム・リーティング-大図

今は地方でもなんでも手に入って不便はありませんが、やっぱり演劇などは東京一極集中ですね。
と、いうわけで、転勤中は見れなかったBQMAP。久しぶりに見に行ってきました。

『大図~月から江戸まで八百歩』


 主人公は間宮林蔵。幕府の隠密ながら薩摩藩からも金を受け取り、伊能忠敬の蝦夷測量に同行することになった。
 測量を続ける伊能忠敬(前田剛)と幕府隠密の助さん、格さん、おきんと林蔵一行の行く先々に表れる、薩摩藩の落ちこぼれ隠密4人組、吉原遊女たち。
 倒幕を狙う薩摩藩主・島津斉彬。領土拡大を狙うロシア女帝・エカテリーナ2世。伊能大図を狙う思惑が交差する中、測量は進み、大図は完成していく……。

 江戸時代後期あたりから日本史の知識がうろ覚えレベルになってくるわけですが、間宮海峡の間宮林蔵が伊能忠敬に教えを受けたとは知りませんでした。家に帰ってからネットで検索して史実と知ってびっくりです。(知ってる人にはごめんなさいな感想)
 日本図を作成した伊能忠敬は社会化で必ず習うので、基本的に日本人なら誰でも知ってるでしょう。
 前に見たカモンクロフネもそうですが、BQMAPは史実をベースに、すごくいいウソをついてくれるところが好き。
 しかし、伊能忠敬役の前田さんが舞台からマイク片手に
「こんにちは、伊能忠敬です。聞いてください、『地図と測量と私』……」
 と、出てきた時には。
 いつもスコアがいいなー、と、思ってるBQ。今回は歌って踊る20周年記念公演でした。
 『何もいえなくて、エゾ』と同じように、部屋とYシャツ的な替え歌かと思ったら、オリジナル曲でした。結構いい歌なのがずるいです。
 コロボックルズも薩摩藩ズもみんなみんな歌う歌う。その分、アクションは控えめでしたが、これはこれで楽しかったです。
 前田さんも知桐さんもいつもながら楽しい。客演の関戸博一さんの林ちゃんも、ちょっとチャラい感じがよいし、竹内さんの蟋蟀はかわいくて、こんな子だったら転がされちゃっても仕方ないなあ、って納得でした。
 そういや、花魁達はボンテージっぽい黒のボティスーツにキモノを羽織る衣装で、悪そうなのに可愛という。

 おかしくて楽しいのに、やっぱり最後はちょっぴり切ない、BQの匙加減が絶妙です。
 まだ公演日も残っているので、興味ある方はぜひ。



2011年5月4日(水・祝)~8日(日)@シアターサンモール

作:演出・美術奥村直義

出演:前田 剛・栂村年宣・矢部 亮・立花拓也竹内順子・高瀬郁子・丘崎 杏・知桐京子・土屋真由美・明神杏奈伊達康浩・山井克馬・伊藤菜実子・雄賀多あや・齋藤智美・嶋田あきえ 関戸博一(Studio Life)・篠崎高志(POOL-5)・下崎紘史(尾木プロ THE NEXT)

AD

出雲贋桜伝

テーマ:

 BQMAPの舞台は、いつも見終わって切ない気持ちになります。
 そして、とうに脱ぎ捨てた青春スーツを着込んだような気持ちに。
 今回は、色々な愛の形が描かれていて、その中には打算や計算ずくの愛もあるのに、結局すべてが切ないのはなんでだろう。


 たぶん、登場人物が一所懸命生きていて、その結果が利用したり殺したりという結果になってしまうせいかも。


 国津神三姉妹が、それぞれに個性があってよかったです。
「嫌いなんて言ってごめんね。だいすきだよ」
 そういって事切れるサクヤの明るいだけに悲しい最後は、会場も泣いてました。


 スサノオやウズメ、アマテラスといった、割とおなじみな名前が出てくるお話でした。
 だからなのか、国津神と天津神と人はどう違うのか、とか、過去の因縁話とかすべてすっとばして語られるのですが、まあ、それはそれでいいのかもしれない。
 神がまだ人の間で暮らしていた時代、遠い昔にあった神話のようなファンタジーのような恋物語のようなおはなし、と、いうことで。


 出会うために何度でも生まれ変わり
 出会ったら、命を賭して戦う
 何度でもお前を殺す
 何度でも。
 愛しているから。


 割と唐突に語られるスサノオとオロチの愛も、なんかよかった。
 ちょっと私、今週見た二本で、おはなしについて考えなおした。
 ハリウッド映画のように、全部わかりやすく説明すればいいってものでもないんだなあ、って。



『出雲贋桜伝』
BQMAP page090337
2009年3月19日(木)~22日(日) 新宿シアターサンモール
[作・演出・美術]奥村直義
[CAST]
スサノオ:前田剛、ツクヨミ:臼井琢也、アマテラス:丘崎杏、タケミカヅチ:立花拓也、オモイカネ:町田晶子、サルタヒコ:山本伸一、チルヨ:竹内順子、メブキ:高瀬郁子、サクヤ:知桐京子、クシナダ(ウズメ):本多可奈、ホヒノ:明神杏奈、タケミナカタ:矢部亮、オオヤマツミ:小笹将継、ナムチ:栂村年宣、ウサギ:土屋真由美
[コピー]
その愛はすべてを焼き尽くす。
[あらすじ](公式HPより)
国譲りの神話の舞台として
日本書紀 などに登場する出雲の国。
これは神と、
ヒトと、
神でもヒトでもないモノたちの、
愛の物語です

AD

蜉蝣峠

テーマ:

 見てきました。蜉蝣峠。
 ACTシアター前に赤とか黒とかのTシャツの人が列ってたから、「客層変わった……!?」と、思ったら、DoragonAsh待ちの人でした。
 
 正直、第一幕が終わって幕間に入った時、どこに着地するかどうしてもわかりませんでした。
 が。
 二幕になって、坂道を転げ落ちるように(って表現が悪いな)収束していく物語たち。
 正直、シャモの着ぐるみで出てきたつっつん(堤真一)が、あんなにクールに終わると思わないじゃないですか。
 ○んこ投げて○んこ丸出しの闇太郎が、あんなに切ない純愛キャラになると思わないじゃないですか。


 と、いうわけで、殺陣あり、愛あり、ムード歌謡あり、切り口満点な舞台でございました。


 堤さんの殺陣は本当にきれいでカッコいいですね。


 どうしても、つっつんというと『吉原御免状』と比べてしまうんですが、あれと比べちゃいけないな、って思いました。
 原作つきで、しかも、隆慶一郎。ストーリーの奇抜さと説得力は、比べものになりません。
 ただ、舞台って、物語の起承転結がカッチリしてればいいって話じゃないんだな、って、改めて思いました。


 あと、銀之助の勝地涼くんが思った以上によかったです。
 座長の奥さんに間男したために、切り落とされて、男でも女でもなくなってしまった役。
 言動も行動もバカのようで、つきつめた明るさは時代を生き抜くための処方のような気さえしてしまう。そんな役。


『蜉蝣峠』いのうえ歌舞伎・壊<Punk>
2009年3月13日(金)~4月12日(日) 赤坂ACTシアター
[作]宮藤官九郎
[演出]いのうえひでのり
[CAST]闇太郎:古田新太、天晴:堤真一、お泪:高岡早紀、銀之助:勝地涼、サルキジ:木村了、がめ吉:梶原善、流石先生:粟根まこと、お寸:高田聖子、立派:橋本じゅん 他

AD

ロックオペラ「TOMMY」

テーマ:
070321.jpg 昼はお友達の舞台。そして夜TOMMYと、はじめて1日に舞台2本見るという経験をしました。
 4時間越えの舞台とか見てて、トータル時間はそれより少ないのに、なんだか疲れました。

 でも、昼がセリフ劇でTOMMYがほぼセリフのない音楽劇だったので、いいバランスだったかも。
 
 TOMMY、なかなかに絢爛豪華なステージでした。
 主役の中川晃教くんの歌唱力はさすがなので、安心して見れますが、ローリーさんもナイス!
 ホント、変わらない。きっと20年後もあのままの気がする……と、友達と言ってました。まあ、私より確実に足が細いよ!(笑)
 右近さんの変態おじさんは、素敵でした。こんなにいきいきと楽しく変態おじさんが演じられる役者さんは稀有なんじゃないでしょうか。三重苦の少年が親戚の変態にいたずらされる……って、見てる方はなかなかにしんどいシチュエーションなわけですが、右近さんが演ってるせいで、ツラくない。娯楽作品だったら、これくらいおバカで私はオッケーだ。


 一番よかったと思うのが、ソムン・タクのアシッド・クイーンでした。
 太陽みたいな声。
 一曲だけなのが、心底もったいない。
 とりあえず、CD買ってみよう。


 楽曲は、よかったです。The Whoに「よかった」は、不遜な言葉かもしれないけど(笑)。
 さすがに世代は違うワケですが、あの時代のロックのアルバムもYesはじめ何枚も持ってるので、違和感ない……というより、楽しい。
 音楽的には、たぶん、いつもの新感線より自分に近いなあ、と、思わせられました。(岡崎司さんの音楽が悪いというわけでなく、嗜好の問題)


 あとは、もうちょっとチケット代が安ければなあ。
 いつも思うのだけど、せめて8,000円くらいなら、なんとか日頃舞台を見ない友達なんかも誘えるのに。

朧の森に棲む鬼 

テーマ:

0126.jpg 普通に面白かった。


 小劇場時代からのファンのお友達の反応がイマイチだったで、覚悟して見たら、普通に楽しめました。
 たぶん、今回の公演は新感線らしさのベクトルが低くて、その分、一般にわかりやすいものなんだろうなあ。何しろ下敷きがシェイクスピアだし。コアなファンにはものたりなさがが出るのも仕方ない。(私はわかりやすいエンターテイメントが好きみたいです)


 シェイクスピア翻案を続けて見たわけですが、個人的な評価としては『メタルマクベス』より『朧』の方が面白かったです。
 好き嫌いなんだろうけど、主人公のライが悩まない悪党だから。
 芯のある悪党というのかな。
 苦悩する主人公、惑う主人公否定うするわけではないのですが、たぶん、今の私の体調とか気持ちに、ビシっと合った悪党だったのだと思います(笑)。

 私が見た染ちゃん主演のいのうえ歌舞伎は『阿修羅城の瞳』、『アオドクロ』ですが、たぶん、どれよりもカッコよくてハマってました。


 そのカッコよさを支えるのが、キンタ役の阿部サダヲさん。この人がいないと、たぶん、ライのカッコよさの半分も生きてこない。それくらい良かったです。


 本当になあ。せめて1万円切る値段だったら、日頃舞台を見に行かない人にも薦められるのに。
 四季だけじゃなくて、違う演劇の世界も見てみようよ、と、思わずにいられない。
 まあ、今でさえ、チケットがむちゃくちゃ取りにくかったりもするんですけど(笑)。


『朧の森に棲む鬼』

2007年1月2日(火)~27日(土) 新橋演舞場

[脚本]中島かずき [演出]いのうえひでのり
[CAST]ライ:市川染五郎、キンタ:阿部サダヲ、ツナ:秋山菜津子、シュテン:真木よう子、シキブ:高田聖子、ウラベ:粟根まこと、サダミツ:小須田康人、イチノオオキミ:田山涼成、マダレ:古田新太

[あらすじ]
森の魔物《オボロ》から、「オボロの剣」をもらったライ。
ありとあらゆる嘘を生み出す赤い舌と繋がり、その剣は言葉はライを王の座へ押し上げていく。色々な人間の愛や欲や憎しみさえも踏みつけ、利用して、昇りつめていくその先にあるのは何なのか。

押尾コータロー

テーマ:
 押尾コータローのライブに行ってきました。


 ものすごく練習すれば20年後くらいはあんな風になれるかも……と、さえ、1ミリも思わない超絶テクニックが素敵でした。
 私は3階席でちょっぴりステージから遠かったんですが(←うそつけ。ものすごく遠かったぞ)、アンコールは、「ずいぶん出てこないな」と、思ったら、いきなり脇の扉から御本人が3階に登場して、ベベベンとギターを弾いてくれました。1曲終えて次2階……と、大変サービスがよろしい。


 私の両隣は望遠鏡で、手元をものっそ熱心に観察してましたよ(笑)。
 DVDじゃ、ダメなのか?

天保12年のシェイクスピア

テーマ:

0930.jp  昨日、夜にメールが来て、突然行くことになりました。(←友達の友達がご不幸で行けなくなった)
 ちょっと数えてみたら、今月、ライブとか入れて8ステージ目。最後の最後も舞台でシメとは思わなかったです(笑)。
 TVで舞台の放映もしてくれる時代ですが、スポーツ、コンサート、舞台、と、映像にすることによって失われる何かは、舞台が一番多いような気がします。行けるなら、行っておこう、その時期にしか見られない「時分の花」を見に行こう。そんな感じ。

 仕事が終わらず、最初の30分くらいが見られなかったのが残念でした。
 でも、全部で幕間入れて4時間だもんね。30分見逃しても、あと3時間以上もあるあたりがスゴイ。
 これでもかという豪華な役者陣が歌って踊って、花のように散っていく。本当に豪華な舞台です。
 長いんだけど、面白くて1幕目はあっという間でした。


  これ、新感線も前にやっていて私は見ていないのですが、蜷川演出で最初に見た方がよかったかもしれません。
 蜷川チームの方々は、前にもシェイクスピア劇をやってるだけあって、セリフがきっちり聞き取れる。トレビアーン(笑)。
 (歌とかは新感線の方が面白いと思いうので、DVD見てみたいです)


 しかし、4時間を越える舞台は人から確実に何かを奪うね(笑)。
 見終わった後、なんだかヘロヘロでした。
 蜷川演出の舞台を見るのは初めてで、こういう機会がなかったら見なかったかもしれません。
 知ってはいるけど、舞台では初めて見る方が多くて楽しかったです。コクーン、広くはないけど狭くもないと思うのに、あの舞台が狭く見える役者の存在感はなんなんだろうと思います。


 そして、藤原竜也くんは、どの女優さんよりかわいかったです(笑)。


『天保十二年のシェイクスピア』
公演日程:2005年9月9日(金)~10月22日(土)

会場:シアター・コクーン
作 : 井上 ひさし/演出 : 蜷川 幸雄/音楽 : 宇崎 竜童/美術 : 中越 司/照明 : 原田 保/衣裳 : 前田 文子/音響 : 井上 正弘/振付 : 前田 清実/ヘアメイク : 高橋 功亘/所作指導 : 花柳 錦之輔/歌唱指導 : 泉 忠道/音楽補 : 池上 知嘉子/舞台監督 : 白石 英輔
出演 : 唐沢 寿明 藤原 竜也 篠原 涼子 夏木 マリ 高橋 惠子 勝村 政信 木場 勝己 吉田 鋼太郎 壤 晴彦 高橋 洋 毬谷 友子 沢 竜二 西岡 徳馬 白石 加代子 他


Wave,The Earth Beating/宮田まこと

テーマ:
 ボサノヴァのライブを聞きに行って来ました。

 どうして、こうアンプラグドの楽器というのは心地いいのでしょう。
 ギター、サックス、ウッドベースという構成で、ゆらゆらと揺られて聞いておりました。


 会場でCDも買ってきたけど、聞いたら、やっぱり寝ちゃうな……きっと(笑)。


 夏に、音楽関係のライブがスケジュールの都合で全滅(行けなかった)ので、ちょっと秋は生音を聞きに行きたいなあ、と。
 来月もアコースティックギターのライブに行く予定。

ダンス

テーマ:

 月与野うりうりさんに誘ってもらって、ダンス公演を見てきました。(でも、うりうりさんはスタッフなのでひとりで鑑賞)


 モダンは、もしかして生で見るのは初めて……かな?

 ダンサーの皆様は、ほんとうに踊るための足、踊るための腕、踊るための腹がウツクシイです。

 私、やっぱり、ただ単に細いより、なにかのために鍛えられた(ただ単に筋肉つけてるだけじゃなく)体が好きだなあ、と、思いました。

LAST SHOW

テーマ:

 PARCO劇場で、お芝居を見てきました。


 阿佐ヶ谷スパイダースの長塚圭史作・演出。
 舞台は見るけど詳しくない私は、長塚作品を見るのは初めて。
 ブラックで暴力的だけど面白かったです。
 間違いなく才能ある作家さんだと思います。
 どういう才能かというと、あれだ。柿本人麻呂だ。


あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む


 初めて百人一首でこの歌を見た時(たぶん、幼稚園?)は、全然わけがわかりませんでした。
 中学生くらいで「あしひき」が「山」の枕詞であることを知って、でも、わけのわからないことは同じ。
 高校か大学で先生に
「この当時の歌は、語って聞かせるものだから」
と、聞いて、初めて納得できました。
 そうか、ライブだ。
 ライブで歌って聞かせるものを、文字づらだけ読んでも、良さがわからないのはアタリマエ。
 武道館初来日熱狂ライブを、文字起こしして読まされているようなものです。


 「あしひき」とくれば「山」と来るのはお約束。オーディエンスは山が出る予感を感じているのに「山鳥」と来て、軽いジャブをかまします。
 しかも、メインは山鳥本人(……人?)ではなく、そのパーツの「尾」。お笑いだったらツッコミが見事なコケを見せているところです。
 尾が長いって、ギャグかよ!と、思ったオーディエンスを更に裏切って、ひとりの寂しさを歌い上げてフィナーレ。
 どうでしょう?
 31文字だというのに、起承転結のあるドラマを見た気がしませんか?


 まあ、そんな感じ。(わかんねーよ!)


 ごく拙い言葉を操るとしたら、言葉が言葉を呼ぶ、一瞬も気が抜けないセリフ達とでもいいましょうか。
 予想をどんどんどんどん超えて、暴力的に。
 予想をどんどんどんどん超えて、狂気に。
 それなのに、予想をくつがえして、ちょっと泣かされた。


 まあ、そんな感じ。