一角獣の繭 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)/篠田 真由美

 栗本深春は桜井京介から、「聖女の塔」事件の後遺症が心配される蒼のお目付け役件、ボディガードを依頼される。安全のために蒼が連れて行かれたのは、上高地に近い会員制高級リゾート・鏡平。昔ながらの上流階級の人間のみが参加を許され、ひっそり世間から隠されて存在していた。

 蒼はそこで「一角獣」に出会う。杖をつき、張り詰めたような表情で自分をショウと呼べという七座晶那に、心惹かれていく蒼。晶那は数年前に家族を失っていた。別荘で祖母と血の繋がらない叔母と父が亡くなったのだ。祖母と叔母は焼死し、父はイッカクの牙に片目を貫かれて……。

 久々に読書をしてみました。
 久々のブログ更新です。
 数年前から、がくん、と読むペースが落ちたのも本当なんですが、なんとなく感想や印象を書くモードでなかったというのも大きい気がします。

 しかし、今回の本を読んで、忘備録って必要だなあ、と、とつくづく思いました。
 シリーズ前作の「聖女の塔」が出たのが、えっと……(ネットで確認中)……2006年か。
 この本が2007年発行なので建築探偵の刊行ペース的にはきちんと出ているのですが、私は前作は刊行して割とすぐ、本作はジャストナウ読み終わったので、4、5年空いてます。
 だから、読んでて何度も、「それ、誰ですか!?」という目に会いました。
 しかも、たしか、前作の「聖女の塔」は、シリーズの割と前の方の登場人物が重要なポジションで出てきて、これまた「そんな人いたっけ……か……?」という気持ちになってた記憶が(うっすらと)あります。
 1作ごとの事件とは別に、少しずつ主人公のまわりの物語が動いていくものがシリーズもの。それはいいとしても、連続ドラマばりに話の関係性が高いとなると、1年1作の刊行ペースはちとつらい。(主に私の記憶力的に)
そんな次第で、忘備録復活です。

 今回のメインは「蒼の恋」でしょうか。
 体も心も傷つけられた少女にかつての自分の姿を見て、自分が救われたように少女にも救われて欲しいと願い、時間をかけて寄り添っていく蒼。恋に見せかけて実のところは代償行為かな、と、思ったら、割と恋でした。
シリーズ1作目の「原罪の庭」では小さかった蒼も大学生。現実でも物語世界でも10年以上の年月が流れています。私が1作目を読んだのがたぶん10年くらい前だから……そりゃ、蒼だって私だって年を取るよね。(そして記憶力も落ちるよね!)
 久々にシリーズを読んで、なぜご無沙汰になってしまったか思い出しました。
 シリーズが進むごとにミステリ要素がだんだん薄くなってしまったから。

 本作、シリーズなので「建築探偵」を歌っていますが、建築探偵要素はあまりありません。
 ミステリ部分も……えっと、同じトリック、最近テレビアニメで見ました、っていうくらいなので、そこに期待して読むと裏切られると思います。
 ラストに向けて主人公を取り巻く大きなうねりが本流となってきたからです。この状態になると、地の文が好きか嫌いか。(小説として優れてるかとどうかではなく、単なる個人の好みです)
 ここ5年くらいの私は、このテイストの気分じゃなかったんだろうなあ、と、思いました。
 本作を読んでも、やっぱり蒼にちょっとしたズレを感じます。

 でも、あと2冊だもんね。
 せっかくなので完結まで読もうと思います。

AD

聖霊狩り―冥界の罠

テーマ:

 『聖霊狩り―冥界の罠』(瀬川貴次/集英社コバルト文庫)読了。
 なんだかんだで、コバルトで読んでいるのは、このシリーズだけになってしまいました。このシリーズが終わったら、いよいよ本格的にコバルトともサヨナラなんでしょうか。グッバイ、オレの少女時代。(←すごくずうしい)


 でも、舞台が移ってからは、割と進みがゆっくりな気がするので、まだもう少し楽しめそうです。

 今回は、いよいよ黒幕スメルを振りまいていた山科さんの正体が、ほんの少しわかって来ました。コバルトの中では、割とおっさんが多いというか(失礼!)、登場人物の年齢が高いのも、私なんかには嬉しいです。
 一方で、柊一の小さな恋の物語もゆっくりと進んでいるので、それは、高校生気分でほのぼのと読ませてもらおうかしらっ。


 この物語の登場人物は年齢も幅広くて、しかも、みんなキャラが立ってますね。

 しかし、実際に鎌倉に行かれたことのない熱心な読者さんは、鎌倉は怨霊だらけの怖い土地だと思っちゃわないか心配です。

AD

復刊ドットコム奮戦記

テーマ:

 今は休業中というか、このblogに統合された形になってしまっていますが、私が以前、chezというHPを作ったのは、絶版に抵抗するためでした。
 私の好きな海外翻訳の本は、大変絶版になりやすいジャンルです。
 ちょっと前に本屋で見かけたのに、読みたいと思ったら、もう絶版になっていた。
 そんな思いを何度もしました。
 好きな本を好きな時に読みたい。
 それが許されないのが昨今の出版事情で、その強烈な危機感は、大した影響力も期待できないくせに私にサイトを開設させたのでした。


 さて、本馬鹿の人なら一度は行ったことがあるだろうサイト、復刊ドットコム
 復刊ドットコムのサイトの中のブログ を元に、その誕生から復刊交渉の苦労や裏話をまとめた『復刊ドットコム奮戦記』(左田野渉/築地書館)を読んでみました。


 数年前に三銃士の映画を何本か見た時に、デュマの原作が読んでみたくなりました。
 ネットで検索してみたら、復刊ドットコムのブッキングから発行されていました。
 私は、その値段を見て、「高いなあ」と思ったことを覚えています。
 私が高いと思ったのは、講談社文庫でダルタニアン物語が出ていたのを知っていて、文庫の値段と比べてしまったからです。
 でも、この本を読んで納得が行きました。
 絶版というのは、売れに売れている本がなるものでなく、それなりに理由があってなるもの。たとえ、復刊しても爆発的な部数は出ないものなのですね。小部数発行の本が高いのは当たり前です。


 全巻ものの出版社リスクというのも、この本ではじめて知りました。
 全巻ものは、全巻が均一に売れるわけじゃないのに、全巻在庫を確保しておかなければいけないという、難しさがあったのですね!
 そりゃ、そうだよなー、石ノ森章太郎萬画大全集(全500冊)だって、一部だけしか買わない人だっているしなあ。(金銭面ではどうにかなるとしても、全500冊の置き場所だって必要だし)


 そんな事情も含めて、「あの本が読みたいのに、本屋に売ってない」と、寂しい思いを一度でもした人なら興味深く読める内容だと思います。


 あとは、ファンというのはすごいなあ、と、あらためて思いました。
 復刊の見込みのない本もありますが、復刊になった本の多くはファンの人が投票して、あるいは原本や情報を提供して復刊にこぎつけたもの。
 ひとりの力は大したものではないけれど、そのひとりが力を出さなくては何もはじまらない。


 そんなわけで、私は今後も、ネットの海の片隅でぼそぼそと書物に対する愛を叫んで行きたいと思います。

AD

吉原御免状

テーマ:

1013.jpg  新感線の舞台がきっかけで読んだ本ですが……やられた!
 こんなに見事な小説だったのか、と、いうのが正直な感想です。『吉原御免状』(隆慶一郎/新潮文庫)。


 剣豪・宮本武蔵に山で育てられた松永誠一郎は、武蔵の遺言に従い、26歳で山を下り、江戸・吉原に向かった。
 吉原で出会う不思議な老人・幻斎、稀代の花魁・高尾太夫、そして、「吉原御免状」を狙い暗躍する裏柳生。
 さまざまな人間の思惑が誠一郎を巡り、そして、「吉原御免状」の謎が明らかになった時……。


 舞台を見て、
「この人物は、こういう伝承があるんだよな」
とか
「この設定はこうつながると面白いのにな」
と、密かに思っていたことが、原作を読んだらすべてやられていました。
 隆慶一郎、恐るべし。
 破天荒な設定をこれでもかこれでもかブチこんでおいて、それをきちんと文献で証明しみせるあたり、ものすごく好きです。(意外性と論理性というやつですね)


 それでいながら、馥郁たる時代小説の香りはきちんとありまして、高尾の匂いたつような色香はなんともいえません。
 舞台だけで原作を読まなかったら、『吉原御免状』という物語の1/10も楽しんでいないことになるでしょう。
 もちろん、舞台が悪いというわけではありません。舞台と小説というメディアは別のもの。小説は読むのに何時間かかってもかまいませんが、舞台には時間制限だってあります。舞台ならではの魅力というものもあります。


 対して、小説は心理描写や人物描写にじっくりと時間をかけられるメディア。
 ひとりひとりのキャラクターが、背景を含めてじっくりと描かれています。
 小説で特に魅力的だったのが、幻斎と世良田二郎三郎元信。


 そんなに秘密でもないので、バラしてしまうと、幻斎の正体は庄司甚右衛門です。
 庄司甚右衛門というのは文献に残る吉原創設者で、北条氏の御家人だったということが伝えられていますが、詳細は不明。
 不明部分は実は……と、物語の根底にかかわることなので、これは省略。
 ただ、この幻斎、非常に魅力的な人物として描かれていることは言っていいでしょう。
 80代にして、女郎がその言葉だけでぽーっとなってしまう人あしらい。唐剣の剣さばきは壮年の男並み……と、主役の誠一郎が霞んでしまいそうです。


 対して、世良田二郎三郎元信は、背の低い醜男です。これもバラしてかまわないか思うのですが、彼は48歳の時、その容貌を買われて家康の影武者になり、関が原以降、死亡してしまった家康としての人生を送ります。
 この運命の語りが面白い。これだけで本を一冊書けるネタを豪奢に投入してしまっています。
 彼こそが吉原御免状を書いた「家康」であるのですが、世良田二郎三郎元信を描くことによって、この幕府を震撼させるものの正体に至る部分が非常に胸落ちする内容となっています。


 民俗学もちょっとかじっていたりすると、また非常に楽しく読めると思います。
 ネタバレになるので書けないけど、あのネタとかこのネタとか。

宇宙番長ムサシ

テーマ:

1007.jpg  『秀介ファイルNo.2 』と一緒に『宇宙番長ゴロー』(辻真先/朝日ソノラマ)も売っていたので買いました。
 実家に株式学園の伝説は3冊ともあるんですが、3年ほど前は「お前は辻真先でも読んでればいいんじゃ!」と私をバカにしたくせに、その後あっさり辻真先ファンになり、今では私より辻作品を読んでいるJのためにです。(普通なら同志が増えるのはとても嬉しいのに、なんとなく素直に喜べないのはなぜだろう?(笑))


 ついでに、久しぶりに再読。
 うむぅ。面白い。
 もちろん古い作品だから今見ると古いところはいくらでもあるのだけど、破天荒な設定が大好きです。
 「株式学園の伝説」シリーズという三部作(『変身番長サクラ』、『宇宙番長ムサシ』、『SF番長ゴロー』)の2部目にあたる本作、たぶん3冊の中で一番はっちゃけた設定です。


 株式学園は、主人公たちが通う学園の名前。
 ちなみに、由来は株山と式場という二人の学長の名前から一文字ずつ取った……という設定になっています。
 昨日、ふと、サイコドクターぶらり旅 を読んでいて、国府台の式場病院と式場隆三郎 についてのテキストを読みました。
 も、もしかして、辻先生、式場教授の名前はここから取った……?

 まあ、偶然かもしれませんが、辻先生のことだから油断はできません。
 ものすごくエネルギッシュな活動をした式場隆三郎という人と、SF、ミステリ、脚本、評論と、物書きとしては相当エネルギッシュで多作な辻真先は通じるものがあるような気がするし。


 ああ、コアな辻真先ファンにしか面白くないテキストを書いてしまった……。

秀介ファイルNo.2

テーマ:

1005.jpg  奇跡のような邂逅でした。『秀介ファイルNo.2』(辻真先/朝日ソノラマ文庫)。


 もうずいぶん前に絶版……つーか、初版発行が昭和62年ですよ。
 もともと流通してなかったのか、古本屋でも一回も見たことがありませんでした。


 えー、なんと研修で行った秋葉原の昼休みにゲット。


 この時代は濫作の時代で、辻ミステリとして見ると、ネタの使いまわしが多いような気がします。
 ただ、発行から20年近く経つライトノベルとしてみると、今や、もう80年代の史料としてもいい気がするのね。


 主人公は、平凡を装う天才少年。
 アイドルの恋人と地味にすごして生きたいのに、なぜかまわりで殺人事件が多発する。
 その影には、「安楽死保証組合」(通称:安保)と呼ばれる暗殺集団の影。窮地に追い込まれた天才少年は、恋人をスポークスマンとして事件を推理する……と、『名探偵コナン』を彷彿とさせる設定です。
 思うに辻真先という人は、早すぎた気がします。もうちょっとライトノベルを書く時代が遅ければ、メディアミックスでものすごいブームを巻き起こしえたかもしれないのに。


 辛口なことを書いても、たぶん、いつまでも辻作品というのは私のベースだと思います。

 初期の作品のいくつかは、宝物のように好きだし、特にこれから復刊する見込みのない、「マッドボーイシリーズ」が大好きです。
 これ、今、思ったけど、多分に新感線の世界なんですね。三つ子の魂100までも、ってホントだなあ(笑)。

キマイラの新しい城

テーマ:

 ちょっと評価が難しいけど、ざくざく読めた『キマイラの新しい城』(殊能将之/講談社ノベルス)。


「私を殺した犯人は誰なんだ?」
 欧州の古城を移築して作られたテーマパークの社長が、古城の領主の霊に取り憑かれた!?
 750年前の事件の現場状況も容疑者も全て社長の頭の中にしかない。依頼を受けた石動戯作も中世の人間のふりをして謎に迫る。
 さらに、現実にも殺人が!石動はふたつの事件を解明できるか。


と、まあ、こんな感じのお話なので、主に、中世の領主の視点で物語が語られます。
 私、ちょっとうがちすぎで、「中世の人間の視点」というところがトリックになっているのかと思いました。(まあ、まんざら間違いでもなかったけど)
 『ハサミ男』の作者なので、期待しすぎてしまったみたいです。
 基本的には、ワン・トリックに寄りかかってるので、そのトリックに「なーんだ」と、思ってしまうとつまらないのかも。


 『空の境界』の後のせいか異様にざくざく読めるなあ、と、思っていたのですが、よく考えれば、この作者の手腕ですね。
 これくらい切れがいい方が、やっぱり私は好き。


 領主のキャラが、こっけいでも本人、大真面目。男気に溢れています。
 ドンキホーテを思わせて、切なく愛しい感じです。

空の境界・下

テーマ:

『空の境界・下』(奈須きのこ/講談社ノベルス)読了。
 かなりがんばりました。


 この小説の登場人物、本当に説明好きなんだな、って、思います。饒舌に奔流のように語られる言葉の数々の多くは、興味なければスルーしても小説を読み進めるのに問題がありません。その中に巧妙(?)に混ぜられた割合にして1/10くらいの言葉だけが、ストーリーに直接関連してきます。
 後の9/10を楽しめるか、楽しめないかが、この本の評価の分かれ道でしょう。

 伝奇ライトノベルとしてみたら、アリだな、面白いな、と、思います。
 伝奇風味の恋愛物語としたら、私はナシです。これは、面白いかと面白くないとは全然別の話で、恋愛観の違いだと思います。詳しく語るとネタバレなんですが、単純にいえば「そんなに頭でっかちの恋愛、私はイヤだ」(笑)。


 自分の10代を思い返すと、洗脳効果が高いものが好きでした。
 強い生き方や、自分に自信のある人の決めつけ。そんなものが輝いて見えて、憧れました。
 今、「私は私の好きにやる」と、わがままな大人になった私が、この小説に耽溺できないのは当たり前かもしれません。
 奈須きのこの文章は、割と洗脳効果の高いもので、10代だったら一撃でやられてそうな気もします。


 特別であることに何より憧れた時代。
 そんな季節を思い浮かべながら、本を閉じたのでありました。

空の境界・上

テーマ:
 今さらですが、読んでみました。『空の境界・上』(奈須きのこ/講談社ノベルス)。
 同人小説から加筆修正されて、メジャーから発売された1冊です。
 えー、これは間違いなく同人小説ですね。
 同人といっても、下手なプロより面白いもの上手いものが多くありますので、私は「同人」にネガティブイメージはありません。この本の何が同人かというと、その、人を選ぶクセです。
 このクセを受け入れるか、受け入れないかで、読めるか読めないかが決まる1冊、と、いっても過言ではないと思います。
 おもしろいなあ、と、思うのは、この本が出版されるほど、世間がオタクな意味での同人界に近づいていることでしょうか。
 もし、かつての日本なら、この本は出版されないか、もっとノーマライズされて世に出たでしょう。
 今、この本がこの状態で出るのは、一般社会のオタク化著しい状況ならではかもしれません。

 普通一般の方が会社帰りに電車の中で読むには、この本はくどすぎるし、情報過多すぎる。
 まあ、私も立派にオタクなので、割とおもしろく読んでおりますが、やたらと手につくトフィーを食べているような感覚がありました。 その粘っこさがクセになるかどうか。
 とりあえず、下巻も戦ってみたいと思います。

 2年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式(りょうぎしき)が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。浮遊する幽霊の群れ。人の死を蒐集する螺旋建築……。この世の存在のすべてを“殺す”、式のナイフに映る数々の怪異。非日常の世界は、日常の世界と溶け合って存在している。 あの伝説の同人小説の講談社ノベルス化が満を持して成就。“新伝綺”ムーブメントの到来を告げる傑作中の傑作がいま新生する!!

聖霊狩り―呪われた都市

テーマ:

  『聖霊狩り――呪われた都市(まち)』(瀬川貴次/集英社コバルト文庫)読了。
 著者がデビューから書いている長いシリーズなのですが、プラットフォームをスーパークエスト文庫からコバルト文庫から移してからも、割と長くなってきました。
 この本は発行から、やや時間がたって(初版発行:2004年6月)の読了です。

 前の本を読んでから1年あまり。
 前の本を読んだ後、墜落するように腐女子化が進んだ現在、以前は単純に笑ってた萌ちゃんの行動が、なかなか笑えなくなってきました。
 うん、そっか。
 私も人に迷惑をかけないように気をつけよう。

 まあ、人というのはサトリの化け物で、迷惑というのがブロックしてもしきれないくらいの強く腐った思念を読ますということなんですけど(笑)。

 相変わらずキャラが立ってて面白いです。