ベッドタイム・リーティング-ダ・ヴィンチ・レガシー

 久々に読書感想などを。
  『ダ・ヴィンチ・レガシー』(ルイス・パーデュ、中村 有希訳/集英社文庫)。


 タイトルからして、例によって『ダヴィンチ・コード』の2匹目のドジョウを狙ったと思ったら、初版は1983年だったようです。2004年に改稿されたものが、この文庫バージョン。
 と、いうか、
「ダヴィンチ・コードの作者、盗作で訴えられる」
 というニュースを以前読んだことがうっすらあったような気がしたら、どうやら、訴えたのがこの本の作者だったようで。


 結論からいうと、まったく別物です。

 裁判所もそう思ったらしく、敗訴した模様。
 うん、そうだよね!前に読んだ『ダヴィンチ・コード』の種本の本の方が、よっぽど訴えていいと思うよ。


 でも、つまらないかというとそんなことはなく。
 これはこれで冒険活劇として面白いんじゃないでしょうか。


 アマチュアのダ・ヴィンチ研究者ヴァンスは、養父が手に入れたダ・ヴィンチの手稿を調べるうち、2ページ分がすりかえられていることに気がついた。酒肴の謎を追う先々で起こる殺人事件。やがて、その裏には宗教界や秘密結社がからむ闇の陰謀が隠されていることが明かに。消えた手稿には、約500年の時を超え、現代の人間も驚嘆させる"何か"が書かれていたのだ。手に汗握る展開と知的興奮が導く衝撃のクライマックス!(文庫カバーより)


 主人公のヴァンス・エリクソンと、謎の結社(ブレーメン結社)と宗教団体(修道士聖ペテロに選ばれし兄弟たちの修道会)の三つ巴の戦いの構図は、面白いなあ、と思います。
 舞台も、ミラノ、コモ、ボローニャとイタリアの都市を色々巡って派手。
 物語としては、いい出来だと思うんだけどなあ。


 でも、『ダヴィンチ・コード』を訴えるのは、やっぱりあさってな感じです(笑)。
 ミステリにカテゴライズしていいかさえ迷ったし。

AD

 PC内を掃除していて、ブログにアップせずにほったらかしになっていた感想を発掘しました。

 私にしては、割と刊行されて時間をおかず(←あくまで当社比)読んでいたのに。

 今さら感もありますが、シリーズもののコージーミステリは遅れて参戦する人もたくさんいると思うので、アップしておきます。(自分の覚書のためにも!)

 お菓子探偵ハンナ第5弾。『ファッジ・カップケーキは怒っている』(ジョアン フルーク、上条 ひろみ訳/ヴィレッジブックス)。

 このシリーズの面白いところは、アメリカの架空の地方都市・レイクエデンが舞台となっているところでしょう。
 アメリカだと映画やドラマの舞台になるのは、NYやロスがほとんどです。

 私もアメリカはハワイとNYにしか行ったことがありません。
 アメリカ人にいわすと、ハワイはもちろん、NYは別の国みたいなもので、アメリカではあるけれどアメリカではないそうな。

 これ、重要です。
 多くのアメリカ人はNYやロス以外のところに住んで、コスモポリタンでもジェットセットでもない生活をしています。ご近所とつきあい、ご近所の噂話をし、町の小さな行事に参加して、地に足のついた楽しい暮らしをしているのです。
 そんなアメリカの地方都市の暮らしを体験できるのが、このシリーズ。

 アメリカの田舎には、最近日本では絶滅の危機の、濃い近所付き合いが残っているようです。
 シリーズに長くつきあってくると、自分までご近所の一員になった気がするんですね。
 アルツハイマーの父を持つ働き者のリサの婚約に「支えてくれる人が出来てよかったねえ」と近所のおばさんのように喜んだり、ハンナの口やかましいお母さん(未亡人)のロマンスに「まあ、つれあいを亡くしてから大分たつしねえ」と、近所のご隠居のように思ったりします。

 今回は、出勤できずにもんもんと頼まれもしない家事をしてしまうフレッドと、それに気が狂いそうなアレクが面白かったです。
 熟年離婚の原因って、案外、こんな感じかもしれません。
 日頃あまり家庭にいない旦那さんがべっとり家にいて、不合理に見えながらも一定のルールで管理してるものにイチイチ口をだされたら、主婦はイライラすること違いなし。
 現にアレクは心からご主人を愛してても、ハンナに
「気が狂いそうなの! 今すぐ来て」
 と、たびたび助けをもとめています。
 妊婦さんの精神衛生のためにも早く事件が解決するように、私も祈りました(笑)。
 小さなドラマが色々と発生している、ご近所ホームミステリみたいな感がありますが、それをだれずに見せているあたり、やっぱり面白いシリーズだなあ、と、思います。続刊ももちろん楽しみです。

AD

 これもずいぶん前に読了していたもの。(多いな、こういうの)
 『ロマンス作家「殺人」事件』(エリザベス・ピーターズ、本間有訳/扶桑社ミステリー)


 分類するとユーモア小説の中に入りますが、ちょっとそれだけではもったいないので、自分のためのメモ書きの意味も含めて感想書いておきます。


 ニューヨークで開催中の、歴史ロマンス作家大会にもぐりこんだジャクリーン。そのパーティの真っ只中、参加者のスキャンダルを追っていた女性コラムニストが変死を遂げる。自然死か、それとも殺人か。容疑のかかる作家や出版関係者は、いずれおとらぬクセモノぞろい。奇人変人の群れをかいくぐって、素人探偵がたどりついた事件の意外な真相とは? 

 『ベストセラー「殺人」事件』に先立つジャクリーンの大活躍。

 MWA賞受賞作家による大好評ユーモア本格ミステリー第三弾。


 作者について調べてみたら、バーバラ・マイクルズの別のペンネームでした。
 バーバラ・マイクルズといえば、『不思議な遺言』ですよ。これ、女性が主人公だし、素材がアンティーク・ジュエリーだしでコージーミステリと思われたかもしれないけど、面白かったのに。
 オススメしたいところなんですが、絶版なので、もし興味あれば古本屋で探してみてください。


 で、本作ですが、ジャクリーン・カービーが主人公のミステリの3作目……ではなく、たしか5作目。翻訳小説だと、一番人気のものから訳出されたりするのがクセものです。
 ジャクリーンは、初登場の時は大学の司書(リチャード三世「殺人」事件 )。次に登場した時は売れっ子の作家になっていて(ベストセラー「殺人」事件)、あまりの変わりぶりにびっくりしました。
 ジャクリーンが作家に転身したきっかけとなった事件が、この作品では語られます。


 舞台は、アメリカのロマンス業界。
 ……。
 ……ちょっと待って!
 ロマンス業界って、ちょっとバカに出来ない規模の産業(?)なんですよ。某ロマンス作家は、1文字タイプするごとに2ドルになるという逸話があります。日本語と英語だから少し違いますが、400字詰め原稿用紙1枚の値段でも暗算してみてください。ちょっと、びっくりする金額です。
 お金が動くところというのは、人々の思惑も様々にからみついていたります。
 そんな色々な、ねっとりした思いが渦巻くところを描いたのが、この作品。


 なんといっても、燃えるような赤毛の主人公、ジャクリーンが小気味いい。
 もう成人した子供がいるのでそれなりの年のはずなのに年齢不詳。恋人はいるけど、その恋人によっかかることもしない、そしてかなり毒舌。
 これくらいのキャラクターじゃないと、魑魅魍魎跋扈する、毒とお花畑が共存するロマンス業界とは渡り合えないのかもしれません。

 あと、作中では、イタいファンを登場させています。この描写がイタくて気持ち悪い。それでいて、そんなイタさも、きちんとフォローしているので、後味もそれほど悪くならないのがよかったです。


 少し前ですが、日本のロマンス業界の裏話を聞く機会がありました。(なかなかにドロドロでこわいお話でしたよ)
 お金が動くところの人間模様って、アメリカも日本もそれほど変わらないのもしれません。
 

AD
 ミステリとしての面白さという点では、正直いってそれほどでないのですが、それ以外の部分が面白くてするすると読んでしまった一冊『アンティーク鑑定士は見やぶる』(エミール・ジェンキンス、田辺千幸/ランダムハウス講談社)。

 古今東西色々な探偵がいます。スケルトン探偵、建築探偵、お菓子探偵……。
 この本の場合は、アンティーク探偵でしょうか。


 主人公のスターリング・グラスは、新聞にコラムも持っている鑑定士。
 ある日、NYからかかってきた鑑定依頼の電話は、スターリングを思ってもみない混乱の日々に巻き込んでいきます。


 作者は現役の鑑定士だそうです。現場の人ならではのアンティークへの知識が、そこここに散りばめられています。
 章の頭には、アンテイークに関する新聞コラムが載っていて、スターリングの原稿という体裁を取りながら、章のお話とも連動しているのが心にくい。
 鑑定団は良く見てるはずなのに、この本で初めて知ったこともたくさんありました。
 パートナーズ・ビューローや、セクレタリー・ブックケース……。


 私がアンティークの知識以上に面白かったのが、人間模様です。
 たぶん、作者は鑑定士として、アンティークとそれを巡るドラマを見てきたのでしょう。かなり色々なタイプの登場人物が出てくるのに、どの人も顔が見えるように感じるほどです。
 特に、鑑定を通して知り合うソロモンや、クレイトン夫妻のようなシニアがいい味。切ない味わいがしみじみとせまりました。


 次回作が出れば、たぶん読む。
 そんなコージーな一冊。

聖骸布血盟・下

テーマ:

 うわ、こうオチをつけるのか、と、意外だった『聖骸布血盟・下』(フリア・ナバロ 、白川貴子訳/ランダムハウス講談社文庫)。
 意外だったことは意外だったけど、満足してるかは別の話になります。
 ここいら、『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウンならこう書かないだろうなあ、と、面白く思いました。すごくダン・ブラウンはハリウッド式の物語を作っているんだなあ、と、変なところで納得。
 好みの別れるラストでしょう。


 裏表紙のストーリー紹介で“舌のない男”の焼死体と出てきたので、どんなに惨殺死体なんだと読む前は思っていました。読んでみたら、“舌のない男”が何人も出てきました。男達はある信念の元、自らの舌を切り落とすことを選択した人達なのです。
 このエピソードは非常に重苦しいもので、この物語全体を体言しているようです。
 宗教は人を救うのか、という重苦しい命題がストレートではないにしろ、見え隠れしています。
 ここいら、宗教に関してノンポリの日本人にとっては、本当に理解不能なところでしょう。


 あ、聖骸布の炭素年代測定で中世と出たことへの理由付けは面白かったです。

聖骸布血盟・上

テーマ:

 読んでいたのは2月で、まさに渦中の場所だったのに、それには全く気がつかなかったという『聖骸布血盟・上』(フリア・ナバロ 、白川貴子訳/ランダムハウス講談社文庫)。


 トリノが舞台です。
 オリンピック開催地だったのでTVのトリノ特集も多かったはず。(私は見ませんでしたが、「世界不思議発見」で聖骸布の謎をやったって本当?)
 たぶん、TVや雑誌で一度はご覧になった方も多いと思います。トリノの聖骸布。
 キリスト教世界には、山ほどイエス・キリストの聖遺物というのが存在しますが、その中でもトップクラスの知名度でしょう。
 麻布に浮かび上がる男性の姿。その姿はイエスと同じ場所に傷があり、処刑後、イエスの体を包んだとされています。
 1988年に行われたC14炭素測定法による検査で聖骸布は1260年代から1390年代のもの、と測定されましたが、依然、トリノの聖骸布は謎に包まれているのです。


 キリストの聖骸布が保管される、トリノ大聖堂で火災が発生。焼跡から発見されたのは、“舌のない男”の焼死体だった。その2年前同じ聖堂で逮捕された窃盗犯にもやはり舌がなく、指紋もすべて焼かれていた。
 美術品特捜部部長マルコは、二つの事件の関連を疑い捜査に乗りだす。
 だがこれは、やがて世界を震撼させる恐ろしい陰謀劇の序章にすぎなかった……。
 聖骸布をめぐる謎と歴史のうねりが織りなす、歴史ミステリ巨篇。


 この物語は、聖骸布をめぐり、過去と現代が交錯する物語です。
 過去との交錯というと私の大好きなゴダードがよく使うのですが、ゴダードの幽玄さに比べたら、もっと輪郭がくっきりした感じ。過去の方が鮮やかに感じるくらいです。
 現在編との違いを考えると、過去話の登場人物はイエスの教えに殉じてる人であることが大きいような。


 作者はスペイン人で(ということは、たぶんカトリックだと思われる)、英米とはまた違ったキリスト教観になるんじゃないかと思うので、後編も楽しみ。

天使と悪魔・下

テーマ:

 そういえば、これもずいぶん前に読了して感想を書いていなかったのでした。『天使と悪魔・下』(ダン ブラウン、越前敏弥訳/角川書店)。


 結論からいうと、面白かったです。
 実は私、前から法王の出てくる話を書いてみたくて「へへん、宗教にルーズな日本に生まれてよかった!」などと思っていたわけです。
 でも、ダン・ブラウンに見事にしてやられました。
 なんなのかしら、この自由さは(笑)。
「え!? いいの?」
という、オチにびっくりしました。
 オチの意外性というより、「え、こんな展開にしちゃって、バチカン怒らないの?」的なびっくり。
(「熱心なカトリック、刺客差し向けてこない?」というびっくり)


 うきうきするような冒険活劇というなら、この作品はオススメです。
 永遠の都ローマを縦横無尽に駆け抜けるスピード感にうきうきしました。
 また、ローマに行くことがあるなら、この本(その頃には文庫が出てるだろう)を持って行きたいです。


 絵的な派手さが存分にあるこの作品、もしかしたらもうすぐ公開される『ダ・ヴィンチ・コード』より、映画向きかもしれません。

男殺しのロニー

テーマ:

 感想書くのを忘れてました。読了ってもしかしたら……去年?(そんな!)
 『男殺しのロニー』(レイ シャノン、鈴木恵訳/ヴィレッジブックス)。


 美人でやり手の映画プロデューサー・ロニーは、バーで女に暴力をふるっていた男をビール瓶で殴りつけた。
 しかし、殴った相手は裏の社会で有名な凶悪ニオン。
 ニオンはロニーの身元を探り出し、彼女をレイプした上で金を搾り取ろうとする。
 警察なんかには頼れない。やるなら自分で殺る、と、決めた彼女は脚本家志望で仮釈放中のエリスを見つけ出す。
 しかし、エリスもまたヤバイ筋から負われていて……。


 分類すれば、クライム・ノベルでしょうか。
 ともかく、強い女主人公が大好きな私にとっては気持ちのいい小説でした。
 ミステリというよりは、サスペンス。失踪感が心地いい。
 バイオレンスでありながらも、それだけに終わらないのは、つっぱしるロニーと、実は冷静で頭脳派のエリスのコンビネーションが取れているからでしょう。
 話題にはあまりならなくても、かなり質の高い1冊だと思うのだけど。

略奪

テーマ:
 想像力を色々な方面にそそられる2文字ですが(笑)、略奪美術品の略奪です。
 第2次世界大戦時、ナチスドイツが自国のユダヤ人や占領下のフランス人などから数々の美術品を名目ばかりの買い上げ、その実は略奪しました。
 この略奪美術品については、ノンフィクションの優れたルポルタージュも数々発表されています。
 そして、スケルトン探偵のシリーズで有名なエルキンスも、自作の中で何度か取り上げています。
 今回の本は、美術探偵クリス・ノーグレンのシリーズとは別の主人公が活躍する1冊、『略奪』(アーロン・エルキンス、笹野 洋子訳/講談社文庫)。

 この本を読んで思ったのは、日本は島国でヨーロッパは大陸だということ。
 日本に住んでいると、いいものも悪いものも海を越えないと入ってこないのに、地続きのヨーロッパはいいものも悪いものもすぐ隣にあるのだなあ、と、思いました。
 この物語では、第2次世界大戦の時の記憶を持つ登場人物から、その物語が語られます。
 日本の「おじいちゃんの戦争の話」とは、少し違った風情があるのは、たぶん、このお隣感覚の違いでしょう。
 虐げた側と、虐げられた側は、昨日までお隣で、戦争が終わったら、またお隣で。

「なぜ、ここに住めるのです」

 戦争中、つらい思いをした人に主人公がたずねます。
 西洋的な考えでは、「何もしないこと」は罪です。
 助けることによって自分や家族が危うくなるような状況だった――。戦時下には、そんな場面がいくつもあったことでしょう。理解できても、誰も助けてくれなかったという過去は、人を深く傷つけます。
 人間は敵から攻撃される倍も、味方(だと思っている人)に攻撃された時のショックが大きいのかもしれません。

 最初、「何もしていない人」だった主人公は、略奪美術品を巡って色々な人出会い、「何かをしようとする人」に変わっていきます。
 この物語は美術サスペンスでありながら、再生の物語でもあります。

「ついにふたりが結婚?!」
 レイク・エデンも今は夏。暑さとダイエットに苦しみながらも毎日クッキー作りに忙しいハンナのもとへ、ノーマンからびっくりニュースが届いた。なんとエデン湖畔にある古い屋敷を土地ごと買い取り、ハンナと設計した「夢の家」を実際に建てるつもりだと言う。
 盛り上がる周囲をよそに、ノーマンとハンナがその家の片付けに行くと、キッチンにはハンナご自慢のレモンメレンゲ・パイの食べ残しがあり、地下室には元所有者の死体が。
 今回も盛りだくさんなお菓子探偵ハンナ・シリーズ第四弾!


 最近、唯一読んでいるコージー・ミステリのシリーズの4作目。
『レモンメレンゲ・パイが隠している』(ジョアン フルーク、上条 ひろみ訳/ヴィレッジブックス)。
 何がいいのかと考えてみたら、アメリカの小さな町のたたずまいが気に入ってるみたいです。
 架空の町レイク・エデンを舞台にクッキー・ショップを経営するハンナが主人公。ハンナの口やかましい母親や、妹のアンドリア、その娘で姪っ子のトレイシーなど、巻が進むにつれてどんどん愛着がわいてきてしまうのが読んでしまう秘密かも。
 住民全体がハッピーなわけではなくて、気のつく働き者のの共同経営者リサのお父さんはアルツハイマーを患っていたり、知的障害者の男の人がいたり、少しビターな部分もあります。ただ、そうした人にも小さな町ならではの、優しいまなざしが注がれています。


 この本、実は途中で犯人はなんとなーく予想がついてしまうわけですが、それでも、人間関係の機微で、最後まで楽しく読んでしまいました。
 次もたぶん、読む(笑)。
 ふと気がつきましたが、秋の夜長にコージーミステリはぴったりですね。
 ぬくぬくと暖かい部屋の中で、読むのは、ちょっと浮世離れしていた方が似合う気がします。