ベッドタイム・リーティング-ダ・ヴィンチ・レガシー

 久々に読書感想などを。
  『ダ・ヴィンチ・レガシー』(ルイス・パーデュ、中村 有希訳/集英社文庫)。


 タイトルからして、例によって『ダヴィンチ・コード』の2匹目のドジョウを狙ったと思ったら、初版は1983年だったようです。2004年に改稿されたものが、この文庫バージョン。
 と、いうか、
「ダヴィンチ・コードの作者、盗作で訴えられる」
 というニュースを以前読んだことがうっすらあったような気がしたら、どうやら、訴えたのがこの本の作者だったようで。


 結論からいうと、まったく別物です。

 裁判所もそう思ったらしく、敗訴した模様。
 うん、そうだよね!前に読んだ『ダヴィンチ・コード』の種本の本の方が、よっぽど訴えていいと思うよ。


 でも、つまらないかというとそんなことはなく。
 これはこれで冒険活劇として面白いんじゃないでしょうか。


 アマチュアのダ・ヴィンチ研究者ヴァンスは、養父が手に入れたダ・ヴィンチの手稿を調べるうち、2ページ分がすりかえられていることに気がついた。酒肴の謎を追う先々で起こる殺人事件。やがて、その裏には宗教界や秘密結社がからむ闇の陰謀が隠されていることが明かに。消えた手稿には、約500年の時を超え、現代の人間も驚嘆させる"何か"が書かれていたのだ。手に汗握る展開と知的興奮が導く衝撃のクライマックス!(文庫カバーより)


 主人公のヴァンス・エリクソンと、謎の結社(ブレーメン結社)と宗教団体(修道士聖ペテロに選ばれし兄弟たちの修道会)の三つ巴の戦いの構図は、面白いなあ、と思います。
 舞台も、ミラノ、コモ、ボローニャとイタリアの都市を色々巡って派手。
 物語としては、いい出来だと思うんだけどなあ。


 でも、『ダヴィンチ・コード』を訴えるのは、やっぱりあさってな感じです(笑)。
 ミステリにカテゴライズしていいかさえ迷ったし。

AD

円山動物園に行く(7)

テーマ:

 じっと見ていると、双子でも性格が違うのがわかります。


 ツインズはそのうちプールで遊び始めたのですが、プールの入り方も、片方の子がお風呂のようにそろっと入るのに比べて、もう片方の子はイキオイよく水しぶきを上げてダイビングします。


ベッドタイム・リーティング-円山ツインズ


ベッドタイム・リーティング-円山ツインズ


 この子はダイブするのが楽しいらしく、ダイブ→プールから上がる→ちょっとブルブルして→またダイプ→プールから上がる→ちょっとブルブルして……と、ひっきりなしに動いています。
 小学校の通信簿だと、「活発ですが、落ち着きがありません」と書かれるタイプです。



ベッドタイム・リーティング-円山ツインズ

 よっこらせ。

ベッドタイム・リーティング-円山ツインズ
 遊び疲れたらおっぱい。

 ふと気がつくと、軽く1時間近くの時間が経っていて(あれ、退場は午後4時だったんじゃ……)、100枚以上の写真を撮っていました。
 うーむ、これが親バカ状態ってヤツか。

 買う時にズームは光学3倍もありゃ十分、と、思ったのに、今は3倍が憎い。
 きみまろズーム(光学10倍)にすればよかった!
 ……と、思うくらいにはバカになってました。

 本気の望遠レンズをつけた女子の方も多かったです。(すてき!)

 1kmは歩いた上に1時間立ちっぱなしだったわけですが、大満足です。
 いいところだ、円山動物園。

AD

 ちょっと早めに着いたので、一本早い便に乗って帰ろうと思ったらなぜか携帯から変更できなかったので(カウンターに寄ればできたかもしれないけど面倒だった)、空港でウロウロしてました。
 ふと、「花畑牧場カフェ」の看板が出てることに気がついたので、行ってみることに。


 ホットキャラメル・アイスクリームというメニューがあったので、せっかくなのでオーダーしてみました。
 もともとアフォガード(アイスに熱いエスプレッソをかけたデザート)は好きなんです。


ベッドタイム・リーティング-ホットキャラメル・アイスクリーム

 鍋にかかった熱々のキャラメルを店員さんがバニラアイスにかけてくれます。
 が。
 生キャラメルが粘度が高いので、アフォガードみたいなことにはならないのね。
 しばらくたつと、ただのキャラメルかけたアイスになってしまって、もったいない感じです。


 ほら、やっぱりさあ。
 フランベした熱々のソースをかけたアイスクレープとか、温度の差のあるコンビの思いがけない美味しさってあるじゃないですか!


 キャラメルはドリンク的な薄さでいいから、溶け合う味が楽しみたいなあ。
 まあ、生キャラメルが乗ったバニラアイスと思うと美味しいんだけど。


花畑牧場カフェ 生キャラメル&アイスクリーム 新千歳空港店

新千歳空港センタービル1F

9:00~20:00 (LO:19:30)

AD

朝市食堂のおにぎり(写真編)

テーマ:

 帰りの空港で、おにぎりを買ったので、やっと朝市食堂のおにぎりの写真を撮れました。
 今度は、食べきる前に撮ることを覚えてた!


 たらこバター。


ベッドタイム・リーティング-たらこバター

 うに数の子。


ベッドタイム・リーティング-うに数の子

 左手に持って、右手でカメラ構えてるので、微妙に手が見えます。
 大体の大きさがおわかりいただけますでしょうか?

もりもとのパンあれこれ

テーマ:

 もりもとの記事、多いですね。

 お前どんだけもりもと好きなんだ、と、お思いでしょうが、大好きです


 ケーキを買った記事のラ・レコルトですが、ベーカリーメニューも豊富です。

 私のお気に入りは、ハニーハニーメープル。



ベッドタイム・リーティング-ハニーハニーメープル

 写真だと地味ですね。


 ちょっと中身を見せると


ベッドタイム・リーティング-ハニーハニーメープル2

 こんな感じ。


 甘いです。

 ハニーとメープルがジュワっと染みたフィリングが朝にぴったりです。

 朝は甘いパンで脳みそに糖分を送らないとね!


 次は、黒豆あんぱん。

ベッドタイム・リーティング-黒豆あんぱん


ベッドタイム・リーティング-黒豆あんぱん2

 甘みの体感は、ハニーハニーメープルの6割といった感じ。
 豆大福のパン版を意識してるのかなあ。
 あっさりしたあんぱんが好きな人にはおすすめです。

 最後は、トータス。


ベッドタイム・リーティング-トータス

 これ、食べると満腹感に満ち溢れます。
 中に入ってるのがバタークリームなんですね。
 お値段もお手ごろだし(まあ、もりもとのパンは全部お手ごろ価格だけど)、部活帰りの学生のお供に愛されてそうだろうなあ。
 お父さんも中学時代に食べてました。っていう、30年の歴史あるパン。

 量り売りのパンもよく買ったんだけど、全然写真を撮ってませんでした。
 もちっと系とか、メープルロックが好きでした。
 種類たくさん、ちょっとずつ買えていいよね、あれ。

円山動物園に行く(6)

テーマ:

 もう大きくなっちゃったよ、と、同僚に聞いていたツインズは体長にしてお母さんの半分くらい。


ベッドタイム・リーティング-090524_17.jpg


 体型とか顔立ちは、まだ小熊そのものでコロコロして本当に愛くるしい。
 見ていると、時のたつのも忘れてしまいそう。


ベッドタイム・リーティング-090524_18.jpg


 見るひとたち。

 ホッキョクグマのツインズも今が遊び盛り。
 飼育員さんが入れたのであろう色々なおもちゃで遊んでいます。



ベッドタイム・リーティング-090524_19.jpg


 綱がお気に入りみたいで、噛んだりいじったり。


ベッドタイム・リーティング-090524_20.jpg


 二頭で綱引き状態になったりして、またかわいい。

 ホッキョクグマは氷の上での滑り止め防止に、足の裏にも毛が生えていると聞きました。
 ゴロンと転がった小熊の足の裏にも毛が生えていて、それがまたかわいい。


ベッドタイム・リーティング-090524_21.jpg

もりもとのラ・レコルト

テーマ:



 店名をつけられたメニューや商品を見ると、おおっ、と思います。
 「これがウチの顔」って意味ですもんね。

 ラ・レコルトは、フランス語で「収穫」の意味。大通りにあるもりもとのアンテナショップ的な店舗で、イートインカフェも併設されています。
 もちろん、この店の限定メニューもあり、見てるとウキウキします。
 疲れていたので、いつものベーカリーではなくて、ケーキを買って帰ろうと思いました。
 ショウケースに並んだキラ星のようなケーキからひとつ。悩ましい。
 ミルフィーユと最後まで悩んでこちらにしました。
 店名と同じ、ラ・レコルト。
ベッドタイム・リーティング-090609_1.jpg
 オペラの間にハスカップのムースが入っているという感じでしょうか。
 チョコレートとベリー類の愛称が悪いはずはありません。
 しかし、言いにくいぞ、ラ・レコルト。
 店員さんに注文するとき、2回くらい噛んだぞ、ラ・レコルト。

 実際に食べてみたら、予想通り美味しかったです。
 ハスカップはベリー類の中でも酸味が強いと思うのですが、その酸味がチョコレートとベストマッチ。
 とろける食感です。

 さっぽろスイーツ2009という企画で、札幌のケーキ屋さんが趣向を凝らしてハスカップ・フロマージュを出していています。どの店も赤くて白くて美味しそう。(もりもとも、もちろん参戦しています)

 ハスカップとチーズケーキの相性もいいと思うけど、私はチョコ好きなので、チョコとの組み合わせが好き。
 来年は各店、趣向を凝らしたハスカップチョコレートケーキが出たらいいなあ。



ベッドタイム・リーティング-090609_2.jpg

LA RECOLTE morimoto
札幌市中央区南一条西2-4-5
TEL:011-222-4181
10:00~20:00(L.O.19:30)
http://www.haskapp.co.jp/

煉瓦屋のおいしくたべまシュ

テーマ:


ベッドタイム・リーティング-090521_1.jpg


ベッドタイム・リーティング-090521_2.jpg

 はじめて見た時は、「おいしく食べまウィッシュ!」かと思って、
「流行の名前をつけると、それが通り過ぎた時になんともさびしい感じだぜ」
 と、的外れな感想を持ってました。

 そんなことは置いておいて。

 名前から想像がつくかと思いますが、シュークリームです。
 造形はパリブレストタイプ。
 2種類のクリームが挟まっていて、生クリーム&カスタードクリーム、キャラメル&カスタードクリーム、チョコ&カスタードクリームの3種類。


 シュー皮は、薄力粉でなく強力粉を使ってるっぽいパリっと感があります。
 私は、南京街のエストローヤルのシューが好きなので、こっちの皮の方が好き。
 札幌は、ハードタイプのシューが多いのが嬉しいです。


煉瓦屋
札幌市中央区北4条西4 札幌国際ビルB2F
TEL:011-221-7291
9:00~21:00(日・祝9:00~20:00)

どんぐりのパンあれこれ

テーマ:

 近所だったから、毎日のように通ってたDONNGURI。


 総菜パンが豊富です。

 一番人気は、ちくわパン。

「ちくわパン、焼きたてでーす!」

 と、いう店員さんの元気な声で、どんどん焼き上がりが告げられてます。

 次々と焼きあがる、ちくわパン。

 次々と買われていく、ちくわパン。



ベッドタイム・リーティング-090522_1.jpg


 ちょっと写真では見にくいですが、ちくわの中には、ツナが入ってます。

 パンを噛んだ後の、ちくわのプリっと感が面白いです。

 人気なのも納得。


 あと、レジで清算をしてる時に、店員さんが、焼きあがりほやほやのやつに取り換えてくれたのも、好印象でした。


 あと、ルックスに惹かれて、夕食に買ったチキン南蛮ドッグ。


ベッドタイム・リーティング-090522_2.jpg

 単品の写真だと大きさがわかりにくいと思ったので、横にシャーペンを置いてみました。



ベッドタイム・リーティング-090522_4.jpg

 1個で食べた感がとってもあります。

 甘辛いタレとタルタルソースが、思ったより合う。


ベッドタイム・リーティング-090522_3.jpg

 でも、ちょっと食べにくいです(笑)。

 せめて、チキン南蛮に切り目が入っていたら……と、思うけど、これは上品さも汚れを恐れる心も捨ててかぶりつくのが吉。


 私は朝食用に甘いパンを買うことが多かったので、最後はドーナツを。


ベッドタイム・リーティング-090522_5.jpg

 コロネのパン部分がドーナツになってます。


 実は他にもいっぱい買ったんだけど、写真がこれ3つしかなかったという。



焼きたてパンの店 DONGURI
http://www.donguri-bake.co.jp/