略奪

テーマ:
 想像力を色々な方面にそそられる2文字ですが(笑)、略奪美術品の略奪です。
 第2次世界大戦時、ナチスドイツが自国のユダヤ人や占領下のフランス人などから数々の美術品を名目ばかりの買い上げ、その実は略奪しました。
 この略奪美術品については、ノンフィクションの優れたルポルタージュも数々発表されています。
 そして、スケルトン探偵のシリーズで有名なエルキンスも、自作の中で何度か取り上げています。
 今回の本は、美術探偵クリス・ノーグレンのシリーズとは別の主人公が活躍する1冊、『略奪』(アーロン・エルキンス、笹野 洋子訳/講談社文庫)。

 この本を読んで思ったのは、日本は島国でヨーロッパは大陸だということ。
 日本に住んでいると、いいものも悪いものも海を越えないと入ってこないのに、地続きのヨーロッパはいいものも悪いものもすぐ隣にあるのだなあ、と、思いました。
 この物語では、第2次世界大戦の時の記憶を持つ登場人物から、その物語が語られます。
 日本の「おじいちゃんの戦争の話」とは、少し違った風情があるのは、たぶん、このお隣感覚の違いでしょう。
 虐げた側と、虐げられた側は、昨日までお隣で、戦争が終わったら、またお隣で。

「なぜ、ここに住めるのです」

 戦争中、つらい思いをした人に主人公がたずねます。
 西洋的な考えでは、「何もしないこと」は罪です。
 助けることによって自分や家族が危うくなるような状況だった――。戦時下には、そんな場面がいくつもあったことでしょう。理解できても、誰も助けてくれなかったという過去は、人を深く傷つけます。
 人間は敵から攻撃される倍も、味方(だと思っている人)に攻撃された時のショックが大きいのかもしれません。

 最初、「何もしていない人」だった主人公は、略奪美術品を巡って色々な人出会い、「何かをしようとする人」に変わっていきます。
 この物語は美術サスペンスでありながら、再生の物語でもあります。
AD

人間性バトン

テーマ:

1.回してくれた方に対しての印象をどうぞ


思い返してみれば、大宮レンズさんとは夏にはじめて会って、しかーも、3回しか会ってないわけですが……そんな気がしません。
ソウルフレンドと呼んでいいかい?(笑)


2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つを述べてください


人からどんな風に見られるか、って、あまり気にしたことがないのでわかりません。
……うー、つまんない答えでごめんよう。
そうだ、飲めそうに見えるらしいですよ。
初対面の方との宴席で
「ウーロン茶で」
というと、
「ええっ!?」
と、驚かれます。


3.自分の好きな人間性について5つ述べてください


ありきたりですが「前向き」で「面白」くて「元気」で「優しく」って少し「ばか」。
最後のは難しいけど、まあニュアンスでわかってください。
ばかみたいに○○が好き、っていうのでいいの。


4.では反対に嫌いなタイプは?


なるべく人は嫌わないうようにしてますので、はっきり決めてません。
直感でダメな人はダメかもしれない。
そして、色々なところに向こうみずに出かける私が無事なのは、この野生のカンのおかげかもしれない。


5.自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?


あります。


6.自分の事を慕ってくれる人に叫んでください


そんな人はいないと思う(笑)。
好いてくれる、面白がってくれる……より、強い言葉だな、「慕ってくれる」。


7.そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象つき)


えー、大好きな方はたくさんいますが、なんだかもう大体の知り合いには回っちゃってますね、これ(笑)。
そうじゃなさそうな方面は、今、オフで大忙しだし。
ここに置いておきますので、気が向いた方は拾ってください。

AD

シャングリラ病原体・下

テーマ:

 『シャングリラ病原体』(ブライアン・フリーマントル、松本剛史訳/新潮文庫)読了しました。
 前半にくらべて、後半、キビキビ行ってます。
 ただし、やっぱり、各国政治家の腹のさぐりあい事情が大きくさかれていますので、
「わしは空想科学サスペンスが読みたいんじゃーーーーっ!!」
という方には向かないと思います。


 私はフリーマントルは初めて読みましたが、この本で海外にもやっぱり「腹芸」というものがあることを実感しましたよ。
 政治みたいに色々なものが絡んだパワーゲームは、どこの国でも似たようなものなのでしょうか。


 さて、後半、世界を恐怖におとしいれた"シャングリラ病原体"の正体が明らかになります。

 この病原体の名前は、作中のアメリカ大統領が考えたという設定です。側近は「シュミ悪……」と、思いながらも追従する……あたり、日本的な匂いを感じます。(シャングリラは人が年をとらない楽園の名前)
 原題は"ICE AGE"(氷河期)。
 AGEあたりをエイジング(加齢)とひっかけているのかなあ。英語が堪能でないので、あんまりよくわかりません。でも、確かに『シャングリラ病原体』の方が引きがありますね。原題のままだったら読まなかったかもしれません。

 今年の冬は、鳥インフルエンザの大流行が予想されています。
 怖いものはいくつもあるけれど、やっぱり、世界的な伝染病の蔓延ほど恐ろしいものはありません。SARSの時の狂騒ぶりを考えると、特に。
 せめて暗い事件の多い今日この頃、大量の死者が出るような病気が流行りませんように。

AD

マトリックス・リローデット

テーマ:
 マトリックスシリーズを会社の人から借りたので。
 レボリューションまで見終わったら、なんだかリローデットの記憶がうっすらしらしているよ……。おかしい。映像は大迫力だったのに。

 そんなわけで、オボロげな記憶で書きます。
 印象に残っているもの。
 ・白塗りツインズ
 ・スミスのハゲ
 ・モニカ・ベルッチの色気

 ……えっと……。
 おかしい。映像は大迫力だったのに(笑)。
 『マトリックス・リローデッド』は見てる時は面白いのだけれど、見事なまでに胸に何も残らない映画でした。でも、見てる間が面白いというのは映画としての本分を全うしてるわけだから、文句ありません。(だいたい、今回、お金払って見てないし)
 もしかして、 ジェット・リーがセラフで出てくれてれば、ちょっと違ったのかしら。