1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月16日 15時45分08秒

8/12 イワオの裏庭

テーマ:Diary

8月12日は渋谷SONGLINESで約5年ぶりに光永巌「イワオの裏庭」に参加した。
対バンのnaomi onさんは、何の接点もないと思いきや、アイルランド旅行中に作った曲を歌われていたり、アルバムのジャケットもウィックロウ山脈の写真だったりと、嬉しい組み合わせのライブだった。

このライブをもって自分は一段落。次の演奏は10月2日(日)同じく渋谷SONGLINESにて、前回大好評だったハープ引き歌いライブ『吟遊詩人の宵の紡ぎ音』をやります。
出演はAGATAさん、蒼咲雫さん、僕の予定です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月16日 15時35分14秒

7月18日 富良野

テーマ:Diary



この日はツアーで唯一移動がなく、夜のライブまでゆったりした一日。
ZABADAKを通じて知り合った得難い友、くおくおの二人は、早い時間に札幌で用事があるため朝には帰ってしまった。
それでもわざわざ旭川、富良野と行動を共にしてもらえてとても嬉しかった。
近くのホテルのパン屋で昼食を買い、温泉に入り、あれやこれやしているうちに、吉良さんの旧友どーやんさんとその奥さんのポン子さんがやって来た。
今夜のライブではこのお二人とu-full勢、僕の五人で吉良さんの曲『光の庭で』を演奏する。そのリハーサルをした。
それからそそくさとライブ会場の野良窯に移動。
ここものやと同じく、近年の吉良さんとのツアーでは欠かせない会場になっていた。
2010年にはZABADAKカバー大会も野外ステージで行われた。その時の出場者の方が何人も来て下さった。
アイリッシュハープフェスティバルの素敵なロゴをデザインしたオトカワさんと村上淳志氏の対面が果たされた。
u-fullのyukaさんがハゼさんを見つけて「わぁハゼさんだ、癒されるぅ」とか言って、「癒し系の人に癒されるとか言われても…」と何だか照れて困惑しているのが微笑ましかった。
自分は野良窯のお二人、ヤスさんとみどりさんと言葉を交わしてから、ツアー中ずっと張りつめていたものが緩んでしまい、開演前からボロボロになった。

淳志氏ソロに続き、我々のステージ。
現在はどーやんさんの所持品である、吉良さんが二人ZABADAK時代に使っていたギターで『光の庭で』が奏でられた。
一期一会の聴きに下さった方のためにも、気持ちのこもった演奏を続けた。
しかしこの野良窯で、ナマコ山とたまねぎ畑が広がる窓の手前、自分のすぐ右側に吉良さんがいない、吉良さんの音が聴こえない、鈴の音も床を踏む震動もない、流れる汗も見えないという喪失感はもうどうにもならなかった。
最後の遠い音楽では、札幌と同様、ZABADAKで結ばれた皆さんと一緒に歌った。
何だかいろいろ悲しくて寂しくて悔しくて、目から変な汗が出てきて止まらなくなった。

投げ銭入れにはごっそり万札が入っていたが、よく見たら偽物だった。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月16日 13時00分29秒

7月17日 サロベツ~旭川~富良野

テーマ:Diary


サロベツの宿では四人で雑魚寝していた。
天窓から光が差しはじめた早朝3時半頃、フナハシ君のスマホが突如「すみません、聞き取れませんでした」と声を上げ、すっかり目が覚めてしまった。 
それ以上寝られる気もしなかったので、そっと外に出てみる。
朝の透んだ空気の向こうに利尻岳がくっきり見えた。二年前この宿に泊まっていた時、吉良さんは一人で早朝ドライブに出かけ、二時間くらい戻って来なかった。
ちょっと真似でもしてみるかと車のキーを取りに部屋に戻る途中、同じ宿に泊まっていた那古さんという人にばったり会った。
那古さんは東京から旅行に来ていて、ディーゼルカーの走行音を聞いたり鳥を見たりするのがお好きなのだそうだ。
これからちょっと海に出ますが乗って行きますか?と聞くと、那古さんも行くという。
カーステレオからは、昨日入れたままの『賢治の幻燈』のCDが流れていた。
稚咲内の海岸に出ると、今日も利尻が頂上まで見える。
二年前は大雨続きで、吉良さんは一度も頂上を見られなかった。
それでもこの地に来られたことがとても嬉しかったのか、ツイッターのヘッダーはずっと雲をかぶった利尻のままだ。
この景色をお見せしたかったなあと、ため息しか出ない。
宮沢賢治は妹トシを失った翌年、花巻から青森、函館、札幌を経由し、この付近を走る宗谷本線に乗り稚内まで、さら稚泊連絡船で樺太まで旅をした。
その時に眺めた風景や心情が『銀河鉄道の夜』を描く動力の一部だったというが、賢治はどんな気持ちで、どんな眼差しでこの地を旅しただろうか。
奇しくも吉良さんの作った『よだかの星』や『銀河鉄道の夜』を聴きながら、吉良さんと賢治を想う。

稚咲内からかなり北まで走り、引き返す。サロベツ原野まで戻ったところで、那古さんが電線の上にカラスの巣を見つけ、「ダメだなあ、あんな所に、あんな雑な巣を作ったらダメでしょう!」とダメ出しをしていた。
鳥好きの方の視点というのは思いがけないものが多くてとても面白い。
宿に戻ると、フナハシ君が一人外で大空を見上げていて、それが妙にサマになっていた。

あとは長くなるので流します。
7時きっかりに宿泊者は集合をかけられ「後楽園ホール特設リング」で朝食。
宿を後に、湿原センターに立ち寄り、豊富温泉で朝風呂。
幌延、雄信内を経由し、天塩川に沿って国道40号線を南下。
音威子府駅で名物の立ち食いそばを食べ、またひたすら南下。
豊富から三時間半のドライブののち、旭川に到着。
麦々堂のお二人がたくさん宣伝して下さったおかげで、本当にありがたいことに何とお客さんいっぱいだった。
思えば旭川ではこの8ヶ月の間に三回もライブで訪れていることになる。
親方と季里さんに幸あれ!
響きの良い木楽輪(きらりん)でのコンサートは、まずまず手応えのあるものになった。
お会いしたかった方、思いがけずお会いできた方と嬉しいひと時をご一緒させて頂いたのち、そそくさと旭川を後に、富良野へ向かう。
雨の中、峠を越えて富良野盆地が見える頃、夜空に花火が上がった。
翌日のライブ会場、野良窯さんにご挨拶し、いつもお世話になっている山荘へ。
旭川から合流したくおくおの吉田夫妻と軽く打ち上げをして、いつもの部屋で寝た。
長旅をしている筈なのに、日々がどんどん過ぎ去ってゆく。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。