治大国若烹小鮮 おがた林太郎ブログ

前衆議院議員おがた林太郎が、日々の思いを徒然なるままに書き綴ります。題は「大国を治むるは小鮮を烹るがごとし」と読みます。


テーマ:

 「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」という条約が、今、日本で結構大きな問題になりつつあります。「子の奪取に関するハーグ条約」とか言われるものです。これは何かというと、子に対する監護権(親権)が侵害されるようなかたちで、国境を越えた移動が行われた際、その解決は移動前の住所地で行われるべきというものです。難しいのでかみ砕くと、例えば、離婚した後、一方の親が勝手に子どもを自分の国に連れ去ってしまったりして、国際問題になった場合の解決を図るということです。


 今、日本はこの条約を締結していません。そして、締結しろという圧力がハイレベルで掛かっています。総理、首脳レベルで欧米の国から話が来ています。私も先日、フランス人と話していたら、かなり突っ込まれました。「日本はenlevement(誘拐)を容認しているのだぞ」みたいな論調で相当にムッとしました。もっと言うと、この条約の「奪取」というのは「abduction」という単語で、別の文脈では「拉致」と訳されることもあるものです。アメリカからは「議会から、日本がこの問題に積極的でないのなら、拉致問題にも協力できないと言われている」みたいな圧力も掛かっています。


 よく日本で起こるケースは、国際結婚とその破綻が増える中、日本人女性が外国から子どもを元ダンナに無断で連れ帰る事例です。特に外国は共同親権を認めているケースが多いので、離婚後、親権が残るダンナ側が不当性を主張し、まずは「うちの国に子どもを戻して話をしようじゃないか」というわけですね。かえって、日本の法制度は単独親権ですので、その辺りの問題が相対的に生じにくいです(勿論、日本でも親権を有しない親が面会を求めることはできます)。この辺りが外国の法制度との関係では引っかかるわけです。


 法務省から貰った資料の中には、「この問題は共同親権制度とは関係がない」ということが書いてありましたが、どうもしっくり来ませんでした。たしかに、このハーグ条約では共同親権制度を採用しなくてはならないとは書いていませんし、批准に際してもそれは要件ではないでしょう。ただ、制度が違うから問題が大きくなりやすいという事実はあるだろうと思います。なんでも、この条約が締結された1980年代は欧米でも単独親権だったのが、その後共同親権に移っていったということで、そういう変遷が結果として物事を複雑にさせているということはあるのだろうと感じました。外国から日本に子を連れ帰ってきた(外国で結婚、出産、離婚し戻ってきた)日本人女性は、共同親権を有する元ダンナからあれこれ言われるけど、日本から外国に子を連れて行った(日本で結婚、出産、離婚し帰って行った)外国人男性に対しては、仮にその男性に親権があると日本の国内法で判断される限りにおいて、権利を主張する度合いが下がるという現状がある中では、この条約を締結する際に何となく日本に不利益があるような気がするんですよね。


 あとは、そもそも外国で離婚して、帰ってくる女性の中には、DV(ドメスティック・バイオレンス)に苛まれてしまった方も多いわけです。今は大分文化が変わりましたが、少し前までは国際結婚をして、外国に住むというのは日本人女性にとって大きな決断だったはずです。その決意を覆してまで、というのは、これまた相当な決意だったはずです。その理由の一端にDVのようなものがあるはずです。そういう怯えながら帰ってきた女性に対して、「あなたは勝手に子どもに連れ去って、条約上違法だからまずは以前住んでいたところにお帰りなさい」と言うのが本当に良いことなのか疑問に思います。そうでなくても、今、日本で母子で静かに暮らしているのを引っぺがして、また、解決策を探るために以前住んでいた海外に海外に出せというのが本当に子どものために最善の選択なのかということは、理屈としては分かっても、ピンと来ませんね。


 こういうことを言うのは正しくないかもしれませんが、何となく欧米中心主義的なものを直感的に感じるんですよね、これ。その証左に、この条約は締結国が81になりますが、アジア、中東、アフリカでは殆ど締結国がありません。逆に欧米は殆どが批准しています。「欧米の方が発展していて、文化が高い。だから、こちらに連れ返せ。」みたいな欧米の感性が見え隠れして、好きになれません。私なんかに言わせると、「日本にそんなことを言う前に、チャドでフランスのNGO『ゾエの箱船 』が100名以上の子どもを養子として連れ去ろうとしたケースとか、ハイチで地震後、アメリカのNGOが子どもを同じく養子として連れ去ろうとしたとか、そういうものをきちんと対処しなさい。」という気になります。ちなみに、上記のフランス人との会話の際、「ゾエの箱船」の話をしたら、相当に不快そうな顔をしていました。


 上記では、特殊なケースだけを列挙しつつ書きました。本当はバラエティがたくさん出てくるケースです。日本から連れ去られるケースもあり、外国人女性と日本人男性による婚姻、離婚のケースもあるでしょう。子どもと第三国で暮らすケースなども入ってくるでしょう。その他、非常に多くのバラエティが考えられ、特殊なケースだけで判断するのは正しくないことも分かっています。ただ、何となく、この条約を読んだ際に「奥歯で砂利を噛む」ような釈然としない気持ちがあります。

コメント(3)  |  リブログ(0)

緒方林太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「政治」 の記事

    Ameba芸能人・有名人ブログ

    芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み