治大国若烹小鮮 おがた林太郎ブログ

衆議院議員おがた林太郎(福岡9区)が、日々の思いを徒然なるままに書き綴ります。題は「大国を治むるは小鮮を烹るがごとし」と読みます。


テーマ:

 時折、「ブログのネタ探しは何処からやるのか?」と聞かれます。そんなにネタ元があるわけではないのですが、フランス語関係のメディアで探すことが時々あります。英語だとネタバレするのですが、フランス語だとそういうことは少ないので非常に重宝しています。


 そういう中、最近、非常に注目していることがあります。実は新華社通信フランス語版 がとても、とても充実しているのです。国営通信であるため、分析とかはおざなりな部分が多いのですが、単に事実関係だけをフォローするのであれば、普通のフランス語のメディアサイトよりは遙かに充実しています。特に中国関係とアフリカ関係の充実ぶりは目を見張るものがあります(アフリカが充実しているのはフランス語だからでしょう)。


 勿論、英語もありますが、英語のサイトは充実したものがたくさんあるので、別に新華社通信の記事に頼る必要はないでしょう。その他にスペイン語、ロシア語、アラビア語があります。スペイン語だと中南米、ロシア語だと旧ソ連圏、アラビア語だとアラビア世界のニュースが充実しているのだろうと思います。つまりは国連公用語はきちんとフォローしているということです。


 こういうことをしっかりと中国は積み上げていますね。国営通信社が全世界のニュースを主要言語で体系的に発信していく力があって、それがデータの積み上げとして確実に揃ってきている、そしてそれを参照する人が世界中にいるということは注目に値すると思います。Googleのフランス語ニュース検索でもよく当るのはXINHUA netです。これだけ多様な言語で発信していくことができる国は、気が付いてみれば中国の他にはないのではないかと思えるくらいです。


 しかも、中国批判は勿論出てきにくいですが、かといって報道内容が過度に偏っているという印象はありません。中国の宣伝だけではなく、世界の出来事を網羅していこう、それが巡り巡って中国のためになるという意気込みのようなものを感じます。


 他人事のようなモノの言いになりますが、羨ましい限りです。すぐに国力云々に関わる話ではないのかもしれませんが、世界全体に発信する能力を持つという戦略を持てることは素晴らしいことでしょう。ともすれば、日本の宣伝だったり、日本のことだけに留まりがちな、官民揃っての日本のメディア発信力と比較する時、そういう思いが去来せずにはいられません。

コメント(2)  |  リブログ(0)

緒方林太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。