お知らせです。

テーマ:
 
 

thank you伝導師ナース凛にこちゃんです。
 

すっかり更新を、
ご無沙汰しておりました。
 
来てくださった皆さん、ごめんなさい。。。
 
 
私のスットコドッコイな事情により、

ブログをコチラ→てるてるてるぼうずに、
お引越ししま~す。
 


まだ出来上がっていないのですが。。。叫び

今後共、
どうぞお付き合いのほど、
よろしくお願いいたします。
 
 

取り急ぎ・・・ご報告させていただきます。
 
 



AD

ハプニングでツイテルぅー

テーマ:
 
 
 

thank you伝導師ナース凛にゃです。
 
 


すっかりご無沙汰しています。
 

凛は元気に、

毎日頑張ってますさる
 
年末から、

持病の不整脈が出まして、

ちょいとお疲れモードでしたがあせる
 

そして。。。

いろんなことが、

ハプニングの形となって、

私の前に降りかかりましたハッ ビックリ
 

年末に、

一度帰省していた娘を乗せて、

札幌で年越しするため、

出発しました。
 
ホテルのオードブルを受け取り、

高速に乗って、

ス~イスイ行く計画。
 

ところがデス。
 
オードブルを受け取り、

いざ出発というその瞬間。
 
車の屋根から轟き音がしました。
 

「???」
 

目の前の通行人も驚く音!!!
 

狐に抓まれたまま、

外に出て見上げると、

氷の欠片が、

屋根に散らばってます。
 

しかも助手席側の屋根に凹みが~さと符号
 

マジっすかいショック!
 

しばし思考停止。。。
 
 
見上げてみると、

ホテルの客室の窓に、

積もった雪たち。。。
 

車が凹むほどの衝撃は、

恐らくその辺りから落下したもの。
 

証拠はない。
 
そう言われて終わりに違いないムンクの叫び
 
時間は押している。
 

どうしよう。
 

迷った挙句・・・、

諦めて、

そのまま出発しようと思ったものの、
 
ダメ元でホテルに掛け合いました。
 

そうすると、

あっさり話を聞いてもらい、

修理代を全額補償してもらえることになったんです。
 

修理は一箇所の凹みだから、

簡単に終わるだろうと思っていたのですが。
 

ディーラーに見てもらうと、

屋根の修理は、

ドアを全部外して、

板金して、

塗装して・・・と、

大掛かりなもので、
 
修理代金も7万円ほどかかるらしいっす。
 

まじ~???
 
 

昨日ようやく、

修理の予定がたちまして、
 
修理代金の補償も確約がとれました。
 



年末のこの慌ただしい時に、

まったくツイテナイよ~。。。
 

↑そぅボヤッキーになりかけましたが、

「うんにゃ、あかん!」
 

ポジティブに捉えようと、

心に浮かぶネガティブな言葉を、

必死にポジティブな言葉に変換したんですね。
 

「少し時間がずれていたら、娘の頭上に直撃だった爆弾
 


そのように考え直すと、

車の屋根で済んでラッキーラブラブだった。
 


ツイテルツイテル音譜
 
 
呪文のように唱えてから行動したら、

すべてが上手く回っていました。
 

泣き寝入りせずに、

ちゃんとホテルに報告して良かった。
 
マジで、

車の凹みだけで済んで良かった。
 

今となっては、

そうしなかったらどうなったか?なんて、

わかりませんけどね。
 

でも・・・たぶん。

チクショーって嘆きながら、

年越ししたんだろうな。
 
ツイテナイや~って、

悪態ついて、

ツイテナイことを、

どんどん引き寄せてたのかも。
 

それは、

絶対確実な心境だと思われるえっ
 



一見アンラッキーな出来事も、

見方・考え方の角度を変えて見てみると、

ホントはすごくラッキーなことに気付ける。
 
 
この出来事があったから、

無事であることがありがたい。
 

この出来事のおかげで、

ちゃんと誠意を持っている企業があることを、

知り得たんだと思う。
 

世知辛い世の中・・・、

捨てたもんじゃない。
 





 




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD

思い込みの落とし穴

テーマ:
 


 
 
 
スピリチュアル心理カウンセラー thank you伝導師ナース凛ねこたそ です。
 
 
 
 
来年3月のサカナクションのコンサートI

先行予約を申し込み、

先日当選いたしましたぁハート
 
その手続きが、

今日まで。。。
 

お金を振り込まなくてはなりません。
 
買い物を済ませた帰りに、

お金を下ろして、

手続きのために、

コンビニまでcar*走りました。
 
メールで届いた申し込み番号などを、

メモ用紙に控えて、

ササっと終える予定だったのですが。
 
登録画面で操作をしていくと、

入力した番号が違うと表示されちゃうI
 
なんでやねん?
 
何度やっても同じこと。
 
一度自宅に戻り、

メールを確認して、

再びコンビニへ走る。
 

でもやっぱり、

途中で操作不能になってしまう。
 
なんでやねん?
 

再々度自宅に戻り、

メールを確認したところ、

どうしたことでしょぅ。
 

そもそも、

申し込み番号が違ってる。
 

最初から間違っていたのかぁ。。。うーん
 
 
・・・思い込みって怖いI
 
あってると思い込んでるから、

そこから下の部分しか、

目に入らないわけで。。。
 

あってると思い込んでいるから、

見えてるはずのものが、

まるで運転中の風景のように、


見えていても、

認識できていない。
 

いやぁ~、

私のこの早とちりって、

結構私自身を苦しめてきたんだよなぁ。。。
 

3度目の正直で、

コンビニに走り、

最初っからやり直すことで、

チケットの手続きが、

完了いたしました。
 

この出来事は、

私の思い込みの深さに気づけ!!!
 
・・・そういうことなのかなと思います。
 

いろんなこと、

思い込んでる。
 
 
こうに違いないって、

思ったら、

他の可能性は、

見えなくなっちゃうあせるですよね。

 
う~ん。。。アホやなぁ、私。
 

出直しやぁ~!!!
 
 




AD

前世療法

テーマ:
 



 
 
 
 
 
スピリチュアル心理カウンセラーthank you伝導師ナース凛~です。
 
 
 

ココんとこ、

再び・・・、

理不尽だなぁ~と感じる出来事があり、
 
心が凹みモードでしたああ
 


この出来事は、

私に何を学ばせているのか!?
 
そもそも私は、

なんのために生まれてきたのか?
 
その問いの答えに近づきたくて、

2晩ほど続けて、

前世療法を行ってみました。
 
そのまま眠りに落ちていたので、

夢は見ている記憶が、

微かにありつつ。。。


目が覚めたときには、

感覚的なものを、

朧げに覚えてる程度でした。
 
それでも、

目覚めた時の憂鬱感が、

軽くなっていたので、


効果はあったと思います。
 
 

・・・それは突然、

目の前に、

根拠のない自信となって、

現れましたI
 
 
診察介助で、

超音波の映像を見ていました。
 

いつも見ている画像より、

白い影の部分が、

明るく感じたのです。
 
機械の不具合が生じたのか?
 
あの影はなんじゃ~???
 

目をパチパチしてみましたが、

その影は、

たくさんの人の顔になって見える!!!
 

ハッキリと、

インディアンや、

古代ローマではないか?と思える人。
 

幻覚か?

気のせいか?

機械の故障か?
 

操作している医師は、

いつも通りに検査してるし?!
 

でもで!!

いつも見ているエコー画像じゃないんです。
 
画面の影の明るさも、

子宮や卵巣の形じゃなく。
 
でも医師は何も言わないから、

フツーに見ている画像なのかな。
 

心の奥深いとこで、

合点がいってる自分がいる。
 

これは前世だ。
 

根拠のない確信が、

ありました。
 
私はこの人たちの、

こんなにたくさんの人たちの思いを、

引き継ぎながら、

今ココにいるんだねぇ。
 

凹むことが続いて、

ぶっちゃけイヤになってた。
 
怒りに支配されて、

爆発Iしかけていた。
 

でもさ~。

理不尽に思える出来事なんて、

どうでもいいっちゅーかね。
 

相手がなんでそう思ったのか?

打開したくて、

打開するためには、

どうしたらいいのか?
 
・・・そこで足掻いてたと思う。
 

もしかして、

相手がどう感じるか?なんて、

どうでもいいことなのかもなって、
 

私はこの人たちの智慧と経験を、

引き継いで、

今の私として生きてるんだ。
 
相手が私をどう評価するかなんて、

どうにもできないこと。
 

もし何かできると爆弾たら、

「そう思ったんですねぇ」と、

相手を受け入れた後で、
 
私はこう思って行動したんだということを、

真摯に伝えることだろな。
 

やるだけやったら、

逃げればいいじゃん。
 
何かできるとしたら、

そのくらいでいいじゃん。
 
 

似たもの同士は、

同じ考えの人を集めて、

ヘンな仲間意識で安心したいんだろうし。
 

そこにソグワナイ私は、

やっぱ異端児に違いない。
 


悪口言ったり、

非難したりする集団には、

入りたくないんだもん、

しかたないじゃん。
 

そういう人に、

上げ足を捕られるのも、
 
逆の立場から見たら、

分からないわけでもない。
 

大きくて長い流れの中にいる。。。
 
ただそれだけで、
 
私はすごい。
 

感謝できる私は、

幸せモンだなはーと
 
 
今日も前世療法しよう。
 

見失ってた自分発見candle

 
 
 
 
 
 

本当に幸せになる手帳2016




言葉の魔法

テーマ:
 


 
 
 
 

スピリチュアル心理カウンセラー thank you伝導師ナース凛星です。
 
 
 
ホッカイドウは冬まっしぐらやじるし
 
 
初雪の後は、

いつまた雪I模様になるかI

気が気じゃありません。。。
 
 
冷え込みIが厳しくなる前に、

外回りの冬支度をしなくてはI
 
 

バラや木々の冬囲いに、

プランターの片付け。
 
苗を掘り起こして埋めなおす。
 
ガーデンテーブルに、

物干し竿の片付け。
 

網戸をしまって・・・っとI
 
 

ふぅ~爆発
 
 

いっぺん汗行うのは、

とてもとても一人では大変じゃ!!!
雪の結晶

チマチマと、

作業を進めておいて、

DASH!まとめを行いました。
 
 
この時期は、

ご近所でも、

同じことをシテイマス。
 


庭先に出ていると、

お隣さんも、

作業に出てきました。



寒くDASH!ると、

私はホント、

家の中から出なくなるモグラさんコタロウ
 

隣近所の方とも、

と~んとご無沙汰になってしまぅ~。
 


たまに会うと、

隣とうちを分ける柵越しに、

オシャベリをしています。
 

話しの終わりかけに、

私の体調を気遣っていただき、
 

「何かあったら言ってね。」
 
 
あったか~い言葉を、

かけていただいた。
 
 
なんてあったかいんだろぅI
 

こんなにも、

心がフカフカになるまこチャン
 
 
素敵な人たちだ!!!
 
 
そして・・・、

私も、

本当は、

素敵なやつなのかも知れないういんく
 

あったかい体験ができるってことは、
 
自分が蒔いた種が、

良い種で、

収穫を迎えたってことだハート



人と繋がってる感じが、

とっても心地いいんだ。
 


損得ではなく、

猜疑心もない。
 

ただ・・・何気なく、

あったかい言葉を掛け合える。
 
ステキだね。
 
 
 
 
 



 
 

音譜" width="468" height="60" alt="" src="http://www28.a8.net/svt/bgt?aid=121026723686&wid=002&eno=01&mid=s00000012513001003000&mc=1">


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 

 

誰かのスーパーマンになる!

テーマ:



 
 
 
スピリチュアル心理カウンセラー thank you伝導師ナース凛にゃんにゃんにゃーです。
 
 
 
 

こちらは雪模様雪です。
 


今週末も、

一人暮らしをしている娘の部屋に、

ドライビングcar*してきました。
 
 

週末は、

雪模様予報でしたから、

娘のところに行くことになったときに、
 
予定を変更びっくり
 


いつもの車やさんではなく、

自宅近くのスタンドで、

タイヤ交換を済ませました。
 


これは大正解ハートデシタね
 
 

行く途中は雨でしたが。


帰りは所々に、

シャーベット状になった雪が、

残ってましたアセアセ
 
 


さてさて。

今週のドライブは、

予定外でした。
 

そもそも、

今週末にタイヤ交換に行く予定。


冬囲いも完成しなくてはと、

思っていた頃でした。
 
 

ところがドッコイ。。。
 


ハプニングとは、
 
予想がつかないから、

ハプニングなんで御座いますねぇん~・・・。
 
 

恋愛事情で悩んだ娘は、

夜中にラインで、

私の携帯に、


胸の内を、

吐露してくれました。
 
 

気が流れてくるから、

ちょうど真夜中のその時間時計

私も不意に目目を、

覚ましました。


 
ですが、

ほんのちょっとのタッチの差で、
 
ラインが届くより先に、

携帯を確認して、

何も来ていないことに安心して、

再び眠りの彼方に落ちたとき、

娘からのラインが、

きていたよぅです。
 


朝になってから、

娘のラインに気づいて、


あちゃ~注射


・・・と思いました。
 


朝の支度中に、

娘から珍しく󾔣でんわ電話来て、


泣き声を聞くと、

胸がキュ~ンと、

締め付けられて、

今すぐにでも、

飛んで行ってあげたくなります。
 


でもでもでも、

私は私、

娘は娘で、

自分の気持ちと向き合う時間が必要。
 


娘にも、

すぐに答えを出さないで、

自分の気持ちを、

見つめてごらんと、

諭しました。
 


「母ちゃんに会いたいよ~えーん

 
そんなことをいってくるのは、

よっぽどのコト。
 


週末に行くことを決定した次第です。
 


母ちゃんのリーディングと、

カウンセリング。
 

しきりに、

「足元を見つめなさい」という、

この言葉が、

浮かんできました。
 

それが、

娘にどんな意味があって、

どぅしたら伝えられるか??
 

親子などの近しい関係になると、

我欲が絡んでくるので、

なかなか心の声に、

耳を貸せない状態になってしまいます。

 
知ってることがあるほどに、

「思い込み」「先入観」が、

幅を利かしてくるのです。
 


心を無(ゼロ)にすることが、

本当に難しい。
 

だったら、

母として、

女として、

親友として・・・、


娘と向き合ってこよう!

 
あ~したらいい。

こ~したらいい。
 

言われたことを、

「ハイパーそうですか」って、

すぐに出来るなら、
 
・・・そんなこと、

できたら苦労しないよね。
 

だから必要ない。
 
 

そう思ったんだね。

辛かったよね。
 
許せないよね。

自分のことも責めてるんだね。
 

娘の気持ちを認める。
 

そぅ決めました。

 

そして・・・ギュ~っと、

抱きしめました。
 


大学生になった娘に、

甘いんかな~ぁとも思う私がいます。
 


世間体とか、

年齢とか、

常識ってヤツ?
 
そんなもん要らねぇ!!!
 

私が思うように、

アリノママに、

行動するのみ。

 
それしかできないもんてへぺろ



私が娘の悲しむ顔を、

見ることが辛いって思ってることも、

た~んと胸に刻んで。
 


そしたら、

あ~したらいい。

こ~したらいい。
 
・・・なんてことは、

浮かんでも来なかった。
 


「お母さん、どうしたらいいと思う?」
 

・・・その問いに、

答える必要はないと感じました。
 


答えられるはずがない。
 


いゃ、答えにならないんですね!!
 


ただ・・・、

どんな選択をしても、

思いやりの気持ちを持って選んだなら、

すべてが正しいのだと思う。
 

そぅ伝えました。
 



娘は週末もバイトで、

話した時間は、

ほんの数時間もないのですが。
 

娘のことを思い、

行動した自分に乾杯したい( ^^)/▽▽\(^^ )
 

自己満足で大満足です。
 



今ね、

とっても清々しいです。



一人で自宅に向かう帰り道。。。
 

淋しい気持ちと一緒に、

時々吹き付ける雪やミゾレに、

懐かしい感覚を、

ひしひしと感じていました。
 

雪・・・子供の頃、

初雪に心奪われて、

ウキウキした記憶。
 

暖房でほんわかあったかい家の中で、

お互いの気配を感じながら、

冬を迎えていた、

それぞれの思い出の日のこと。
 
 

・・・そしてね。


私が一人暮らしをしていた時、

父もこうやって、

遠路はるばる運転して、

来てくれていたんだな。
 
 
父は・・・母は・・・、

どんな気持ちで、

子供を送り出し、

子供の元へ向かったのだろう?
 
 
・・・今、

巡り巡って、

私が父や母が経験しただろぅ、

この道を走り、

子供を想う。。。
 
 
必死だった私のこれまでの人生は、

失敗ばっかの人生と思った日々は、
 
こんなにもほっこり、

あったか~い思い出に溢れてたょ。
 

娘に教えられたコト。

父が伝えてくれたコト。

母がしてくれていたコト。
 
私は幸せだな~。。。
 
 
 





 

 


 
 

忘却は笑え

テーマ:
 


 
 
 
スピリチュアル心理カウンセラー thank you伝導師ナース凛うさぎ00です。
 
 
 

親子っておもろいなぁ。。。ことのちゃん ことでん

そんなことがありました。
 

お互いにヘンだなって思うとこが、

とっても似てる。
 

たぶん・・・、

ヘンだなって思うとこが、

本当の自分なのかも知れませんねI
 
 
 
だからこそ、

腹が立ってしまうものテ゛スI
 
だってね、

自分の嫌なとこを、

まざまざと見てしまうのです。



ヘンなところを、

素直に、

「私にもこんなとこがあるんだぁ」
 

・・・そぅ思えたら、

ずっと楽に生きてるってことに、

なるような気がしました。
 
 

今回改めて気づいたのは、

 
ズバリI
 
べーっだ!忘れっぽいとこ汗
 

こちら↑ココがI
 
私は自分のこの部あせるが、

大嫌いなのです。
 

忘れることは自然なこと。
 

不可抗力なのです・・・があせ

自分が忘れてしまうことで、

迷惑がかかる。
 

失敗を招く。
 
損をする。
 
傷つく。
 
 
ズラズラ~っと、

嫌なことが方程式のよぅに、

繋がってしまうから。
 

忘れることは=!!敗すること。

私の中では、

繋がってしまっています。
 
だから嫌いなんです。
 
 

忘れてしまったことは、

後にも先にも、

どうしようもないことなんだ。
 

今度は忘れないようにどないしょI
 

忘れたことは事実だから、

素直に謝ってしまおう。
 

そんなことくらいで損するなら、

忘れていなくても、

このコトは、

多かれ少なかれ、

損をしビックリマークいたに違いない。
 
 

この程度で済んだことに、

感謝しちゃおはーと2
 

そう思えたら、

・・・笑えたお1


なんでこんなことをI

・・・娘がやらかしたかもかも

なんでこんなこと忘れたん?
 

・・・なんだか笑えたにこにこ
 

そして、

私もなんでこんなことを?
 
・・・と思うことを、

うっかり忘れてしまった。
 

そぅしたら、

また娘が忘れたことが、

また発覚した。
 

忘れん坊の連鎖してるぅ~あせ
 

なんだかまた笑えた。
 

ガミガミ怒りたくなる気持ちは、

笑えたら、

全然浮かんで来なかった。
 


私たちって、

ホント・・・似てるよね。
 

笑えちゃうくらい、

似てる。
 
ヘンなとこが、

やたら似てる。
 

今まで大嫌!?で、

絶対にやらかしたくなかったこと。
 

今まで大嫌いで、

絶対に許せなかったこと。
 

今まで・・・大嫌いで、

見たくなかったこと。
 

私の人生の中から、

葬ってしまいたいほどに、

嫌悪感を抱いていたことが、
 
この期に及んで、

笑えちゃった。
 

親子で顔を見合わせて、

笑った。
 

親子でラインしながら、

お互いに、

呆れたような言葉で、

お互いに、
 
どうしょうもないねぇ~と、

笑ったよ。
 

あぁ~、

忘れてもいいんだ。
 

笑いに変えちゃえばいいんだ。
 
ごめんね~って、

謝って、

そして笑えばいいんだ。
 

怒る人がいたなら、

怒られればいいんだ。
 
はてなマーク前の私のように、

怒る人もいたって、

不思議なことじゃない。
 
私も誰かに、

恐怖や不快な思いを、

与え続けてきてたってことだ。
 
 
それだけなんだなぁ。。。
 
 

子供が教えてくれること。
 

周りの人が見せてくれること。
 

それから、

私も周りに見せていること。
 

今でもね、

忘れたくない。
 
いろんなこと。
 

忘れていくことに、

不安がないわけじゃないよ。
 

忘れてしまったことに、

囚われない生き方を、
 
これからも思い出していこう。
 

そう思います。
 


忘れることは、

人生の失敗なんかじゃない。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 








 






礼節

テーマ:
 イマージュネット
 
 
 
スピリチュアル心理カウンセラー thank you伝導師ナース凛ポン吉です。
 
 
 
 
たまたま見たワイドショーIで、
 
ノーベル賞を受賞した方々の、

養育環境で似ている点を、

発表していました。
 
 
お二人の子供時代を、

検証したようです。
 
 
共通していた点は、

家庭の中で、

きちんと礼節を尽くすことI

親に教えられてこられたようです。
 

挨拶をきちんとすることや、

親に敬語で話すこと。
 

そして、

教えの中に、

′人の役に立つことをしなさい。。。′

そぅ教えられてきていました。
 
 
それぞれのご家庭で、

それぞれの方法で、
 
実践されてたみたいなんですね。
 
 

なるほど~蘭丸照れる
 
 
妙に納得できちゃった。
 

私は立派な人間ではコ゛サ゛イマセンがI

礼節を尽くすことは、

幼い頃から、

両親に教えられてきましたにやり
 

そのせいでしょうね。
 
年上の方にも、

年下の方にも、

同じように接することができます。
 
そのほうが、

うんと気分がいいんです。
 

畏敬の念を抱く。。。

それが自然にできちゃう。
 
当たり前のことですが、

子供の頃からの教えは、

いい意味でも悪い意味でも、

身に染み付いていますよね。
 

身に染みつけるなら、

気分がいいことを、

染みつけたい。
 

どこでも、

誰にでも自然に、

敬語を使えるって、

素敵なことだと思っていますI


 
子供の頃はね、

家の中でまでなんで~I
 
 
ぶっちゃけ・・・、

堅苦しくて、

よそよそしくて、
 
気恥ずかしくて、
 
不満を覚えてもいたものです。
 
 
今になって、

親に感謝しています。
 

娘世代を見ていると、

先生にも、

バイト先の先輩にも、

タメ口が第一言語(?)になっている人・・・、
 
いますね。
 

客として見ていると、

見苦しいなって、

感じることもしばしば。
 
 
逆に、

裏は分からないけれど、

客の前・・・表面では、

きちんとした態度で動いている人を見ると、

清々しい気持ちになります。
 

社会人1年生のときは、

めんどくさ~と思ってた節もありますが、

厳しく指導頂いたお陰様で、

同僚を下の名前で呼び合うことや、

返事をはっきりすることを、

学べました。
 
私は私の思う人間像になってきている。、


自分を誇らしく思える。
 
小さな部分でも、

とても嬉しいことだと、

感じています。
 

それもこれも、

親の教育があってこそ。。。

なのでしょう。
 
いつか気付ければいい。


その時はめんどくさいとほざいても、

いつか気づけたら、

子供たちに教えていける。
 

いつしか私が、

うざい大人になっていて、

我が子に挨拶を教えている。
 

娘もいつか・・・、

気付ける人間になって欲しい。
 
人を敬うことを、

感じられる人間になって欲しい。
 

それが、

自分の身に返ってきて、

大切にされる人間になっていくと、

思っています。
 
今は「また始まったか」と言うような顔で、

話半分で聞いてる娘です。。。
親の心子知らず~ぅ
 

大切にされる人間であれば、

周りから、

手を差し伸べてもらえるでしょぅ。
 

大切にされる人間であれば、

また人を大切にしたいと思えるでしょぅ。
 
大切にされる人間であれば、

苦難を乗り越えられる手段を、

展開させていける。
 
 
光の輪が拡がっていくょ。
 

水に投げ入れた小石が、

水の輪を次々に拡げて、

小さな輪から、

大きな輪になって、

お互いに共鳴するように、
 
光の輪が連鎖していく。
 
 
 

礼節をわきまえる。
 

それは、

自分を大切にすること。
 
今はそぅ感じています。
 

偉大な人と言われる人は、

礼節をわきまえている人ばかりだ。
 
 
挨拶、

場に適した言葉遣い、

人の役に立つことを考えられる。


躓いても、

またやり直せばいい。
 
大切にされているから、

私も周りの人を、

大切に思い続ける。
 



 

 




 

 
 
 
 
 
 
 


スピリチュアルドライブ

テーマ:

 チケットぴあ
 



  スピリチュアル心理カウンセラー thank you伝導師ナース凛すまいるです。
 
 
 

先週の土曜日バレエぱんぷきん
 
新しい家族になった車で、

娘の住むとこまで、

足慣らし(?)を兼ねて、
 
Let' drivingcar*
してきましたぁはっ!
 
 
お互いにまだ慣れてなくて、

ドキドキ!



 
人もモノも同じなんですね。

 
時間をかけて、

少しずつ歩み寄って、

お互いを理解していくところころすけ怒る



すぐには分からない。



焦っても、

なんにも解決できない。
 

相手のクセを、

・・・分かりたいから、


試行錯誤して、

少しずつ・・・少しずつ、

分かってくるものです。
 

へぇ~、そうなんだ流れ星
 
 

オドロキ発見の連続にじ

 
どんどん仲良くなって、

片道3時間ちょいかかって、

かなり親近感るん
 

仲良くなると、

知らない道も、

不安じゃなくなる。。。
 

道に迷ったら、

また元の場所に、

戻ればいいんだ。
 


大丈夫!大丈夫だ!!!
 


不思議なまでに、

安心してました。
 



一度だけ、

橋の手前で、

工事のために2車線から、

1車線に変更になってる箇所があり。
 

私も慌てて、

ブレーキを踏んだのです。
 

そして、

バックミラーを見るとね。


後続の初心者マークの、

ワゴンタイプの車が、

スピード落とさないで、

みるみる私の車に、

迫ってきてました。
 
ブレーキ踏んだ感じもなく。。。
 

ぶつかる~青ざめ
 

頭の中で、

衝突の振動を、

想像し始めていました。
 

もうダメだ!!!
 

次の瞬間、

バックミラーを確認すると、

後続車は、

私の車が停車しているのに気付き、

慌てた様子で、

急ブレーキをかけている様子。
 

もう間に合わないよ!!!

 
衝撃を受ける瞬間を、

覚悟しようとしてたと思います。
 


ありり?
 
何も感じないぞ?
 


後続車は、

ギリギリのところで、

停車できた模様。
 

ふぅ~アセアセ
 

これはほんの一瞬の出来事。
 

・・・確かに、

この一連の思考を、

感じていました。
 

こうして文字に変換していくと、

とっても長い時間Iのようにさえ、

感じるのですが。。。
 
 
私はいつも、

車を運転するときは、
 
ホ・オポノポノで、

すべての記憶、

感じる不安や恐怖の記憶を、

クリーニングしています。
 

事故に遭うかも知れない。

事故を起こすかも知れない。


さすがに、

交通事故を起こしたり、

起こされたりを5回も経験すると、
 
運転するときは恐怖を感じ、

できるなら、

運転したくない気持ちが、

フツフツと湧いてくるのも、

仕方ありません。
 

以前から、

運転を始める前に、

ホ・オポノポノで、

クリーニングをすると、


これまた不思議なほどに、

毎度毎度、

後続車が居なくなるんです。
 

曲がっていっちゃったり、

そもそも居なかったりして。
 

今回も、

私の中の不安の記憶が、

クリーニングされたんだと、

信じます。
 
 
新しい家族を守れた。
 

私も無事に、

目的地に到着できた!!!
 

ありがたい薔薇
 

ドキドキを体験して、

さらに愛車と仲良くなれた気がします。
 

帰りの道も、

連休で車は多かったのですが、
 
気づくと、

2車線のところで、

私の後続車が、

何故か居ない??


私の運転が怪しいのか?


車の後ろから、

煙でも出てるんか?
 


こちら↑そぅ思ってしまうほどに、

後続車が居なかった。。。
 
 

これぞ、

スピリチュアルドライビング?
 
出会うべくして出会った車だと、


改めて感じました。
 

楽しかったぁ。。。
 

雪が積もる前に、

また行こうと思います。
 


 





 
 
 
 
 

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

 
 
 
 
 

失敗を恐れるなかれ

テーマ:
 イマージュネット
 
 
 
 

スピリチュアル心理カウンセラー thank you伝導師ナース凛オバケinピグライフです。
 
 
 
 

ノーベル賞を受賞した方の言葉が、

テレビニュースから、

耳に飛び込んできました。
 

伝えたい言葉として、
 
「1回や2回の失敗を恐れないで」
 

・・・そのよぅな言葉だったと思います。
 
 
 
私は完璧主義デスううっ...
 

そんなつもりはなかったのですが汗
 

ベストを尽くすこと」は、

モノゴトを思った通りに、

完成させること走れぇぇ~~!!
 

何かを成すこと」は、

想像した通りに、

やり遂げること走れぇぇ~~!!
 

無意識に自分に言い聞かせて挑み、

思い通りにはならない現実に、

イライラして、

ガッカリして、

自分はダメな人間だぁ~gakuri*
 
何度も何度も、

声なき声で、

自分に当てた制限を、

浴びせ続けてきたようです。
 

失敗は許せない。


自分にも、

他人にも、

厳しい物差しを当てて、


ほんの少しでもズレていたら、


ダメアクマのレッテルを、
 
時には言葉にして、

時には態度に出して、

時には心の中で、


嘆いていましたガーン
 

失敗は許されないと、

私自身が思い込んでいるから、

失敗が他の人にバレることが、

恐怖以外の何者でもなかった。
 
 
失敗を隠せば、

後でもっとオオゴトになるふきだし<怒>
 

でも言い出しにくい。
 

言わなきゃ!

謝らなきゃ!

でもコワイ~バフッ!
 
タイミングを見失い、

結果として、

嘘を付くことになる。
 
 
黙っていることも、

1つのウソに違いありませんよね。



しこたま凹み、

後でバレる恐怖に苛まれました。
 

誰もが犯人探しをしている・・・、

錯覚さえも、

現実のように思えてきました。
 

何気ない周りの一言が、

責められている感覚に、

見舞われます。
 

これは自分が創り出した、

生き地獄そのものでしょぅパトカー
 
 
それでも、

・・・それでもね。
 
失敗を受け入れて、

謝ることが、

怖かったんです。
 

時間が経てば経つほど、

自分の失敗を、

打ち明けられない苦しい時間砂時計
 


いつ責められるのか?

それはどんな瞬間で訪れるのか?

どんな風に怒られるのか?
 

頭は悪い方向へ、

想像逞しく発展させていくんですね。
 

失敗を恐るな・・・って、

教師も、

親も、

・・・たぶんみ~んな、

そう言うでしょう。
 

だけど、

いざ失敗した時、

無碍に叱られたり、

大勢の前で指摘を受けて居場所がなかったり、

ひどい叱責を受けることが、


過去にあったのだと思います。
 

失敗は悪いことじゃないって、

言われても・・・ね。
 
怒られるじゃん?

笑われるじゃん?


 

だから失敗は悪いことなんだ。
 

失敗を恐るな・・・なんて言葉は、

偽善でしかない。
 

自分を守るのは自分しかいないんだ。

失敗はしちゃいけないがくがく

本を読んでみても、

素晴らしい講演を聞いても、

信頼のおける人に言われても、
 

その時だけの感銘を受けるだけでした。
 

今、

まさに今、

「失敗を恐るな」という言葉が、

ジンジンと心に落ちてきます。
 

時を同じくして、

毎朝聞いているYouTubeの斎藤一人さんの言葉に、

同じ意味合いの言葉が、

あったのです。
 

「失敗したっていいんだよ。

みんな失敗してるんだよ。

失敗しないヤツなんていないんだよ。
 
失敗するから、

次にどうしたらいいかって考えるんだよ。
 
それ考えないから、

成長できないんだよ。
 
失敗から学ぶの!

失敗するから、

失敗した人の気持ちがわかるの。」
 

斎藤一人さんのこのお話を、

何度も聞いているはずだった。
 
でもやっぱり、

失敗する自分は許せなくて。
 
失敗する自分でいたくなくて。


思い通りにコトが運ばないと、

イライラしてましたなぁ。。。黒にこ
 
 
実は昨日、

ウッカリミスをしたんですあせる
 
ミスが発覚したとき、

逃げ出したい!

何かの間違いであって欲しいと、

思いました。
 


逃げも隠れもできません。
 
真実は1つですから。。。
 

苦しかったけれど、

怖かったけれど、

ウソをついたり、

誰かのせいにすることを、

選べない・・・そんなことしてもムダって言う私が、

いました。
 

咄嗟に浮かんだ理由はありましたが、

究極の理由は、

自分の確認不足と思い込みが、

引き起こしたミスでしかありません。
 

正直に、

ミスを受け入れて、

然るべきルートで、

迷惑をかけた人や上司に謝り、

解決策を捻出しました。
 

思いのほか、

迷惑をかけてしまった人も、

上司も穏便な対応をしていただき、

解決策を全うできることになりました。
 

合わせて・・・ヒョウタンから駒!!
 
このミスの一因となるハード面の不備を、

就職もうじき1年目にして、

修正される運びにも、

相成りました。
 

もし私が失敗していなかったら、

ハード面のヘンなところを、

放置したままだったと思うのです。
 

気をつけていれば、

ミスは防げるでしょう。
 
しかし。

ミスは予想もつかないところから、

突然現れるものです。
 
おかしいと思うことを改善しなければ、

いつか誰かが同じようなミスを引き起こし、

私のような思いをするはずなんです。
 

以前から指摘はしていましたが、

「そうなんだよねぇ」で、

流されていた部分に、

本気のメスを入れることができました。
 

自分の失敗を受け入れることで、

本当の解決策が、

動き出したってことですよね。
 

失敗を受け入れることから、

もっとやり易い方法が、

導き出せるのかも知れません。
 
失敗したからこそですきらきら!!
 

失敗はしたくありませんが、

失敗を自分のものにするとは、

こういう感覚なのかな。
 


そして今日、

カー用品専門店に行ったときのこと。
 
エンジンスターターを取り付けている間に、

店内で小物などを、

購入しました。
 
支払いのときは、

まだ取り付けができていなかったため、

店員さんの

「お荷物を車に積んでおきます」
 

お言葉に甘えて、

買った商品を預けました。
 

しばし経って取り付けが終わり、

操作方法を教えてもらったのに、

もう一度店内に誘導されちゃいました。
 
まだなんかあるの~???
 
・・・と思っていたら、

さっき買った商品を、

違う人の車に積んでしまったらしいのです。
 

きっとね。

私にどう事情を説明しようか、

店内でざわついたんだと思いますよ。
 

ミスした人は、

もぅ逃げ帰りたいくらいだったかも知れません。
 
商品を積んだ車はすでに、

店を後にしていました。
 

私はというと、

もう用事は済んでいたから、

早く帰りたかったのですが。
 

怒りは微塵も出てきません。
 
むしろ、

昨日の私の、

緊張と不安と恐怖の感覚が、

蘇りました。
 

店員さんそれぞれの立場で、

同じような感情が、

渦巻いているんだろうな。


そぅ思ったら、

怒りはまったく感じません。
 
店員さんたちは、

私が買った商品と同じものを、

店内から集めて代返品として準備し、

一点だけ・・・最後の一個だったものは、

商品を回収して自宅に届けてくれると、

言ってくれました。
 

ココはお言葉に甘えよう。
 

「お願いします」
 
・・・と言葉を添えて、

帰宅しました。
 

夕方・・・商品は自宅に届きました。
 
何度も何度も謝りの言葉をいただき、

こちらが恐縮しちゃうくらいでした。
 

でもね。

またあの店で買い物しようって、

思いました。
 

失敗したから、

信用がなくなるんじゃないんですね。
 
失敗した後に、

誰かの何かのせいにしたり、

誠意のない態度を取ったりすることで、

信用は失墜してしまいます。
 
失敗を受け入れないことから、

あらぬ方向へと、

波及してしまってるだけ。


それは失敗から学んでいない。
 
 
失敗から信用を失うわけじゃないあっっ
 
 

それぞれが成長しないと、

また同じような出来事が、

目の前に現れ続ける。
 
 
経験してきたはずなのに、

自分の中に落とし込めていなかったこの真実を、

今日はしっかと胸に、

刻んでこれました。
 
 
昨日のウッカリミスから、

立場が変わった今、

この出来事の集大成=確認作業が、

成立したような気がします。
 
 
失敗を恐るな。
 
恐れるものは、

失敗を受け入れられなくしている、

心の中に巣食う恐怖や不安。
 
不安や恐怖だけが、

事態をどんどん悪くできる。
 

怒られるうちが花ハート
 
怒られなくなったときは、

必要のなくなった、

まさにその瞬間なのだ。
 
 

失敗からたくさん学ぼう。
 

いっぱい恥をかこう。
 

失敗があったから変えられるものがだある。
 

失敗する人は、

その時、

その場所、

その環境の中で、

選ばれし者なのだと思っていい。
 
 
 
失敗を恐るな。
 




 












 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハートメイカー -Heart Maker-