事例 ②-3

テーマ:

こんばんは!

 

 

 

婚活頑張ってますか?

 

 

 

 

Aさんが彼を私のもとへ連れてこられてから

 

 

一か月ほど経った頃でした。

 

 

 

 

彼女が泣いて私のもとへ来ました。

 

 

 

 

それは、忘れもしない。

 

 

11月30日

 

 

 

なぜ忘れないのかというと、

 

 

 

 

さあ。明日から師走だと忙しくなるなあと気合を入れた時だったからです。。

 

 

 

 

Aさんは泣いて泣いて泣いて泣いて

 

 

 

それはそれは、苦しそうで苦しそうで、、

 

 

 

 

 

 

 

彼から別れを告げられたのです。。

 

 

 

 

その理由が、、

 

 

 

 

本彼女Bさんと

 

 

 

 

来年の夏に結婚する。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

告げられたのです。。

 

 

 

 

いつか、いつか来るとは思っていても

 

 

 

 

まさか、まさかでしょ。。と思っていたのだと思います。。

 

 

 

 

そのまさか、が来たのです。。

 

 

 

 

きっと、Aさんが動き、何かが変わっての動きだと思います。。

 

 

 

そこからがAさんの戦いが始まりました。。

 

 

 

 

私は、決めました。。

 

 

 

 

これだけ頑張っている彼女を見届けようと。。。

 

 

 

泣きながら毎日のように電話がありました。

 

 

 

これでいいんですよね。。

 

 

 

 

と、

 

 

 

しかし、毎日彼と顔を合わせるのです。。

 

 

 

苦しいに決まってる。。

 

 

 

そう告げられても、

 

 

 

毎日顔をあわせ、何も変わらない生活。。。

 

 

 

仕事が終われば、また二人でいる生活。。。

 

 

 

苦しいだけの毎日。。

 

 

 

Aさんは彼に言いました。。

 

 

 

結婚が決まったのに私といていいの?

 

 

 

彼は答えました。。

 

 

 

 

僕が結婚してもAさんがよければこのままの関係でいたい。。

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさんは悩み私のもとへ来ました。。

 

 

 

 

 

私はAさんに問いました。。

 

 

 

 

 

二号でいいのか?

 

 

 

 

一番ではなくこのまま二番でいいのか?

 

 

 

あなたがそれでも幸せなら、その選択肢でこれから二号で行けばいいい。。

 

 

 

プライドをどこに持つのか?

 

 

 

二番の自分でいいのか?

 

 

 

二番がダメなわけではなく。。

 

 

 

自分が納得いく人生を送れるのか?

 

 

 

 

 

それが自分にとって最大の幸せなのか?

 

 

 

 

 

 

彼女は決断しました。。

 

 

 

 

 

 

この続きはまた後日

 

 

 

 

 

婚活アドバイザー

 

 

鈴木芳枝

 

 

090-4111-8584

 

 

 

AD