あっきー量子場観察講座に参加

7/24 7/31と、めずらしく東京(品川)へ遠征したと

記事にしましたが

せっかくなので体験した感想を綴ろうと思います。

 

5/末に怪しい遠隔調整を受け、

6/末にも2度目を受けたのですが

1番の変化と言えば生理痛が無くなったのですよね。

我が身を疑ったわ(笑)

 

その名も量子場調整 

怪しいでしょ(笑)

詳しくはリンクを開いて読んでください。

 

その量子場観察講座という

なんともマニアックな講座に参加した次第です。

2度目の遠隔を受けた際に

好きなこと(趣味)が無いが

量子場には興味があると伝えたところ

朋美先生より

「むいてると思いますよ、講座に参加されたらどうですか?」

と、低い声で言われまして←イメージより低い声ね

7月の開催日が奇跡的に2日とも休みだったので

夫を振り切り参加したのよね。

 

1日目 量子場観察を体験

 

量子場とはなんぞや?という座学から

色んなパターンで量子の観察をしたのですが

その場で参加者皆が同じ体感をするんですよね。

いやぁ~、面白い。

お互いに向き合って

「好きです」「この人は病気です」

と、やるとね

見事に身体が軽くなったり暖かくなったり

重くなったりするんですよね。

 

人を呪えば穴二つ・・・

 

正にね、自分にも返ってくることを体感した。

こりゃぁ、悪いことは出来ないよ(爆)

 

そして、量子は時間と空間を超えているので

遠隔も出来ちゃうし、未来も過去も映し出せるのよ。

遠隔って、そういう理屈だったんだねぇ。

知らないで受けてたよ(笑)

 

見えない世界の理屈を知るとともに

体感してしまったので

こぉーゆうもんなんだ~と頷きつつ

後戻りはできねーというワクワクするものを感じました。

 

座学の内容を夫に話したところ

恐らく大脳・中脳・小脳とかの働きや

アインシュタインという名を出したからか

妙に納得しておりました。

体感はよく解らんと言われましたが・・・

 

参加者の方の中には

このような怪しい講座に参加することに

ご主人の理解が薄いとの話もあって

ウチも、そーなんすよ~

と共感した次第(笑)

 

2日目 量子場観察を体験

 

陰陽五行説に基づいた身体の現れについて

お勉強しました。

要は溜めないこと、に限ると思うのですが

自分の細胞の偏りなんぞ知らんし

酒飲みだから肝臓の数値は高い

としか理解してないのが現状。

 

しかしですね、

それが解るのですよ奥さん。

見た目にも現れるし体感としても

感じてしまうのよね。

男女の相性も解るし他人の状態までも

観察できるのですが

私は他人を観察すると、もう嫌だと感じていた(笑)

観察の対象にした人がアレだったかもですけど。

重ぉ~い感じ。

 

2日間の間で

朋美先生に腰が腰がと言われており

私の現状は色々と嫌々やってんだろうなぁと思った。

1日目で○○はやめると答えが出てるんですけどねぇ

日本語って感情を体で表した言葉が多いのよ

私の場合は「腰が引ける」のかもしれないなぁ。

 

その他では「腹が立つ」「断腸の思い」「心躍る」とかね。

嬉しいとバンザイしてみたりガッツポーズしたり

表現が上向きになる、

その他、怒ったりなんだーとありますけどもね。

 

常日頃、自分はどうゆう人間か

見た目に現してるんだと感じたなぁ。

なんつったって心臓よ止まれ!と言っても止まらないのは

無意識的なものが働いているからであって

「私」というものは生きることにあたって

基本的なことは何一つしていないのだよね。

 

「波動(量子場)をみると選択が早い」

と言っていた気がするんですが

昨日、焼肉を食べるのは良かったのですが

どこの焼肉屋かは見ていなかったな・・・

 

お財布も波動で選んでみたのですが

二つ折り希望でしたが

長札の方がイイ感じだったので

そっちなのね、と選んでみました。

確かに選択は早くなるなぁ。

 

まだ慣れていないので観察に時間はかかり、

左右の現れの体感が??混乱する。

方向音痴のせいか・・・

 

街で携帯を見てウロウロする方たちを

あ~ポケモンGOか・・・

と、認識する感覚で

無表情で視点の先に何を見ているのか

解らない人が居たら

あ~波動を観察しているのだな・・・

と、思って頂きたい。

 

以上

 

 

 

AD