音楽は人生のしおりだね。



小沢健二が13年ぶりにツアーをやることを知ったのは、今年の初め。

りんくんは「えーー!? マジ?!(+o+)」と飛び跳ねるように喜んでしまった。

だって、りんくんはオザケンの大ファンなんです(←アイドル以外も好きなんですよ(^_^;))



しかも高校生から専門学生と

一番多感な時期に慣れ親しんだ音楽が、オザケンサウンド。

りんくんの実家は玄関を開けたら牧草畑が広がるようなド田舎。

そんな高校生がオザケンの曲を聞きながら

都会に行ったらこんなオシャレな恋をしちゃうんだろうな……と、妄想したものです。



5月20日は神奈川県民ホールまで見に行ってきた。

東京に住んでいるのに、なぜ神奈川?と思われるかもしれないが、

都内の中野サンプラザはネットオークションでも、3万円台は当たり前。

それで今回、13000円で何とか落札出来た神奈川県民ホールまで行ってきたわけです。



お客さんもりんくんと同じ世代の方々ばかり。

後ろの席の人たちの会話に耳を済ませると……

「子供はお母さんに預けてきたわ」

「うちの旦那、ちゃんと見てくれてるかな」などなど。

高校時代にオザケンを好きだった人はみんな、大人になっているんだね。



照明が落ち……真っ暗の中でオザケンの声が聞こえ始めた。

会場は歓声が響き渡り、拍手の中、ステージ上に一点の照明が照らされた。

そこに現れたのは、あの憧れの小沢健二だ!!!!!

顔はハッキリ見えないが、あの背格好はまさしくオザケンだった。


そこから約2時間半、シングル曲はもちろん、アルバム曲、新曲と……懐かしいナンバーを歌ってくれた。

曲と曲の間に朗読を挟むのが、オザケンらしい演出だった。


オザケンの曲を聴くと、あの頃がどんどん…と蘇ってきた。

札幌の専門学校に通い始めたら、毎週合コンばっかりして遊んでいた頃、

意中の子となかなかうまく行かず、悩んだ頃……色んな思い出が蘇った。


後、バラードをじっくり聴いてみると、当時とは違った感覚で歌詞を受け止めることが出来た。

これって俺も大人になったってことか??(+o+)

↑大人になっていないとヤバイけど(>_<)笑



公演後、号泣しているファンがたくさんいた。

俺も泣けるぐらい感動した一日だったけど……


りんくんって一体、いつになったら、オザケンの曲のようなラブリーな恋愛が出来るんだろう?(+o+)笑



AD

りんくんのGWはハロプロ祭りでしたよ。笑


まず5月1日にBerryz工房のツアー初日、昼公演に参戦。

『2010初夏 ~海の家 雄叫びハウス』


1公演目とあって、どんな曲を歌うんだろうとかなり期待していた。

今回6枚目のアルバム『6th雄叫びアルバム』のツアーなんで、

アルバムの曲はどんな振りなのか、混乱もあるが、1公演目の醍醐味でもあるんだ。


ちなみにハロプロのファンってみんな、そのグループの振りを一緒に踊るのが、一般的。

だからツアーに何度も行っている人はアルバムの曲も完璧な訳です。


会場は暗くなり、開演。

ちょっとした寸劇からスタートして、シングル曲からアルバムの曲、そしてシングル曲のメドレー。

中盤にも海の家を舞台にした15分の寸劇もあって、

個性的なベリーズらしい演出のライブでしたよ。


ツアーは始まったばかりなので、東京に戻って来る来月にまた行こうかな(^^)



そして、5月4日はモー娘のツアー『pikaッpikaッ!』に行ってきました。

ちなみにこのツアーに行くの……3回目です(^_^;)笑


3月12日の新宿厚生年金会館からスタートして、

全国を回って……中野サンプラザに帰ってきました。

りんくんは3月13日の昼公演、夜公演と……一日に二回見て、そして今回が3回目。

3月の昼公演のとき、最近仲良くなったハロプロ好きな友達と一緒に行ったんだけど、

彼は俺よりも振りが完璧なんだよね。ホント、すげぇよ。


今回はアルバム『10MYME』のツアーなので、

ツアーが始まる三日前に発売日したこのアルバムを買って、しっかり予習しましたよ。

そして、3回目の公演とあって、アルバムの曲も完璧に振りを覚えていた。


実は、今回のチケットはネットオークションで落札して、

現地で受け渡しをしたんだよね。

中野サンプラザの前で待ち合わせしたのは女性で、しかも清楚なお嬢様系。

「今日はありがとうございます。チケット確認してください」と丁寧な対応。

「こちらこそ、ありがとうございます。助かりましたよ」

「実はあたしのとなりなんです。だから……宜しくお願いします」

「え?そうなんすか!?俺、めっちゃ踊るけど、気にしないでね」と冗談交じりに言うと、

「あたしもオタクなんで」とにこやかに返してくれた。


そして、開演……。

アルバムの一曲目「Moonlight night~月夜の晩だよ~」からスタート。

俺は周りと一緒に踊り始めテンションが上がり始めた。そして、ふととなりを見ると……、

女性は背筋を伸ばし、まるで参観日に来ている母親のような姿でモー娘を見ていた。

俺は「え?」と思いながらも構わず、二時間踊りまくり、叫びまくり、跳ねまくりだった。

となりの女性は、拍手する以外、手を動かすことはなかったね。



最近、気付いたんだけど、俺ってやっぱアイドルのライブに行くと元気になれる!!

ベリーズのライブの後にトイレで自分の顔を見た時に、肌がツルツルなんだよ。

やっぱ人間って楽しい!!と思えると、アドレナリンが出るのかな(^_^;)笑



AD

3月7日、日曜日。

ソニンのライブに行ってきました♪


ソニンにとって、5年ぶりのだそうです。


りんくんは、お昼の番組『ごきげんよう』でソニンがライブの告知をしているのを見て、

開催を知りました。


すぐにソニンのブログを検索して、情報をゲット。

その後、しばらく放置していたのですが…やっぱり生の歌声を聴きたい!と思って、

チケットの窓口にメールを送りました。


そしたら、既に完売している…と返信が届き、

“どうしよう”と思っていましたが、

お得意のヤフーオークションで、

定価より少し高めの値段で手に入れることが出来ました(^^)


そして当日、会場に行ってみると、

古びた雑居ビルの中にあるライブハウスで

「え?マジでこんなところでやるの?」とビックリするような場所。


しかも階段には、立ち見席の順番待ちをしている人の列が出来ていた。


りんくんは座席指定のチケットを持っていたので、

列には並ばず、そのまま中に入りましたが、

席が100席ぐらいしかないライブハウスで、

ステージと観客の間も超、近い(@_@;)


ちなみにりんくんは前から3番目。


開演時間になると、バンドメンバーが出てきて、ソニンが登場。

一曲目は「カレーライスの女」


これは定番だよね。


りんくんの予想通り(^^)


その後、EEJUMPの頃の曲でも歌うのかな…と思っていたら、

古内東子やミュージカルの曲など、ソニンは持ち歌ではない曲を何曲か歌い、

そして未発表の曲を歌い……最後にやっとEEJUMPの「青春のSUNRISE」を唄ってくれた。

だけど、ユウキのラップ部分をソニンが唄うから、何だか微妙(^_^;)

それは仕方ないけどね。


ここでユウキが登場したら、超盛り上げるのに……何て思ってしまった。


ソニンって今、ミュージカル女優として頑張ってるから、声量が半端ないんだよね。

歌声としては、今のほうが迫力があったね。


大人になったソニンのライブは、また一味違ったな。


それにしても、もっと大きな会場でやれば良いのに…というのが素直な感想。

二日前の金曜日も、同じ場所でライブをやっているんだけど、

立ち見のお客さんで後ろの方がゴチャゴチャしていたし。


まだまだソニンのライブに足を運ぶ人はいるんだからさ。



AD