日本には、まだ数少ない介助犬と、暮らしています。
名前は、りんくう。
今年9才になる、女の子です。
ユーザ(介助犬の使用者)のママは、多発性硬化症という難病を患っていて、車椅子生活を送っています。

HPにも、よかったら、遊びに来て下さい♪

http://3w.to/rinku/



ランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 特定疾患(難病)

にほんブログ村 犬ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-20 01:36:50

出さない手紙

テーマ:ブログ
訪問看護師さんへ。

出会ってから、12年もの年月が経ちましたね。
大人に見えた看護師さんが、いつの間にか、あたしと同じ年齢になってました。
いろんなおしゃべりしたね。
かよちゃんって、呼んでくれる仲になって、お父ちゃん、お母ちゃんと呼んでくれるようになって、家族ぐるみの付き合いをしてくれてるんだなぁって、感じてたよ。

10年前に、寝たきりで、在宅に戻ってきた時、あなたはあたしの年齢でしたね。
でも、あたしからは、しっかり頼りになる、訪問看護師さんに見えましたよ。

再発する度に、いっぱい泣いて、付き合ってくれましたね。
どうしたら、この子のより良い未来の道を開けるのか?真剣に考えてくれてるように見えました。

訪問看護師さんと、患者は、仕事上の提供でしかないと、割り切っていかないと、この先やっていけないよと、今まで、言わたりしてきましたが。
でも、あたしは、そうはできないんです。
だって、人間同士だから…。

在宅でいる患者は、訪問看護師さんが来る時間を、楽しみにしています。
人と人の温もりが、看護に求められる基本なのかもしれません。

今、あたしが、思い出すのは、訪問看護師さんとの、笑ったり、泣いたり、一緒に過ごした、かけがえのない時間です。

最初の頃、訪問に来て下さってた時に、あたしは、まだ車椅子に座れてましたが、いろんなおしゃべりや、悩み事聞いてもらってたのを、覚えてますか?

それから、シャワーを手伝ってもらうようになり、蛇口の栓を間違えて、訪問看護師さんが、シャワー浴びちゃったね(笑)

どんどん病気と医療ケアが増える度に、訪問看護師さんとの距離ができるのが、目に見えて、辛かったな…。
もう別れの時期かなって、思ったりして。

ごめんね…。
重たい責任持たせてしまったね。
あたしのような、若い世代の難病患者を看るのは、難しいと思うから、落胆しないで下さい。
今までの看護師としての経験に自信を持ってね!

そして、お願い。

もしも、やめたいって気持ちがあったら、納得いくまで、続けて欲しい。
今まで、たくさんの利用者さんを看て来られた経験を、そして、今の思いを、どうか、残りの仕事に、生かして欲しい。
あたしは、そう願ってます。

見ることはないと思うけれど、直接、手紙として渡せないので、ここに置いておくね。

どうか、お体に気をつけてね。
今まで、本当にありがとう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-05-03 22:44:51

りんくうとの約束。

テーマ:ブログ
介助犬りんくう☆ブログ-081210_1140~01.JPG

介助犬りんくう☆ブログ-121028_0704~01.JPG

介助犬りんくう☆ブログ-121123_1540~01.JPG

「今、
行きたい場所に行き、
今、
目に映るものを見たい。
それが、あたしが生きるということ。」



いろんな場所に一緒に行って、いろんな景色を、一緒に見たね。
りんくうと過ごした日々は、本当にかけがえのない、大切な時間でした。

あなたは、側にいないけれど、ママは、これからの再出発を、頑張ってみます!

あの敗血症からの3年間という長い年月を、支えてくれた両親に、心から感謝です。
そして、これからも、家族で、笑って、泣いて、ケンカして、仲良く過ごそうね♪

いつの日にか、新しいパートナーと出会えたらいいなぁ…。
そしたら、りんくうは、安心して、天国で遊べるかな?

たった一度きりの人生。
あなたから贈られた『命』のプレゼントを、ママは、紡いでいきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-11-18 08:50:15

3回忌

テーマ:ブログ
介助犬りんくう☆ブログ-081206_1658~0100010002.JPG

りんくうと、お別れしてから、3年の年月が経ちました。
とてもとても…長い3年間でした。

今あるママの命は、きっとりんくうが、天国から守ってくれたんだと思います。

ママは、2010年の秋に、重症の敗血症を患い、死の縁を彷徨う経験をして、後遺症に苦しむ年月でした。
酸素がコポコポ鳴り響く病室に、ナースステーションでは、自分のモニターのアラームが何度も鳴り、その度に、走って来て下さる看護師さん。
昼夜を徹して、治療にあたって下さった、先生方のご尽力で生かされた命。
奇跡的に生きてよかったのか?未だに、わかりません…。。。
激しい頭痛に、回転性のめまい、意識が薄れては、常に、誰かがいないと怖くて…。
一時は、「お願いだから、眠らせて楽にして下さい!」と、先生に頼み込んでいました。
眠れない深夜に、帰らずに、手を握って下さった看護師長さんの心の温もり。
今も、忘れられません。
人生最大の苦しみを抱えた、この2年間でした…。

入院生活が続いて、納骨してあげることもできないまま、3回忌を迎えてしまいました…。
そして、今年も、入院中…。
主治医の先生に、外出をお願いしましたが、許可を頂けませんでした。

りんくう…今年も…、ごめんね…。

あなたが天国に旅立った時刻、13時10分。
静かに黙祷を捧げたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。