縁切りと縁結びのスピリチュアルユニット・凜花~Reincarnation~

産土神社鑑定×託宣で神さまと人とご縁の橋渡しをする『結人-むすびと-』である神の声を伝える審神者・大出木綿と神様こんしぇるじゅ・植野さくらの情報発信ブログ。

NEW !
テーマ:
縁切りと縁結び・産土神社鑑定×託宣で神さまと人のご縁の橋渡し『結人-むすびと-』  
凜花~Reincarnation~

 

 

凜花〜Reincarnation〜大人気の通常メニューの

神様に直談判@安井金比羅宮

今回の弾丸京都も、しっかりと安井金比羅宮への神様に直談判キャー!!

行ってきました〜笑顔

 

{3C3BEBB8-2476-4276-9B87-5E9C8597F92B}

平日でしたが、やっぱり人、多いですね〜うしし

でも今回は、日中に出来るくらいの人の賑わいだったので…

そそくさと、観光客に紛れてやってきました!笑う

 

(札は車で印結びながらちゃんと筆にてガチ書きしましたよーウシシ!

 

 

今回も、これといってあからさまな妨害苦笑といったメッセージもなかったので*-Д-`*キラキラ

今回ご依頼頂きました方々も、比較的すんなり縁切りさせて頂けたのではないかと思います*・ω・**ハート

 

崇徳天皇の力の及ぶ領域分は…と言っておきましょうか。

 

詳しくは、

もはや恒例となった、安井金比羅宮の神様・崇徳天皇からのお言葉★

ありがたい限りですね〜ハウ~ハート

 

 

「おい」

と声をかけられて、

「え?誰?」

無言で本殿を視線で指されて

「ああ!」←殴

 

最近、自主的に託宣頂ける案件発生中うしし笑う

これも前世からのご縁さまさまです



 

縁というものは、

必ず自分に返ってくるものである。

 

それが一見、他人同士の縁であれ、

家との縁であれ、病との縁であれ。

 

 

縁切りを願いたくなるタイミングというのは、自分に集まる縁が絡まっている証である。

いま一度、身の回りに…

現代風に言うと(笑)「スペース」があるかどうか確かめよ。

 

 

悪癖にせよなんにせよ、

比較的病というものは、悪い縁を切りたいという、分かりやすいサインである。

往々にして「縁を切りたい」と思った時は、

自分に繋がっている縁が絡んで、身動きが取れなくなっている時である。

 

それが他人の病であれ、

他人同士の縁であれ、

一見自分に関係のないようなところの縁でも、だ。

 

 

 

 

しかしながら、

縁切りは、切られる方からしたらたまったものではない。

 

夫婦仲の時にも話したが、もう一度問う。

 

 

 

縁を切ることを願うだけの、確固たる意思、それに見合った覚悟があるだろうか?

 

「縁切り」は、決して、相手の不幸を願うことではないことを、覚えておくと良い。

 

 

image


こちらから聞かずとも、神様の方から言ってこられるくらいには、切実にお伝えしたい言葉だったのだと思います笑顔

 

どうか、お心に留めおきくださいませハニカミキラキラ


それにしても、

「最近の言葉では(笑)スペース…」ってとなりつつ




神様に直談判@安井金比羅宮への

お申し込みはこちら→

○神様に直談判@安井金比羅宮○

 

あなたの切実なご縁切り、凜花〜Reincarnation〜がお預かりして神様に届けます


  

切実な片思い。私たちに託してみませんか?
○縁結びを叶える!スペシャルメニュー○

恋愛・人間関係…つらい悩みがあるのなら…
○悪縁を断つ。縁切りスペシャルメニュー○

熊本・大分復興支援メニュー
○BREEZE~勾玉と精麻のお守り~○

一緒に人生を変えていきましょう!
○人生を変える!本気の3か月集中メニュー○

 

 


縁切りと縁結びのスピリチュアルユニット・凜花~Reincarnation~
神の声を伝える審神者・大出木綿
神様こんしぇるじゅ・植野さくら

Website : https://rinka-71.amebaownd.com/
Blog : http://ameblo.jp/rinka-71/
Facebook : http://facebook.com/reincarnation7171
Twitter : http://twitter.com/rinka_71
instagram:http://instagram.com/yu.6.13 


★取材・執筆・講演・セミナー等のご依頼は、こちらに直接お願いします★
Mail : rinka7171@gmail.com

★クリックで応援お願いします!★


人気ブログランキングへ



にほんブログ村

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)